西条祭り 提灯をつけた夜のみこし 北浜 2006/10/16

西条祭り 提灯をつけた夜のみこし 北浜みこし(喜多浜御輿) 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


西条祭り 提灯をつけた夜のみこし 朔日市 2006/10/16

西条祭り 提灯をつけた夜のみこし 朔日市みこし 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


西条祭り 提灯をつけた夜のみこし 朔日市 2006/10/16

西条祭り 提灯をつけた夜のみこし 朔日市みこし 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


●豆知識●

●蜷川 幸雄(にながわ ゆきお、男性、1935年10月15日 - )
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9C%B7%E5%B7%9D%E5%B9%B8%E9%9B%84

蜷川 幸雄(にながわ ゆきお、男性、1935年10月15日 - )は、日本の演出家、映画監督、俳優。桐朋学園大学短期大学部学長。女子美術大学芸術学部ファッション造形学科客員教授。

にながわ ゆきお
蜷川 幸雄
生年月日 1935年10月15日(75歳)
出生地 日本の旗 日本埼玉県川口市
国籍 日本の旗 日本
職業 演出家、映画監督、俳優
ジャンル 舞台、映画、テレビドラマ
活動期間 1955年 - 現在
活動内容 下記参照
配偶者 真山知子
家族 蜷川実花(長女)
公式サイト 蜷川幸雄
受賞
紀伊國屋演劇賞
個人賞
2000年

来歴・人物

この節の内容に関する文献や情報源が必要です。ご存じの方はご提示ください。出典を明記するためにご協力をお願いします。このタグは2008年12月に貼り付けられました。

埼玉県川口市出身。生家は洋服店。開成高等学校卒業。画家を志して東京藝術大学美術学部を受験するが失敗し、将来の進路に迷っていたとき偶然「劇団青俳」による安部公房『制服』の公演に接し、衝撃を受けて「劇団青俳」に参加[1]。俳優として活躍していたが「自分は演出に向いている」と悟り劇団を結成し演出家に転向する。稀に俳優として活動することもあり完全に俳優業を廃業した訳ではない。アングラ・小劇場運動盛んな時期に演出家としてデビューし、若者層を中心に人気を集める。70年代半ばから商業演劇に活動の場を移し、大劇場でのダイナミックな演出で話題作を次々と発表。90年代以降は中劇場の空間を好んで使っている。

演出作品は、清水邦夫、唐十郎、井上ひさし、野田秀樹、岩松了などの現代劇から、ギリシャ悲劇やシェイクスピア、チェーホフなど海外の古典・近代劇に至るまで、多岐にわたる。鮮烈なヴィジュアルイメージで観客を劇世界に惹き込むことを得意とする、現代日本を代表する演出家のひとり。海外でも評価が高く、「世界のニナガワ」とも呼ばれる。

起用する出演者はトップスターや実力派俳優から人気アイドルまでと幅広く、意表をついたキャスティングで話題を呼ぶ。

短気な気質で演技指導の厳しさでも知られ、一般的にはスパルタ演出家のイメージが強い。一方で人情的で心優しく、「周りにだけでなく、同様に自分に対しても厳しい」姿勢で仕事をするため、数多くの俳優やスタッフから慕われている。また、この指導を受けた事で役者としての実力をつけた俳優やタレントは数多い。

現代演劇のフィールド外でも、小澤征爾の指揮による歌劇『さまよえるオランダ人』、宇崎竜童作曲によるミュージカル『魔女の宅急便』を演出している。尾上菊之助の依頼を受け菊五郎劇団と組んだ歌舞伎『NINAGAWA十二夜』では、「歌舞伎国へ留学する」(本人談)と明言し、照明家と作曲家を除いては常連スタッフを起用せず、ほぼ単身で作品創りに臨んだ。

演劇作品以外にも、映画、テレビドラマ、コンサート、ファッションショーなど、様々な媒体や舞台での演出を手掛けている。エッセイ集も出しているが、自身は、文章を書くことは楽しくはないが断れずにやっている、という。
係累

妻は元女優で現在はキルト作家の真山知子。2人の娘がおり、長女は写真家として活動している蜷川実花。姪に女優の蜷川有紀、蜷川みほ。
脚注

1. ^ 妹尾河童『河童が覗いた仕事師12人』p.68-69(新潮文庫)

主な役職

* Bunkamuraシアターコクーン芸術監督。
* (財)埼玉県芸術文化振興財団芸術監督。
* 英国グローブ座アーティスティック・ディレクター。
* 桐朋学園芸術短期大学学長。
* ニナガワ・スタジオ主宰。
* さいたまゴールド・シアター主宰。
* 女子美術大学客員教授。

略歴

* 1955年 開成高校卒業後、「劇団青俳」に入団。
* 1967年 「劇団青俳」を退団し、劇団「現代人劇場」結成。
* 1969年 『真情あふるる軽薄さ』で演出家デビュー。
* 1971年 「現代人劇場」解散。
* 1972年 劇結社「櫻社」結成。
* 1974年 「櫻社」解散。『ロミオとジュリエット』で商業演劇に進出。
* 1983年 『王女メディア』で初の海外公演。
* 1984年 「GEKISHA NINAGAWA STUDIO(現ニナガワ・スタジオ)」を結成。
* 1986年 『第37回NHK紅白歌合戦』出演予定の北島三郎を、暴力団との交際のスキャンダルにより出演辞退に追い込んだNHKに対して、たかが芸能番組で道徳を振りかざしていると異議を唱え、自らも特別審査員を辞退。
* 1987年 英国ローレンス・オリヴィエ賞演出部門にノミネートされる。
* 1992年 ロンドン・グローブ座芸術監督陣の一員となる。
* 1993年 桐朋学園大学短期大学部芸術科演劇専攻の教授に就任。
* 1998年 彩の国シェイクスピア・シリーズ芸術監督となる。
* 1999年 Bunkamuraシアターコクーン芸術監督に就任。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの演出家として『リア王』を日本・英国で長期公演。
* 2000年 「蜷川イヤーズ」と題し、2年間で12本の作品(演出作9本、監修作3本)を彩の国さいたま芸術劇場で上演。
* 2002年 大英帝国勲章(CBE=三等勲章)を授与される。
* 2004年 桐朋学園芸術短期大学学長に就任。
* 2005年 シアターコクーン芸術監督就任7年目及び70歳を迎える年を記念して「NINAGAWA VS COCOON」と銘打ち、新作4本を同劇場で上演。歌舞伎を初演出し(『NINAGAWA十二夜』)、歌舞伎座で上演。
* 2006年 (財)埼玉県芸術文化振興財団芸術監督に就任、高齢者演劇集団「さいたまゴールド・シアター」発足。
* 2009年 若手俳優育成プロジェクト「さいたまネクスト・シアター」発足。

主な上演作品年表

* 1969年 『真情あふるる軽薄さ』
* 1970年 『明日そこへ花を挿そうよ』『想い出の日本一萬年』
* 1971年 『東海道四谷怪談』『鴉よ、おれたちは弾丸をこめる』
* 1972年 『ぼくらが非情の大河をくだる時』
* 1973年 『盲導犬』『泣かないのか? 泣かないのか1973年のために?』
* 1974年 『ロミオとジュリエット』
* 1975年 『唐版 瀧の白糸』『リア王』
* 1976年 『オイディプス王』『近代能楽集 卒塔婆小町/弱法師』
* 1977年 『三文オペラ』
* 1978年 『王女メディア』『ハムレット』
* 1979年 『近松心中物語』『ノートルダム・ド・パリ』
* 1980年 『NINAGAWAマクベス』『元禄港歌』
* 1981年 『下谷万年町物語』
* 1982年 『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』『南北恋物語』
* 1983年 『黒いチューリップ』『王女メディア』(イタリア、ギリシャ公演)
* 1984年 『にごり江』『タンゴ・冬の終わりに』『王女メディア』(ギリシャ、イタリア、フランス公演)『稽古場という名の劇場で上演される「三人姉妹」』
* 1985年 『恐怖時代』『95kgと97kgのあいだ』『NINAGAWAマクベス』(オランダ、イギリス公演)『作品たち』
* 1986年 『オイディプス王』『オデッセイ・1986・破産』『NINAGAWA少年少女鼓笛隊による「血の婚礼」』『王女メディア』(イギリス、アメリカ、カナダ公演)『貧民倶楽部』
* 1987年 『テンペスト』『虹のバクテリア』『なぜか青春時代』『ギプス』
* 1988年 『欲望という名の市電』『ハムレット』『仮名手本忠臣蔵』
* 1989年 『王女メディア』(香港公演)『唐版 滝の白糸』『近松心中物語』(ベルギー、イギリス公演)『盲導犬』
* 1990年 『ペール・ギュント』『PLAYZONE'90 MASK』『近代能楽集 卒塔婆小町』(イギリス公演)『NINAGAWAマクベス』(カナダ、アメリカ公演)
* 1991年 『1991・待つ』『リア王』『七人みさき』『Tango at the End of Winter』(英国内公演)『近代能楽集 卒塔婆小町』(アメリカ公演)
* 1992年 『1992・待つ』『さまよえるオランダ人』『SHOW劇'92 MASK』『NINAGAWAマクベス/王女メディア』(シンガポール公演)『三人姉妹』『テンペスト』(イギリス公演)『千年の街のクリスマス』
* 1993年 『1993・待つ』『春』『王女メディア』(台湾、スイス公演)『魔女の宅急便』『初夏の夜の夢』『血の婚礼』
* 1994年 『Peer Gynt』(英国内公演、ノルウェー、日本公演も)『夏の夜の夢』『オセロー』『ゴドーを待ちながら』
* 1995年 『夏の夜の夢』(イギリス公演)『ハムレット』『身毒丸』
* 1996年 『王女メディア』(パレスチナ、エジプト公演)『夏の夜の夢』(イギリス公演)『零れる果実』『1996・待つ』
* 1997年 『草迷宮』『昭和歌謡大全集』『銀色クジラの時間旅行』『身毒丸』(イギリス公演)
* 1998年 『ロミオとジュリエット』『1998・待つ』『ハムレット』(イギリス公演)『十二夜』
* 1999年 『リチャード三世』『かもめ』『リア王』(イギリス公演)『パンドラの鐘』
* 2000年 『唐版 滝の白糸』『三人姉妹』『グリークス』『近代能楽集 卒塔婆小町/弱法師』『NINAGAWA火の鳥』
* 2001年 『真情あふるる軽薄さ2001』『マクベス』『近代能楽集』(イギリス公演)『三文オペラ』『ハムレット』『2001・待つ』『四谷怪談』
* 2002年 『欲望という名の電車』『オイディプス王』『夏の夜の夢』(フランス公演)『マクベス』(アメリカ公演)
* 2003年 『桜の園』『ペリクリーズ』(イギリス公演)『エレクトラ』『ハムレット』
* 2004年 『タイタス・アンドロニカス』『新・近松心中物語』『シブヤから遠く離れて』『オイディプス王』(ギリシャ公演)『お気に召すまま』『Hamlet』(英国内公演)『ロミオとジュリエット』
* 2005年 『幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門』『KITCHEN』『メディア』『近代能楽集』(アメリカ公演)『NINAGAWA十二夜』『天保十二年のシェイクスピア』
* 2006年 『間違いの喜劇』『タイタス・アンドロニカス』(イギリス公演)『白夜の女騎士』『あわれ彼女は娼婦』『オレステス』『タンゴ・冬の終わりに』
* 2007年 『コリオレイナス』(イギリス公演)『ひばり』『恋の骨折り損』『藪原検校』『船上のピクニック』『エレンディラ』『オセロー』『カリギュラ』
* 2008年 『リア王』『身毒丸』(アメリカ公演)『さらば、わが愛 覇王別姫』『わが魂は輝く水なり』『95kgと97kgのあいだ』『道元の冒険』『ガラスの仮面』『から騒ぎ』『表裏源内蛙合戦』
* 2009年 『冬物語』『ムサシ』『NINAGAWA十二夜』(イギリス公演)『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』『アンドゥ家の一夜』『コースト・オブ・ユートピア』『真田風雲録』『十二人の怒れる男』
* 2010年 『血は立ったまま眠っている』『ヘンリー六世』『ムサシ』(イギリス・アメリカ公演)『ファウストの悲劇』『ガラスの仮面~二人のヘレン~』『聖地』『じゃじゃ馬馴らし』『美しきものの伝説』
* 2011年 『サド侯爵夫人』『わが友ヒットラー』『たいこどんどん』『アントニーとクレオパトラ』(韓国公演)
* 2012年 『海辺のカフカ』

※ 基本的には同演出での再演作品の明記(海外公演を除く)、および稽古場発表などの形態による上演作品の明記はしていない
受賞歴

菊田一夫演劇賞、文化庁芸術祭演劇部門大賞、テアトロ演劇賞、芸術選奨文部大臣賞、読売演劇大賞(最優秀演出家賞、大賞)、松尾芸能賞、毎日芸術賞、朝日賞、朝日舞台芸術賞(グランプリ、特別大賞)、紀伊國屋演劇賞個人賞など、多数の受賞がある。

2001年に紫綬褒章、2004年秋に文化功労者、2010年秋に文化勲章を受章。他に第53回菊池寛賞、埼玉県民栄誉章などを受賞。

海外では、1992年に英国エジンバラ大学名誉博士号、2002年に英国名誉大英勲章第三位。2005年にWalpoleメダル、2010年に米国ケネディ・センター国際委員会芸術部門ゴールド・メダルを受章。
監督作品
映画

* 海よ、お前が - 帆船日本丸の青春(1980年)
* 魔性の夏(1981年)
* Wの悲劇(1984年、劇中劇を担当)
* 青の炎(2003年)
* 嗤う伊右衛門(2004年)
* 蛇にピアス(2008年)

テレビドラマ

* 水の女(1990年)
* 風ものがたり(1990年)
* 3番テーブルの客(1997年3月31日)

出演作品
映画

* 純愛物語(1957年、東映)
* 女子大学生 私は勝負する(1959年、東宝)
* 「赤坂の姉妹」より 夜の肌(1960年、東宝)
* からみ合い(1962年、松竹)
* 武士道残酷物語(1963年、東映)
* 彼女と彼(1963年、岩波映画)
* 暗殺(1964年、松竹)
* 仇討(1964年、東映)
* とべない沈黙(1966年、ATG)
* 樹氷のよろめき(1968年、松竹)
* 盛り場ブルース(1968年、東映)
* 薔薇の葬列(1969年、ATG)
* 無頼漢(1970年、東宝)
* あらかじめ失われた恋人たちよ(1971年、ATG)
* 愉快な極道(1976年、東映)
* ダブル・クラッチ(1978年、松竹)
* Wの悲劇(1984年、角川春樹事務所 / 東映)
* チェッカーズ SONG FOR U.S.A.(1986年、東宝)
* 敦煌(1988年、東宝)
* きらきらひかる(1992年、ヘラルド・エース)

 etc.
テレビドラマ

* チコちゃん日記(1965年、NHK)
* おはなはん(1966年、NHK)
* 悪魔くん 第12話「狼人間」(1966年、NET)
* 特別機動捜査隊(NET)
o 第302話「悲しき善意」(1967年)
o 第509話「呪いの館」(1971年)
* 三姉妹(1967年、NHK) - 通辞中西
* 竜馬がゆく(1968年、NHK) - 五代才助 / 沖田総司
* 風 第19話「すばらしい明日」(1968年、TBS)
* ローンウルフ 一匹狼 第27話「車椅子の女」(1968年、NTV)
* キイハンター(TBS)
o 第12話「幽霊船が呼んでいる」(1968年)
o 第104話「足のある幽霊部隊」(1970年)
o 第148話「射て! 情無用ギャングの勲章」(1971年)
* ザ・ガードマン(TBS)
o 第180話「首のない幽霊」(1968年)
o 第219話「魔の13日金曜の連続殺人」(1969年)
* 東京バイパス指令 第27話「女獣」(1969年、NTV)
* 樅ノ木は残った(1970年、NHK) - 宮本又市
* 男は度胸(1970年、NHK)
* 大忠臣蔵 第28話「死を賭けた探索」(1971年、NET) - 間十次郎
* 天皇の世紀 第7話「黒い風」(1971年、ABC) - 高畑胤正
* 新・平家物語(1972年、NHK) - 西行
* 水戸黄門(TBS / C.A.L)
o 第3部 第23話「仇討ち博多人形 -博多-」(1972年)
o 第4部 第3話「人情榛名おろし -高崎-」(1973年) - 滝田公一郎
o 第5部 第7話「盗まれた路用金 -富山-」(1974年) - 平野屋与兵衛
o 第6部
+ 第7話「姫だるまに似た女 -大分-」(1975年) - 雑賀勘左衛門
+ 第25話「暴れん坊の恋 -甲府-」(1975年) - 新見十兵衛
o 第10部
+ 第1話「おあずけ喰った結婚式 -水戸・江戸-」(1979年) - 六条三位
+ 第15話「京の都の悪退治 -京-」(1979年) - 六条三位
* 恐怖劇場アンバランス 第2話「死を予告する女」(1973年、CX) - 坂巻豊
* 追跡 第10話「天使の祈り」(1973年、CX)
* 荒野の用心棒 第36話「死の廃坑に地獄火が吠えて…」(1973年、NET) - 利助
* 大江戸捜査網(12ch)
o 第119話「大江戸残酷秘話」(1973年)
o 第212話「暗殺計画 眼には眼を!!」(1975年)
* 鞍馬天狗(竹脇無我版)(1974年、NTV / 東宝)
* 非情のライセンス 第2シリーズ 第5話「兇悪のカナリヤ」(1974年、NET) - 村井
* 暗闇仕留人 第19話「乗せられて候」(1974年、ABC) - 新島欣吾
* 右門捕物帖 第22話「くちなしの花」(1974年、NET / 東映) - 旗本・堀田石見
* 太陽にほえろ! (NTV)
o 第131話「刑事の胸の底には」(1975年)
o 第238話「東京上空17時00分」(1977年) - 冴村マネージャー
* バーディー大作戦 第40話「ミイラ連続殺人事件」(1975年、TBS)
* ふりむくな鶴吉 第28話「奴女郎」(1975年、NHK) - 村政
* 銭形平次(CX / 東映)
o 第479話「ある愛の終り」(1975年) - 利助
o 第560話「おひさという女」(1977年) - 政 / 政吉(二役)
* はぐれ刑事 第4話「密告」(1975年、NTV) - 田川
* 影同心II 第5話「女の争い紅葉花」(1975年、MBS) - 木更津屋
* 大都会 闘いの日々(1976年、NTV)
o 第8話「俺の愛した ちあきなおみ」 - 和田ディレクター
o 第29話「恵子」 - 村井ディレクター
* 隠し目付参上 第4話「念には念を入れすぎたか」(1976年、MBS) - 作事奉行・宮寺玄之介
* ベルサイユのトラック姐ちゃん 第17話「古都の夜 女は燃える」(1976年、NET) - 大場
* いろはの"い" 第10話「棺桶に乗った男」(1976年、NTV) - 前田実
* 夜明けの刑事 第102話「モシモシ、私が犯人です」(1977年、TBS)
* 桃太郎侍 第14話「祭囃子に咲いた恋」(1977年、NTV) - 昇二郎
* 大都会 PARTII 第21話「非常線突破」(1977年、NTV) - 西川
* 新幹線公安官 第10話「追跡! こだま229号」(1977年、ANB)
* 俺たちの朝 第47話「シドニーと燃える男とお先真っ暗」(1977年、NTV) - 神谷
* 水曜ドラマスペシャル / ただ一度の人生(1986年、TBS)
* 春のドラマスペシャル / 5日間の天使(1995年、KTV)

 etc.
その他の番組

* 徹子の部屋(テレビ朝日)
* 笑っていいとも! テレフォンショッキング(フジテレビ)
* 東京の窓から(TOKYO MX)

CM

* ケロッグコーンフレーク(1983年)
* 映画『シンデレラマン』(2005年)
* 麒麟淡麗〈生〉(2008年)

舞台

* 青俳『明日そこに花を挿そうよ』(1960年) - 右太
* 状況劇場『住み込みの女』(1983年) - 鼠男
* 『タンゴ・冬の終わりに』(1984、86年) - 黒マント

著書

* BGMはあなたまかせ
* Note 1969 - 1988
* 千のナイフ、千の目
* 蜷川幸雄の子連れ狼伝説
* 蜷川幸雄・闘う劇場
* Note 1969 - 2001 増補完全版
* 演出術
* 反逆とクリエイション

現代人劇場

現代人劇場は蜷川幸雄、清水邦夫などが結成した劇団。1967年結成。1971年解散。

関連項目

* 小劇場演劇
* シアターコクーン
* 彩の国さいたま芸術劇場
* さいたまゴールド・シアター
* 桐朋学園芸術短期大学
 
スポンサーサイト

テーマ:祭りの写真 - ジャンル:写真




西条祭り 宮入り 2006/10/16

中之段だんじりなど。加茂川の中へ。夕暮れなのに三脚を持っていかなかったので、手振れがひどいですがご勘弁を!
西条祭り 宮入り 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


西条祭り 宮入り 2006/10/16

中野一番だんじりなど。
西条祭り 宮入り 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


●豆知識●

●特定疾患(とくていしっかん)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E7%96%BE%E6%82%A3

曖昧さ回避 この項目では、難治性疾患克服研究事業のうち公費助成の対象となる病気について記述しています。保険の給付対象となる病気については「特定疾病」をご覧ください。

特定疾患(とくていしっかん)とは、いわゆる「難病」のうち日本において厚生労働省が実施する難治性疾患克服研究事業の臨床調査研究分野の対象に指定された疾患をさす。2009年4月1日現在、対象は130疾患。

都道府県が実施する特定疾患治療研究事業の対象疾患は、国の指定する疾患については特定疾患から選ばれており、当事業の対象疾患をさして特定疾患ということもある。

ここでいう特定疾患とは、診療報酬の医学管理等において特定疾患療養管理料などとして請求される対象の特定疾患のことではない。

概説

日本では、いわゆる難病の中でも積極的に研究を推進する必要のある疾患について、調査研究、重点的研究、横断的研究からなる難治性疾患克服研究事業を行っている。対象となる疾患は、厚生労働省健康局長の私的諮問機関である特定疾患対策懇談会において検討の上で決定される。

このうち、特に治療が極めて困難であり、かつ、医療費も高額である疾患について、医療の確立、普及を図るとともに、患者の医療費負担軽減を図る目的で、都道府県を実施主体として特定疾患治療研究事業が行われている。対象は2009年10月1日現在、56疾患。

特定疾患治療研究事業の対象疾患については、医療費の患者自己負担分の一部または全部について国と都道府県による公的な助成(公費負担医療)を受けることができる。
難病の2つの定義

いわゆる難病とは、一般的に「治りにくい病気」や「不治の病」を指す言葉であり、医学用語として具体的かつ明確に定義されているものではない。

施策上の難病の定義は、1972年の難病対策要綱によると、

1. 原因不明、治療方法未確立であり、かつ、後遺症を残すおそれが少なくない疾病
2. 経過が慢性にわたり、単に経済的な問題のみならず介護等に著しく人手を要するために家庭の負担が重く、また精神的にも負担の大きい疾病

とされている。
特定疾患の俗称としての難病

難病とされる疾病を定義したものではないが、行政や医療の現場では特定疾患を指して難病と俗称することがある。
難治性疾患克服研究事業の概観

詳細は「難治性疾患克服研究事業」を参照

施策上、症例が少なく原因不明・治療方法の未確立で生活面に長期に支障をきたす疾患に対して次のような対策を行っている。

1. 調査研究の推進。難治性疾患克服研究事業の臨床調査研究分野対象疾患。130疾患。
2. 医療施設等の整備
3. 地域の医療・保健福祉の充実・連携
4. QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を目指した福祉政策の充実(難病患者等居宅生活支援事業・市町村自治事務。)
5. 医療費の自己負担の軽減(特定疾患治療研究事業対象56疾患)

