愛媛県新居浜市高津町で撮った落葉です。

----------------------------------------------------------------------------------------
 ■本日 2014年2月14日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 新居浜太鼓祭り2013 国領川河川敷 白浜太鼓台
   (2) ハト
   (3) 西条祭り2013 楢本祭 下小川屋台
   (4) 落葉
   (5) 西条祭り2013 川沿町屋台蔵
   (6) 陸橋
----------------------------------------------------------------------------------------

落葉 愛媛県新居浜市高津町

 落葉
落葉 愛媛県新居浜市高津町 2013年9月29日
NIKON D300 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「植物 - 花 草木等」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

● 宇和町卯之町
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%92%8C%E7%94%BA%E5
%8D%AF%E4%B9%8B%E7%94%BA

宇和町卯之町(うわちょううのまち)は愛媛県西予市にある重要伝統的建造物群保存地区である。

概要

卯之町は市内宇和地区の中心地で、幕藩時代は宇和島藩の在郷町として栄えた。この地は戦国時代には西園寺氏の支配下にあった。西園寺氏は地区北方の山上にある松葉城を居城としており、卯之町はもともと松葉城の城下町であった。西園寺氏は後に居城を肱川の対岸(地区の南方)の山上の黒瀬城に移したが、卯之町は引き続き城下町として存続した。廃城後は在郷町となり、四国八十八箇所札所の明石寺の門前町、宇和島街道の宿駅としての性格ももつようになった。当初の卯之町は現在地よりも南西にあり、現在地に移ったのは慶安4年(1651年)と伝える。近代になって、卯之町駅の開設や国道56号の開通に伴って、町の中心が南方へ移動したことにより、卯之町には伝統的建造物が良好に残されることとなった[1]。

町内には江戸中期から昭和初期までに建てられた商家が並び、白壁・うだつ・出格子といった伝統的な美しい町並みが続いている[2]。保存地区の中には国の重要文化財である開明学校、市指定文化財の末光家住宅・鳥居門、大正期の建築である卯之町キリスト教会がある[3]。2009年12月に全国で86番目の重要伝統的建造物群保存地区として選定された[2]。
参考文献

「新選定の文化財」『月刊文化財』555号、第一法規、2009

関連項目

愛媛県の保存地区

八日市護国(喜多郡内子町)

西予市の施設

愛媛県歴史文化博物館
宇和民具館
宇和先哲記念館

脚注

^ 『月刊文化財』555号、第一法規、2009、pp.35 - 39
^ a b 社団法人愛媛県観光協会・四国観光立県推進愛媛協議会(編)、2010年、『愛媛県公式 観光・レジャーガイドブックえひめ』、エス・ピー・シー出版
^ 西予市(重要伝統的建造物群保存地区・卯之町の町並み)

外部リンク

文化遺産オンライン(西予市宇和町卯之町)
ほっとde西伊予(卯之町の町並み)
 
スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.