矢野寛一郎氏が撮影した、2007年10月16日の西条祭り御殿前での新田だんじり(屋台)です。

     「西条異景」に掲載の 新田だんじり の全写真へのリンク集

----------------------------------------------------------------------------------------
本日 2014年9月24日は、5件の新しい記事をアップしました。
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」を順次クリックするか、
  右側のカラムの「新着の記事」から順次ご覧ください。
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
----------------------------------------------------------------------------------------

新田だんじり(屋台) 御殿前 矢野寛一郎氏撮影

新田だんじり(屋台) 西条祭り2007 御殿前 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影 2007年10月16日


-----------------------------------------------
矢野寛一郎氏
 矢野寛一郎氏
 アコーディオン・写真などを趣味にされ
 2012年にご逝去されました。
 写真は奥さんのご了解でアップさせていただきました。
-----------------------------------------------


      ●「矢野寛一郎氏撮影の祭り写真」はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

● 佐渡ヶ嶽部屋
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E6%B8%A1%E3%83%B6%E5%B6
%BD%E9%83%A8%E5%B1%8B

佐渡ヶ嶽部屋(さどがたけべや)は、日本相撲協会所属で二所ノ関一門の相撲部屋。2014年1月場所現在、全相撲部屋最多の力士総数を擁する。

歴史

二所ノ関部屋に所属する元小結・琴錦が1955年(昭和30年)5月場所限りで引退して年寄・11代佐渡ヶ嶽を襲名すると同時に、数名の内弟子を連れて二所ノ関部屋から分家独立する形で佐渡ヶ嶽部屋を創設した。11代佐渡ヶ嶽は横綱・琴櫻、大関・琴ヶ濱、関脇・長谷川らを育てたが、1974年7月場所中に急逝した。

11代佐渡ヶ嶽が逝去したため、1974年7月場所前に引退して年寄・11代白玉を襲名したばかりの琴櫻が名跡変更し、同年7月に12代佐渡ヶ嶽を襲名して佐渡ヶ嶽部屋を継承した。12代佐渡ヶ嶽は精力的に弟子のスカウト活動に力を注ぎ、先代からの弟子である琴風を大関に育て上げたほか、関脇・琴富士や関脇・琴錦など幕内力士を数多く育て上げ、佐渡ヶ嶽部屋を大部屋へと成長させた。

12代佐渡ヶ嶽が2005年11月場所13日目(同年11月25日)に定年退職を迎えたため、12代佐渡ヶ嶽の娘婿である幕内・琴ノ若が同場所13日目の取組をもって現役を引退し、年寄・13代佐渡ヶ嶽を襲名して佐渡ヶ嶽部屋を継承した。直後に先代からの弟子である琴欧洲が大関へ昇進し、2007年には琴光喜が大関へ昇進した[1]。12代佐渡ヶ嶽は琴光喜の昇進伝達式に立ち会ったわずか20日後に13代佐渡ヶ嶽ら家族に看取られて病没した。

佐渡ヶ嶽部屋の所属力士は「琴」という1字が頭に付けられた四股名を名乗っているが、これは11代佐渡ヶ嶽の故郷である香川県観音寺市にある琴弾八幡宮に由来している。琴光喜が初土俵時に名乗った琴田宮など、本名で土俵に上がる場合でも本名の前に「琴」の字を付けて四股名を作ることが通例である。ただし、これは1975年あたりからで、それ以前は長谷川のように本名を名乗る力士や四股名に「琴」の付かない力士も多く存在した。部屋の中での呼称は「琴」の部分を省略される。

1965年1月場所から完全部屋別総当たり制度が導入されたが、その時点で幕内力士を輩出していた部屋の中で佐渡ヶ嶽部屋は唯一、現在に至るまで幕内力士を絶やしたことがない。また、関脇通算在位記録の1位と2位は2位タイの魁皇以外はみな佐渡ヶ嶽部屋の力士である(琴光喜・長谷川・琴錦功宗)。