指定疾患名
難治性疾患克服研究事業 臨床調査研究分野対象疾患(130疾患)・2009年4月1日現在

厚生労働省による原因究明・治療法などの研究が行われるが、特定疾患治療研究事業対象疾患以外は患者の自己負担分は、公費で負担されない。

* 詳しくは厚労省 難病情報センターを参照のこと。

罹患臓器 疾患 包括される疾患 原因 主たる治療法 備考
神経・筋 脊髄小脳変性症
(多系統萎縮症) 線条体黒質変性症
オリーブ橋小脳萎縮症
シャイ・ドレーガー症候群
晩発性小脳皮質萎縮症
歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症
フリードリヒ失調症 常染色体優性遺伝
常染色体劣性遺伝
後天性は原因不明 リハビリテーション
モヤモヤ病 原因不明 血行再建術 別名:ウィリス動脈輪閉塞症
多発性硬化症 原因不明(自己免疫?) 副腎皮質ステロイド
重症筋無力症 自己免疫 副腎皮質ステロイド
筋萎縮性側索硬化症
(ALS) 原因不明 対症療法のみ
パーキンソン病 ドパミン欠乏 ドパミンアゴニスト
ハンチントン病 常染色体優性遺伝 抗ドパミン薬 等
進行性核上性麻痺 原因不明 ドパミンアゴニスト 等
ライソゾーム病 ゴーシェ病
ムコ多糖症 等 常染色体劣性遺伝
伴性劣性遺伝 有効な治療法なし
プリオン病 クロイツフェルト・ヤコブ病
ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群
致死性家族性不眠症 臓器移植時のプリオン感染
感染牛の摂取
常染色体優性遺伝 有効な治療法なし
亜急性硬化性全脳炎 麻疹ウイルスの遅発感染 有効な治療法なし
副腎白質ジストロフィー X染色体劣性遺伝 有効な治療法なし
大脳皮質基底核変性症 原因不明 ドパミンアゴニスト 等
進行性多巣性白質脳症
(PML)
脊髄性筋萎縮症
球脊髄性筋萎縮症
ギラン・バレー症候群
フィッシャー症候群
慢性炎症性脱髄性多発神経炎
多巣性運動ニューロパチー 別名:多発限局性運動性末梢神経炎、ルイス・サムナー症候群
単クローン抗体を伴う末梢神経炎 別名:クロウ・フカセ症候群、POEMS症候群、高月病
正常圧水頭症
ペルオキシソーム病
脊髄空洞症
原発性側索硬化症
有棘赤血球を伴う舞踏病
HTLV-1関連脊髄症
(HAM)
スモン キノホルムによる副作用 リハビリテーション 全額公費負担
消化器 クローン病 原因不明(自己免疫?) 副腎皮質ステロイド
免疫抑制剤
潰瘍性大腸炎 原因不明(自己免疫?) 副腎皮質ステロイド
免疫抑制剤
劇症肝炎 肝炎ウイルス(A・B・D・E)
薬剤による副作用 血漿交換・血液透析
副腎皮質ステロイド
グルカゴン - インスリン療法 等 全額公費負担
原発性胆汁性肝硬変 自己免疫 ウルソデオキシコール酸
バッド・キアリ症候群 一次性バッド・キアリ症候群
二次性バッド・キアリ症候群 一次性は原因不明 肝臓移植
重症急性膵炎 急性出血性膵炎
急性壊死性膵炎 胆石症
副腎皮質ステロイド 他 輸液・電解質補正
腹膜灌流・血液浄化法
膵酵素阻害剤と抗生物質の持続動注 全額公費負担
自己免疫性肝炎
特発性門脈圧亢進症
肝外門脈閉塞症
肝内結石症
肝内胆管障害 原発性硬化性胆管炎
慢性膵炎
膵嚢胞線維症 CFTR遺伝子の突然変異
腎臓・泌尿器 IgA腎症 原因不明
急速進行性糸球体腎炎 原因不明
難治性ネフローゼ症候群
多発性嚢胞腎 PKD1・PKD2遺伝子の突然変異
循環器 肥大型心筋症
特発性拡張型心筋症 原因不明 心臓移植
拘束型心筋症
ミトコンドリア病 ミトコンドリア遺伝子の突然変異
ファブリー病
家族性突然死症候群
大動脈炎症候群 自己免疫 副腎皮質ステロイド 高安病
バージャー病 原因不明(喫煙?) 交感神経節切除術
下肢動脈バイパス再建術 ビュルガー病
呼吸器 サルコイドーシス 肺サルコイドーシス
眼サルコイドーシス
心臓サルコイドーシス
皮膚サルコイドーシス 等 原因不明(アクネ菌?) 副腎皮質ステロイド
特発性間質性肺炎 急性間質性肺炎
びまん性間質性肺炎(特発性肺線維症)
リンパ性間質性肺炎 等 原因不明
膠原病続発性 副腎皮質ステロイド
原発性肺高血圧症 原因不明 プロスタグランジンE1
肺移植
慢性特発性肺血栓塞栓症 原因不明 抗血栓剤
びまん性汎細気管支炎
若年性肺気腫
リンパ脈管筋腫症
(LAM)
ランゲルハンス細胞組織球症
(ヒスチオサイトーシスX)
肥満低換気症候群
肺胞低換気症候群
血液 再生不良性貧血 原因不明(自己免疫?) 骨髄移植
蛋白同化ステロイド
副腎皮質ステロイド
溶血性貧血 自己免疫性溶血性貧血
発作性夜間ヘモグロビン尿症 副腎皮質ステロイド薬
不応性貧血
(骨髄異形成症候群)
骨髄線維症
特発性血栓症 薬物療法
手術
血栓性血小板減少性紫斑病
(TTP)
特発性血小板減少性紫斑病 急性特発性血小板減少性紫斑病
慢性特発性血小板減少性紫斑病 自己免疫 副腎皮質ステロイド
原発性免疫不全症候群
代謝・免疫 アミロイドーシス 原発性全身性アミロイドーシス
骨髄腫随伴性アミロイドーシス
家族性アミロイドーシス 等 原発性は原因不明
多発性骨髄腫
慢性炎症性疾患
常染色体優性遺伝 副腎皮質ステロイド
セファランチン
全身性エリテマトーデス 自己免疫 副腎皮質ステロイド
免疫抑制剤 膠原病
多発性筋炎
皮膚筋炎 自己免疫
悪性腫瘍 副腎皮質ステロイド
免疫抑制剤 膠原病
強皮症 進行性全身性強皮症 自己免疫 副腎皮質ステロイド
降圧剤・免疫抑制剤 膠原病
悪性関節リウマチ 自己免疫 副腎皮質ステロイド
免疫抑制剤 膠原病
結節性動脈周囲炎 結節性多発動脈炎
顕微鏡的多発血管炎 自己免疫 副腎皮質ステロイド
免疫抑制剤 膠原病
混合性結合組織病 自己免疫 副腎皮質ステロイド
免疫抑制剤
ウェゲナー肉芽腫症 自己免疫 副腎皮質ステロイド
免疫抑制剤
原発性免疫不全症候群 無ガンマグロブリン血症
重症複合免疫不全症
ADA欠損症
ウィスコット・アルドリッチ症候群
毛細血管拡張性失調症
慢性肉芽腫症
チェディアック・東症候群
ディジョージ症候群 等 常染色体劣性遺伝
伴性劣性遺伝 造血幹細胞移植
遺伝子治療
感染予防・欠乏因子補充
原発性高脂血症
家族性高コレステロール血症
アレルギー性肉芽腫性血管炎 別名:チャーグ・ストラウス症候群
側頭動脈炎
シェーグレン症候群
成人スティル病
抗リン脂質抗体症候群
内分泌器 ビタミンD受容機構異常症 ビタミンD受容体遺伝子の変異 ビタミンDの大量投与
甲状腺ホルモン不応症
TSH受容体異常症 TSH受容体遺伝子の変異
下垂体性TSH分泌異常症
偽性副甲状腺機能低下症
PRL分泌異常症
ゴナドトロピン分泌異常症
ADH分泌異常症
原発性アルドステロン症
副腎低形成
(アジソン病)
グルココルチコイド抵抗症
副腎酵素欠損症
偽性低アルドステロン症
中枢性摂食異常症 ストレス 心理療法
薬物療法
下垂体機能低下症 腫瘍
外傷
自己免疫
原因不明 ホルモン補充療法
クッシング病 ACTH産生腫瘍 手術
先端巨大症 成長ホルモン産生腫瘍 手術
骨・関節 前縦靭帯骨化症 原因不明 手術
後縦靭帯骨化症 原因不明 手術
黄色靭帯骨化症 原因不明 手術
広汎脊柱管狭窄症 先天異常
各種脊椎疾患
外傷・医原性 手術
特発性大腿骨頭壊死症 原因不明
(ステロイドによるものは除く) 人工骨頭・人工関節置換術
特発性ステロイド性骨壊死症 手術
進行性骨化性線維異形成症
(FOP) ACVR1遺伝子の突然変異 有効な治療法なし
皮膚 天疱瘡 尋常性天疱瘡
増殖性天疱瘡
落葉状天疱瘡
紅斑性天疱瘡
腫瘍随伴性天疱瘡
IgA天疱瘡 自己免疫 副腎皮質ステロイド
免疫抑制剤
血漿交換療法
ベーチェット病 眼ベーチェット病
血管ベーチェット病
神経ベーチェット病
腸管ベーチェット病 原因不明 シクロスポリン
コルヒチン
副腎皮質ステロイド
膿疱性乾癬 急性汎発性膿疱性乾癬
疱疹状膿痂疹
汎発型稽留性肢端皮膚炎
小児膿疱性乾癬 原因不明(自己免疫?) シクロスポリン
レチノイド
活性型ビタミンD3軟膏
表皮水疱症 接合部型先天性表皮水疱症
優性栄養障害型先天性表皮水疱症
劣性栄養障害型先天性表皮水疱症 常染色体優性遺伝
常染色体劣性遺伝 有効な治療法なし (一部、型によっては治療可能2009年現在)
神経線維腫症 神経線維腫症1型
(レックリングハウゼン病)
神経線維腫症2型 常染色体優性遺伝
突然変異による発症 有効な治療法なし
魚鱗癬 尋常性魚鱗癬
伴性遺伝性尋常性魚鱗癬
水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症
葉状魚鱗癬 常染色体優性遺伝 有効な治療法なし 水疱型・非水疱型は17歳11ヶ月まで公費補助あり
好酸球性筋膜炎
重症多形滲出性紅斑
(急性期)
硬化性萎縮性苔癬
結節性硬化症
(プリングル病)
色素性乾皮症
(XP)
眼 網膜色素変性症 常染色体優性遺伝 有効な治療法なし
加齢黄斑変性
難治性視神経症
耳 メニエール病 原因不明
遅発性内リンパ水腫 原因不明
突発性難聴 原因不明
特発性両側性感音難聴 原因不明

(作成中)
特定疾患治療研究事業対象疾患(56疾患)・2009年10月1日現在

患者は所轄の保健所に届けることにより、医療費の自己負担分の一部または全額の助成を、公費で受けることができる。(下記外部リンク『難病情報センター』ホームページを参照)

1. ベーチェット病
2. 多発性硬化症
3. 重症筋無力症
4. 全身性エリテマトーデス
5. スモン
6. 再生不良性貧血
7. サルコイドーシス
8. 筋萎縮性側索硬化症
9. 強皮症/皮膚筋炎および多発性筋炎
10. 特発性血小板減少性紫斑病
11. 結節性動脈炎
1. 結節性動脈炎
2. 顕微鏡的多発血管炎
12. 潰瘍性大腸炎
13. 大動脈炎症候群
14. ビュルガー病(バージャー病)
15. 天疱瘡
16. 脊髄小脳変性症
17. クローン病
18. 難治性肝炎のうち、劇症肝炎
19. 悪性関節リウマチ
20. パーキンソン病関連疾患
1. 進行性核上性麻痺
2. 大脳皮質基底核変性症
3. パーキンソン病
21. アミロイドーシス
22. 後靭帯骨化症
23. ハンチントン病
24. モヤモヤ病(ウィルス動脈輪閉鎖症)
25. ウェゲナー肉芽腫症
26. 特発性拡張型(うっ血型)心筋症
27. 多系統萎縮症
1. 線条体黒質変性症
2. オリーブ橋小脳萎縮症
3. シャイ・ドレーガー症候群
28. 表皮水疱症(接合型及び栄養障害型)
29. 膿疱性乾癬
30. 広範脊柱管狭窄症
31. 原発性胆汁性肝硬変
32. 重症急性膵炎
33. 特発性大腿骨頭壊死症
34. 混合性結合組織病
35. 原発性免疫不全症候群
36. 特発性間質性肺炎
37. 網膜色素変性症
38. プリオン病
1. クロイツフェルト・ヤコブ病
2. ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー病
3. 致死性家族性不眠症
39. 原発性肺高血圧症
40. 神経線維腫症I型/神経線維腫症II型
41. 亜急性硬化性全脳炎
42. バット・キアリ(Budd-Chiari)症候群
43. 特発性慢性肺血栓塞栓症(肺高血圧型)
44. ライソゾーム病
1. ライソゾーム病(ファブリー病を除く)
2. ライソゾーム病(ファブリー病)
45. 副腎白質ジストロフィー
46. 家族性高コレステロール血症 (ホモ接合型)
47. 脊髄性筋萎縮症
48. 球脊髄性筋萎縮症
49. 慢性炎症性脱髄性多発神経炎
50. 肥大型心筋症
51. 拘束型心筋症
52. ミトコンドリア病
53. リンパ脈管筋腫症 (LAM)
54. 重症多形滲出性紅斑 (急性期)
55. 黄色靭帯骨化症
56. 間脳下垂体機能障害
1. PRL分泌異常症
2. ゴナドトロピン分泌異常症
3. ADH分泌異常症
4. 下垂体性TSH分泌異常症
5. クッシング病
6. 先端巨大症
7. 下垂体機能低下症

* 疾患番号は、厚生労働省の臨床調査研究に、おおむね指定された時期の順番どおり。

関連項目

* 公費負担医療
* 難治性疾患克服研究事業
* 難病対策
* 特定疾病


平成21年度補正予算において、特定疾患治療研究事業に緊要性の高い疾患を追加するものとされたことをうけ、平成21年10月30日より、本事業の対象疾患に以下の疾患を追加することとしました。(厚生労働省健康局疾病対策課)

<追加される11疾患>

家族性高コレステロール血症(ホモ接合体) 脊髄性筋萎縮症 球脊髄性筋萎縮症 慢性炎症性脱髄性多発神経炎 肥大型心筋症 拘束型心筋症 ミトコンドリア病 リンパ脈管筋腫症(LAM) 重症多形滲出性紅斑(急性期) 黄色靱帯骨化症 間脳下垂体機能障害 (PRL分泌異常症、ゴナドトロピン分泌異常症、ADH分泌異常症、下垂体性TSH分泌異常症、クッシング病、先端巨大症、下垂体機能低下症)

外部リンク

* 難病対策要綱
* 難病情報センター
 

テーマ:祭りの写真 - ジャンル:写真




西条祭り 宮入り 2006/10/16

洲之内だんじり・中野一番だんじり・中之段だんじりなど。
西条祭り 宮入り 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


●豆知識●

●キャンディーズ(Candies)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3
%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BA

キャンディーズ(Candies)は、1970年代に活躍した日本のアイドルグループである。メンバーは、ラン(伊藤蘭、1955年(昭和30年)1月13日 - )、スー(田中好子、1956年(昭和31年)4月8日 - )、ミキ(藤村美樹、1956年(昭和31年)1月15日 - )の3人。所属事務所は渡辺プロダクション。多くの楽曲は、当時渡辺音楽出版社員であった松崎澄夫(現・アミューズソフトエンタテインメント代表取締役社長)のプロデュースによるものである。

キャンディーズ
基本情報
出身地 日本
ジャンル アイドル
活動期間 1972年 - 1978年
レーベル CBS・ソニー
事務所 渡辺プロダクション
旧メンバー
ラン(伊藤蘭)
スー(田中好子)
ミキ(藤村美樹)

年表
この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

* 1972年(昭和47年)4月: NHK「歌謡グランドショー」のマスコットガール兼アシスタント(椅子・マイク運び・代理音合わせ)として「キャンディーズ」誕生
* 1973年(昭和48年)4月7日: TBS「8時だョ!全員集合」のアシスタントとしてレギュラー出演
* 1973年(昭和48年)9月1日: 「あなたに夢中」でレコードデビュー
* 1974年(昭和49年)3月17日: 代々木・山野ホールで初コンサート(800人)
* 1975年(昭和50年)2月21日: シングル「年下の男の子」リリース・初の大ヒットでオリコン9位を記録(スー→ランにメインボーカル交代)
* 1975年(昭和50年)10月19日: キャンディーズ10000人カーニバル開催(蔵前国技館/8600人)
* 1975年(昭和50年)12月31日: 「年下の男の子」で第26回NHK紅白歌合戦初出場
* 1976年(昭和51年)3月1日: シングル「春一番」リリース・オリコン3位を記録
* 1976年(昭和51年)10月11日: キャンディーズ10000人カーニバル Vol.2開催(蔵前国技館/13500人)
* 1976年(昭和51年)12月31日: 「春一番」で第27回NHK紅白歌合戦出場
* 1977年(昭和52年)7月17日: 日比谷野外音楽堂でコンサート中、突然の解散宣言
* 1977年(昭和52年)11月26日: NHK「男たちの旅路 第3部 墓場の島」で歌手役でゲスト出演する。
* 1977年(昭和52年)12月31日: 「やさしい悪魔」で第28回NHK紅白歌合戦出場
* 1978年(昭和53年)2月25日: シングル「微笑がえし」リリース・初のオリコン1位を達成
* 1978年(昭和53年)4月4日: ファイナルカーニバル(後楽園球場/55000人)をもって解散
* 2008年(平成20年)4月4日: 後楽園球場跡地に建つJCB HALLにて「全国キャンディーズ連盟2008大同窓会」開催(参加者2000名)
* 2008年(平成20年)9月3日: 20枚組ボックスアルバム「キャンディーズ・タイムカプセル」リリース(未発表曲「霧のわかれ」、「やさしい悪魔」の通称“木魚版”を収録)

略歴
デビュー当時

キャンディーズのメンバーは、3人とも東京音楽学院のスクールメイツ出身。最終選抜で3人が選ばれたが、彼女ら以外に太田裕美やザ・ヴィーナスのボーカルであったコニーもいた。 1972年(昭和47年)4月に、NHKの新番組「歌謡グランドショー」のマスコットガールとして3人揃って抜擢され、番組プロデューサーから「食べてしまいたいほどかわいい女の子たち」を意味して「キャンディーズ」と名付けられた。3人ともスクールメイツの中でも特に目立つ存在ではなく、歌謡グランドショーでもマスコットガール兼アシスタント(椅子・マイク運び・代理音合わせ)に過ぎず、歌手デビューの予定はなかった。しかし歌謡グランドショーに出てしばらくたった頃、東京音楽学院をたまたま訪れた松崎澄夫が、教室に入ってきたキャンディーズの3人を見て「かわいい子がいるなあ」と目を止めた。松崎が音楽学院の担当者にレコードデビューの有無を聞くと、「まだです」との返事が返ってきたので、松崎はそのままキャンディーズの歌手デビューを決定した。

1973年(昭和48年)に「あなたに夢中」で歌手デビュー。またデビュー前からは、人気バラエティ番組「8時だョ!全員集合」にもレギュラー出演していたが、デビュー後しばらくはヒット曲に恵まれなかった。デビュー当時のメインボーカルは、当時最も歌唱力が高かったスーが起用されていた。
人気歌手へ

だが当時のマネージャーである諸岡義明が、三人の中でランだけファン層が異なる(お姉さん的)事を発見、諸岡の提案により、1975年(昭和50年)に発売した5枚目のシングル「年下の男の子」で方針を転換。「お姉さん」的キャラクターのランをセンター・メインボーカルに据えて前面に出した処、これが当たって初ヒットとなり、又オリコンでも初のベストテン入りを果たした。以降のシングルでは、「わな」がミキのセンターである以外は、すべてランがセンターを務めた。翌1976年(昭和51年)発売の「春一番」はオリコンで最高3位まで上昇、キャンディーズ自身代表曲のひとつとなっている。

その後も個性の違う3人という組み合わせや、「8時だョ!全員集合」や、「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」などのバラエティ番組でコントまでこなす積極的なテレビ出演と、愛らしい振り付けを交えた数々のヒット曲により、幅広い人気を獲得した。

キャンディーズのデビューから遅れること3年、1976年のデビュー直後から社会現象的に爆発的な人気を獲得したピンク・レディーに対し、レコード売り上げ等に関してはやや劣勢だった。その後キャンディーズも1977年(昭和52年)に入ってからは、「やさしい悪魔」「暑中お見舞い申し上げます」がオリコンで5位以内にランク、いつしかピンク・レディーと比較対照されることがあった。一部には、両者をライバル視する向きもあったが、スーとケイ(増田恵子)とは仲が良かった。また同世代の青年男性の殆どがキャンディーズを支持するも、小学生女児などの女性層の人気が多かったのがピンク・レディーであり、男女それぞれの支持層も対照的であったのでビジネスモデル上、両者はライバル関係にはなかった。
人気絶頂時の解散

しかし1977年の夏、人気絶頂となりつつあったキャンディーズは、突如解散を発表する。同年7月17日、日比谷野外音楽堂のコンサートのエンディングで、3人は涙を流しながら、ランが「私たち、皆さんに、謝らなければならない事があります」ミキが「ごめんなさい!」スーが「許して下さい...」とそれぞれファンに対して謝罪。それから突然の解散宣言後、ランが叫びながら発言した「普通の女の子に戻りたい!」は非常に有名で、当時流行語にもなっている。3人は同年9月末で解散する意思を固めていたが、事前に所属事務所の正式な了承を得ずに発表したこともあり、事務所の説得と話し合いの末、解散は半年間先送りされることになった。

この解散発表からキャンディーズの人気は沸騰し、ラストシングルの「微笑がえし」では初めてオリコン1位を獲得した。このためキャンディーズは解散によってさらに人気を盛り上げたと言える。

1978年(昭和53年)4月4日、当時空前であった後楽園球場に5万5千人を集め、マスコミが歌謡界史上最大のショーと呼び、日本でも「ザ・ピーナッツ さよなら公演」以来2例目となるお別れコンサート(ファイナルカーニバル)が行われ、4年半の活動に終止符を打った。この模様は全国にテレビで中継され、高視聴率を獲得している。最後に述べた「本当に私たちは、幸せでした!!」の口上も有名。コンサートの最後に歌われた「つばさ」は先に解散を知った全国キャンディーズ連盟の有志が作った「3つのキャンディー」という歌への返歌として伊藤蘭が作詞したものである。歌う前に伊藤が「やはりこの歌を歌いたい」と言ったのはそのためである。

なお、解散直後もTBSテレビ「ザ・ベストテン」内では「微笑がえし」が引き続きランクインした為、慰労会を兼ねたスタッフとの海外バカンス中に、電話ではあるがTV出演をしたことがある。当時は海外との衛星回線が弱く、放送直前電話が繋がらない可能性があった為、ベストテン側とキャンディーズ側双方のスタッフで、一日中電話を繋いでいたという。

解散コンサートで見られた「男性の群集が号泣する」というシーンは当時としてはショッキングな現象と見られ、4月21日付『週刊朝日』はコンサートの記事で「集団で、しかも人目をはばからずに泣くなんて、キミたち、どういう育ち方をしてきたんだい!?」と記していた。
解散後

* 解散後は公に一度も再結成を行っていない。当時の芸能界を激震させた解散宣言に始まり、最高の状態で解散(後述する)したこと、自らに終止符を打ち決して安易に再結成しない潔さ等が単なる「過去のアイドル」の枠を超え、解散から30年以上経った現在において半ば伝説化・神格化されつつある。しかしソロでは、3人ともに芸能界に復帰していた時期がある。
* 伊藤蘭は、俳優水谷豊と結婚。現在は女優として活動中。
* 田中好子は、復帰後ソロでの音楽活動を行いシングル「カボシャール」などをリリースしたが、現在はおもに女優として活動中。既婚(夫は夏目雅子の兄)。
* 藤村美樹は1983年(昭和58年)にソロ歌手として期間限定で復帰し、カネボウ春のキャンペーンソング「夢・恋・人」(シングル、アルバムともに同名)を発表、マスコミにも取りあげられ、ザ・トップテンにも10位にランクインしスマッシュヒットとなった。以降、芸能界の表舞台には出てきていない。

レコードとステージとの差異
Edit-find-replace.svg
この節には「独自研究」に基づいた記述が含まれているおそれがあります。信頼可能な解釈、評価、分析、総合の根拠となる出典を示してください。このタグは2010年9月に貼り付けられました。

ステージや歌番組ではレコードと違い3人が主旋律をユニゾンで歌唱し、コーラスはバックのMMPや複数の女性コーラスなどに任せることが多く、レコード音源や譜面通りの譜割やパート割で三人のコーラスが再現される事はほとんどなかった。この傾向は解散及びラストツアーまで続いた。また当時のアイドルや歌手では珍しく『ミュージックフェア』や『サウンド・イン"S"』など一部の音楽番組やバラエティ番組での歌唱においては、いわゆる口パクで収録・放送するケースもあった。ラストシングルである「微笑がえし」も後に穂口雄右が披露したレコーディング当時のエピソードとは異なり、ステージでは三人の歌唱はユニゾンであった。 当時のキャンディーズのマネージャーは「レコーディングは同じ事務所所属の小柳ルミ子の三倍の時間を常に要する上に、まず先に専属コーラスグループのコール・アカシアの三人に仮歌テープを吹き込んでもらい、それを聴いてからキャンディーズのメンバーが一人ずつボーカルを録音する方法だった。実力が伴わないまま、どんどん人気が肥大化していく事実に対する恐怖心が、普通の女の子に戻りたい宣言につながったのではないか」と語っていた。
ディスコグラフィー
シングル
発売順 A面タイトル 発売日 作詞 作曲 編曲 備考
1 あなたに夢中 1973年(昭和48年)9月1日 山上路夫 森田公一 竜崎孝路
2 そよ風のくちづけ 1974年(昭和49年)1月21日 山上路夫 森田公一 穂口雄右
3 危い土曜日 1974年(昭和49年)4月21日 安井かずみ 森田公一 竜崎孝路
4 なみだの季節 1974年(昭和49年)9月21日 千家和也 穂口雄右 穂口雄右
5 年下の男の子 1975年(昭和50年)2月21日 千家和也 穂口雄右 穂口雄右 キャンディーズ初のBEST10入り
6 内気なあいつ 1975年(昭和50年)6月1日 千家和也 穂口雄右 穂口雄右
7 その気にさせないで 1975年(昭和50年)9月1日 千家和也 穂口雄右 穂口雄右
8 ハートのエースが出てこない 1975年(昭和50年)12月5日 竜真知子 森田公一 竜崎孝路
9 春一番 1976年(昭和51年)3月1日 穂口雄右 穂口雄右 穂口雄右 アルバム『年下の男の子』収録の人気曲をシングル化。トップ3入り
10 夏が来た! 1976年(昭和51年)5月31日 穂口雄右 穂口雄右 穂口雄右
11 ハート泥棒 1976年(昭和51年)9月1日 林春生 すぎやまこういち 船山基紀
12 哀愁のシンフォニー 1976年(昭和51年)11月21日 なかにし礼 三木たかし 馬飼野康二
13 やさしい悪魔 1977年(昭和52年)3月1日 喜多条忠 吉田拓郎 馬飼野康二 衣装デザインをアン・ルイスが担当
14 暑中お見舞い申し上げます 1977年(昭和52年)6月21日 喜多条忠 佐瀬壽一 馬飼野康二
15 アン・ドゥ・トロワ 1977年(昭和52年)9月21日 喜多条忠 吉田拓郎 馬飼野康二
16 わな 1977年(昭和52年)12月5日 島武実 穂口雄右 穂口雄右
17 微笑がえし 1978年(昭和53年)2月25日 阿木燿子 穂口雄右 穂口雄右 事実上のラストシングル、有終の美を飾りオリコン1位獲得
18 つばさ 1978年(昭和53年)11月21日 伊藤蘭 渡辺茂樹 渡辺茂樹 解散後、キャンディーズの意向に反して発売されたもの
アルバム
発売順 タイトル 発売日 曲数 備考
1 あなたに夢中~内気なキャンディーズ~ 1973年(昭和48年)12月5日 12
2 危い土曜日~キャンディーズの世界~ 1974年(昭和49年)6月21日 12
3 なみだの季節 1974年(昭和49年)12月10日 12
4 年下の男の子 1975年(昭和50年)4月21日 12 初の全曲オリジナル・アルバム
5 その気にさせないで 1975年(昭和50年)10月1日 12
6 Candies' Carnival For 10,000 People 1975年(昭和50年)12月21日 10 同年10月19日 蔵前国技館LIVE
7 春一番 1976年(昭和51年)4月1日 12
8 夏が来た! 1976年(昭和51年)7月21日 12 ムーンライダーズが参加
9 蔵前国技館10,000人カーニバルVol.2 キャンディーズ・ライブ 1976年(昭和51年)12月5日 18 同年10月11日 蔵前国技館LIVE
10 キャンディーズ 1 1?2~やさしい悪魔~ 1977年(昭和52年)4月21日 18 2枚組(うち1枚の片面には3人のサインを刻印)
11 Candy Label 1977年(昭和52年)9月1日 16 2枚組(30cm盤1枚+17cm盤1枚)
12 CANDIES 1676 DAYS~キャンディーズ1676日~ 1977年(昭和52年)12月5日 59 5枚組(ベスト盤3枚+洋楽カバー1枚+未発表曲・新曲1枚)
13 早春譜 1978年(昭和53年)3月21日 20 2枚組
14 CANDIES FINAL CARNIVAL Plus One 1978年(昭和53年)5月21日 39 同年4月4日 後楽園球場LIVE、3枚組(うちスタジオ録音1枚)
オリコン1位獲得
1985年3月21日に初CD化、CD化されたキャンディーズのアルバム中最古の作品
ベスト・アルバム

* キャンディーズ・ヒット全曲集(1974年版、1975年版、1976年版)
* キャンディーズ・デラックス
* Best of Best キャンディーズのすべて
* 決定盤 キャンディーズ
* THE BEST シリーズ

(ここまでLP盤でのリリース。これ以降はCDでのリリース)

* キャンディーズ・ベスト・コレクション
* GOLDEN J-POP / THE BEST キャンディーズ
* 2000 BEST キャンディーズ
* DREAM PRICE 1000 キャンディーズ 年下の男の子
* DREAM PRICE 1000 キャンディーズ 春一番
* GOLDEN☆BEST キャンディーズ
* キャンディーズ スーパー・ベスト
* キャンディーズ BEST OF BEST

CD-BOX

* キャンディーズ バイブル
* CANDIES HISTORY~Best Selection Box 1973-1978
* CANDIES PREMIUM ~CANDIES ALL SONGS CD BOX~
* キャンディーズ・タイムカプセル
* キャンディーズ伝説 CD-BOX

