お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、2008年・2009年撮影のお祭り写真をアップ中です(^^♪
      ■現地で「掲載します」とお約束した皆様、あと少しお待ちくださいね。

      ■今後、掲載予定の祭りなど
      ●2008年
      (10月19日)綾延神社殿中奴
      (10月12日)磐根神社毛槍投げ奴
      (10月11日)パルティ・フジ東予店前かきくらべ
      などを順次アップします


      ■掲載完了の祭りなど
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 吉原稲荷大明神大祭・四国の祭り2009 in サンポート高松
        高尾神社春祭り・西条市産業文化フェスティバル子供だんじり運行・丹原町恵美洲神社春祭り
        伊曽乃神社の開運春まつり・飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り関係 新居浜夏祭り マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから
      ●「2009 新居浜太鼓祭り関係 春は子ども天国」などはここから
      ●「2008 伊曽乃神社祭礼 御旅所」などはここから
      ●「2008 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2008 伊曽乃神社祭礼 川入り・宮入り」などはここから
      ●「2008 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2008 みこし(御輿)のねり比べ、西条駅前等での後夜祭、植村会、七泰会
        伊曽乃川人会、加茂神社例祭(福武祭)、御荒神祭(原之前荒神祭)、御所明神まつり
        秋季弁天祭り、橘新宮祭御所神社祭り、下喜多川御輿十周年
        日明格納庫、中西御輿改修、四国の祭りなど」はここから

      ●「2008 新居浜太鼓まつり 船御幸、大江浜かきくらべ、一宮神社かき比べ
        西原vs新須賀、阿島vs松神子太鼓台、川東西部かき比べ(国領川河川敷公園)
        又野・萩生西太鼓台新調、江口太鼓台、にいはま夏祭り、東田太鼓台新営」はここから

      ●「2008 新居浜太鼓まつり 上部地区統一かき比べ
      ●「2008 土居太鼓祭り 北野・入野・畑野・飯武・土居本郷太鼓台かき比べ
        蕪崎太鼓台新調お披露目」などはここから

      ●「2008 伊予三島秋祭り (23日)三島地区夜太鼓統一運行
        (22日)寒川・豊岡地区統一寄せ、伊予銀行前三島地区統一運行などはここから

      ●「2008 飯積神社祭礼 宮出し、渦井川(うずゐがわ)川原・船屋グラウンドかきくらべ、
        飯岡本郷太鼓台新調、飯岡八幡太鼓台新営」などはここから

      ●「2008 石岡神社例大祭 宮入り、渡御行列、お旅所、本殿祭、宵祭り(前夜祭)、
        高尾神社秋祭り、氷見新町屋台改修記念式、楢木(楢の木)屋台改修、桜木神社祭礼、
        高尾神社例大祭(春祭り)」などはここから

      ●「2008 禎瑞嘉母神社祭礼 嘉母神社祭礼宮出し 禎瑞難波かきくらべ
        高丸・難波・上組子供太鼓台」などはここから

      ●「2008 東予秋祭り 東予秋祭り統一運行・壬生川宵祭り(前夜祭)
        明理川・本町だんじり」などはここから

      ●「2008 小松秋祭り 三嶋神社祭礼宮入り(階段上げ)、前夜祭、石土神社浦安神楽」などはここから
      ●「2008 丹原秋まつり 丹原町統一かきくらべ・中川ふるさと祭り」などはここから
      ●「2008 第27回伊勢音頭フェスティバル」はここから

 2008年(平成20年)10月19日、新居浜市新居浜市港町 大江浜で行われた川西地区船御幸での中須賀太鼓台です。
 船御幸(ふなみゆき)は、太鼓台を台船にのせ港を一周して大漁と安全祈願を祈念するものです。農業の豊作を祝う「丘御幸」(おかみゆき)と隔年で開催されますが、近年では川西地区と川東地区とで船後幸と丘御幸が隔年交互に行われるようになっています。

(新居浜太鼓祭り・川西地区) 船御幸(ふなみゆき) 中須賀太鼓台 新居浜市港町 大江浜・住友化学菊本工場より 2008年10月19日

 川西地区船御幸での中須賀太鼓台
(新居浜太鼓祭り・川西地区) 船御幸(ふなみゆき) 中須賀太鼓台 新居浜市港町 大江浜・住友化学菊本工場より 2008年10月19日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


(新居浜太鼓祭り・川西地区) 船御幸(ふなみゆき) 中須賀太鼓台 新居浜市港町 大江浜・住友化学菊本工場より 2008年10月19日

 船御幸からの帰り、交通整理中の白バイに乗せてもらうお子さん。
(新居浜太鼓祭り・川西地区) 船御幸(ふなみゆき) 中須賀太鼓台 新居浜市港町 大江浜・住友化学菊本工場より 2008年10月19日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


■私の撮影した2008年(平成20年)の新居浜太鼓まつりの写真は、右側のリンクの「2008 新居浜太鼓まつり」をクリックして順次ご覧ください。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

●お祭り関連の豆知識●

●行灯皿
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%8C%E7%81%AF%E7%9A%BF
行灯皿(あんどんざら)は、行燈に用いた油用の受け皿のこと。

概要

産地

原料となる陶土が豊富で、安価で量産が可能な瀬戸焼、美濃焼などで数多くが焼かれ、特に品野地域が主要産地となったらしい。尾張地域以外でも北陸地方の角皿、「霞晴山」印のものなどがあるものの、生産量は少なく、品質も劣るとされている。

特徴

行灯の中で利用されるため、鑑賞の対象ではないにもかかわらず、現存するものには、無地のものが少なく、鉄絵のものが最も多いが、織部風の緑釉を一部に掛けたものや、薄茶色で「ダミ」を入れたものなど多種多様である。末期には吹墨の物も製作された。この多様性から民芸運動などで、盛んに収集された。

盛衰

江戸時代寛永年間に真鍮製が出現したが、この頃は行灯油が高価で一部に限られていた。文化、文政年間以降、富裕層の拡大とともに陶製が広範囲にわたって急速に広がった、江戸時代後期から明治時代初期頃には、壊れず軽く安価で量産が可能になった真鍮製に再び代わり、照明の電化とともに、完全に消滅した。
外部リンク

* 行灯皿
 
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.