2006年6月には琴欧洲を筆頭に13人の所属力士がイスラエル外務省の招きで同国を訪れ、親善相撲を行った。

なお、多くの関取を輩出しているが、引退後に分家独立した力士は尾車部屋を創設した琴風だけである。
所在地

千葉県松戸市串崎南町39
北総鉄道松飛台駅徒歩7分
現在地に移転するまでは、都内の江東区新大橋に部屋を構えていた。

師匠

11代:佐渡ヶ嶽登(さどがたけ のぼる、小結・琴錦、香川)
12代:佐渡ヶ嶽慶兼(さどがたけ よしかね、横綱・琴櫻、鳥取)
13代:佐渡ヶ嶽満宗(さどがたけ みつむね、関脇・琴ノ若、山形)

力士
現役の関取経験力士

琴奨菊和弘(大関・福岡)
琴勇輝一巖(前9・香川)
琴弥山幸基(十12・島根)

横綱・大関
横綱

琴櫻傑將(53代横綱・鳥取)

大関

琴ヶ濱貞雄(香川)
琴風豪規(三重)
琴光喜啓司(愛知)
琴欧洲勝紀(ブルガリア)

幕内
関脇

長谷川勝敏(北海道)
琴ヶ梅剛史(富山)
琴富士孝也(千葉)
琴錦功宗(群馬)
琴ノ若晴將(山形)

小結

琴稲妻佳弘(群馬)

前頭

琴ヶ嶽綱一(前1・北海道)
琴別府要平(前1・大分)
琴龍宏央(前1・兵庫)
琴若央雄(前2・北海道)
琴椿克之(前3・沖縄)
琴乃富士太喜(前5・北海道)
琴千歳幸征(前5・北海道)
琴春日桂吾(前7・福岡)

十両

朝風新一郎(十2・香川)
琴白山俊也(十4・石川)
琴国晃将(十4・岡山)
琴禮巨樹 (十5・福岡)
琴立山兼滋(十7・富山)
琴冠佑源正(十7・北海道)
琴嵐佳史(十9・大阪)
琴の郷栄一(十11・北海道)
琴の龍功師(十11・福岡)
琴岩国武士(十12・山口)
琴乃峰篤実(十13・福岡)

所属年寄

粂川佳弘(くめがわ よしひろ、小結・琴稲妻、群馬)
濱風秀章(はまかぜ ひであき、前頭3・五城楼、宮城、現役時代は間垣部屋)
白玉克之(しらたま かつゆき、前頭3・琴椿、沖縄)
琴欧洲勝紀(ことおうしゅう かつのり、大関・琴欧洲、ブルガリア)

旧・佐渡ヶ嶽部屋

佐渡ヶ嶽部屋は、初代佐渡ヶ嶽から4代まで部屋を経営していた。また、7代佐渡ヶ嶽部屋より10代までもそれぞれ佐渡ヶ嶽部屋を経営していたが、現在とは違い高砂系列であった。横綱・男女ノ川は、入門当時は高砂部屋であったが、その後10代佐渡ヶ嶽の弟子となった。戦前の相撲部屋で唯一埼玉県に本拠を構えたことのある部屋であった。
師匠

初代:佐渡ヶ嶽澤右衛門(前2・佐渡嶽沢右エ門、上野国) 
2代:佐渡ヶ嶽大五郎(三段目・五百ヶ嶽大五郎、上野国)
3代:佐渡ヶ嶽澤右衛門(小結・関ノ戸澤右エ門、上野国)
4代:佐渡ヶ嶽澤右衛門(前1・桟シ初五郎、伯耆国)
7代:佐渡ヶ嶽兵右衛門(十8・戸上山兵右エ門、東京)
8代:佐渡ヶ嶽兵右衛門(十両・眞崎春吉、不明)
9代:佐渡ヶ嶽脇太郎(前17・玉ノ川脇太郎、神奈川)
10代:佐渡ヶ嶽高一郎(前1・阿久津川高一郎、栃木)

力士
横綱

稲妻雷五郎(7代横綱、常陸国)
男女ノ川登三(34代横綱、茨城)

関連項目

佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒事件

脚注

^ 琴ノ若が途中で引退した理由は、力士や行司は部屋持ち師匠がいなければ土俵に上がれない規定で、師匠不在となる事態を回避するためのやむを得ない措置であった。しかし、13代佐渡ヶ嶽はまだ師匠として日が浅かったこともあり、琴欧洲・琴光喜の大関昇進伝達式には、12代佐渡ヶ嶽が特別に立ち会いを許された。

外部リンク

佐渡ケ嶽部屋
 
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.