キャンディーズの曲をカバーした歌手

CDとして発表されたもののみ。

* THE ポッシボー(「あなたに夢中」「そよ風のくちづけ」「危い土曜日」)
* 歌姫楽団(「危い土曜日」)
* speena(「年下の男の子」)
* つじあやの(「年下の男の子」)
* TAK MATSUMOTO(「その気にさせないで」)
* CHIEKO BEAUTY(「ハートのエースが出てこない」)
* INSPi(「ハートのエースが出てこない」)
* いきものがかり(「春一番」)
* ウルフルズ(「春一番」)
* 渡辺美里(「春一番」、ミニアルバム「うたの木 seasons “春”」に収録)
* 小泉今日子(「やさしい悪魔」)
* SweetS(「暑中お見舞い申し上げます」)
* ℃-ute(「暑中お見舞い申し上げます」)
* ゆず(「春一番」)
* 吉田拓郎(「やさしい悪魔」「アン・ドゥ・トロワ」。作曲者自身によるセルフカバー)
* 梓みちよ(「銀河系まで飛んで行け!」をキャンディーズのアルバム発売と同時期にシングルA面で発売した。)
* 中原理恵(1983年(昭和58年)に同じく「銀河系まで飛んで行け!」をシングル曲として発売。)
* 栗林みえ(1999年(平成11年)に「あなたのイエスタデイ」をシングルB面でカバー。)
* 富沢美智恵、水谷優子、林原めぐみ(「危ない土曜日」- OVA「DELUXE ARIEL 接触編 THE BEGINNING 」エンディングテーマ。ポニーキャニオンよりシングルCD発売。)

映像

* CANDIES FOREVER (β/VHS/LD/DVD)
キャンディーズ・ファイナルカーニバル For Freedom/1978.4.4 後楽園球場
* CANDIES TREASURE (4枚組DVD)
Disc1/1977.9.28 砂防会館
Disc2/1977.11.20 千葉県文化会館
Disc3/1978.2.9 芝郵便貯金ホール
Disc4/CANDIES HIT PARADE
* 歌の妖精(VHS/第7巻) - 天地真理・太田裕美・キャンディーズ
* タイムトリッパー/キャンディーズメモリアル(徳間書店) - 付録DVDにキャンディーズ出演CM10本を収録

レギュラー番組

* 8時だョ!全員集合 (TBS系)
* みごろ!たべごろ!笑いごろ! (NET→テレビ朝日系)
* レッツゴーヤング (NHK)
* GO!GO!キャンディーズ (文化放送)

CM出演

* 広島ナタリー(1974年/初CM)
* 旭化成レオナ66(1974/75年)
* キスミーシャインリップ(1976年)
* バンダイキャンディーズ・ステージオンマイク(1976年)、キャンディーズ・フラッシュマイク(1977年)
* ハウス食品ククレカレー(1976/77年)、ククレミートマーボ(1977年)
* 森永製菓チョコフレーク(1976年)、チョコスナックトリオ(1976年)、ラブチャット(1976年)、チョコぼうし(1976年)、チョコモナカ(1977年)、森のどんぐり(1977年)
* 三洋電機ブラックシャーシ/ズバコン《カラーテレビ》(1975/76年)、ひえひえ《エアコン》(1977年)
* TDKカセットテープ(1977年)
* 郵政省(現・JP日本郵便)暑中見舞い葉書(現在は通称『かもめ~る』)(1977年)

エピソード等

* 解散までの期間に全国をコンサートツアーした(「ありがとうカーニバル」)。これはいわゆる解散記念興行路線であり、これは後の山口百恵を始め、大物歌手やロックバンドの解散時に恒例のものになっていった(この形式での興行は1975年のザ・ピーナッツが最初と言われる)。リリースするレコードも、刻々と迫る解散を視野に入れた内容になっていった(「わな」はその例である)。この時、ずっとメインボーカルの機会がなかったミキに、1曲のみとはいえメインの座が与えられた。
* 15thシングル「アン・ドゥ・トロワ」は作曲者の吉田拓郎もセルフカバーしているが、拓郎版では曲の終わりに「さよなら、キャンディーズ」と歌っている。
* 当時のコンサートでは客席から多数の紙テープが投げられていた。ファンはキャンディーズが怪我を負わないように、予め紙テープの芯を抜いていたが、それでもステージ上に大量に蓄積された紙テープが足に絡まり、細かい切り傷が絶えなかったという。
* ファイナルカーニバルの舞台となった後楽園球場は当時大型モニターがなく、客席のほとんどからキャンディーズの三人は点状にしか見えなかったが、このライブはもともとキャンディーズの最後を目に焼き付けるというよりは、ファンも一体となって完全燃焼する趣旨が強く、まさに「カーニバル」の名に相応しいものであった。また、同球場には天井が無かったため、場外でも歓声ははっきりと聞き取れた。
* ファイナルカーニバルにおいては入場できなかったファン数万人が球場を取り囲み、球場内から漏れる音声を伝手に一緒に歓声をあげていた。当然こうなることは事前に予測できたため、主催者側はカーニバルのプログラムを予め警察に提出していた。ところが実際の演奏が予定より大幅に押してしまったため、警察は演奏中に何度か「コンサートを早く終わらせろ」と主催者に指示を出した。その割を食って「夏が来た!」はシングルカットされたにもかかわらず、同カーニバルで歌われなかった。
* 日本初の、全国組織型ファンクラブ「全国キャンディーズ連盟」(「全キャン連」)を持ったアイドルとしても知られる。現在アイドルのコンサートで行われているオタ芸の原形もメジャーなアイドルの中ではキャンディーズが元祖である。デビューから数曲の間は『8時だョ!全員集合』等で新曲を披露しても殆どメンバーの名前などを叫ぶコールがなかったが、「その気にさせないで」辺りからコールが激増した。
* 同一事務所に所属していた太田裕美もキャンディーズのオーディションに参加しており、メンバーになる可能性もあった。もし実現していれば、ラン・スー・ミキに倣って「ヒロ」と呼ばれていたであろうと言われている。
* 同一事務所に所属していたザ・ピーナッツから衣装をプレゼントされたが、2着しかなかったのでもう1着をザ・ピーナッツ側が作成して用意した。
* キャンディーズの妹分として結成されていたキャンディーズjrというグループがあったが(同じ事務所)、キャンディーズ解散後にトライアングルに改名した。キャンディーズファンから「違和感がある」という声が多かったため、あるいは敬意を表して、「キャンディーズ」の名称を半ば永久欠番扱いとしたため、と諸説ある。
* 各仕事によりかなり違ったキャラクターを見せていた。歌番組やゲスト出演ではアイドルらしくしおらしい受け答えをするが、ラジオ番組ではくだけた言葉遣いで、台本とは言え下ネタも口にするなどかなり弾けたキャラクターである。もっともスタッフや出演者が多いテレビと違った、ラジオ番組独特の親密さゆえのリラックスした姿であろう。ライブのステージにおいてはファンに対してはありがちなタメ口ではなく「皆さん、ノってくださーい!」と言った具合に、ライブのノリの良さにしては丁寧な言葉を使っている。ただし現在の一部のアイドル見られるような過剰なリップサービスをせずに最後に掃けるときも「ありがとうございました」「また逢いましょう」等と定例文型を述べるに留まっていた。唯一例外として、後楽園球場におけるファイナル・カーニバルの後半では、3人のMCが一部くだけた口調になっていた。
* 全盛期当時既に大学生世代であったメンバーではあるが、週刊誌の対談などでは処女である事を強調していた。
* 三人それぞれのイメージに関しては、「妻にするならスー、恋人にするならラン、秘書にするならミキ」との評があった。松下治夫の著書には「ランは気丈なタイプ、スーはおっとりしたタイプ」と書かれていた。
* 3人は公私ともに非常に仲が良い。仕事で常に3人一緒にもかかわらず、ツアー中のホテルではツインにエクストラのベッドを入れてもらい、同じ部屋で寝ていたという。休日も一緒に過ごすことが多く、まれに連休が取れると、3人で泊りがけで旅行に行った(3人だけでなく、友人も同行することがあった)。「ケンカもしたことがないんだって?」という質問にランは「2人の気持ちが分かりすぎるから」と答え、ミキは「感情的に姉妹以上になっている」と語っている。現在でもプライベートでたまに集まる事があると田中好子(スー)が2006年・2007年のテレビ番組で、伊藤蘭がラジオ(2007年)で語っている。
* 2007年(平成19年)に公開された映画『Little DJ~小さな恋の物語』では、劇中「年下の男の子」が物語の重要なキーとなる楽曲として登場し、シングル盤も小道具として用いられた。「年下の男の子」は同作品のサントラCD(アミューズソフトエンタテインメント)にも収録されている。
* 元防衛大臣、農林水産大臣で、自由民主党政調会長である石破茂は、彼女達の熱狂的なファンの一人。
* 1973年4月2日から1985年3月26日まで、朝日放送(ABCテレビ)で放映された公開恋愛バラエティ番組『プロポーズ大作戦』のオープニングクレジット映像のバックに流れたテーマ曲は、キャンディーズが歌う「ラッキーチャンスを逃がさないで」(サブタイトルは「プロポーズ大作戦のテーマ」)である。この曲は、1978年4月4日にキャンディーズが解散してからも、1985年3月に番組が終了するまでの間、オープニングクレジット映像でのテーマ曲として使用された。

解散への軌跡とその後

* 「キャンディーズ」とは本来ラン・スー・ミキのグループユニット名であるが、これに3人を支えた関係者、および全国のファンが一体となったムーブメントこそが「キャンディーズ」だったという見方もある。
o 日比谷野外音楽堂の解散宣言直後、メンバーの3人は改めて記者会見に臨み、およそ9ヶ月後の1978年4月4日に正式に解散することを決めた。当初はファン、関係者とも賛否が分かれたが、「キャンディーズの三人が解散を望んでいる以上、それを支持する」ことで意思統一が図られた。
o 後にそれは誰からともなく「最高の状態で解散する」ことへと気運が高まり、そのためには今まで獲得していなかったオリコンチャート1位をとることが最終目標となった(それまでの最高位は「春一番」「わな」の3位)。このような状況下でラスト・シングル「微笑がえし」の作詞を担当した阿木燿子は、キャンディーズの集大成となるよう、それまでのA面タイトル(春一番、わな、やさしい悪魔等)を歌詞の随所にちりばめた。
o 作曲を担当した穂口雄右はレコーディングの際、「キャンディーズに敬意を表し、アイドルではなくミュージシャンとして待遇したい。」と提案し、スタッフもこれに同意した。この穂口案は、「コーラスのパート譜を当日の、しかもレコーディングの時点で譜面台に用意する。」、即ち初見でレコーディングを行うというものである。これほど厳しい条件にもかかわらず、譜面を手にしたラン・スー・ミキはミュージシャンとして難なくこれを歌いこなし、レコーディングは僅か三回のテイクで完了した。この一部始終を見ていた穂口は後年、以下のように懐古する。「あの(微笑返し)コーラスは絶品であった。デビュー当時、音程を掴むのに苦労していた三人(ラン・スー・ミキ)がここまで成長した。そこにいた三人はアイドルではなく、まさにプロのミュージシャンだった。あまりの嬉しさに私(穂口)は、涙を拭くことも忘れて三人のコーラスに聴き入った。ふと周囲を見ると、周りのスタッフも全員が泣いていた。」[1]
o 「微笑がえし」が発売されてからは、主に全キャン連がこのラスト・シングルを1位にしようとラジオ番組で広報につとめたり、一部の地域では一人2枚以上の購入を呼びかける動きもあった。このように一部に「内輪受け」の要素があったのは事実だが、それを差し引いても「微笑がえし」は春の別れと旅立ちをイメージした曲であり、一般層をも巻き込んで解散直前の1978年3月12日、ついに念願のオリコンチャート1位を獲得する。
o ラスト・シングルでキャンディーズ自身最初で最後の1位を飾り、文字通り最高の状態で解散を迎えることが出来たのはメンバーの3人に起因するところのみならず、前述の通り解散宣言からラスト・シングルまで関係者やファンまで全てが一体となって、即ち全てが「キャンディーズ」なる現象と化したためとの一考がある。
* 1978年4月4日のファイナルカーニバルから30年の時を経て、当時の代表的なファンであった全国キャンディーズ連盟の有志が、解散当時キャンディーズのマネージメントをしていた大里洋吉・現アミューズ相談役に協力を要請し、2008年4月4日に「全国キャンディーズ連盟2008大同窓会」と銘打って、約2000名の参加者の下、記念の地である後楽園球場の跡地に同年3月オープンしたJCB HALLにて開催された。その様子は、各マスコミにも取り上げられ話題となった。
* 松下治夫の著書には公式に渡辺プロダクションが手がけた最初のアイドルはキャンディーズであると記されている。また前述のとおり初期のころの売出しにはNHKの『歌謡グランドショー』の協力も大きく貢献しているという。
* 伊藤蘭の夫の水谷豊が『うたばん』に出演した際のトークによると、「現在でも年に数回は3人で集まって、食事や会話をすることがある。ただし、三人揃って外出することは不可能だから、集合場所はいつも決まって水谷(伊藤蘭)家である。」とのこと。

主な共演者

* ザ・ドリフターズ
* 伊東四朗
* 小松政夫
* 西田敏行
* 鈴木ヒロミツ
* 大橋照子
* 吉田照美
* ばってん荒川
* アン・ルイス

支えた裏方達

穂口雄右
「春一番」「年下の男の子」「微笑がえし」等代表曲の作詞や作曲を担当した作曲家。元GSアウト・キャストのメンバー。
MMP(ミュージック・メイツ・プレイヤーズ)
キャンディーズ全盛期のライブを支えたバックバンド。リーダーはワイルドワンズでキーボード担当の「チャッピー」こと渡辺茂樹。後の「スペクトラム」のメンバーも数多く在籍していた。
当初は「ロックンロールサーカス」の名前で、伊丹幸雄のバックバンドを務めていたが、あいざき進也のバックを努める際に「ビート・オブ・パワー」と名前を変え、その後編成を変えMMPとなった。大里マネージャーの意向により1975年8月の日劇ウエスタンカーニバルや10月の蔵前1万人カーニバルで一部サポートに起用される。ホーンセクションをフィーチャーしたロックバンドであるMMPは、当時流行していたソウルミュージックのカバーに力を発揮。またオリジナル曲に於いてもフルバンドでは生み出せないノリをもたらした。ライブに於ける、MMPオリジナル曲「SUPER CANDIES」で客席を煽り、「ハートのエースが出てこない」でキャンディーズが登場するメドレーは名物のひとつとなった。
1977年、キャンディーズ解散前にホーンセクションが「ホーンスペクトラム」として独立(ライブのサポートは解散まで継続)。バンド自体はキャンディーズ解散後にシングル「悲しき願い」を発売するなどの活動もあったが、ほどなくして解散。後にリズムセクションの一部と「ホーンスペクトラム」の主要メンバーが合流して「スペクトラム」を結成した。
《MMP及びそのメンバーによる楽曲》「SUPER CANDIES」「ダンシィング・ジャンピング・ラブ」「さよならのないカーニバル」等
諸岡義明
当時渡辺プロダクション社員、現在はワタナベエンターテインメント顧問。
ザ・ピーナッツ担当後、1973年より初代キャンディーズ担当マネージャーに就任。前述のランのセンター指名など、キャンディーズを大ヒットアイドルに育てた。常に3人と行動を共にし、的確に指導を行っていた。また諸岡以下のキャンディーズを支えた裏方達は「花の諸岡班」とも言われていた。マネージャー交代時にはランは余りのショックに相当落ち込んでいたと言われている。
大里洋吉
当時渡辺プロダクション社員、現アミューズ相談役。
1975年夏より1977年までの約2年間、キャンディーズ担当2代目マネージャーに就任。キャンディーズ解散前に渡辺プロダクションを退社しアミューズを設立するも、解散時には契約プロデューサーとしてキャンディーズに協力していた[2]。後にサザンオールスターズなどをスターに育て上げた。のち、2008年4月には「全国キャンディーズ連盟2008大同窓会」(ビデオコンサート)のプロデュース(演出・構成)を担当。
全国キャンディーズ連盟
キャンディーズをサポートしていたファンの団体。アイドルのファン団体としては稀代な組織力を誇り、キャンディーズをバックアップしていた。

脚注

1. ^ 穂口雄右 - 現実になったビジョン 第6回(最終回)「微笑がえし」[1]
2. ^ [2]

参考文献

* 『ばいばいキャンディーズ キャンディーズ百科』 ペップ出版、1978年
* 『CANDIES HISTORY』(CDボックス)付録ブックレット ソニー・ミュージックエンタテインメント、1998年
* 野地秩嘉『芸能ビジネスを創った男-渡辺プロとその時代』新潮社、2006年
* 軍司貞則『ナベプロ帝国の興亡』文春文庫、1995年
* 松下治夫「芸能王国 渡辺プロの真実」 ISBN 9784903853079

関連項目

* 全国キャンディーズ連盟
* ピンク・レディー
* 広島ナタリー
* プロポーズ大作戦 (バラエティ番組)

番組のテーマ曲として、キャンディーズが歌う「ラッキーチャンスを逃がさないで」(アルバム『春一番』『GOLDEN☆BEST キャンディーズ』に収録)が使われていた。

* 岩井七世
* 酒井政利
* オタ芸

外部リンク

* ソニーミュージックによる情報ページ
 

テーマ:祭りの写真 - ジャンル:写真




西条祭り 宮入り 2006/10/16

中之段だんじり、船形だんじりなど。
西条祭り 宮入り 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


●豆知識●

●マキシマム ザ ホルモン(MAXIMUM THE HORMONE)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%82%B7%E3
%83%9E%E3%83%A0%E3%82%B6%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3

マキシマム ザ ホルモン(MAXIMUM THE HORMONE)は、1998年に東京都八王子市にて結成された日本のロックバンド。略称として主に『ホルモン』や『MTH』が用いられる。

マキシマム ザ ホルモン
基本情報
別名 ホルモン
出身地 日本の旗 日本 東京都八王子市
ジャンル ラウドロック[1]
ハードコア・パンク[1]
ヘヴィメタル[1]
ニュー・メタル[2]
活動期間 1998年 -
レーベル ミミカジル
事務所 バップ
公式サイト マキシマム ザ ホルモン
メンバー
マキシマムザ亮君 (ボーカル、ギター)
ダイスケはん (ボーカル)
上ちゃん (ベース、ボーカル)
ナヲ (ドラムス、ボーカル)
旧メンバー
SUGI (ギター)
KEY (ベース)

概要

* マキシマム ザ ホルモンのファンは腹ペコと呼ばれる[3]。
* 正式な略称は「ホルモン」であるが一部からは「マキホル」「マキシ」「ムザホル」「マキシマム」など異なった略称で呼ばれている。これについてはマキシマムザ亮君が「ホルモン」以外は変な呼び方だと発言している。
* バンド名の由来はマキシマムザ亮君いわく「脳内分泌物(ホルモン)が最大級(マキシマム)に分泌されるくらいの血沸き肉踊るような音楽をぶちかます!!!」というのは実は後付であって、実際はメンバーが肉好きだったため焼き肉の「ホルモン」の名前を入れ、そこにかっこいい言葉として「MAXIMUM」をつけ加えていった結果の名称である[4]。当初は「Maximum The Hormone」と英語表記であったが、メンバーチェンジ後は現在のカタカナ表記となった(ただしカタカナ表記以降も英語表記が使用されることがある)。よく『マキシマムザホルモン』『マキシマム・ザ・ホルモン』などと表記されることがあるが、正式な表記は単語それぞれに半角スペースが入る『マキシマム ザ ホルモン』である[1]。
* テレビ・ラジオの出演は主に「メディア班」と呼ばれるナヲ、ダイスケはんが担当。(雑誌での取材は基本的にすべてマキシマムザ亮君の単独インタビューになる。)
* 1stアルバム『耳噛じる』より、曲ごとにマキシマムザ亮君による曲解説がついている。
* 独自の企画として「地獄絵図」という条件付きの限定フリーライブを年に一度おこなう。主な条件として「体重70キロ以上の男子限定」、「入場時で生ニンニクを丸かじり」、「ライブ中長袖ダウンジャケット着用」などがあり、主にメンバーが普段使用しているスタジオで行われることが多いが、地方に出向いて行うことも有る。
* リリースアイテムの価格が語呂合わせになっているものがある(2564円→「ぶっ殺し」価格、2259円「夫婦で号泣」、1193円→「いい草」価格、1129円→「いい肉」価格、1157円→「いい粉」価格、3840円→「サバ塩」価格、4890円→「シャクレ」価格、1172円→「E!夏」価格、1182円→「いいヤツ」価格など)。

メンバー

マキシマムザ亮君(マキシマムザりょうくん、本名: 川北 亮(かわきた りょう)、1978年12月13日 - )

ボーカル、ギター担当。旧表記は「亮君」、英語表記は「Maximum the ryokun(~Ryo-kun)」。公式プロフィールの表記は歌と6弦と弟。

* 血液型はO型。体重は80kgを超えている。ドラムのナヲの実弟である。主にすべての楽曲の作詞作曲を担う。他に歌詞カード内での曲の解説や、すべてのホルモンTシャツのデザインプロデュース、公式サイトにてイラストなども描いている。
* 影響を受けた好きなアーティストはマイク・パットン、ROLLY、うしろゆびさされ組など。
* 既婚者で一児の父。入籍時期などの詳細は不明だが、ナヲのブログには彼の妻子についての記述が度々登場する。
* 靴を履く事を嫌い、常に便所サンダルを履いている。ちなみにサンダルのブランドにもこだわりがあり、本人は「VIC」というブランドのサンダル以外は敵と発言している[4](株式会社ニシベケミカル製のダンヒルという製品名の便所サンダルだと思われる。製品には、かかとのあたりにVICのロゴが入っている)。
* 名前の「マキシマムザ亮君」の「君」は敬称ではなく、「暴君」などに用いられる「君」である。
* 歌詞や曲の解説やライブの隅々までを表面ではなく内側まで見聞きして欲しく、そのため音楽の違法アップロード等を非常に嫌う。
* THE MAD CAPSULE MARKETSのKYONOのプロジェクト「WAGDUG FUTURISTIC UNITY」の「SYSTEMATIC PEOPLE」という曲でfeaturing マキシマムザ亮君としてコラボ。
* 雑誌BUBKAにて「マキシマムザ亮君のマキシマムザ合法トリップ」を隔月連載していた(最終回2010年2月27日発売)。 
* 中学時代はラグビー部に所属しており、3年生のときにはキャプテン(部長)になった。

ダイスケはん(本名: 津田 大輔(つだ だいすけ)、1977年9月13日 - )

ボーカル(デスヴォイス、シャウト)担当。旧表記「DAISUKE」「ダイスケ」、英語表記は「Daisuke(-)han」公式プロフィールの表記はキャーキャーうるさい方(ほう)。

* 血液型はA型。他のメンバーからは、ダイスケはん、ダイちゃんなどと呼ばれる。
* メンバーの中で唯一の香川県高松市出身。香川県立高松西高校、創価大学卒業。
* 旧メンバー時(1stアルバム『A.S.A. Crew』)は「DAISUKE」という表記だった。また1stシングル「ブルペン キャッチャーズ ドリーム」では「ダイスケ」と表記されている。
* アルバム『耳噛じる』収録の「パトカー燃やす」と「ポリスマンファック」では、ドラムを演奏している(「ポリスマンファック」はナヲがボーカルを担当しているため)。
* お笑い芸人のダイノジやトータルテンボスらと交友がある。
* 普段は眼鏡を使用している。
* VOWファンであり、VOW20にコメントを寄稿している。
* ナヲと2人で「メディア班」と呼ばれ、ラジオやテレビなどのメディアへの出演 ライブなどのMCなども主にこの2人である。ライブのMCなどでは、ツッコミやボケ役も兼ねている。
* 2008年10月24日、声帯にのう胞があることが発表され[2]12月11日に摘出手術が終わった事が発表された。
* 兄弟がおらず1人っ子であり、メンバーの中で唯一の未婚者である。

上ちゃん(うえちゃん、本名: 上原 太(うえはら ふとし)、1980年4月15日 - )

ベース、一部ボーカル担当。英語表記は「Ue(-)chan(g)」。公式プロフィールの表記は4弦。

* 血液型はA型。他のメンバーからは、上ちゃん、上原、太などと呼ばれる。
* 「上原~FUTOSHI~」という楽曲がアルバム『ロッキンポ殺し』に収録されている。
* 介護福祉士の資格を保有。
* おっとりした性格のためか、イジられ役が多い。
* 既婚者で、ニ児の父でもある。結婚日時は不明だが、2009年1月23日付けの今日の亮君で、「上ちゃんの結婚時期はメガラバツアーの後」という発言が見られる。
* レッド・ホット・チリ・ペッパーズの熱狂的ファンで、メンバーと同じ柄のタトゥーを入れている。
* 弟はドラマーの上原晃で、BASS MAGAZINE 2009年5月号で兄弟セッションを果たしている。子供のころ、2段ベッドの上から枕や物を投げて泣かすのが日課だった。

ナヲ(本名: 川北 奈緒(かわきた なお(旧姓))、1975年12月16日 - )

ドラムス、ボーカル担当。英語表記は「Nawo」或いは「Nao」。公式プロフィールの表記はドラムと女声(おんなごえ)と姉。

* 血液型はA型。グループ最年長。マキシマムザ亮君の実姉である。ライブではMCも担当する。ライブのラストで必ず客に強制参加させる「恋のおまじない」の説明も彼女の担当。
* 普段は眼鏡を使用している。
* 2008年12月16日、ブログで、結婚と入籍を発表。夫は親交のあったパンクバンド「REMIND」(既に解散)の元ベーシストで現在は引退しイタリアンで調理師をしている男性。2009年11月6日に妊娠を発表。翌年5月6日に、女の子を出産。

来歴

結成当時のメンバーはナヲ、DAISUKE(現ダイスケはん)、SUGI(ギター)、KEY(ベース)。地元関東を中心に活動中、インディーズレーベルSkyRecordと契約。1stアルバム『A.S.A. Crew』をリリースした。この頃は曲タイトル・歌詞のほとんどが英語であった。メインソングライターはダイスケはんであった。曲調も現在とは異なり、"同名の別バンド"と捉えた方がよい。

その後、SUGIとKEYが脱退し、亮君(現マキシマムザ亮君)と上ちゃんが加入して現在のメンバー構成になる。

2000年8月にはフリーウィル傘下のNEW HORIZONよりシングル「ブルペン キャッチャーズ ドリーム」、翌2001年にミニアルバム『鳳』(ほう)をリリース。続くシングル『肉コップ』からの音源は、日本テレビ音楽株式会社内に設立されたインディーズレーベル「ミミカジル」より発表。2002年秋、ジャケットのイラストに漫画家の漫☆画太郎を起用したアルバム『耳噛じる』をリリース。

2003年にアニメ化された『エアマスター』のエンディングテーマに「ROLLING1000tOON」(シングル「延髄突き割る」に収録)が使用される(プレイステーション2ソフト&アーケード『GuitarFreaks』『DrumManiaV2』にも収録)。

2004年、3rdフルアルバム『糞盤』をリリース後にメジャーレーベルのVAPと契約。メジャー第1弾シングルとして「ロック番狂わせ/ミノレバ☆ロック」をリリースし、次いでシングルの「包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ /霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔」をリリースし、メジャーでの1stフルアルバム『ロッキンポ殺し』をリリース。その後行った「ロッキンポ殺しツアー」では、全国47都道府県を制覇。

2005年10月からbayfmよりラジオ番組『マキシマムザホルモンの『麺かたコッテリ!!』』がスタート。

2005年10月から2006年3月まで放映された、アニメ『闘牌伝説アカギ ~闇に舞い降りた天才~』のエンディングテーマにタイアップ曲の「アカギ」(シングル「ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ』に収録」)が起用。

2006年4月にFM OSAKAの「ミッドナイト☆ジャングル」内のコーナーとして、『マキシマム ザ ホルモンの「肉に撃たれて眠りたい」』がスタート。

2006年、メジャー4枚目のシングル「恋のメガラバ」が発売週のウィークリーオリコンチャートで初登場9位を記録。

2007年3月14日に発売されたアルバム『ぶっ生き返す』がオリコンチャート5位を記録。

2007年2月から6月まで、『DEATH NOTE』のアニメ主題歌を担当している。3度目のアニメタイアップとなる。オープニングは「What's up, people?!」(シングル「ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ」に収録)、エンディングは「絶望ビリー」(アルバム『ぶっ生き返す』収録曲)。

2007年2月14日に、ラジオ番組の「マキシマムザホルモンの『麺かたコッテリ!!』」に怪奇現象がおきていると東京スポーツに報じられた。日本テレビの「ラジかるッ」でも「タカアンドトシの夕刊太郎」によってニュースを読まれる[5][6]

2007年4月、SPACESHOWERTVの番組【WORLDRIDE】の企画にて、punkspring07で共演したNOFXのメンバーとマキシマムザ亮君、ナヲが対談。

2008年3月、ドロップキック・マーフィーズの前座として初アメリカツアーに出る。

2008年4月、ZEPP東京にてRANCIDの前座を務める。

2008年7月、メジャー5枚目のシングル「爪爪爪/「F」」をリリース。2008年7月21日付のオリコンウィークリーチャートで初登場2位を記録。これはシングル・アルバムを通して自身最高記録である。

2008年10月27日~11月9日、イギリス・ドイツ・フランス・スペインと自身初の「EURO TOUR」を開催。全会場soldout。(イギリス公演のみENTER SHIKARIの前座)その模様がスペースシャワーTVにて一時間番組として放送。

2008年10月、ダイスケはんの喉にのう胞ができていることが判明。手術及び予後のリハビリのため、12月から3ヶ月間のライブ活動休止を発表した。

2008年12月16日ナヲが入籍を自身のブログで発表。自身によるブログ「ナヲちゃんのときめき乙女日記」は入籍を機に最終回を迎え、別タイトルの「ナヲちゃんのときめき人妻日記」と別ページに移行及び始動した。

2009年8月13日、マキシマムザ亮君が新型インフルエンザに感染したことがバンドの公式サイトで発表され、 本人の体調不良及び観客、関係者への感染を防ぐため、医師の判断により同月14日に出演予定だった夏フェス、RISING SUN ROCK FESTIVALの出演を辞退、同月18日、20日に行なう予定だった、自身のライブ「地獄絵図」を延期した。

2009年11月6日、ナヲが妊娠したと発表。妊娠は9月初旬に発覚したが、メンバーとスタッフに相談し、「今決まっているライブはキャンセルせずなんとかやり遂げたい」という本人の意思で、体調を見ながらライブ活動を継続していたが、11月3日の「地獄絵図2009」の公演後に体調を崩し、医師の診断により、切迫流産のためこれ以上の公演を行うことは母子ともに危険と判断され、これを受けて滋賀県の滋賀B-FLATで11月9日と11月10日に行う予定だった「地獄絵図2009」は無期延期、2010年2月20日~3月1日に出演予定だった「Soundwave Festival 2010」は出演辞退となった。

2010年5月6日、ナヲが女の子を出産。余談だが、この出産の際に痔を患った事を自身のブログで明かしている。

2010年、松竹映画『BECK』に出演。自身初の映画デビューとなる。尚『BECK』の舞台挨拶時に、監督の堤幸彦がロケ地にたまたま練習に来ていたメンバーに強引に頼み込み、出演してもらったというエピソードが語られた。

2010年10月、幕張メッセにてKen Yokoyamaの前座を務める。

2011年2月3日、新曲をリリースすることを公式サイトにてアナウンスし、新曲のPVも合わせて公開される。[7]

作品
シングル
発売日 タイトル 規格品番 概要
1st 2000年8月30日 ブルペン キャッチャーズ ドリーム nhi-005
2nd 2002年5月29日 肉コップ MCJL-00002
3rd 2003年9月3日 延髄突き割る MCJL-00004
4th 2004年6月23日 ロック番狂わせ/ミノレバ☆ロック VPCC-82180 メジャーデビュー作品。
5th 2004年11月25日 包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ/霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔 VPCC-82187 2枚組での発売。
6th 2005年11月16日 ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ VPCC-82207
7th 2006年7月5日 恋のメガラバ VPCC-82212
8th 2008年7月9日 爪爪爪/「F」 VPCC-82258
アルバム
発売日 タイトル 規格品番
1st 2002年10月23日 耳噛じる MCJL-00003
2nd 2004年1月21日 糞盤 MCJL-00005
3rd 2005年3月2日 ロッキンポ殺し VPCC-81507
4th 2007年3月14日 ぶっ生き返す VPCC-81558
DVD
発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2005年9月15日 DVD~Debu Vs Debu マキシマムザホルモンのDebu Vs Debu VPBQ-19027 「ロッキンポ殺しツアー」の渋谷AXでのライブ映像を中心に収録。オリコン初登場3位。デイリーでは3日間連続で1位を記録。
¥3840(“サバ塩”価格)
2nd 2008年3月19日 Deco Vs Deco ~デコ対デコ~ VPBQ-19050 「ぶっ生き返すツアー」のZEPP東京でのライブ映像を中心に収録。バンド初のオリコン1位を獲得した。
¥4890(“シャクレ”価格)
バンドスコア
ベスト版[表示]

* 発売日:2005年2月23日
* 規格品番:ISBN4-285-10158-0

1.
* 収載曲
1. アナル・ウィスキー・ポンセ
2. 握れっっ!!
3. アバラ・ボブ
4. ROLLING1000tOON
5. 恋のスウィート糞メリケン
6. 生理痛は神無月を凍らす気温。
7. ヘルシー・ボブ
8. セフィーロ・レディオ・カムバック ~青春最下位~
9. Mrブギータンブリンマン
10. ロック番狂わせ
11. ミノレバ☆ロック
12. WxHxUx~ワシかてホンマは売れたいんじゃい~
1. これらの曲はオフィシャル・ホームページ上でのファン投票による12曲を収載したもの
* 内容
1. 袋とじ企画!マキシマムザ亮君による描きおろしマンガ『へこみんの事』
2. メンバーのプライベートを一挙大公開!!『お部屋拝見!!』コーナー
3. ダイスケはんによる力作!! パラパラマンガ仕様
4. メンバー直筆特製履歴書によるメンバープロフィール(『解体新書』)。
5. これからバンドを始める人必見!! ダイスケはん presents『ライブハウスに出るためのエトセトラ』
6. メンバー直伝!! パート別演奏アドバイス『一音入魂の心得』
7. ミュージシャン“マキシマム ザ ホルモン”を暴く!! 『CLOSE UP EQUIPMENTS ~機材紹介~』
8. 撮りおろし写真も掲載されている。

ベスト版II[表示]

* 発売日:2006年6月9日
* 規格品番:ISBN4-285-0754-6

1.
* 収載曲
1. ロッキンポ殺し
2. 包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ
3. ニトロBB戦争
4. falling jimmy
5. 川北猿員
6. ハイヤニ・スペイン
7. 上原~FUTOSHI~
8. 霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔
9. ロックンロール・チェーンソー
10. 恋のきなこ私にください
11. What's up, people?!
12. アカギ
13. ブラック¥パワーGメンスパイ
14. 皆殺しのメロディ
* 内容
1. マキシマムザ亮君による描き下ろしマンガ『へこみんの事』第2弾、『へこみん世代』
2. メンバー初告白!! 世にも奇妙な体験談『マキシマム ザ ホルモンのホントにあった恐い話』
3. 川北姉弟、伝説の戦い『川北伝説』(顔だけが実写のマンガ)
4. マキシマムザ亮君 PRESENTS『すべてのギタリストに贈る バンドスコア読譜法』
5. メンバープロフィール「マキシマム ザ ホルモン解体新書」
6. ダイスケはんによる力作!! 『パラパラマンガ仕様』
7. メンバー直伝!! パート別演奏アドバイス『一音入魂の心得』   他

ベスト版III[表示]

* 発売日:2008年1月11日
* 規格品番:ISBN978-4-285-11555-0

1.
* 収載曲
1. ぶっ生き返す!!
2. 絶望ビリー
3. 糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー
4. ルイジアナ・ボブ
5. ポリスマンベンツ
6. 恐喝~Kyokatsu~
7. ビキニ・スポーツ・ポンチン
8. チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン ボロン ヌルル レロレロ
9. シミ
10. 恋のメガラバ
11. 人間エンピ
12. ロッキン・アグリーモーション
13. ジョニー陰部LIFE
* 内容
1. メンバーの最新ファッションをcheck it out!!『必見!解体新書 2008年度版』
2. マキシマムザ亮君による描き下ろしマンガ へこみんの事 最新作『へこみん狩り』
3. メンバーにもこんな時代があった『あの頃僕らは若かった~今だから語れるアルバイト体験談~』
4. 上原ママ全面協力!!『上ちゃんの髪型レシピ~上ちゃんの髪型ができるまで~』
5. えっ!! ライブでのこんな裏技が!? マイク防唾防汗加工方法伝授『ダイスケはん、マイク濡れすぎです!』
6. ロックやる前にこれを読め!!メンバーのオススメマンガを一挙紹介『マキシマムザ亮君の漫画のススメ』
7. ダイスケはんによる力作!『パラパラマンガ仕様』  他
* 特別付録
1. ホルモンからのお年玉!!『マキシマム ザ ホルモン ロゴステッカー』付
2. 嫌な『シミ』付

参加作品

1. オムニバス「PUNKER SHOT(3)」(2001年12月12日)

DISC1-12.マキシマム・ザ・21世紀

2. オムニバス「LOUD-HYBRID SAM」(2003年3月15日)

11. メタルちゃん

3. サントラ「エアマスター オリジナル・サウンドトラック」(2003年7月24日)

26. ROLLING1000tOON(TV size)

4. locofrank「ripple」(2004年6月2日)

ナヲがコーラスとして参加

5. オムニバス「STREET ROCK FILE THE BEST 2」(2004年7月22日)

14. セフィーロ・レディオ・カムバック ~青春最下位~

6. ロットングラフティー「えきさぴこ」(2005年3月9日)

3. RATMAN
ナヲがコーラスとして参加

7. オムニバス「TOYOTA BIG AIR 10th Anniversary」(2005年12月21日)

6. 包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ

8. サントラ「闘牌伝説アカギ オリジナル・サウンドトラック」(2006年1月25日)

34. アカギ(TV size)

9. 10-FEET「OVERCOME」(2006年6月14日)

3. ビタミン7(10-FEET&マキシマム ザ ホルモン)

10. サントラ「DEATH NOTE オリジナル・サウンドトラックⅡ」

29. What's up, people?!(TV size)
30. 絶望ビリー(TV size)

11. WAGDUG FUTURISTIC UNITY「HAKAI」(2008年7月23日)

3. SYSTEMATIC PEOPLE featuring マキシマムザ亮君

出演
テレビ

* タモリ倶楽部(テレビ朝日系列)※ダイスケはん、ナヲのみ (2008年9月5日、2009年1月9日、2月8日、4月17日)
* ミュージックステーション(テレビ朝日系列) ※ライブ映像のみ(2008年9月5日)
* わおーん!(読売テレビ) ※ダイスケはん、ナヲのみ
* AX MUSIC-TV(日本テレビ系列)
* WORLD RIDE(スペースシャワーTV)※ナヲのみ(番組終了)
* MONSTER ROCK(スペースシャワーTV)※ダイスケはんのみ

ラジオ

* マキシマム ザ ホルモンの麺カタこってり!(bayfm、木曜深夜24:30-25:00)bayfmHPでのストリーミング配信あり。2009年3月26日で終了。
* マキシマム ザ ホルモンの「肉に撃たれて眠りたい」(FM OSAKA、日曜22:30-22:55)podcastあり。
o 2007年12月30日の放送を最後にミッドナイト☆ジャングルから独立、2008年1月より毎週日曜日深夜24:30-25:00の番組としスタート。2008年4月より毎週土曜日土曜20:30-21:00に移動。2010年1月から、日曜夜の枠に再び移動。

映画

* BECK(2010年9月、松竹)

交友関係

お笑い界にはファンが多く、ダイノジやサバンナの高橋茂雄などはライブを見にいったりしている。

トータルテンボスは、「なりきりホルモン大会」と言うライブを開催したりしている(審査員はダイスケはん)。逆にダイスケはんが、ルミネtheよしもとにいったりしている。

脚注

1. ^ a b c マキシマムザホルモン 「http://www.maximumthehormone.jp/band.html」 株式会社バップ。(参照: 2010年3月24日)
2. ^ アレクセイ・エレメンコ 「allmusic ((( Maximum the Hormone > Biography )))」 ロヴィ・コーポレーション、2007年。(参照: 2010年3月24日)
3. ^ 公式サイト内「今日の亮君」 2006年11月18日付
4. ^ a b 公式サイト内「ホルモンQ&A」より
5. ^ 「ミミカジルスタッフ日記」 2007年2月15日付
6. ^ 「ダイスケはんの『正しいツーコンマイクの使い方講座☆』」 2007年2月14日付
7. ^ マキシマムザ亮君からのメッセージ

外部リンク

* マキシマム ザ ホルモン 公式ウェブサイト
* マキシマムザホルモン - MySpace
* ミミカジル公式ウェブサイト[リンク切れ]
* VAP公式ウェブサイト
* マキシマム ザ ホルモンの『肉に撃たれて眠りたい』
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




西条祭り 宮入り 2006/10/16

西条祭り 宮入り 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC
メロディ橋を渡る神様のお供。

西条祭り 宮入り 2006/10/16

西条祭り 宮入り 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC
宮入りを見送るだんじりと見物人。

西条祭り 宮入り 2006/10/16

西条祭り 宮入り 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC
加茂川に入る神戸地区のだんじり。中之段だんじり、船形だんじり、洲之内だんじりなど。

●豆知識●

●Android(アンドロイド)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Android

曖昧さ回避 この項目では、携帯情報端末用ソフトウェアのプラットフォームについて記述しています。人工生命体については「人造人間」をご覧ください。

Android(アンドロイド)とは、スマートフォンやタブレットPCなどの携帯情報端末を主なターゲットとして開発された、プラットフォームである。Linuxベースのモバイル用オープンソース・オペレーティングシステム、ミドルウェア、主要なアプリケーションからなるソフトウェアスタック(集合)パッケージを基にしている。

Android 2.3 "Gingerbread"
開発元企業 / 開発者 Open Handset Alliance
開発状況 開発中
ソースコード FOSS
初リリース 2008年10月21日(2年前) (2008-10-21)
最新安定版リリース

2.3
/ 2010年12月6日(59日前) (2010-12-06)
対応プラットフォーム ARM, MIPS, Power, x86
カーネル種別 Linux
ライセンス Apache 2.0 and GPLv2[1]
ウェブサイト android.com
Android端末 HTC-Dream

概要

2007年11月、米グーグル社(Google Inc.)が、モバイル向けプラットフォームとして発表した[出典 1]。無償で誰にでも提供するオープンソースであり、Apache v2ライセンスで配布される[2]。2008年10月からは対応する携帯電話が多数販売されている。

また、アプリケーションマーケットであるAndroid Marketが提供され、2010年10月末時点で有料、無料含め10万を超えるアプリケーションが提供されている。

競合するモバイル向けプラットフォームとしては、米マイクロソフト社のWindows Mobileやフィンランドのノキア社(旧シンビアン社)のSymbian OS、米クアルコム社のBREWおよびBrew MPなどがある。

構成

Androidは、カーネルからミドルウェア、ユーザーインターフェース、Webブラウザ、電話帳などの標準的なアプリケーション・ソフトウェア群までを1つのパッケージにして提供されている。

カーネルにはLinuxの関連技術が使用されているが、その他の部分は様々な技術が用いられており、例えば標準Cライブラリ「libc」はBSD UNIXのものである。
Androidのアーキテクチャ[出典 1]。

機能 携帯電話網への対応 GSM、CDMA、EV-DO、UMTS
その他のネットワーク対応 Bluetooth、無線LAN
各種ハードウェアへの対応 GPS、加速度センサ、磁気センサ、2D/3D描画支援ハードウェア(GPU)など
Webブラウザ Webkitベースのブラウザが組み込まれている。Webkitの機能は、他のアプリケーションからも利用可能である。
メール ショートメッセージサービス(SMS)及びマルチメディアメッセージングサービス(MMS)が利用可能である。
その他のアプリケーション Java言語で作成されたアプリケーションをDalvik仮想マシン上で動かすことができる。Dalvikは通常のJava仮想マシンとは異なり、メモリの消費が低く抑えられているなど、モバイル向けに最適化された設計となっている。
アプリケーションマーケット Googleにより、Android用アプリケーションを陳列したAndroid Marketと呼ばれるソフトウェア販売サイトが運営されている。
マルチタッチ ネイティブに対応しており、HTC Heroなどの機種でサポートされている。ただし、Appleによる特許訴訟を避けるため、2010年2月までは、初期的にはカーネルレベルで無効化されていた[3]。
データストレージAPI データ保存用にSQLiteが組み込まれている。
マルチメディアAPI Media Frameworkと呼ばれる映像と音声用のライブラリにより、H.263、H.264(3GPP/MP4コンテナ)、 MPEG-4 SP、AMR、AMR-WB(3GPPコンテナ)、AAC、HE-AAC(MP4/3GPPコンテナ)、MP3、MIDI、Vorbis、WAV、JPEG、PNG、GIF、BMPなどに対応している。
フォント FreeTypeフォントライブラリーにより、TrueType、Type1、OpenTypeなどのフォント形式に対応している。
その他のライブラリー OpenGL ES、Skia Graphics Library(SGL)、SSL、Libcなど

ソフトウェア

カーネルとライブラリー、ランタイムはほとんどがC言語またはC++で記述されている。アプリケーションとアプリケーション・フレームワークは、グーグル独自に構築した仮想マシンであるDalvik仮想マシン上の「Java Platform, Standard Edition(Java SE)のサブセット+Android拡張」環境で記述することになる[出典 2]。
Dalvik VM

Android用のアプリケーションは、基本的にはDalvik仮想マシン(VM)上で動作する。基本的にプレ・インストール・アプリと、後からインストールするアプリを、公平に扱うのが特徴である。Apache HarmonyからSwingやAWTなどの一部のAPIを除去し、UIなどのAPIを追加したライブラリとなっている。 Java CDCのAPIは、全てではないが、概ね含まれている。Sun Javaの互換性テストを通過していない。

Googleから提供されているSDKでは、Javaプラットフォームによるプログラム環境と、C/C++による開発がサポートされている。Java言語以外にも、Javaプラットフォーム向けの複数の言語(Scala、Hecl)で書かれたプログラムがDalvik上で動作する。また、.NET Framework互換環境の1つであるMonoについてもDalvikに対応する計画がある[4]。

開発環境

アプリケーション・ソフトウェア開発用にはAndroid SDK(Software Development Kit)が、ランタイムとライブラリーの開発用にはAndroid NDK(Native Development Kit)が無償提供されている[5]。Android SDK によって、Android携帯電話機とホストPCとをUSBで接続して、アプリケーション・プログラムを携帯電話機上で実行しながらPC上でデバッグすることもできるが、グーグル社が有償で提供するSIMロックフリーの開発専用携帯電話機や他社の専用の携帯電話機エミュレータでないと、低レベルのランタイムとライブラリーを書き換えることは出来ない[出典 2]。対応しているオペレーティングシステムはLinux(Ubuntu Dapper Drakeでテスト済み)、Mac OS X v10.4 Tiger(10.4.8以降のIntel Mac)、Windows XP/Vista/7である。開発環境には、Eclipseが推奨されている。
アプリケーションマーケット
Android Market

アプリケーション配布用アプリケーションとして、Android Market(アンドロイドマーケット)が提供されている。これにより、利用者は世界中の個人・企業の開発者が開発したアプリケーションを入手することができる。

特徴

* Googleによる審査は必要最低限の内容についてしか行われない[6]。
* 無料アプリ、買い切り型の有料アプリがあるが、月額課金型の有料アプリはない。アプリ内課金機能は今後追加される予定。
* 有料アプリ購入後、1アプリにつき1回のみ返品して払い戻しを受けることができる[7]。以前は24時間以内なら返品が可能であったが、返品される場合のほとんどが15分以内である[8]ことから現在は15分以内に短縮されている。
* 1度購入したアプリケーションはGoogleアカウントに紐付けられ、どの端末にも何回でもインストールすることができる。
* 購入代金の支払いは、Google Checkoutを通じてクレジット・カードやデビット・カードなどで行うが、一部の通信キャリアでは通信料金と合算することができる[9]。
* Web版のAndroid Market[10]にアクセスすれば、パソコンから直接アプリのインストールや購入をすることができる(アンインストールは不可)。
* 開発者がアプリを配布するには、初回のみ25ドルの登録手数料が必要(年間費不要)。
* 売上の7割は開発者が受け取り、残りは通信キャリアへの支払い等に当てられる。
* 有料アプリを販売、購入できる国に制限がある[11]。
* すべてのAndroid端末がマーケットにアクセスできるわけではなく、Googleが定めた基準-Compatibility Definition Document (CDD)[12]-に従った端末であることが必要である。基準は毎バージョンごとに改定される。

アプリ数の推移

* 2010年6月、アプリの総数がまもなく8万に到達(AndroLib推定)[13]。
* 2010年7月、アプリの総数がまもなく10万に到達(AndroLib推定)[14]。
* 2010年10月、10万に到達(Google発表)[15]。

その他のマーケット

Android Marketを経由しないアプリの配布も認められている。 そのため、通信キャリアが運営するマーケット(例えば、ドコモマーケットやau one Market)、端末ベンダーが運営するマーケット(Samsung Apps)、それ以外のサードパーティによるマーケット(AppBrain、andronavi、AndroApp)のように多数のアプリマーケットが開設されている。
バージョン

歴代のコードネームには、頭文字がバージョンの発表順にCからのアルファベット順で始まる名前が付けられている[16]。

バージョン コードネーム SDKリリース日 おもな新機能と変更点
1.0 非公開 2008年9月23日[17]

* 多数の不具合の修正
* 多数のAPIの追加・変更
* Wi-Fi接続のサポート
* SQLiteをSDK内にパッケージング
* カメラのインターフェース変更
* Maps・Audio Manager
* テキスト入力関連のクラス・メソッドの追加

1.1 非公開 2009年2月9日[18]

* 多数の不具合の修正
* framework APIの変更
* API Levelの追加
* Google Mapsへのアクセス関連のAPI追加
* UIのローカライズ
* Maps: Adds details and reviews when a user does a search on Maps and clicks on a business to view its details.
* Dialer: In-call screen timeout default is now longer when using the speakerphone.
* Dialer: Adds a "Show dialpad" / "Hide dialpad" item to the in-call menu, to make it easier to discover the DTMF dialpad.
* Adds support for saving attachments from MMS
* Adds support for marquee in layouts.

1.5 Cupcake
(カップケーキ) 2009年4月30日

* camcorderモードで動画の録画と撮影が出来るようになった
* 動画をYouTubeに、画像をPicasaに端末から直接アップロードできるようになった
* オートコンプリート機能を搭載した新しいソフトウェアキーボード
* Bluetooth A2DP サポート
* 一定の距離内のBluetoothヘッドセットに自動的に接続するようになった
* デスクトップ上のウィジェットとフォルダが新しくなった
* スクリーン移動間のアニメーション
* Webページのコピーアンドペーストも出来るように拡張[19]
* Linuxカーネル 2.6.27

1.6 Donut
(ドーナツ) 2009年9月15日

* 改善されたアンドロイドマーケット操作
* 統合されたカメラ・カムコーダ・ギャラリーのインターフェース
* ギャラリーで、複数の写真を選択して削除できるようになった
* ダイヤル発信を含むネイティブアプリケーションとの密な統合および、レスポンスが高速となった新しいボイスサーチ
* ホーム画面からブックマーク、履歴、連絡先およびウェブが検索できるようになった、新しい検索機能(→クイック検索ボックス)
* 音声検索機能が搭載された。
* 電池使用量画面
* ユーザー補助機能(バイブレーション・音による操作のフィードバック等)
* ユーザーデータのパスワード保護
* Google Latitudeに対応(位置情報共有)[20]
* CDMA/EVDO, IEEE802.1x, VPN, ジェスチャー機能、更にテキストの音声読み上げエンジンをサポート
* WVGAの解像度をサポート
* カメラの検索スピードを改善[21]
* Linuxカーネル 2.6.29

2.0/2.1 Eclair
(エクレア) 2009年10月26日
(2.0)

2009年12月3日
(2.0.1)

2010年1月12日
(2.1)

* ハードウェア速度の最適化
* より多くの画面サイズと解像度のサポート
* ユーザーインターフェースの改良
* 新しいブラウザのユーザーインターフェースと、さらなるHTML5のサポート
* 新しい連絡帳
* 背景の黒白比の改善
* 改善された Google Maps 3.1.2
* Microsoft Exchange サポート
* カメラのフラッシュのサポート
* デジタルズーム
* MotionEvent class がマルチタッチイベントを追いかけられるように機能追加
* バーチャルキーボードの改善
* Bluetooth 2.1
* ライブ壁紙[22]
* Linuxカーネル 2.6.29

2.2 Froyo
(Frozen Yogurt)
(フローズンヨーグルト)[23] 2010年5月21日
(SDK 2.2)

2010年9月10日
(SDK 2.2.1)

2010年6月23日
(ソースコード)[24]

2010年6月29日
(Nexus One)[25]


* Dalvik VM にJITコンパイラを搭載し、2~5倍高速化
* JavaScriptがV8になり、2~3倍高速化
* エンタープライズ関係の機能強化
* クラウドとデバイスの連携API
* テザリング対応(日本で発売される機種は無効にしているものが多い)
* 傾き情報・方位磁石・カメラ入力・マイク入力がブラウザで受け取れるようになった
* Adobe Flash対応
* インストール済アプリの自動更新
* クラッシュ時のバグレポートの送信
* パソコン上のコンテンツを端末へストリーミング[26]
* Linuxカーネル 2.6.32

2.3 Gingerbread
(ジンジャーブレッド)[27] 2010年12月6日
(SDK 2.3)[28]

2011年1月26日
(SDK 2.3.1)

2010年12月16日
(Nexus S)

2010年12月17日
(ソースコード)[29]


* ゲームのための改良
o 並列GC(目標3ms以下の停止)
o イベントの反応性の改善
* NFC(近距離無線通信)対応
* 回転加速度・単方向加速度の検出、重力・気圧センサー、ジャイロスコープに対応
* WebM など対応するメディアフォーマットの追加
* SIPの標準サポート
* UIの刷新・高速化
* ワンタッチ単語選択機能(コピー&ペーストがより容易に)
* バッテリー管理機能の向上
* Apache Harmony 6.0 ベースになる
* Linuxカーネル 2.6.35

3.0 Honeycomb
(蜂の巣。en:Honeycomb toffee)[30] 2011年2月[31]

* 新しいユーザーインターフェース。タブレットなどの大型ディスプレイに最適化。
* 2D,3Dの描画の高速化
* マルチコアプロセッサのサポート
* テキスト選択の改善
* 動画のサポートの改善
* JavaScriptでマルチタッチが扱えるようになる

2.4? Ice Cream Sandwich
(アイスクリームサンドイッチ) 2011年夏頃
この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
シェア

2011年1月4日現在のAndroid Marketへのアクセス統計によるバージョンごとの世界シェア[32]。日本のシェアとは異なる。

OS↓ API レベル↓ シェア↓
Android 2.3 9 0.4%
Android 2.2 8 51.8%
Android 2.1 7 35.2%
Android 2.0.1 6
Android 2.0 5
Android 1.6 4 7.9%
Android 1.5 3 4.7%
Android 1.1 2
Android 1.0 1

ライセンス

Androidのソースコードは、アプリケーション・フレームワークから標準ライブラリ、ランタイム、カーネルまでのすべてが公開され、改変も自由である。基本的にAndroidのソースコードのライセンスは、Apache 2.0 に準じる。ただし、WebKitのライセンスはLGPLであり、カーネルとそのライブラリなどのLinux部分のライセンスはGPLである。 Androidのライセンスでは、Androidのオープンソースを採用した企業・個人が改変部や付加部分をGPLのような形で公開する必要がない。しかし、カーネル部とそのライブラリはLinuxに基づくので、GPL系オープンソースのライセンスが採用され、公開が求められる[出典 2]。

Gmail, Google Talk, Google Maps, Android Marketなどの一部のGoogleアプリケーションは、Androidと密に連携しているがプロプライエタリなライセンスで提供されている[33]。したがって、カスタマイズしたAndroidにこれらのアプリケーションを載せるためには、Googleの許諾を得るか、アプリケーションをGoogle 提供のファームウェアからバックアップし、権利を侵害していないカスタム版に再インストールする(カスタム版にはアプリケーションをバンドルしない)必要がある(CyanogenModの項を参照)。

ソースコード等のライセンスとは別に、Googleは自社のモバイルサービス利用に最適化されたandroid携帯に対して "with Android" ブランドの認定を行っている。
エミュレーション・モデル

基本ハードウエアを「goldfish」と定義しており、SDK のQEMUエミュレータはそれを踏襲していると考えられる。サポートしているスペックは下記の通り。(但し、2007年10月当時のスペック)

* goldfishモデル
o メインメモリ:96MB
o VRAM:8MB
o 画面サイズ:480×320画素(HVGA)、または320×240画素(QVGA)、ともに縦長または横長配置[出典 1]

アンドロイド社の沿革

2003年10月
米アンドロイド社が発足
2005年8月
米グーグル社がアンドロイド社を買収
2007年11月
OHAからアンドロイド・プラットフォームが発表される
開発環境(SDK)の提供が開始される
2008年2月
AndroidのSDKに新バージョン m5-rc14が公開される。
変更点は新ユーザーインターフェース、レイアウトアニメーションのサポート、Geo-coding (アドレスと座標の相互変換)、メディアプレーヤに新codec追加(Ogg Vorbis、MIDI、XMF、iMelody、RTTL/RTX. OTA)、Eclipseプラグインのアップデートなど。

関与企業と今後の予定
docomo HT-03A Android 1.5左 Android 1.6右(音声検索マークが特徴) docomo HT-03A Android 1.5左 Android 1.6右(音声検索マークが特徴)
docomo HT-03A Android 1.5左 Android 1.6右(音声検索マークが特徴)
NTTドコモ、Xperia(SO-01B)
au IS01(SHI01/NB30)
au IS03(SHI03/AS31)
NTTドコモ SH-10B(LYNX)
NTTドコモ SH-03C(LYNX3D)
Galaxy SとGalaxy Tab

2005年にグーグルがプラットフォームベンダーである米Android社を買収したことから一時はグーグル社が「gPhone」と呼ばれる独自の携帯電話端末の開発を進めているという憶測が流れた[34]が、 2007年11月に「Open Handset Alliance」(オープン・ハンドセット・アライアンス、以下OHAと表記)を通じて新規プラットフォームの概要のみが発表される結果となった。

2007年11月5日、携帯電話用ソフトウェアのプラットフォームであるAndroidを、米検索最大手グーグル社、米クアルコム社、独通信キャリアのT-モバイル(T-Mobile International)社などが中心となり設立した規格団体 OHAが発表した。

2008年

2008年9月12日、日本でのAndroidの普及と発展を図ることを目的に「日本Android(アンドロイド)の会」を発足。

2008年9月23日、米T-Mobile USA社は世界初の商用Android搭載端末としてT-Mobile G1を発表し10月22日から米国内での販売を開始した。OHAはソフトウエア開発キット(SDK)の正式版「Android 1.0 SDK, Release 1」を発表した。

OHAはAndroidの全ての動作環境を、2008年中にオープンソースライセンスの1つであるApacheライセンス Ver.2.0の下で公開する方針だとしている[35]。

OHAには上記の企業以外にも、日本のNTTドコモ、KDDI社、テレフォニカ社などの電気通信事業者や、米モトローラ社、韓国サムスン電子社、LGエレクトロニクス社などの携帯端末メーカー、米インテル社、ブロードコム社、nVIDIA社、テキサス・インスツルメンツ社、Marvell社などの半導体メーカーなど、大手企業が合わせて34社も参加している [36]。

2008年10月22日には、世界初のAndroid搭載スマートフォン、「T-Mobile G1」(HTC製)がT-Mobile USAから全米向けに発売された。

2008年12月9日、新たにソフトバンクモバイル、ボーダフォン、東芝、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ、華為技術、エリクソン、オムロン、ASUS、ガーミン、ARMなどの14社がOHAに加わった事が発表された[37]。
2009年

2009年3月、Google社はアプリケーションを販売するためのマーケットプレイス「Android Market」を米国と英国向けに開設した[出典 2]。

2009年5月19日、日本初のAndroid搭載携帯電話として、NTTドコモ向けに、docomo PRO series 「HT-03A」(HTC Magicがベース)が発表された。

2009年7月10日、NTTドコモより日本初のAndroid搭載端末、docomo PRO series 「HT-03A」が販売開始された。

2009年9月、「Android 1.6 SDK」の提供を開始[38]。

2009年10月23日 HT-03AにおいてAndroid 1.6が提供開始となる[39]。

2009年11月8日 Android 2.0搭載のスマートフォン、モトローラ「DROID」がアメリカで販売される[40]。
2010年

2010年1月5日 Google社ブランドのスマートフォン「Nexus One」発売開始。OSはAndroid 2.1(Eclair)を搭載しており、ハード面では3.7インチ(800×480ピクセル)の有機ELタッチディスプレイ、1GHz CPU搭載のクアルコム製チップセット「Snapdragon」などを搭載している。日本語の表示もサポートしている[41]。

2010年1月21日 NTTドコモとソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが、「XPERIA X10」の日本語版かつドコモブランドのAndroid 1.6搭載スマートフォン、SO-01B(ペットネーム・Xperia)を発表[42]。

2010年3月28日 ソフトバンクモバイルがHTCによるAndroid 2.1搭載スマートフォン、HTC Desire (X06HT)を発表。

2010年3月30日 KDDI(au)がシャープによる日本初のAndroid1.6搭載スマートブック、IS01(SHI01/NB30)を発表。6月30日発売[43]。

2010年4月1日 NTTドコモが、Android1.6を搭載したXperia(SO-01B)を発売開始[44]。

2010年4月27日 ソフトバンクモバイルが日本初のAndroid2.1を搭載した有機EL端末、HTC Desire (X06HT)を発売開始。

2010年5月18日 NTTドコモが、LYNX SH-10Bを発表。同年7月23日より発売開始。

2010年6月21日 東芝が、Android2.1搭載ネットブック、dynabook AZを発表。

2010年6月30日 KDDI(au)がAndroid1.6搭載スマートブックIS01(SHI01/NB30)が発売開始。

2010年9月3日 サムスン電子がAndroid OS 2.2の7インチ液晶を搭載したタブレット型端末を発表。

2010年9月3日 東芝、Android 2.2の10インチ液晶タブレット型端末、FOLIO 100発表。

2010年10月1日 ベクターがandorid用アプリケーションポータルである「AndroApp」を開設[45]。

2010年10月2日 ソフトバンクモバイルがX06HTの有機ELをTFT液晶に変えた端末、HTC Desire (X06HTII)を発売開始。

2010年10月4日 シャープならびにKDDI(au)がAndroid 2.1搭載スマートフォンIS03(SHI03/AS31)を発表。

2010年10月5日 NTTドコモよりAndroid 2.2搭載のGALAXY S(SC-02B)とGALAXY Tab(SC-01C)を発表。

2010年10月8日 ソフトバンクモバイルが日本初のAndroid2.2の無償公式ソフトウェアアップデートを開始。[46]。

2010年10月15日 ソフトバンクモバイルがHTC Desire HD (001HT)の予約を開始。

2010年10月18日 KDDI(au)より富士通東芝MC製Android 2.1搭載REGZA Phone IS04(TSI04/TG03-KDDI)、シャープ製Android 2.2搭載IS05(SHI05)、Pantech製Android 2.2搭載SIRIUS α IS06(PTI06)を12月下旬より順次発売すると発表。

2010年10月28日 NTTドコモよりAndroid2.2搭載のGalaxy S(SC-02B)が発売開始。

2010年11月4日 ソフトバンクモバイルより、シャープ GALAPAGOS 003SH、GALAPAGOS 005SH、HTC Desire HD (001HT)、Dell Streak (001DL)、Huawei 004HW、ZTE Libero (003Z)の6機種が発表された。以上の端末には全てAndroid2.2が搭載されている。

2010年11月8日 NTTドコモよりAndroid2.1搭載LYNX 3D(SH-03C)(シャープ製)、Android2.1搭載REGZA Phone (T-01C)(TG-03DCM・富士通東芝MC製)、Android2.2搭載Optimus chat L-04C(LG電子製)が発表された。

2010年11月10日 NTTドコモが、Xperia(SO-01B)のAndroid2.1.1への無償公式ソフトウェアアップデートを開始。

2010年11月12日 ソフトバンクモバイルよりAndroid2.2搭載のHTC Desire HD (001HT)が発売開始。

2010年11月25日 NTT東日本より、光iフレームサービスが開始されると主に、android 2.1搭載のWDPF-701MEとWDPF-701SE が発売及びレンタルが開始される。

2010年11月26日 KDDI(au)よりAndroid2.1搭載のIS03(SHI03/AS31)、NTTドコモよりAndroid 2.2搭載のGALAXY Tab(SC-01C)が発売開始。

2010年12月3日 NTTドコモよりAndroid2.1.1搭載のLYNX 3D(SH-03C)が発売開始。

2010年12月16日 米国でAndroid2.3搭載のNexus Sが発売開始。

2010年12月17日 イー・モバイルよりAndroid2.2搭載のHTC Aria (S31HT)が発売開始。

2010年12月17日 NTTドコモよりAndroid2.1.1搭載のREGZA Phone(T-01C)が発売開始。

2010年12月17日 ソフトバンクモバイルよりAndroid2.2搭載のGALAPAGOS 003SHが発売開始。

2010年12月21日 ソフトバンクモバイルよりAndroid2.2搭載のDell Streak (001DL)が発売開始。

2010年12月23日 KDDI(au)よりAndroid2.2.1搭載のSIRIUS α IS06(PTI06)が発売開始。

2010年12月24日 ソフトバンクモバイルよりAndroid2.2搭載のZTE Libero 003Zが発売開始。
2011年

2011年1月5日 ASUSよりAndroid3.0搭載のEee Pad Slider、Eee Pad Transformer、Eee Pad MeMOを発表。

2011年1月5日 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ より Android2.3 搭載の Xperia arc が発表。

2011年1月14日 イー・モバイルよりHuawei Ideos U8150をベースにしたAndroid2.2搭載のPocket Wi-Fi S (S31HW)が発売開始。

2011年1月27日 ソニー・コンピュータエンタテインメントがAndroid端末にプレイステーションコンテンツを提供すると発表[47]。

2011年2月3日 ソフトバンクモバイルがGALAPAGOS 003SHを対象としたAndroid2.2.1への公式ソフトウェアアップデートを開始。

日本での発売端末

* キャリアの「★」は携帯通信網の利用は不可で、利用はWi-Fiのみ。

機種
括弧内はメーカー型番 名称 メーカー 発売日 形状 OSバージョン(公式) キャリア
2009年
HT-03A HTC Magic HTC 7月10日 ストレート 1.5→1.6 docomo
2010年
SO-01B Xperia X10 ソニー・エリクソン 4月1日 ストレート 1.6→2.1 docomo
X06HT HTC Desire HTC 4月27日 ストレート 2.1→2.2 SoftBank
JN-DK01 シャープ スマートブック
1.6 ★
IS01
シャープ 6月30日 スマートブック
1.6(以降対応なし[48]) KDDI
SH-10B LYNX シャープ 7月23日 スマートブック
1.6(以降対応なし) docomo
PNAZ05MNA dynabook AZ 東芝 8月27日 クラウドブック
2.1 ★
X06HTII HTC Desire HTC 10月2日 ストレート 2.1→2.2 SoftBank
SC-02B GALAXY S サムスン 10月28日 ストレート 2.2 docomo
001HT HTC Desire HD HTC 11月12日 ストレート 2.2 SoftBank
WDPF-701ME
WDPF-701SE 光iフレーム NTT東日本 11月25日 タブレット 2.1 NTT東日本★
SC-01C GALAXY Tab サムスン 11月26日 タブレット 2.2 docomo
IS03
シャープ 11月26日 ストレート 2.1→2.2(2011年春予定) KDDI
SH-03C LYNX 3D シャープ 12月3日 ストレート 2.1→2.2(2011年3~4月予定) docomo
LifeTouch Smartia NEC 12月6日 タブレット 2.1 ★
T-01C
REGZA Phone 富士通東芝MC 12月17日 ストレート 2.1→2.2(2011年4~5月予定) docomo
003SH GALAPAGOS シャープ 12月17日 ストレート 2.2 SoftBank
S31HT HTC Aria HTC 12月17日 ストレート 2.2 イー・モバイル
001DL DELL Streak DELL 12月21日 タブレットフォン 2.2 SoftBank
IS06
SIRIUS α パンテック 12月23日 ストレート 2.2 KDDI
003Z Libero ZTE 12月24日 ストレート 2.2 SoftBank
BM-SWU300 IDEOS Huawei 12月25日 ストレート 2.2 日本通信
2011年
S31HW Pocket WiFi S Huawei 1月14日 ストレート 2.2 イー・モバイル
L-04C Optimus chat LG電子 2月予定 スライド
2.2 docomo
IS04
REGZA Phone 富士通東芝MC 2月上旬予定 ストレート 2.1→2.2(2011年春予定) KDDI
IS05
シャープ 春予定 ストレート 2.2 KDDI
005SH GALAPAGOS シャープ 2月中旬予定 スライド
2.2 SoftBank
DM009SH シャープ 2月中旬予定 ストレート 2.2 ディズニー・モバイル
SMT-i9100 サムスン 2月下旬予定 タブレット 2.2 KDDI★
004HW Huawei 3月下旬予定 ストレート 2.2 SoftBank
型番未定 Xperia arc ソニー・エリクソン 2011年内予定 ストレート 2.3 docomo(予定)

組み込み用Android

組み込み用のAndroidも開発が進められている。2009年3月に設立された。OESFのWebには2005年からのタイムスタンプがある。日本のOESFはWebによると2009年2月12日に設立されたとなっている。"Open Embedded Software Foundation"(OESF) がAndroidを元に機能を追加したプラットフォームを開発中である。2009年9月現在の開発版は、Android 1.5を元にしたEM1(OESF Embedded Master 1)と呼ばれるものであり、2009年11月にOESF会員企業へ配布し、2010年2月にはオープンソースとして一般向けにも公開する予定だとしている。IP電話、デジタルテレビ、マルチメディア、DLNA、Bluetooth、リモートコントロール、ポインティング・デバイス、ネットワーク管理、ユーザーインターフェース、SDKなどの機能拡張を行ってアプリケーション・フレームワークより上位のAPIにより使用可能とするものである。EM1の機能拡張は全てではないと推測されるが、Linuxカーネル部分と同じ深さでハードウェア上に直接乗る低位で実装されるとされている。EM1に続くEM2 は、2010年夏の公開を目標にAndroid 2.0を元に開発するとされている。Androidそのものが軽量化を意図して設計されているが、OESF版ではさらに基本コンポーネントだけに絞っておき、必要な機能を選んで追加できるようにしている[出典 3]。
root化

Androidではセキュリティ等の理由からユーザーやアプリケーションがある階層以上にしかアクセスできないように制限がなされている。その制限を解除し最低階層(root)にアクセスできるようにすることを、root化(rooting)、root権を取るという。これにより、より高度な動作をするソフトウェアが実行可能になるが、ほとんどの場合販売元との規約に反するため、サポートを受けられないなどのデメリットが生じる。iOSにおけるjailbreakに近い。

ただ、AndroidセキュリティチームのNick Kralevichによれば、Googleはroot化を認めている。root化はユーザーの権利の一つであり、一方でユーザーの責任においてそれに伴う不利益を受けることは仕方ないという見解を示している。またroot化によってアプリケーションや各種コンテンツの開発者、キャリア会社の権利は侵害されないとしている[49]。

脚注

1. ^ “Licenses”. Android Open Source Project. Open Handset Alliance. 2008年10月22日閲覧。
2. ^ http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/11/06/17415.html
3. ^ Musil, Steven (11 February 2009). “Report: Apple nixed Android's multitouch”. CNET News. http://news.cnet.com/8301-13579_3-10161312-37.html 2009年9月3日閲覧。
4. ^ InfoQ: Dalvik、Androidのバーチャルマシーンが激しい論議を巻き起こす
5. ^ Download the Android SDK
6. ^ Android マーケットのデベロッパー向けコンテンツ ポリシー
7. ^ Android マーケット ヘルプ - アプリケーションの返品
8. ^ Google、Android Market上の有料アプリ返品期限を24時間以内から15分以内に変更へ
9. ^ 米GoogleがAndorid Market利用規約を変更、携帯キャリアが決済代行可能へ
10. ^ Android Market
11. ^ グーグル、Android Marketで有料アプリケーションを売買できる国を拡大
12. ^ Android Compatibility
13. ^ GaApps (2010-6-14). “Android Market、アプリの総数がまもなく8万に到達”. 2010/10/10閲覧。
14. ^ GaApps (2010-7-12). “Android Market、登録アプリ数がまもなく10万に到達。数は十分、今後の目標は更なる質の向上”. 2010/10/10閲覧。
15. ^ Twitter (2010年10月26日). “One hundred thousand apps in Android Market.”. 2010/10/26閲覧。
16. ^ 2.4のIce Cream Sandwichは3.0のHoneycombよりも後に発表された為、アルファベット順も後になっている。
17. ^ Android Developers Blog: Announcing the Android 1.0 SDK, release 1
18. ^ Android Developers Blog: Android 1.1 SDK, release 1 Now Available
19. ^ “Android 1.5 Platform Highlights”. Android Developers (April 2009). 2009年9月3日閲覧。
20. ^ グーグルが『Android 1.6』発表、位置情報共有する『Google Latitude』もマイコミジャーナル 2009年10月23日
21. ^ “Android 1.6 Platform Highlights”. Android Developers (September 2009). 2009年10月1日閲覧。
22. ^ Android 2.0 Platform Highlights | Android Developers
“Android 2.0 API Changes Summary”. 2010年3月6日閲覧。
23. ^ Next Android version will be called Froyo, says Erick Tseng Engadget 2010-1-16
24. ^ Android Developers Blog: The Froyo Code Drop
25. ^ Nexus Oneの「Android 2.2」アップデートがスタート - ITmedia エンタープライズ
26. ^ Android 2.2 Platform Highlights | Android Developers
27. ^ 次のAndroid は「Gingerbread」、カーネル2.6.33-34ベース Engadget 2010-02-09
28. ^ Android Developers Blog: Android 2.3 Platform and Updated SDK Tools
29. ^ The Gingerbread push to AOSP is starting right now - Android Building | Google グループ
30. ^ New Android OS Honeycomb May Be for Tablets Only Mashable 2010-08-19
31. ^ Android 3.0 Platform Preview and Updated SDK Tools
32. ^ Platform Versions | Android Developers
33. ^ “「Android」のオープン性で対立するGoogleと開発者”. http://sourceforge.jp/magazine/09/10/01/0237239
34. ^ “グーグル電話「Gphone」、2週間以内に発売の噂”. CNET JAPAN. http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20355175,00.htm
35. ^ Open Handset Alliance Releases Android SDK
36. ^ Industry Leaders Announce Open Platform for Mobile Devices
37. ^ Open Handset Alliance announces 14 new members(英語)
Android推進組織OHAにソフトバンクモバイルほか14社が新たに参加
38. ^ Download Android 1.6 SDK, Release 1
39. ^ HT-03AOSバージョンアップ情報(NTTドコモ)
40. ^ 妹分「DROID ERIS」も同時発売:Android 2.0携帯「DROID」発売――深夜発売店には行列も - ITmedia エンタープライズ
41. ^ [米グーグル、自社ブランドのスマートフォン「Nexus One」] - ケータイWatch
42. ^ ドコモ、ソニー・エリクソン製Android端末「Xperia」発表 - ケータイWatch
43. ^ auのスマートフォン「IS01」「IS02」の発売について
44. ^ ドコモ スマートフォン XperiaTMを発売(報道発表)
45. ^ AndroidAppプレオープン開始
46. ^ ソフトバンク、Androidケータイ「HTC Desire」を発表 - ケータイwatch
47. ^ アンドロイド端末向けにプレイステーションの世界を提供するPlayStation®Suite「プレイステーション スイート」を発表
48. ^ 〈お知らせ〉 auのAndroid™搭載スマートフォンにおけるメジャーアップデートについて
49. ^ Android Developers Blog: It’s not “rooting”, it’s openness [1]

出典

1. ^ a b c 蓬田宏樹、他著 「Androidの野望」 日経エレクトロニクス 2007年12月17日号 p.47-69
2. ^ a b c d 服部武、藤岡雅宣編著『HSPA+/LTE/SAE教科書』、インプレスR&D、2009年、ISBN 978-4-8443-2738-7
3. ^ 道本健二 『組み込み向けAndroidは2010年2月に公開 OESFがロードマップを発表』 日経エレクトロニクス 2009年9月21日号 p.33

関連項目

* 組み込みLinux
* WebKit
* Goobuntu
* gOS
* Adobe Flash Lite
* Moblin
* CyanogenMod
* BlackBerry OS
* Windows Mobile
* Windows Phone 7
* iOS(旧 iPhone OS)
* Palm WebOS
* 光iフレーム
* en:Android Market
* HT-03A(日本で最初のAndroid OS搭載携帯電話)
* IS01(世界で最初のAndroid OS搭載スマートブック・日本で最初のワンセグ対応Android端末)
* IS03(世界で最初の電子決済対応(おサイフケータイ)Android端末)
* T-01C・IS04(世界で最初の防水Android端末)

外部リンク

* Android.com (英語)
o Android Developers (英語)
o Android Market (英語)
o Android Open Source Project
* Android 用 Google プロジェクト
* YouTube - androiddevelopers さんのチャンネル (英語)
* Open Handset Alliance
* アンドロイド ウィキ (日本語・英語)
* 日本Android(アンドロイド)の会 - 日本における「Androidの普及・拡大」をするための団体。
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




西条祭り 子供 2006/10/16

西条祭り 子供 船元町だんじり 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

西条祭り 子供 2006/10/16

西条祭り 子供 四軒町だんじり 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


●豆知識●

●なかやまきんに君(なかやまきんにくん、本名:中山翔二 - なかやま しょうじ、1978年9月17日 - )
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%82%84
%E3%81%BE%E3%81%8D%E3%82%93%E3%81%AB%E5%90%9B

なかやまきんに君(なかやまきんにくん、本名:中山翔二 - なかやま しょうじ、1978年9月17日 - )は、福岡県北九州市出身のお笑いタレント。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

なかやまきんに君
本名 中山翔二
ニックネーム きんにくん
キャプテン☆ボンバー(別名)
生年月日 1978年9月17日(32歳)
出身地 福岡県北九州市
血液型 AB
身長 176cm
方言 共通語
最終学歴 福岡工業大学附属高等学校
出身 NSC大阪校22期
芸風 吉本新喜劇、漫談、パフォーマンス
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2000年-現在
同期 キングコング
中山功太など
配偶者 未婚
受賞歴
2003年 ABCお笑い新人グランプリ審査員特別賞
2006年 R-1ぐらんぷり8位

プロフィール

* 身長176cm・体重74kg - 76kg。3サイズは104/76/95(筋肉留学前)(筋肉留学をして一回り大きくなっていると思われたが、2010年7月になだぎ武がブログ上で「留学前より線が細くなった」と写真付きで報告している。[1])血液型はAB型。
* 福岡工業大学附属高等学校(現福岡工業大学附属城東高等学校)卒業。
* 吉本総合芸能学院(NSC)22期生。
* 芸名の名付け親はFUJIWARAの原西孝幸であると言われるが、原西が考えた名前は「なかやま」がない単なる「きんに君」。

人物

* 吉本入団前の素人時代、1998年10月30日放送分の探偵!ナイトスクープに「世界一指を早く回せる男」として出演経験がある(「探偵ナイトスクープDVD Vol.4 爆笑小ネタ集33連発~恐いモノに追われると速く走れる?編」に収録)。
* スポーツジムで知り合ったアメリカ・シカゴ出身の女性(通称:シカゴの暴れ牛)と熱い一夜を共にして以来、外国人女性出演のアダルトビデオに興味を持つようになったという。また、芸恋リアルでは、ジャスミン茉莉花に告白した事もある。
* 見かけによらず占いに凝っていて、週に5回通うこともあるとか。
* 準レギュラーで出演していた「せやねん!」(毎日放送テレビ)では、人気企画「ピーンと来たら激写メール」(視聴者から送られた、カメラ付き携帯電話やデジタルカメラで撮影した面白写真を紹介する企画)のリポーターとして、吉本の先輩・たむらけんじと共に番組限定のコンビ「おもしろーず」として活動していた。
* 高校の同級生に日下部基栄(元福岡県警察官、シドニーオリンピック柔道女子57kg以下級銅メダリスト)がおり、「ナイトシャッフル」(FBS福岡放送制作)のロケゲストとして出演した際、今や同局のレギュラータレントと化した日下部が現場に乱入し、高校時代の行状を暴露された。日下部のテレビにおける発言は歯に衣着せぬところがあり批判も少なくない。それだけにきんに君にとって、その場はさながら地獄のようだった。
* 千鳥のノブとは新喜劇ボンバー!!で「ザ☆元気」というユニットコンビを組んだことがある。
* 食事は味をあまり気にせず、筋肉をつけるのに役立つことを重視している。例えば「ささみのボイル・青汁がけ」など。
* 2007年M-1グランプリのために同じく筋肉質の芸人八木真澄と漫才コンビ「ザ☆健康ボーイズ」を結成し準決勝にまで進出した。2008年も「ザ☆健康ボーイズ」として、M-1に再挑戦[2]したが3回戦敗退となった。

来歴

* 2001年、吉本新喜劇に入団。筋肉質な体を生かし、笑いを取る時は、筋肉アピールをしながら喋ったりする。
* 2003年1月、第24回ABCお笑い新人グランプリ審査員特別賞を受賞。
* 2006年6月、大阪府泉南郡岬町にある「みさき公園」の「ぷ~るらんどRiO」イメージキャラクターに起用された。

筋肉留学

* 2006年の体育の日である10月9日から一年間の予定で芸能生活を休業し、ボディビルの聖地・ロサンゼルスへ“筋肉留学”を行なった。
* 2006年10月22日(23日早朝)毎日放送ラジオのスペシャルウィークにて放送されたケンドーコバヤシ、サバンナパーソナリティーの「コバンナ」にて、筋肉留学後初のメディア出演を電話で果たした。
* 現地時間で2007年2月9日(金曜日)(キンニクの日にかけている)カリフォルニア州サンタモニカで全編英語のライブを行った。当初一回公演の予定だったものの現地の観客が多数詰め掛けたため、急遽二回公演に変更し、およそ100人ほどの聴衆を前にライブを披露した。現地では「nobody knows your comedic style(誰もあなたのコメディアンスタイルを知らない)」と評され好評を博したと報道されている。[3]
* 2007年7月28日、毎日放送のオーサカキング特番「開幕!オーサカキング 今年は5時間アツアツバトル大阪真夏の陣!陣!陣!」に毎日放送の新人アナウンサー・吉竹史への応援VTRで出演し、留学で鍛えた筋肉を披露した(しかし司会の陣内智則からは、アメリカのボディビルコンテストに出場して予選落ちしたことを暴露されてしまった)。また、オーサカキング期間の深夜特番「オーサカ夜キング ケンコBAR」にも8月5日(6日未明)に電話で出演した。
* 現地時間で2007年8月31日、初めて自らが主演・監督・脚本を担当した35分の自主製作映画「キャプテン☆ヒーロー」を公開。現地で行われた出演者のオーディションには180人の応募があった。スポンサーには「ガネル航空」と先輩芸人たむらけんじの「炭火焼肉たむら」が付いている。
* 2007年8月12日放送の『新婚さんいらっしゃい! in LA』冒頭にゲスト出演、筋肉花火を披露する。三枝師匠は「ますますからみづらくなった」と苦笑。
* 2007年9月6日放映回の『Goro's Bar』で、次長課長とディラン&キャサリン(なだぎ武・友近)のロサンゼルスロケVTRに出演。一同から、笑いのテクニックが留学前から全く進歩していないとダメ出しを受ける。特になだぎはディランのキャラクターを忘れ、素に戻って説教をしていた。

筋肉留学から帰国

* 2007年9月7日筋肉留学から帰国。帰国した模様が同日に放送の「ちちんぷいぷい」で取り上げられた。2008年年明けにも再渡米する予定。この日以降の仕事は、帰国会見での服装での登場が多い。
* 2007年9月8日、「せやねん!」に生出演。帰国後初のテレビ番組出演。
* 2007年9月10日、「なるトモ!」生出演。
* 2007年9月29日、「せやねん!」に帰国後2回目の生出演。レギュラー番組に復帰した(現在のレギュラーは新喜劇出演とこの番組だけである)。

再度ロスへ筋肉留学

* 「1年間程度では大した成果が出ない」とのことで、2008年1月23日から今度は永住覚悟で再びロスへと渡り筋肉留学(無期限)の予定。だが、再留学から40日後の2008年3月3日に“極秘帰国”していることが判明。[4]翌4日に帰国の理由を「ビザの申請のため」と吉本興業を通じて明かした。[5]
* M-1グランプリへの再挑戦(詳細は前述)のため、10月29日に一時帰国。日本滞在中は「LIVE STAND 08 OSAKA」に加え準レギュラーだった『せやねん!』の他、『爆笑レッドカーペット』や『ザ・イロモネア』などに出演。12月末に再渡米した。アメリカでは語学勉強、空手ジムに通う予定。[2]
* 2009年6月20日、『せやねん!』で一日限定復活した「ピンときたら激写メールリターンズ~アイツも帰ってきてるよSP~」に出演のため帰国。アメリカのホームステイ先での写真を披露した。また、帰国に伴い再び『爆笑レッドカーペット』や『ザ・イロモネア』にも出演している。
* 2010年3月28日にアリゾナ州フェニックス・スタジアムで行われたWWEレッスルマニア26の紹介番組『WWE日本公演決定記念特番 私をレッスルマニアにつれてって』に現地から出演。メキシコから来ていた取材クルーに逆取材を受ける。
* 2010年5月、一時帰国『せやねん!』に出演。同年7月には『FNS26時間テレビ』に出演し共演者に「アメリカから帰ったら(体格が)細くなった」などと言われ、帰国理由について聞かれると「アメリカは合わなかった」と発言した(真意は不明)。
* 2010年9月7日放送TBS「超拡大SP 爆笑!あらびきカーペット」ではアメリカの大学では運動生理学を学んでいる為多忙となりお笑いライブ開催は一度きりだった事が発覚した、その為トレーニングがほとんど出来ないのでサイズが10cm位ダウンしている。
* 2011年1月、サンタモニカカレッジを卒業[6]。

スポーツ特番での活躍

肉体派を売りにしているだけあって、運動神経は芸能人の中でも1, 2を争う。その筋肉が見せ掛けではない事は、民放で行なわれる「スポーツ特番」(TBSの筋肉番付シリーズ)などで、過去に数々の優秀な成績を収めていることからも見て取れる。

* スポーツマンNo.1決定戦芸能人サバイバルバトルにて前人未到の大会4連覇を成し遂げ(2006年10月)、計5回総合No.1となっている。また、2006年1月1日放送のプロスポーツマンNo.1決定戦でも総合4位に入賞している。
* SASUKEにも過去7回出場しており、2回2ndSTAGEまで進出している。
* そんな運動神経抜群の彼ではあるが、実は泳げない。また、バランス感覚も悪い。
* 筋肉留学から帰国後、芸能人サバイバルバトル第18回大会で復帰するも、ブランクが響いたのか総合7位で自身初のファイナル落ちとなったほか、2008年1月1日放送のプロスポーツ大会でも散々な結果で終わってしまった。

主なギャグとネタ

九割方一発ギャグであり、筋肉をアピールしたがる。基本的に失笑を伴う芸風である。内村光良や宮迫博之は気に入っている模様でよく物真似をしている。本ネタよりも前フリのほうが受けていることがよくある。

* (腕で筋肉ポーズを取りながら)それは言えません!
* (全身でポーズを取りながら)な~か~や~ま~きんに君です。

日曜笑劇場「1、2、駐在さんダァ~!!」ではほぼ毎回、毎日放送「よしもと新喜劇」では出演時に、以下のお約束的なやりとりがあった

*

(石田)「ちょっと君!こんな所で何をしている?」(挙動不審なきんに君を警官役の石田靖が職務質問)
(なかやま)「それは言えません!」
(石田)「名前は?」
(なかやま)「な~か~や~ま~きんに君です。」
(石田)「なかやまきんに君ね…」
(なかやま)「それは言えません!」
(石田)「今言ったやないか!!」
(なかやま)「(腕で筋肉ポーズを取って)言っていません!!」
(石田)「名前は?」
(なかやま)「な~か~や~ま~きんに君です」(このやり取りが何回か続いた)

* ムキムキになって、○度目の夏!!(2000年 - 2001年の間にムキムキになったらしい。2005年だと5度目)
* 今日も~!朝ごはん~!い~っぱい食べてきた!
* 1、2、3、パワー!
* 拍手を下さいっ!!
* さあ来い!さ~ぁ来い!
* 健康のためなら~死んでもいい!
* 義務!義~務っ!む~ぎっ!
* ドーナツ化現象!現象化ドーナツ!!
* 言うな~~~!それ・を・言うな~~~!!(U・N・A、言うな)
* …(嫌なことがあったとき、普段の笑顔とかけ離れた死んだ目・顔になり、反応が極薄になる)
* 筋肉しりとり!
* 筋肉じゃんけん!
* 筋肉三・三・七拍子!
* 筋肉玉すだれ!
* 筋肉レーダー
* 筋肉紙芝居
* おい!オレの筋肉。おい!オレの筋肉。さあ、やるのかい?さあ、やらないのかい?どっちなんだい!?や~らない!!(それから他のメンバーからやらんのかいと突っ込まれる)
* そうです、○○です……ってこ~れ~で~も~か!
* 今あなた、なんて言いました?僕を怒らせるとどうなるか、解ってますか!?この~、(腕組みして)筋肉プンプン!
* (腕を叩かれて)筋肉明太子!
* 筋肉爆弾!
* 筋肉時計!12時!3時!6時!9時!
* おい おい見せちゃうのかい おい 筋肉ルーレット! オープーン!!
* 俺がこのタンクトップを脱いだらどうなるかわかるか?(タンクトップを脱ぎ捨て)裸やー!
o 池乃めだかや烏川耕一が、張り合うことがある。
o (池乃)「俺がこの上着を脱いだらどうなるかわかるか?地味な色やー!」
o (烏川)「俺がこのシャツを脱いだらどうなるかわかるか?デブやー!」
* おい○○!おい○○!(人や物の名前)
* (何も使わずに胸を動かしながら喋る)
* きんにクリスマス&筋肉ベル
* (服を脱いだ状態で立ち去る時)あれ?来た時より寒いなー?
* でも、笑いの筋肉は読めません!
* それはまてにあたいする!(横丁へよ~こちょ! 限定)
* 「ホウレンソウ」を取り出し、「ポパイがホウレンソウを食べると強くなります。ということは、もともと筋肉のある私がホウレンソウを食べれば、最強になります。」などと言ってホウレンソウを食べ、「さあ、かかってこい!」。ところがなぜか思ったように力が入らない。よくよく見ると…「あ、これ小松菜やー!母さん間違えてるよ!」他の出演者からは「それ位自分で買ってこい」などと失笑される。そして「(小松菜だけに)困っつなー」と、ダジャレで締めるところは、いかにも島木譲二の後継者らしい。
* その島木譲二に張り合って大阪名物パチパチパンチを披露することもある。

など、筋肉を使ったギャグは多数。

ギャグ前の前フリの段階で「オゥオゥオゥ、ダブルバイセップス…」等、ポージングの名前を呟いている事がある。

また、自作のイラストを利用したネタもあるのだが、テレビではほとんど披露していない。

2005年5月14日放送分「バンド解散の危機!」では、「俺がこのタンクトップ~」のネタを「俺がこの筋…、タンクトップを脱いだら~」と間違えたため、吉田ヒロに「なぜ筋と言ったんですか?」、小籔千豊に「キンクトップになりますやん」と突っ込まれた。
キャプテン☆ボンバー

2006年イチオシのキャラクター。アメリカの文化を日本に紹介するため、ノースキャロライナ州からやってきた男である。星条旗を施したキャップ、タンクトップ、短パンを身につけ、アメリカンにキメている。常にアメリカンなことを口走り、決め台詞は「ボンバー!!」。R-1ぐらんぷり2006ではキャプテン☆ボンバーとして出場、決勝まで進出。このときは舞台上になかやまきんに君の遺影を置き、きんに君とは別人という設定(きんに君と呼ばれても否定)でネタを披露した(結果は8人中最下位)。

2006年4月からはキャプテン☆ボンバーを主役に据えた新喜劇イベント、「新喜劇ボンバー!!」がスタートした。

レイザーラモンHGがブレイクしたきっかけは、「爆笑問題のバク天!」でのきんに君のコーナーの「筋肉紙芝居」に作画担当として出場したことである。当時無名のHGが今やきんに君をはるかに追い越してしまい、なおかつ筋肉芸人としてかぶってしまった。きんに君は、今になってHGを売り出すきっかけを作ってしまったことを後悔しているらしい。そんな現状に嫉妬したのか、きんに君は“HGは性格が悪い”と噂を流したり、レイザーラモンHGのスケジュールを妙に把握したりしていた時期もあった。しかし、HGの人気にヒントを得て「自分も別人格のキャラクターを編み出せば…!」ということで誕生したのがキャプテン☆ボンバーである。とはいえ、HGのように素顔を隠しているわけでもなく、芸風も普段と大差なく、普段のきんに君以上にすべり所が多く、ある意味レイザーラモンRG以上にツッコミ所も多いキャラクターではある…が、やはり何故か憎めない。ちなみにキャプテン☆ボンバー誕生の陰にはHG同様ケンドーコバヤシの助言があったとされている。

3月24日の笑いの金メダル日曜お引越しスペシャルのワンミニッツショーでもキャプテン☆ボンバーとして出た(くりぃむしちゅーの上田などに尋ねられても、きんに君であることを否定した)。

4月20日、大阪府立体育会館にて行われたハッスル16でプロレスデビューを果たす。有酸素運動マン(サバンナ八木)をタッグパートナーに島木譲二・ユウキロック組と対戦。試合前、ユウキロックの「なかやまきんに君ですよね~?」という挑発には「ボンバープンプン!」で対抗、試合ではコーナーに登ったユウキロックに対して秘技、ステルスボンバー(周りの人に見えなくなる)を披露した。 キャプテン☆ボンバーは、アメリカに“帰国”するため芸能界休業と言う扱いになっている。その後、2007年2月にサンタモニカで行われたきんに君のライブで友情出演し日本とは逆に日本の文化をネタにしていた。
主なギャグ(と言うよりお約束)

* 聞き手「好きな食べ物は?」→
キャプテン「ハンバーガー…チーズバーガー…チキンナゲット…(胸を張り右腕を力強く突き上げ)ボンバーーーーー!!!」
* 聞き手「一番ほしい物は?」→
キャプテン「エアフォースワン…ボンバーーーーー!!!」
* 聞き手「尊敬する人は?」→
キャプテン「ジョージ・ワシントン…ジョン・F・ケネディ…ボンバーーーーー!!!」
* 聞き手「日本に来て楽しかったことは?」→
キャプテン「京都…ボンバーーーーー!!!」

マッスル体操

* ボン・ジョヴィの「It's My Life」をBGMに本場仕込みのボディビルのポージングを決める。最後はいつもの決めゼリフ「パワーーーーー!!!」もしくは単なる雄叫び。
* 発展形として「マグマクッキング」というネタがある。筋肉料理研究家マグマ中山と称し、料理(スパゲティが使われることが多い)の横でひととおりポージングをして最後に叫びながら粉チーズやコショウなどを容器1本分まるごと振りかけて強引にオチをつける。同タイプのネタとしておにぎりにふりかけをかけたり、カキ氷にシロップをかける場合もある。
o 2009年8月22日放送の『爆笑レッドカーペット』では、同じように筋肉キャラを売りにしているテンゲンのガリ中島と共にコラボネタを披露し、同回でレッドカーペット賞を受賞した。

受賞歴

* 「ABCお笑い新人グランプリ」審査員特別賞
* 「壮絶筋肉バトル!スポーツマンNO.1決定戦」総合第1位(第11回、第13回 - 第17回)
* 「R-1ぐらんぷり2006」第8位(キャプテン☆ボンバーとして参加)

出演番組
レギュラー番組

* せやねん!(毎日放送)準レギュラー。筋肉留学期間中は一時降板。
* よしもと新喜劇(毎日放送)
* なかやまきんに君の筋肉留学

単発

* 爆笑オンエアバトル(NHK総合)戦績1勝2敗 最高373KB
* お笑いDynamite!(2007年12月28日、TBSテレビ)キャッチコピーは「TBSに緊急帰国」
* 爆笑レッドカーペット(フジテレビ)キャッチコピーは「逆輸入マッスル」、2009年8月22日放送分でコラボカーペットで共演したテンゲンガリ中島と共にレッドカーペット賞を受賞。
* 新春ゴールデンピンクカーペット(フジテレビ)キャッチコピーは「逆輸入マッスル」
* ザ・イロモネア(TBSテレビ)本戦では3rd敗退、ピンモネアではFINALステージ敗退
* あらびき団(TBS)
* スポーツマンNo.1決定戦(TBS)
* SASUKE(TBS)

広告・CM

* 2003年奈良県知事選挙

「あなたの一票が奈良県の筋肉になります!」

* 鷲ヶ岳スキー場(岐阜県)

関西地区と中京地区で放送

* 2004年 バンダイPS2「キン肉マン ジェネレーションズ」
* 2005年 「ホープハウスシステム」
* 2006年 コカ・コーラ「パワーエイド」

コカ・コーラ公式サイトでの出演タレント紹介では「なかやまきんに君さん」と書かれていた。

* 2006年 みさき公園「ぷ~るらんどRio」
* 2008年 カプコンPSP「モンスターハンターポータブル 2nd G」

脚注

1. ^ パワー?…なたぎ武のblog「オノマトペア」2010年7月4日
2. ^ a b なかやまきんに君、サバンナ八木と「M-1」再挑戦(『スポーツニッポン』2008年10月31日)
3. ^ きんに君「めちゃ嬉しい」米国初単独ライブ大成功(『スポーツニッポン』2007年2月11日)
4. ^ “3年留学宣言は?きんに君“極秘帰国””. スポニチ (2008-3-4). 2008年3月5日閲覧。
5. ^ “きんに君“極秘帰国”理由はビザ申請”. スポニチ (2008-3-5). 2008年3月5日閲覧。
6. ^ [1]大切な発表 2011 前編

外部リンク

* MuscleComedy.com 英語オフィシャル
* きんにく留学☆BLOGブログ
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




西条祭り 子供 2006/10/16

西条祭り 子供 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC
祭りのはっぴを着た子供。この年から、祭りの雰囲気にひたりますから、祭り好きになってしまいます。


●豆知識●

●アジアサッカー連盟(アジアサッカーれんめい、Asian Football Confederation)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3
%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%80%A3%E7%9B%9F

アジアサッカー連盟(アジアサッカーれんめい、Asian Football Confederation)は、国際サッカー連盟(FIFA)の傘下にある大陸連盟で、アジアにおけるサッカーの運営・管理・普及活動を行う。略称はAFC。1954年5月8日設立。事務局の所在地はクアラルンプール。2005年まではオセアニアサッカー連盟(OFC)に所属していたオーストラリアが2006年1月1日付けでAFCへ転籍し、最も広大な領域を持つサッカー連盟となった。広大ゆえに生ずる諸問題等を解決する為に、AFC内の委員会で分割が検討されている。

アジアサッカー連盟
AFC加盟国または地域
略称 AFC
設立年 1954年
種類 サッカー
本部 マレーシアの旗 マレーシア
クアラルンプール
メンバー 46協会
会長 カタールの旗モハメド・ビン・ハマム
関連組織 国際サッカー連盟(FIFA)
ウェブサイト http://www.the-afc.com/jp

概要

現在、AFCは世界でもっとも広大な地域を管轄するサッカー協会である。その範囲は、東はオーストラリアやグアム、西はパレスチナやレバノン、シリアにまで及び、加盟国間の東端と西端の間では季節によっては8~9時間の時差があるほどである。加盟国間の総人口も、中国、インドの両国を抱えるだけに、世界の総人口の約半数にも達する。

問題も数多い。その一つに、中東の産油国を抱えているため、オイルマネーに流されやすい傾向が挙げられる。近年はその風潮も和らいではいるものの、90年代まではW杯アジア予選開催地に中東のスタジアムを選ぶ(1994年アメリカ大会アジア予選まではセントラル方式が中心だった)など、中東・湾岸諸国が有利になるような大会運営が散見された。また前述の通りAFCは統括範囲が広範囲に及ぶため、ホーム・アンド・アウェーで試合を行うと、長距離移動による選手の疲労が無視できないなど、アジアならではの問題も抱えている。

アジア人プレイヤーとしてヨーロッパのクラブでプレーする選手も年々増えており、彼らの功績や経験もアジアサッカー界全体のレベルアップにも繋がっていると言える。世界最高峰の大会であるUEFAチャンピオンズリーグにも毎シーズンアジア国籍のプレイヤーが出場しており、中村俊輔や本田圭佑、朴智星などが活躍している。しかし、欧州のクラブに在籍していても試合に出場する事が出来ないという事例もまだまだ多く、オーストラリア、日本、韓国、イランなどの一部のアジアの強豪国の選手を除くと欧州でプレーする自体が困難な現状もある(例外的に、ウズベキスタンのマクシム・シャツキフ、中国の孫継海、オマーンのアリ・アル・ハブシなどがいる)。

また、発展途上国も加盟しているAFCは、2009年に、収益の1パーセントを寄付する事業をはじめとする「ドリームアジア・プロジェクト」を発足させるなど、社会貢献活動を積極的に行う姿勢を示している。2010年5月には、世界的な飢餓問題の解決に向けて国際連合食糧農業機関(FAO)とパートナーシップ協定を締結した。

歴史
1980年代まで

設立当初は東南アジアや韓国がアジアの強豪であったが、アラブ・中東諸国がオイルマネーやガルフカップを背景に台頭し、特に1970年代にはイランがアジアカップで3連覇を達成した。その後、サウジアラビア、イラク、クウェート、UAEなども加わり、1990年代前半までは、1986 FIFAワールドカップ メキシコに8大会ぶりにワールドカップ出場を果たした韓国を除き、ほぼ西アジア諸国のなすがままとなった。

イスラエルは、AFC創立メンバーだったが、イスラエル=アラブ紛争(パレスチナ問題および中東戦争等)により周辺アラブ諸国との関係が悪化し、アラブ諸国を中心としたボイコットが激化。1973年に第四次中東戦争が起こると、対戦不可能な状態に陥った。そして1974年9月14日、イランアジア大会の大会期間中にテヘランで開催されたAFC総会で除名された。なおイランアジア大会のサッカー競技にイスラエルは出場しており、決勝を地元イランと戦い、0-1で敗れた。この試合がAFCとしてのイスラエルの最後の試合となった。その後、地域連盟未所属のまま活動を続け、除名されていながらアジア・オセアニア予選に組みいられたり、欧州予選に参加したり、オセアニア予選に参加したり、オセアニアサッカー連盟(OFC)の暫定メンバーになったりなどの紆余曲折を経て、1992年より欧州サッカー連盟(UEFA)に加盟した。
1990年代

1990年代に入っても、イランやサウジアラビア等の中東勢及び韓国がアジアでの強豪の地位を占める一方、ダイナスティ杯1992やアジアカップ1992で優勝した日本が徐々にこれらアジアのサッカー強国に並ぶ地位へと浮上する。

ソビエト連邦の崩壊に伴い、独立した中央アジア5カ国(ウズベキスタン・カザフスタン・キルギス・タジキスタン・トルクメニスタン)は旧ソ連がUEFA加盟だった関係で、UEFAとAFCを選択できたが、「ワールドカップ出場の容易さ」と「旧ソ連から干渉されてきた歴史を断ち切ること」を理由に1994年に一斉にAFCへ新規加入を果たした。その中央アジア5カ国の一員で、AFC新規加入年の1994年に行われた広島アジア大会サッカー競技でいきなり優勝を遂げたウズベキスタンやAFCアジアカップで決勝トーナメント進出の常連となった中国等が、アジアのサッカー強豪国へと名乗りを挙げた。
2000年代

1994年にAFCに新規加入したカザフスタンは選手やファンの反対(UEFA加盟を希望)を押し切って加入したAFCでもワールドカップ出場を果たせなかったことから2001年にAFCを脱退し、2002年4月からUEFAに加盟した。AFCに同時に加盟したウズベキスタンも、2005年9月3日の2006 FIFAワールドカップ・アジア地区予選アジアプレーオフ対バーレーン戦の裁定への不満(吉田寿光主審の誤審問題)からUEFA転籍を示唆したが、最終的には、転籍せずAFCに残留した。

2006 FIFAワールドカップで決勝トーナメントへ進出したオーストラリアがOFCを2005年4月17日に脱退し、2006年1月1日付けでAFCに加盟した(ただし、オーストラリアは既に2005年にオセアニア代表として出場権を獲得していた為、2006 FIFAワールドカップへはオセアニア代表として出場した)。他、オセアニアのうち、グアム、北マリアナ諸島についても距離や地理的な関係などからアジア連盟に参加している
レベルアップへの試み

2002 FIFAワールドカップを契機に、アジアの実力中堅国の競技レベルが上昇。バーレーンやカタールといった湾岸の小国が上位国を破ることも珍しくなくなった。また、イラク戦争によって大きな打撃を受けたイラクがAFCアジアカップ2007で並み居るサッカー強国を押しのけて優勝を果たした。また、ASEAN地域では2007 東南アジアサッカー選手権でタイを破って優勝したシンガポールの成長も著しい。

こうした動きをさらに加速させ、加盟国全体の競技レベルを上げるため、AFCはその支援プログラムであるビジョン・アジア[1]を立ち上げ、中国、ヨルダン、インドなど数ヶ国で活動を開始。また一方で中堅国と下位国の格差が拡大したことで、実力下位の諸国の底上げを図るため、AFC内のFIFAランキング下位16ヶ国によるAFCチャレンジカップも2006年から開催されている。

また、FIFAワールドカップなどの世界大会のアジア予選では、以前は実力が離れすぎた国が予選で対戦することがしばしば起き、強化の妨げになっていたことがあったが、2006 FIFAワールドカップ・アジア地区予選からFIFAランキングに応じて参加する予選の段階[例 1]が決められ、実力が近い国同士が対戦することで、より強化が図られるようになった。
AFC分割案
概要

上述の通り、長距離移動などのAFCの問題があり、それらを一挙に解消する為に広大なアジアを分割しようという議論は以前からあった。2006年1月1日付けでオーストラリアがAFCに転籍すると、東西南北に広がった最大時差8時間という世界最大の地域がAFCとして一つにくくられることになり、AFC内の委員会でAFC分割(主に東西分割)が検討されるようになった[2]。長距離移動の問題、国際Aマッチデーが集中する7~8月が西アジアの暑さ[例 2]により使えない問題、欧州のシーズンに近い西アジアと春秋制が中心の東アジアとでは時期によって格段にコンディション差がある問題、さらに同じ時期でも場所により気候が大きく違う問題などの諸問題を解決する為である[例 3][例 4]。

また、西アジアの勢力図の変化も東西分割案を後押ししている。西アジアでは代表チームの実力、協会の政治力で、サウジアラビアの一強時代が長く続き、突出し過ぎていたため、東西のアジア分割に現実味はなかったが、現在では湾岸諸国が台頭し、バランスが取れてきている。
分割案例

AFC内委員会が検討している分割案にはいくつかある。

主な案は東西分割案であり、加盟国・地域「46」のうち東アジアと東南アジアを合わせた「21」を東へ、中央・南・西を合わせた「25」を西とする案である[2]。オセアニアサッカー連盟(OFC)とAFCの統合もシミュレーションした場合はオセアニア地域は東、対する西に湾岸に近い北アフリカを統合する案もある。

ただ、AFCとOFCとの統合での再編となると、オセアニアが東アジアと統合されることになるが、オセアニアへの飛行機での移動は乗り換え時間も含め非常に時間がかかり、むしろ東アジアから西アジアへ移動する方が負担が少ないとの指摘もある。
AFC内の地域連盟

AFCに加盟している国と地域は、同じ地域での交流をより深め、その地域内でのサッカーの発展させるため、地域サッカー連盟を結成している。その活動として、地域内の大会を開催している。

* ASEANサッカー連盟(AFF)
* 南アジアサッカー連盟(SAFF)
* 西アジアサッカー連盟(WAFF)
* 東アジアサッカー連盟(EAFF)

※東アジアサッカー連盟は、AFCの下部組織ではなく「FIFA 直属の独立した組織」という形態をとっている。これは、東アジアサッカー連盟の目的が、AFC内での東アジアの発言力向上を目指している為である。

AFCの主催する主な大会
男子ナショナルチーム

* AFCアジアカップ
* AFCチャレンジカップ
* AFC U-19選手権(アジアユース)
* AFC U-16選手権(2006年大会までは「AFC U-17選手権」)

女子ナショナルチーム

* AFC女子アジアカップ(2003年大会までは「AFC女子選手権」)
* AFC U-19女子選手権
* AFC U-16女子選手権

クラブチーム

* AFCチャンピオンズリーグ(ACL)
* AFCカップ
* AFCプレジデンツカップ

その他

* AFCフットサル選手権
* AFCフットサルクラブ選手権

加盟協会

2009年11月現在、以下の46の国・地域の協会が加盟、1地域の協会が準加盟している。(※五十音順)
協会↓ 代表↓ 創設↓ AFC
加盟↓ 出典↓
アフガニスタンの旗 アフガニスタン 男子/女子 1933 1954 [4]
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 男子 1971 1974 [5]
イエメンの旗 イエメン 男子 1962 1942 [6]
イラクの旗 イラク 男子 1948 1971 [7]
イランの旗 イラン 男子/女子 1920 1958 [8]
インドの旗 インド 男子/女子 1937 1954 [9]
インドネシアの旗 インドネシア 男子/女子 1930 1954 [10]
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン 男子/女子 1946 1994 [11]
オーストラリアの旗 オーストラリア 男子/女子 1961 2005 [12][13]
オマーンの旗 オマーン 男子 1978 1979 [14]
カタールの旗 カタール 男子/女子 1960 1972 [15]
カンボジアの旗 カンボジア 男子 1933 1957 [16]
北マリアナ諸島の旗 北マリアナ諸島 [注釈 1] 男子 2005 -[注釈 1] [17][18]
キルギスの旗 キルギス 男子/女子 1992 1994 [19]
グアムの旗 グアム 男子/女子 1975 1992 [20]
クウェートの旗 クウェート 男子 1952 1962 [21]
サウジアラビアの旗 サウジアラビア 男子 1956 1959 [22]
シリアの旗 シリア 男子/女子 1936 1969 [23]
シンガポールの旗 シンガポール 男子/女子 1892 1954 [24]
スリランカの旗 スリランカ 男子 1939 1969 [25]
タイの旗 タイ 男子/女子 1916 1957 [26]
韓国の旗 大韓民国 男子/女子 1928 1954 [27]
タジキスタンの旗 タジキスタン 男子 1936 1994 [28]
チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ 男子/女子 1936 1955 [29]
中華人民共和国の旗 中華人民共和国 男子/女子 1924 1974 [30]
朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国 男子/女子 1945 1954 [31]
トルクメニスタンの旗 トルクメニスタン 男子 1949 1994 [32]
日本の旗 日本 男子/女子 1921 1954 [33]
ネパールの旗 ネパール 男子/女子 1951 1971 [34]
バーレーンの旗 バーレーン 男子/女子 1957 1970 [35]
パキスタンの旗 パキスタン 男子/男子 1947 1954 [36]
パレスチナの旗 パレスチナ 男子/女子 1928 1998 [37]
バングラデシュの旗 バングラデシュ 男子/女子 1972 1974 [38]
東ティモールの旗 東ティモール 男子 2002 2002 [39][40][41]
フィリピンの旗 フィリピン 男子/女子 1907 1954 [42]
ブータンの旗 ブータン 男子 1983 1993 [43]
ブルネイの旗 ブルネイ 男子 1956 1970 [44]
ベトナムの旗 ベトナム 男子/女子 1962 1964 [45]
香港の旗 香港 男子/女子 1914 1954 [46]
マカオの旗 マカオ 男子 1939 1976 [47]
マレーシアの旗 マレーシア 男子/女子 1933 1958 [48]
ミャンマーの旗 ミャンマー 男子/女子 1947 1954 [49]
モルディブの旗 モルディブ 男子/女子 1982 1986 [50]
モンゴルの旗 モンゴル 男子 1959 1998 [51]
ヨルダンの旗 ヨルダン 男子/女子 1945 1974 [52]
ラオスの旗 ラオス 男子/女子 1951 1980 [53]
レバノンの旗 レバノン 男子/女子 1933 1964 [54]

1. ^ a b 北マリアナ諸島サッカー協会は2009年にAFCの準メンバー協会となった。

過去の加盟協会

* イスラエルの旗 イスラエル
* カザフスタンの旗 カザフスタン
o 両協会は現在UEFAに所属。
* ベトナムの旗 南ベトナム
o 北ベトナムサッカー協会(後のベトナムサッカー協会)へ吸収され、現在は存在しない。
* 南イエメンの旗 南イエメン
o 北イエメンサッカー協会(後のイエメンサッカー協会)へ吸収され、現在は存在しない。

AFC加盟国のFIFAランキング

2011年1月12日発表
順位 (前回) 変動 国・地域 ポイント
26 (26) → オーストラリアの旗 オーストラリア 796
29 (29) → 日本の旗 日本 776
39 (39) → 韓国の旗 韓国 649
65 (66) ↑ イランの旗 イラン 491
78 (81) ↑ サウジアラビアの旗 サウジアラビア 423
79 (87) ↑ 中華人民共和国の旗 中国 419
93 (93) ↑ バーレーンの旗 バーレーン 351
98 (101) ↑ イラクの旗 イラク 334
99 (102) ↑ クウェートの旗 クウェート 328
102 (105) ↑ アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 304
104 (99) ↓ オマーンの旗 オマーン 297
105 (114) ↑ カタールの旗 カタール 290
107 (110) ↓ ヨルダンの旗 ヨルダン 286
108 (109) ↑ ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン 285
109 (108) ↓ 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 283
110 (107) ↓ シリアの旗 シリア 277
119 (121) ↑ タイの旗 タイ 244
126 (127) ↓ インドネシアの旗 インドネシア 224
127 (126) ↓ イエメンの旗 イエメン 222
133 (135) ↑ トルクメニスタンの旗 トルクメニスタン 173
順位 (前回) 変動 国・地域 ポイント
136 (137) ↓ ベトナムの旗 ベトナム 167
139 (140) ↑ シンガポールの旗 シンガポール 151
142 (144) ↓ マレーシアの旗 マレーシア 145
143 (145) ↑ タジキスタンの旗 タジキスタン 141
144 (142) ↓ インドの旗 インド 132
146 (146) → 香港の旗 香港 128
149 (149) → ミャンマーの旗 ミャンマー 109
152 (153) ↑ チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ 102
153 (150) ↓ フィリピンの旗 フィリピン 97
158 (159) ↓ バングラデシュの旗 バングラデシュ 84
161 (162) ↑ モルディブの旗 モルディブ 81
162 (163) ↑ スリランカの旗 スリランカ 79
165 (166) ↑ カンボジアの旗 カンボジア 68
168 (169) ↑ ラオスの旗 ラオス 64
168 (183) ↑ レバノンの旗 レバノン 64
171 (171) → パキスタンの旗 パキスタン 56
173 (172) ↓ ネパールの旗 ネパール 54
175 (174) ↓ キルギスの旗 キルギス 50
178 (177) ↓ パレスチナの旗 パレスチナ 40
182 (182) → モンゴルの旗 モンゴル 32
順位 (前回) 変動 国・地域 ポイント
188 (188) → グアムの旗 グアム 17
193 (193) → マカオの旗 マカオ 14
195 (195) → アフガニスタンの旗 アフガニスタン 10
197 (197) → ブルネイの旗 ブルネイ 9
197 (197) → ブータンの旗 ブータン 9
201 (201) → 東ティモールの旗 東ティモール 3

AFCとワールドカップ
AFCからのワールドカップ出場国

* 8回
o 韓国の旗 韓国(1954年初出場)
* 4回
o サウジアラビアの旗 サウジアラビア(1994年初出場)
o 日本の旗 日本(1998年初出場)
* 3回
o イランの旗 イラン(1978年初出場)
o オーストラリアの旗 オーストラリア(1974年初出場・AFCからは2010年初出場)
* 2回
o 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮(1966年初出場)
* 1回
o インドネシアの旗 インドネシア(オランダ領東インドとして1938年に出場)
o イスラエルの旗 イスラエル(1970年に出場・現在はUEFAに加盟)
o クウェートの旗 クウェート(1982年に出場)
o イラクの旗 イラク(1986年に出場)
o アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦(1990年に出場)
o 中華人民共和国の旗 中国(2002年に出場)

このほか、インドは1950 FIFAワールドカップの出場権を得ていたが、裸足での参加をFIFAに拒否されたため、大会直前に参加を辞退した。一説によると、インド代表選手の多くが裸足でプレーしていたのを見て、大会組織委員会が急遽、シューズ着用の規定を設けたという[55]。以降、サッカー競技規則第4条競技者の用具の項でシューズ着用義務を明確に規定された。
ワールドカップへの道程

FIFAワールドカップのアジア地区予選もAFCの主催である。もともとAFC加盟国の地理的範囲が極めて広大であったことに加え、出場国数が漸増してきたこと、しばしば政情不安や国家間紛争が起きたこともあり、予選の方式は大会ごとに変更されてきた。1994年アメリカ大会アジア予選までは一国でのセントラル方式が中心だった。

2010年南アフリカ大会の予選に関しては、アジアは4か国の出場枠に加え1か国のプレーオフ枠があり(いわゆる4.5枠)、以下の予選方式を採用している。

* 予選には43チームが参加。前回(2006年ドイツ)大会の成績を基にシード順位を決定。上位5ヵ国(オーストラリア、韓国、サウジアラビア、日本、イラン)は1・2次予選を免除され、3次予選から参加。
* 1次予選は38チームが19カードに分かれ、それぞれホーム・アンド・アウェーで2試合を行い、勝者19チーム中シード順位下位8チームが2次予選進出。残り11ヵ国は3次予選へ。
* 2次予選は8チームが4カードに分かれ、1次予選同様それぞれホーム・アンド・アウェーで2試合を行い、勝者4チームが3次予選進出。
* 3次予選はシード上位5チームも加わった計20チームを4チームずつ5組に分け、各組でホーム・アンド・アウェー総当たり方式のリーグ戦を行う。各組上位2チーム(計10チーム)が最終予選進出。
* 最終予選は10チームを5チームずつ2つのグループに分け、各組でホーム・アンド・アウェー総当たり方式のリーグ戦を行う。先ず、各組上位2チームが本大会出場権獲得。
* 最終予選のグループ3位同士がホーム・アンド・アウェーでプレーオフを行い、この勝者がアジア5位国としてオセアニア1位との大陸間プレーオフに出場。これも勝てば本大会出場権獲得。

出場枠の動向

FIFAワールドカップ各地域予選でのW杯本大会出場枠は、W杯本大会での各地域連盟勢の成績によって、増減する。2006 FIFAワールドカップドイツ大会で、1カ国も決勝トーナメント進出が出来なかったアジア勢は、2010 FIFAワールドカップ・アジア地区予選から本大会出場枠を4.5から3.5に減らされる可能性があった。そこで、AFCはFIFAに、本大会ベスト16の成績を残したオーストラリアがAFCに転籍したことなどを訴え、ワールドカップ出場枠の維持に成功した[56]。

なお、FIFA会長ゼップ・ブラッターは2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会でのアフリカ勢の活躍次第で、2014 FIFAワールドカップブラジル大会の出場枠を再検討することを示唆しており[56]、アジア勢がで低迷すれば、出場枠が減らされる可能性があったが、アジアからは日本と韓国がベスト16入りしたことから、出場枠は維持される見込みである。

日本でのテレビ中継

2002年以後、アジアサッカー連盟管轄の各大会(各世代のナショナルチームによるアジアカップ、ワールドカップ予選、ACL)は地上波において2012年までテレビ朝日が独占契約を結び中継している。NHKはNHK衛星第1テレビジョン(BS1)で中継を行う(ただし、2007年7月29日のAFCアジアカップ決勝戦はBS1で参議院議員通常選挙の開票速報が組まれていたためNHK衛星第2テレビジョン(BS2)で振替放送を行った)。

なお、この契約はFIFAが主催する国際大会の出場にかかわる大会のみに関係するため、2006 FIFAワールドカップアジア1次予選やアジアカップ最終予選等の一部試合はテレビ朝日以外の民放キー局も中継を行っている。またAFCアジアチャンピオンズリーグの日本から出場するチームの試合に関しても一部のみBS1から中継されている試合もある。



1. ^ FIFAランキングアジア上位5位以内の日本は3次予選からの出場。
2. ^ サウジアラビア首都リヤドの7月の平均最高気温は43.4度、平均最低気温でも28.9度。
3. ^ 2009年2月11日の2010 FIFAワールドカップ・アジア地区予選最終予選B組で、北朝鮮のホームで0対1で敗れたサウジアラビアは苦戦の要因に「極東の寒さ」を挙げ、AFCに抗議した。平壌で午後3時に行われたこの試合の気温は10度。2月のリヤドの平均最高気温は22.7度(平均気温でも16.7度)である[3]。
4. ^ アジアのFIFAランク下位の大会AFCチャレンジカップ2010の予選プレーオフでは、2009年3月にモンゴル対マカオ戦が組まれたため、ホームのモンゴル側が「寒すぎて観客が来られない」ことを理由に、猛反対した。会場のウランバートルの3月の平均最高気温は9.9度、平均最低気温は-23.7度である。その後モンゴルの主張が認められ、4月14日に変更された。

脚注

1. ^ AFC公式日本語HPヴィジョンアジア説明・フィロソフィー
2. ^ a b 実現しちゃうかも W杯予選アジア東西分割?!?
3. ^ 南アフリカW杯アジア最終予選B組北朝鮮対サウジアラビアAFC公式試合結果表
4. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/330-the-football-federation-of-afghanistan
5. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/372-united-arab-emirates-football-association
6. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/375-yemen-football-association
7. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/345-iraqi-football-association
8. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/344-ir-iran-football-federation
9. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/342-all-india-football-federation
10. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/343-football-association-of-indonesia
11. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/373-uzbekistan-football-federation
12. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/331-football-federation-australia
13. ^ http://www.fifa.com/associations/association=aus/index.html
14. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/359-oman-football-association
15. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/363-qatar-football-association
16. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/336-football-federation-of-cambodia
17. ^ http://www.eaff.com/j/10fa/fa10/index.html
18. ^ http://www.eaff.com/eanews/release/2009/090905.html
19. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/350-football-federation-of-kyrgyz-republic
20. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/340-guam-football-association
21. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/349-kuwait-football-association
22. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/364-saudi-arabia-football-federation
23. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/367-syrian-football-association
24. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/365-football-association-of-singapore
25. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/366-football-federation-of-sri-lanka
26. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/369-the-football-association-of-thailand
27. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/348-korea-football-association
28. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/368-tajikistan-football-federation
29. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/338-chinese-taipei-football-association
30. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/337-chinese-football-association
31. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/339-football-association-of-the-democratic-peoples-republic-of-korea
32. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/371-football-association-of-turkmenistan
33. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/346-japan-football-association
34. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/358-all-nepal-football-association
35. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/332-bahrain-football-association
36. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/360-pakistan-football-federation
37. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/361-palestinian-football-federation
38. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/333-bangladesh-football-federation
39. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/370-federacao-de-futebol-timor-loro-se
40. ^ http://www.fifa.com/associations/association=tls/index.html
41. ^ http://www.the-afc.com/jp/news-centre/member-association-news/320-timor-leste/3959
42. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/362-philippine-football-federation
43. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/334-bhutan-football-federation
44. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/335-the-football-association-of-brunei-darussalam
45. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/374-vietnam-football-federation
46. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/341-the-hong-kong-football-association-ltd
47. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/353-associacao-de-futebol-de-macau-china
48. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/354-football-association-of-malaysia
49. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/357-myanmar-football-federation
50. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/355-football-association-of-maldives
51. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/356-mongolian-football-federation
52. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/347-jordan-football-association
53. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/351-lao-football-federation
54. ^ http://www.the-afc.com/jp/inside-afc/member-associations/748-member-associations/352-federation-libanaise-de-football-association
55. ^ [松岡完(著)『ワールドカップの国際政治学』(朝日選書)P71]
56. ^ a b 岡ちゃんに新ノルマ“W杯16強”

関連項目

* 東アジアサッカー選手権
* 東南アジアサッカー選手権
* 南アジアサッカー選手権
* 西アジアサッカー選手権
* ガルフカップ
* アジアのサッカー選手一覧
* アジア年間最優秀選手賞
* アジア年間最優秀ユース選手賞

外部リンク

* AFC.com (日本語)
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




西条祭り 子供 2006/10/16

西条祭り 子供 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC
だんじり(屋台)にぶらさがる子供

西条祭り 子供 2006/10/16

西条祭り 子供 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


●豆知識●

●株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(Sony Computer Entertainment Inc. 略称:SCE)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB
%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A8%E3
%83%B3%E3%82%BF%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(Sony Computer Entertainment Inc. 略称:SCE)は、家庭用ゲーム機、ゲームソフトの開発、製造、販売などを行う日本のメーカーである。

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
Sony Computer Entertainment Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 SCE、SCEI
本社所在地 日本の旗 日本
〒108-0075
東京都港区港南1丁目7番1号 ソニーシティ
設立 2010年4月1日
創業は1993年11月16日
業種 その他製品
事業内容 PlayStation関連ハードウェアおよびソフトウェアの企画・開発・製造・販売
代表者 平井一夫
(代表取締役社長兼グループCEO)
佐藤明(代表取締役会長)
鈴木国正(代表取締役副社長)
資本金 1億円(2010年6月現在)
売上高 9851億円(2009年3月期)
営業利益 375億円(2009年3月期)
純利益 96億円(2009年3月期)
従業員数 約1,400名(2010年4月1日現在)
決算期 毎年3月31日
主要株主 ソニー株式会社(100%)
主要子会社 株式会社ポリフォニー・デジタル
関係する人物 久夛良木健(名誉会長)
外部リンク http://www.scei.co.jp/

概要

1993年、ソニーの技術者やソニー・ミュージックエンタテインメントのスタッフらによって東京に創立された。現在はソニーの完全子会社でありソニーグループ企業である。同グループでは「ネットワークプロダクツ&サービス (NPS)」(担当:平井一夫・ソニー執行役EVP)と呼ばれる事業グループに属する。100%出資子会社として国内に株式会社ポリフォニー・デジタルを、海外に北米法人のSony Computer Entertainment America Inc. (SCEA)、欧州法人のSony Computer Entertainment Europe Limited (SCEE)、日本担当のSony Computer Entertainment Japan(SCEJ)、アジア地域担当のSony Computer Entertainment Asia(SCE Asia)、韓国法人のSony Computer Entertainment Korea Inc. (SCEK)を傘下に持つ。本社の正式略称はSCEIである。欧州のSCEEはオーストラリア地域担当のSony Computer Entertainment Australia(SCE Aust.)、イタリア地域担当のSony Computer Entertainment Italy(SCE Italia)を傘下に持つ。

創立の切っ掛けは、1990年代前半に任天堂と共同で計画していたCD-ROM対応型のスーパーファミコン開発が「CD-ROMのロイヤリティがSCEの総取り」[要出典]という不平等な契約で決裂したことを発端としていて、後に参入ハード第1号に命名した「プレイステーション」も共同開発ゲーム機のコードネームとして付けられたものであった(詳しくはプレイステーション#開発裏話やスーパーファミコン# 開発、経営視点での特徴を参照)。

1994年に当時としては最先端の3D映像技術を武器にした家庭用ゲーム機プレイステーションでハードウェア市場に参入しセガのセガサターンや任天堂と激しい市場競争を繰り広げたが、ファイナルファンタジーシリーズの影響もあり、発売から3年でゲーム市場における首位の座に立った。さらに2000年に発売したプレイステーション2でも、セガのドリームキャストや任天堂のニンテンドーゲームキューブ、マイクロソフトのXboxなどの競合商品を相手取り優位を維持し、DVDプレイヤー普及の立役者ともなった。しかし、2004年に発売したプレイステーション・ポータブルや、ブルーレイプレイヤーとしても普及の引導役を期待されていた2006年発売のプレイステーション3は、任天堂のニンテンドーDSや、WiiやXbox 360との普及競争に苦戦している。なお、2009年3月時点でSCEは104億円の債務超過となっていた[1]。

2010年4月1日には(旧)SCEを株式会社SNEプラットフォームに商号変更した上で、そこからゲーム機・ソフトの開発・販売事業を会社分割(新設分割)し、新会社「株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント」を設立。ネットワーク事業が残った株式会社SNEプラットフォームを、親会社のソニー株式会社が吸収合併するなどの組織再編が行われた[1]ほか、同年夏には本社をソニー本社ビル内に移転[2]、開発部門も品川地区に移転する計画[3]があるなど、ソニー本体への吸収が進められている。

CMではプレイステーションに対して一般に広く呼ばれている「プレステ」という略称を使わず「PS」(ピーエス)という略称を用いている。スクウェア(現スクウェア・エニックス)の映画事業の失敗に対する支援のため、同社に出資し、2004年9月現在、スクウェア・エニックスの第4位の株主であったが、SEホールディングス設立に伴う持株会社化に伴い影響力は大幅に下がっている。[要出典]

自社のハードの売り上げ数に関しては「生産出荷台数」(工場から自社倉庫へ出荷した数)のみを公表していたため、実質販売数がわかりづらいとの声も多かったが、2007年に売上実績数の公開に変更した。[4]
年表

* 1993年11月16日 - 設立。初代社長は小澤敏雄(おざわ としお)。
* 1994年5月18日 - Sony Interactive Entertainment Inc.の一部門として、Sony Computer Entertainment America設立
* 1994年12月3日 - 初代プレイステーション発売
* 1995年1月5日 - Sony Electronic Publishing Ltd.の一部門として、Sony Computer Entertainment Europe設立
* 1995年 - 2代目社長に徳中暉久(とくなか てるひさ)就任。
* 1995年秋 - クリエイター発掘・支援企画「ゲームやろうぜ!」開始。
* 1997年1月2日 - 100%出資子会社として、Sony Computer Entertainment America Inc.設立
* 1997年4月1日 - 100%出資子会社として、Sony Computer Entertainment Europe Limited設立
* 1997年9月1日 - Sony Computer Entertainment Hong Kong Limited設立
* 1998年1月20日 - 公正取引委員会から「プレイステーション用ソフトウェアの販売について、小売業者に対し希望小売価格で販売するように、圧力を加えた」として独占禁止法に基づく排除勧告を受ける。
* 1999年1月23日 - ポケットステーション発売。
* 1999年3月2日 - プレイステーション2発表。
* 1999年3月4日 - 東芝と0.18ミクロン世代半導体生産に向けての新会社(大分)設立で基本合意。
* 1999年4月1日 - 3代目社長に久夛良木健(くたらぎ けん)就任。
* 1999年4月1日 - Sony Computer Entertainment Japan設立。
* 1999年7月16日 - 株式会社SCE長崎セミコンダクタを設立。
* 2000年2月1日 - PlayStation.com Japan設立。
* 2000年3月4日 - プレイステーション2発売。
* 2000年7月7日 - PSone発売。
* 2001年3月9日 - ソニー・コンピュータエンタテインメント、IBM、東芝がブロードバンド時代に向けた超並列プロセッサの共同研究および開発に合意。
* 2001年8月2日 - 公正取引委員会と争われていた審判で独占禁止法違反が認定される。
* 2001年10月9日 - スクウェアの第三者割当増資149億円の引き受けで合意。
* 2001年12月3日 - Sony Computer Entertainment Korea Inc.設立
* 2002年1月30日 - Linux for PlayStation 2 Release 1.0を全世界で発売。
* 2003年12月13日 - ソニーがPSX発売。SCEの開発したPSXのインターフェイス(クロスメディアバー)がソニー共通のインターフェイスとなる。
* 2004年4月1日 - ソニー株式会社の完全子会社となる。
* 2004年12月12日 - プレイステーション・ポータブル(PSP)発売。
* 2005年7月1日 - Sony Computer Entertainment Asia設立。
* 2005年7月21日 - 英国SNシステムズ社買収にむけて基本合意。
* 2005年9月1日 - SCEワールドワイド・スタジオ(SCE WWS)設立。日米欧のソフトウェア制作部門を統合。代表はフィル・ハリソン。
* 2005年10月26日 - クリエイター発掘・支援企画「ゲームやろうぜ! 2006」開始。
* 2005年12月7日 - SCEEがソフト開発会社のGuerrilla B.V.を買収。
* 2006年1月12日 - SCEAがオンラインゲーム開発会社Zipper Interactiveを買収。
* 2006年3月14日 - 米・イマージョン社が起こしたプレイステーション、およびプレイステーション2のコントローラー振動技術(バイブレーション機能デュアルショック)の特許権をめぐる訴訟で、カリフォルニア州オークランド連邦地裁がSCEなどにアメリカでのプレイステーション、およびプレイステーション2の販売差し止めと約9,070万ドル(日本円で約96億円)の損害賠償を命じる判決を下し、SCEは再審理請求したが棄却された。
* 2006年3月15日 - PSビジネスブリーフィング開催。
* 2006年11月10日 - PS3 Linux Distributor's Starter Kit(Ver1.0)公開[5]。
* 2006年11月11日 - プレイステーション3発売。
* 2006年12月1日 - 4代目社長に平井一夫就任。久夛良木は会長へ昇格。
* 2007年 - Sony Computer Entertainment TaiwanをSCEHから独立させて設立。
* 2007年4月27日 - 同年6月19日付けで平井社長を社長兼グループCEOに昇格。久夛良木は名誉会長へ就任を発表。
* 2007年9月27日 - MotorStorm ~モーターストーム~で著名な英国のソフト開発会社Evolution Studiosを買収。
* 2008年2月25日 - SCE WWS代表フィル・ハリソンが退社。
* 2008年3月14日 - Sony Online Entertainmentを傘下に加える。
* 2008年5月16日 - SCE WWS代表に吉田修平が就任。
* 2008年7月25日 - クリエイター発掘・支援企画「PlayStation C.A.M.P!」を発表。
* 2010年2月24日 - 4月1日よりSCEのネットワーク部門をソニー本体へ吸収させ、SCEをSNEプラットフォームに改称し、新たに、ゲーム機とソフトの企画・開発・製造・販売事業部門を手がける新SCEを発足させることを発表した。形式上SCEは消滅し、新SCEが改めてゲーム事業を受け継ぐことになった。
* 2010年3月2日 - リトルビッグプラネットを開発した英国のソフト開発会社Media Moleculeを買収。
* 2010年3月10日 - PSP向けグラフィック描画ツールPhyreEngine for PSPを今春からPSPソフトウェア開発者向けに提供を開始。[6]
* 2010年4月1日 - SCEのネットワーク部門をソニー本社に移管するために必要な法人再編手続きを行った。これによりPlayStation Networkはソニーに移管した。(旧)株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントを株式会社SNEプラットフォーム(分割後、ソニー本体に吸収合併)に商号変更。ゲーム機・ソフトの開発・販売事業を新設分割し、(新)株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントを設立[1]。19億3300万円から1億円に減資。
* 2010年8月23日 - 本社を港区南青山2丁目のTK南青山ビルから同区港南1丁目のソニーシティ(ソニー本社ビル)に移転した。

ハードウェアメーカとしてのSCE

SCEは据え置き型ゲーム機では、プレイステーションからプレイステーション2までは、ライバル機種を大きく切り離して独走状態を続けていたが、それを支えるための数々の戦略やポリシーを持つ。
ハードウェアの方針

SCEはゲーム機器を開発する際、テーマとする機能、性能が最も高くなるような味付けを行うことで他社との差別化を図ってきた。例えばPSではGTEによるジオメトリ性能の強化を図り、またPS2ではエンベデッドDRAMを採用しピクセル描画性能を高めてきた。PS3ではCellによる浮動小数点演算性能を強化し、物理演算などによる仮想世界の構築に焦点を合わせている。 SCEはこれら特徴を得るために、最先端キーデバイスの自社開発を積極的に進めている。PSではジオメトリエンジン (GTE)の仕様策定に関わり、PS2では東芝とCPU(Emotion Engine)を共同開発した。また描画LSIのGSはソニー木原研究所(2006年4月1日にソニー技術開発本部に移管)との共同開発である。PS3ではソニー、東芝、IBM3社共同でSTI Design Centerを設立し、218 GFLOPS 3.2GHzの強力なプロセッサ (Cell)を開発した。PSPのLSIはPS2に非常に近い特徴を持つとされる。
生産戦略

PS2からは主要半導体の自社生産を戦略としている。他社半導体メーカによる供給と異なり、部材確保のタイミングやコストをコントロールしやすく、製品の垂直立ち上げや発売初動から安価な値付けを行うなどの演出を実現してきた。PS2の国内初動100万台販売やPSPの約2万円の価格など、従来のこれらの規模の製品ではあまり例のない販売実績を積み上げている。 特にPSPは立上げ当初から最先端のプロセス技術を用い、高いコスト性能比や電力性能比を実現している。

また、自社生産のメリットを活かし、コストダウンを目的としたチップシュリンク(面積縮小)や統合を積極的に進めてきた。PS2のEEやGSなどはそれぞれ4度、6度のシュリンクの末に初期時の約1/6の大きさになるEE+GSへと統合を果たした。PS3のCell等も初期は90nmプロセスを用いることが発表されているが、既に65 nmプロセスの工場も建設し、また次期45nmプロセス技術開発を東芝、NECエレクトロニクスと締結するなど、先々のコストダウンに対応済みである。 半導体工場への投資は、その規模が莫大でリスクを伴う反面、成功時の実りも大きく波及効果もある。

積極的なコストダウン策による内部仕様の変更などで、上位互換性が多少損なわれたり、 時には自機種向けのソフトウエアに対する互換も確保されない場合があるなど[7]、問題点もある。
互換戦略

SCEの開発するゲーム機器は同一カテゴリ品においては下位(後方)互換性を確保する戦略を用いてきたが、40GBモデルのPS3からPS2互換機能を廃止した。PS2はI/OコントローラーにPSのCPU等を取り込む事によって互換を維待している。互換性は機器の発売初期においては当初の少ないタイトル数を備い、またゲームベンダも次機種発売以降もある程度安必して前機種向けのゲームを発売できるなど、機種の世代文代を促す戦略として有用と考えられる。PS3も初期の20GB・60GBモデルではPS・PS2互換機能を提供していたが、40GBモデルから低価格化・低消費電力化のために、PS2互換機能を廃止した。PS互換は歴代PSで続行している上にゲームアーカイブ版はPSPでも動作する。
ソフトウェアパブリッシャーとしてのSCE
ワールドワイド・スタジオ

SCEが自社で発売する全世界のゲームソフトは、社内組織「SCEワールドワイド・スタジオ」の設立以降は全てこの下で統括されている。SCE社内スタジオや子会社による制作のほか、外部デベロッパー制作のソフトも含まれる。
SCEスタジオ

* SCEジャパンスタジオ(SCEJ本部)
* SCEフォスターシティースタジオ(SCEA本部)
* SCEロンドンスタジオ(SCEE本部。2001年にSCEソーホースタジオとPsygnosysカムデンスタジオが合併して発足。EyeToy、SingStarなど)
* SCEサンタモニカスタジオ(ゴッド・オブ・ウォーシリーズ)
* SCEサンディエゴスタジオ(MLB、NBAシリーズなど)
* SCEケンブリッジスタジオ(MediEvilシリーズ、PlayTVなど)
* SCEスタジオリバプール(1993年に買収した旧・Psygnosys。ワイプアウトシリーズ)
* SCEベンドスタジオ(2000年に買収した旧・Eidetic。Syphon Filterシリーズ。現在はPSP作品の開発に特化)

制作子会社

* ポリフォニー・デジタル(1998年にSCEから分社化。グランツーリスモシリーズ)
* Naughty Dog(2001年に買収。クラッシュ・バンディクーシリーズ アンチャーテッドシリーズ)
* Guerrilla Games(2005年に買収。KILLZONEシリーズ)
* Zipper Interactive(2006年に買収。SOCOMシリーズ)
* Evolution Studios(2007年に買収。モーターストームシリーズ)
o Bigbig Studios(同時に買収されたEvolution Studiosの子会社)
* Media Molecule(2010年に買収。リトルビッグプラネットシリーズ)

かつてあった子会社

* 社内の制作部門を子会社化
o アーク・エンタテインメント(アークザラッドシリーズ)
o シュガーアンドロケッツ(I.Qシリーズなど)
o コントレイル(ワイルドアームズシリーズ)
* 共同出資子会社
o ディープスペース - SCE 50.5%、ウーピーキャンプ(藤原得郎) 49.5%

傾向
Gnome-globe.svg
この節はその主題が日本に置かれた記述になっており、世界的観点からの説明がされていない可能性があります。ノートページでの議論と記事の発展への協力をお願いします。

社内や子会社にも開発部門はあるが、中小デベロッパーへの外注が多い。
PS期

PS発売前はソニー系のEPIC SONYからファミコンソフトが発売されていたものの、ゲーム開発の実績は少なかったため、初期のソフトは評価の低いものが多かった。その後、社内の制作部門が成長してきたこと、「ゲームやろうぜ!」による優秀なアイデアの囲い込みなどで、従来になかった意欲的なソフトが生まれてきた。CBSソニー時代に成功したCDの流通手法を踏襲したことも重なり、ヒット作を連発し、1997年前後においては任天堂、スクウェアと並ぶ最大手であった(この頃を一般的に"PSバブル"と呼んでいる)。海外部門からも『クラッシュ・バンディクー』などがヒットしている。
PS2期

プレイステーション2に移行後は『みんなのGOLF』『グランツーリスモ』以外の人気シリーズの売り上げが低下し、新規作品にも大きなヒットは生まれなかった。また、PS2のオプションとしてPlayStation BB Unit(ハードディスクおよびイーサネットアダプタ)を発売し、PSBBというオンラインコンテンツサービスを立ち上げるが今ひとつな結果に終わっている。米国においては『ラチェット&クランク』や『SOCOM: US NAVY SEALs』などがミリオンセラーを記録している。この頃はレベルファイブ製作の『ダーククラウド』、『ダーククロニクル』といったソフトが高い評価を受けた。
PS3・PSP期

プレイステーション3やプレイステーション・ポータブルでも引き続きファーストパーティーとしてゲームソフトの発売を行っている。世界的戦略の面ではSCEワールドワイドスタジオを設立。日米欧の制作部門を統合しソフト制作を世界戦略で進めている。また、様々なゲームソフトをプレイステーションストアからのダウンロード配信でリリースしている。
CEROとソニーチェックの関係
Edit-find-replace.svg
この節には「独自研究」に基づいた記述が含まれているおそれがあります。信頼可能な解釈、評価、分析、総合の根拠となる出典を示してください。このタグは2009年5月に貼り付けられました。
Gnome-globe.svg
この節はその主題が日本に置かれた記述になっており、世界的観点からの説明がされていない可能性があります。ノートページでの議論と記事の発展への協力をお願いします。

過去、アダルトゲームから性的な要素を廃して家庭用ゲーム機へ移植する際、DC・PS・PS2へ移植し、同時に発売するケースが多かったが、表現の規制で微妙な違いがある。DC版ではコンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)の設立後、同団体へ審査を依頼するケースが多くなったが、SCEではCEROの審査に加え、より一般家庭や小中学生層への配慮のため、通称「ソニーチェック」という倫理チェックを通過する必要があるため、DC版でのみCEROへ審査を依頼し、PS(2)版では審査されないタイトルも多数あった(が、改めて廉価版で発売する際、審査を依頼するケースも多かった)。この「ソニーチェック」の結果、表現・レーティングの違いやタイトルが大幅に変更されるケースが多く、DC版では(旧)18才以上対象とされたソフトもあったが、PS(2)版ではあえて審査せず発売するソフトも多く、さらにサブタイトルを付加したり、元のタイトルから完全に変更されたソフトもある。

また、killer7のPS2版は性的表現に加え暴力表現についても、同時発売であったゲームキューブ版よりも抑えられているなどの事例がある。これまでは残酷性の高いソフトが複数のハードで展開される事が少なく、あまり目立たなかったが、ローカライズされた海外製ソフトのマルチ展開が増えるにしたがって、バイオレンス描写に対しての適用事例も顕著になっている。例としては、

* ゴッドファーザー(PS2版、およびPS3への移植版「ゴッドファーザー ドン・エディション」は表現規制あり。Xbox 360版は無修正)
* Fallout 3(PS3版はXbox 360版よりも表現規制箇所が多い)
* Saints Row 2(PS3版では大幅な表現規制だけでなく、追加ダウンロードコンテンツも配信されない事態となった)

など。

このように、性的描写またはバイオレンス描写を取り入れたゲームが複数のハードで展開される際、「ソニーチェック」の影響により、他社製ハード版でOKだった表現がSCE製ハード版では修正されたケースは後を絶たず、SCE独自の倫理チェックは任天堂やマイクロソフトより厳しいと指摘するユーザーが多い。

なお、5pb.社長・志倉千代丸はトークイベントの中で「表現の幅はPCの次にXbox 360」「Xbox 360は表現の幅では唯一無二の存在」と述べており、一部の作品はSCE製ハードでは展開しない方針を採っていることを明らかにしている。[8]

他社製ハードとのマルチで展開されるソフトの中には、SCE製ハード版ではソニーチェックを受ける以前の段階で表現を大幅に抑え、レーティングを落とした上で発売するケースもある(ダークセクター、NO MORE HEROES 英雄たちの楽園、CHAOS;HEAD NOAHなど。この3作品の場合、Xbox 360版は「Z」区分に対し、SCE製ハード版では「D」区分となっている)。

ゲーム内容のみならず、ジャケット表側のデザインに対し修正が加えられたケースもあった。例として、XブレードのPS3版は主人公・アユミの下半身の露出度がXbox 360版より抑えられているという違いがある。
暴力表現への注意喚起マーク
Gnome-globe.svg
この節はその主題が日本に置かれた記述になっており、世界的観点からの説明がされていない可能性があります。ノートページでの議論と記事の発展への協力をお願いします。

一部のタイトルには、赤い丸角の三角形の中または隣に「このソフトには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています。」と表記されたマークがジャケットの表または裏に表記されているものがある(ソフトによっては取扱説明書やディスクのレーベル面にも表記されている場合がある)。出血等の過激な暴力表現やプレイヤーに恐怖感を煽る表現を含むPS用ソフトに対しては、ジャケット裏面のソフトの取り扱い上の注意文に続けて「なおこのゲームには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています。」と表記されることが多かったが、過激な暴力表現を含むソフトの増加に伴い、1998年1月に発売されたバイオハザード2で初めて従来の注意文に加えてこのマークが用いられるようになった。しかし、これ以降に発売されたソフトであっても、パラサイト・イヴのようにこのマークを採用せずに従来の注意文のみを表記していたソフトもある。また初めてこの注意文と注意喚起マークが用いられたのは1996年3月に発売されたブラッドファクトリーである。

PS2用ソフトにおいても、DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナーやヒットマンシリーズのようにこのマークを採用せずに従来の注意文のみを表記していたソフトも発売されていたが、次第に減少し、従来の注意文と注意喚起マークを併記する形式が主流となった。

CEROによるレーティングが開始されてからは、「C(15才以上対象)」区分以上の対象年齢に区分されたソフトに表記されるケースが多かったが、2005年に「A(全年齢対象)」に区分されているSIMPLE2000シリーズ Vol.70 THE 鑑識官にこのマークが表記される事態が起こったため、以降「B(12才以上対象)」に区分されるソフトの一部にも表記されるようになった。

しかしPS3の発表以降、ジャケットにはこのマークを表記せず代わりにこのマークのステッカーを外装フィルムに貼り付けたタイプのソフトが登場し(2008年以降にスパイクから発売されたタイトル(428 ~封鎖された渋谷で~は除く)、メタルギアソリッド4(初回版・通常版)、フラクチャー、デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 アバドン王、Fate/stay night [Re'alta Nua]、うたわれるもの PORTABLE、Routes PORTABLEなど。SCE自らもSIREN:New Translation(通常版)とHeavenly Sword ~ヘブンリーソード~ではこのステッカータイプを採用した)、加えて2007年以降に発売されたソフトは裏面の従来の注意文が表記されなくなった。アンリアルトーナメント3やコール・オブ・ファレス 血の絆のように、このステッカーを採用せず、過激な暴力表現に関する注意文も一切表記していないソフトもある。

そして2010年2月以降に発売された全てのソフトにはこのマークが表記されなくなり、事実上の廃止となった(SCEから発売されているソフトやPlayStation the Best等の廉価版も含む)。GOD EATERと忍者活劇 天誅 紅 Portableのように、発売前に公開されたカバーアートには表記されていたが製品版には表記されていないソフトもある。またこれ以降、カプコンとセガは他社製ハードのジャケットやCM・広告等で使用している独自のマークへ変更している。

ちなみに、PS・PS2用ソフトの一部にはSCEの注意喚起マークに加えてCESAの注意喚起マークが併記されているソフト(鬼武者、デビルメイクライなど)、あるいはSCEの注意喚起マークを表記せずにCESAの注意喚起マークのみを表記しているソフト(絶体絶命都市、ブラッディロア3など)も発売されていた(CESAの注意喚起マークは現在廃止されている)。

なお、こうした注意喚起マークはマイクロソフトも制定しており、Xbox用ソフトでは過激な暴力表現を含むほぼ全てのタイトルのジャケットに対してこのマークが表記されていた。しかし、Xbox 360用ソフトやGames for WindowsブランドのPCゲームソフトでの採用事例は少なく、マイクロソフトから発売されているソフトも現在ではこのマークを採用していない。セガはベヨネッタ以降のタイトルではセガ独自のマークを採用しているほか、マイクロソフト独自のマークを一部のソフトで採用していたカプコンもデッドライジング2ではカプコン独自のマークに変更している。ただし、テイクツー・インタラクティブ・ジャパンはレッド・デッド・リデンプションなどの一部タイトルの広告でこのマークを採用することがある。

また、任天堂はこのようなマークを定めていないが、エターナルダークネス ~招かれた13人~や同社初の「D」区分ソフトである斬撃のREGINLEIVには過激な表現に関する注意書きが表記されている。サードパーティー製ソフトでのこうした注意書きの採用例は、カプコンとセガがそれぞれ制定している独自マークの他には、ひぐらしのなく頃に絆のジャケット表面に小さく注意書きが表記されている程度しかなく、Xbox 360向けソフトと同様表記していないソフトが多数を占める。

海外ではこうした注意喚起マークは基本的に用いられない傾向にあり、北米ではエンターテインメントソフトウェアレイティング委員会(ESRB)の審査によって過激な暴力表現を含まれていると判断された場合は「Blood and Gore」や「Intense Violence」といった表記がパッケージの裏面になされる他、韓国のゲーム物等級委員会(GRB)でもこうした表現が含まれている場合は「暴力表現」の項目で3つ星を付ける形で注意を促している。
ソフトウェアの流通構造

SCEが初代プレイステーションを発売する以前、テレビゲーム事業で圧倒的優位にあったスーパーファミコンのソフトについて、任天堂はマスクROM方式を採用していた。しかしこの方法ではゲームソフトが品切れを起こした場合、追加発注から再生産による納品までに数ヶ月を要するという欠点があった。また、卸売業者を介する多段階流通構造から、見込み発注による過剰在庫、過少発注による品切れなどが発生しやすいという欠点を抱えていた。

SCEはプレイステーションのソフト媒体としてCD-ROMを採用することにより、短期間で製造できるCD-ROMの特性をいかし、こうした流通システムとは異なる「小売業者との直取引」を基本とした流通システムを採用し、値引き販売等が起き難い仕組み作りの実現を図った。この方法の採用によって、テレビゲーム事業における流通構造は市場の需給動向へ迅速に対応できるものとなった。

ただしSCEは上記販売手法の一環として、中古品取り扱い禁止、横流し販売禁止および値引き販売禁止を販売店に徹底した。そのため、これらの手法は独占禁止法に違反するとして、1998年1月20日、公正取引委員会から「プレイステーション用ソフトウェアの販売について、小売業者に対し希望小売価格で販売するように圧力を加えた」として独占禁止法に基づく排除勧告を受けることとなった。
アメリカでのプレイステーション振動機能特許を巡る訴訟

2002年、アメリカ合衆国・イマージョン社が起こしたプレイステーション、およびプレイステーション2のコントローラー振動技術(バイブレーション機能デュアルショック)の特許権をめぐる訴訟で、カリフォルニア州オークランド連邦地裁がSCEなどにアメリカでのプレイステーション、およびプレイステーション2の販売差し止めと約9,070万ドル(日本円で約96億円)の損害賠償を命じる判決を2005年3月24日に下した。この裁判の影響により一時プレイステーション、およびプレイステーション2がアメリカの販売店舗より一時撤去される騒動も起きた。SCEの再審理請求は2006年3月14日にアメリカ連邦判事に棄却されたが、2007年3月1日にはイマージョン社の請求金額とライセンス料を全面的に支払う形で和解した[9]。なお、2007年9月の東京ゲームショウにおいて再び振動に対応したデュアルショック3が発表された。

関連項目

* プレイステーション
o プレイステーションのゲームタイトル一覧
* プレイステーション2
o プレイステーション2のゲームタイトル一覧
* プレイステーション3
o プレイステーション3のゲームタイトル一覧
* プレイステーション・ポータブル
o プレイステーション・ポータブルのゲームタイトル一覧
* ポケットステーション

脚注

1. ^ a b c asahi.com (2010年2月25日). “ソニー、SCEのネットワーク部門を吸収合併” (日本語). 2010年4月22日閲覧。
2. ^ 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010年8月9日). “本社移転のお知らせ” (日本語). 2010年9月5日閲覧。
3. ^ 日本経済新聞 (2010年4月22日). “SCE、ソニー本社に移転 ネットワーク戦略を強化” (日本語). 2010年4月22日閲覧。
4. ^ “PS3「売上台数」は1Qで71万台 ソニー、「生産出荷」から変更”. ITmedia (2007-7-26). 2007年7月26日閲覧。。アジア含むと表記した上での発表としているが、日本国内での実売数は厳密には不明としても実情では内訳において日本が少数派とは考え難い。
5. ^ ftp://ftp.uk.linux.org/pub/linux/Sony-PS3/
6. ^ PSP? 「プレイステーション・ポータブル」専用タイトル開発環境をさらに強化~PSP?向けグラフィック描画ツールを今春より提供開始~
7. ^ 「プレイステーション 2」(SCPH-75000シリーズ以降のモデル)における「プレイステーション」および「プレイステーション 2」規格ソフトウェアの互換性についてのお知らせ, オフィシャルサイト, 2005年10月20日 (2006年9月15日改訂)
8. ^ “5pb.の志倉千代丸社長が講演 「僕ってホント、変態なんですよ(笑)」”. ファミ通.com (2009/11/05). 2009年11月23日閲覧。
9. ^ SCE、米社とのコントローラー訴訟で和解, NIKKEI NET IT+PLUS, 2007年3月2日

外部リンク

* 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
* プレイステーション オフィシャルサイト
* SCE ワールドワイド・スタジオ
* PlayStation 15th Anniversaty(プレイステーション15周年記念サイト)
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




西条祭り 子供 2006/10/16

西条祭り 子供 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

●豆知識●

●秋元 才加(あきもと さやか、1988年7月26日 - )
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E5%85%83%E6%89%8D%E5%8A%A0

秋元 才加(あきもと さやか、1988年7月26日 - )は、日本のアイドル。女性アイドルグループ「AKB48」チームKのメンバーである。千葉県出身。office48所属。

あきもと さやか
秋元 才加
プロフィール
愛称 さやか
さぁや
オカロ
生年月日 1988年7月26日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本・千葉県
血液型 B型
公称サイズ(2008年7月時点)
身長 / 体重 166 cm / ― kg
スリーサイズ 86 - 61 - 85 cm
単位系換算[表示]
身長 / 体重 5′ 6″ / ― lb
スリーサイズ 34 - 24 - 33 in
活動
デビュー 2006年4月1日
ジャンル アイドル
備考 AKB48 チームKメンバー
モデル: テンプレート - カテゴリ

来歴

* 芸能人になりたくて、高校時にいくつかオーディションを受けたが、なかなか受からなかった。
* 2006年2月26日、『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。
* 2009年6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では12位で、メディア選抜入りを果たした。
* 2009年8月23日に行われた『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演にて、2010年より新生チームKのキャプテンになることが発表され、2010年3月12日に就任した。
* 2010年5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では17位で、シングル選抜入りを果たした。
* 2010年7月10日・11日に行われた『AKB48 コンサート「サプライズはありません」』にて、18thシングルのカップリング曲は新たに結成したチームピグ10組のうち、投票により1組を選ぶという旨が発表された。秋元は歌唱力を生かし、サリー秋元の名で『カムチャッカ渡り鳥慕情』をAKB48初の演歌で、単独ソロとして挑戦。8月9日の結果発表で、第5位となった[1]。
* 2010年10月4日からフジテレビ系『森田一義アワー 笑っていいとも!』に月曜レギュラーで出演することが発表された。
* 2010年10月16日の『AKB48のオールナイトニッポン』に出演し、チームKキャプテンを辞任することを、自ら発表した。これは一部で報道[1]されていた、仕事仲間の男性を無闇に自宅へ宿泊させたことに関し、その報道を事実として認め、「アイドルとしての責任」をとったものである。

人物

* キャッチフレーズは「強く、気高く、美しく」である。
* 日本人の父と、フィリピン人の母の間に生まれたハーフ。本人は英会話が得意(成績は5)だが、タガログ語は苦手だという。
* 愛称は「さやか」「さぁや」が主。倉持明日香からは、「もっさん」と呼ばれている。また、ファンの間では「オカロ」と呼ばれることもある。これは「才加」が「オカロ」と読めることに由来し、大島麻衣が命名した。最近では「姉さん」、「兄貴」と呼ばれることもあるが(主にAKB48のオールナイトニッポンで呼ばれる)、本人は否定的である。
* 小学校時代に児童会活動をしていた[2]。
* 高校時代にスピーチコンテストに出て、落語を英語で喋った。
* 好きな歌手は、マイケル・ジャクソンや、尾崎豊。尾崎豊の一番好きな曲は「Forget-me-not」である[3]。また、『AKBINGO!』のDANSO甲子園にてマイケル・ジャクソンに扮した。
* 筋肉が付きやすい体質で、筋肉質である。また、合気道2段の持ち主である[4]。
* マイケル・ジャクソン・尾崎豊・真矢みき・さくらまや・ヒツジ・ヤギ・SPEED・松浦亜弥のコンサートなどの物真似をレパートリーとして持っている。
* 高所恐怖症であり[5]、絶叫系アトラクションが苦手。『週刊AKB』の企画で東京ドームシティアトラクションズの「サンダードルフィン」および「タワーハッカー」に乗った際に叫びながら号泣した[6]。

AKB48関連

* 所属事務所が同じ宮澤佐江と合わせて「ツインタワー」という愛称で呼ばれ、宮澤と行動を共にすることが多い。双方認める親友関係である[7]。また、宮澤の母親ともメール友達である[8]。
* 「男前」な性格。メンバーは「カッコいい」と口を揃えて評する。『AKBINGO!』のドッキリ企画で大堀恵の携帯電話が熱々の鍋に水没した時に、真っ先に駆けつけ素手ですくい上げる[9]、他のメンバーによって放り出されたトカゲやウナギを救出するなど、数々のエピソードがある。一方、秋元自身は「可愛い」と言われたいと思っている[10]。「前向きに、ポジティブになれるから」との理由で「その日に人から褒められたことを手帳に書き込んでいる」など、乙女らしい一面も持つ[11]。

AKB48での参加曲
シングルCD選抜曲

* 会いたかった
* 制服が邪魔をする
* 軽蔑していた愛情
* BINGO!
* 僕の太陽
* ロマンス、イラネ
* 桜の花びらたち2008
* Baby! Baby! Baby!
* 大声ダイヤモンド
* 言い訳Maybe
* RIVER
* マジスカロックンロール
* マジジョテッペンブルース
* ヘビーローテーション

アンダーガールズ名義

* 盗まれた唇

野菜シスターズ名義

* 野菜シスターズ

DIVA名義

* 泣ける場所

劇場公演ユニット曲

teamK 1st Stage 「PARTYが始まるよ」公演

1. スカート、ひらり
2. 星の温度

teamK 2nd Stage 「青春ガールズ」公演

1. Blue rose
2. ふしだらな夏

teamK 3rd Stage 「脳内パラダイス」公演

1. 君はペガサス

ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演

1. 向日葵

※ユニット参加ではないが、「アイドルなんて呼ばないで」ではバックでチアガール姿で登場する。

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

1. Confession

※一部演目では成瀬理沙とのダブルキャストの出演の場合もあり。

teamK 4th Stage 「最終ベルが鳴る」公演

1. リターンマッチ

teamB 3rd Stage 「パジャマドライブ」公演(2009年1月29日)

1. 鏡の中のジャンヌ・ダルク

teamK 5th Stage 「逆上がり」公演

1. 虫のバラード(ソロユニット)

teamK 6th Stage 「RESET」公演

1. 明日のためにキスを

その他参加ユニット

* Chocolove from AKB48

出演
映画

* 伝染歌(2007年8月25日、松竹) - 松田朱里 役
* 聖白百合騎士団(2009年4月) - 主演
* ハイキック・ガール!(2009年5月、ヘキサゴン・ピクチャーズ)

テレビドラマ

* 正しい王子のつくり方(2008年1月8日 - 3月25日、テレビ東京) - 桐生夏輝 役
* 環境超人エコガインダー (2008年9月15日 - 2009年3月23日、キッズステーション) - ムダーナ 役
* サラリーマン金太郎2(2010年1月8日 - 3月12日、テレビ朝日) - 鳥居まどか 役
* あり得ない! 第7話(2010年2月24日、毎日放送) - 相原香織 役
* マジすか学園 第3話 - 第5話・第7話・第8話・第11話・最終話(2010年1月22日 - 2月5日・19日・26日・3月19日・26日、テレビ東京) - チョウコク 役

バラエティ

出演中の番組

* AKBINGO!(2008年10月1日 - 15日・11月26日・12月17日 - 2009年1月21日・2月4日 - 3月11日・25日 - 7月1日・15日・8月5日 - 11月11日・12月23日 - 2010年3月31日・4月21日・28日・5月12日 - 、日本テレビ)
* 週刊AKB(2009年7月24日 - 8月7日・28日 - 10月16日・11月27日 - 12月25日・2010年1月15日 - 29日・2月19日 - 4月2日・5月7日 - 21日・6月18日・25日、テレビ東京)
* 熱血BO-SO TV(2010年4月3日 - 、チバテレビ)
* G.I.ゴロー(2010年4月19日 - 5月3日・31日 - 6月14日、TBS)
* 森田一義アワー 笑っていいとも!(2010年10月4日 - 、フジテレビ)

過去の出演番組

* 輝け★アプリの星(2007年11月10日 - 2008年2月9日、仙台放送)
* AKB1じ59ふん!(2008年1月24日 - 3月27日、日本テレビ)
* AKB0じ59ふん!(2008年4月7日 - 28日・6月30日 - 8月18日・9月15日・29日、日本テレビ)
* AKB48ネ申テレビ(2008年7月27日・9月14日 - 21日、ファミリー劇場)
* AKB48ネ申テレビ シーズン2(2008年8月28日 - 9月18日、ファミリー劇場)
* AKB48ネ申テレビ シーズン3(2009年10月9日 - 11月13日・12月11日・18日、ファミリー劇場)
* AKB-級グルメスタジアム(2010年6月27日・8月15日、食と旅のフーディーズTV)

音楽番組

* ミュージャック(2008年4月18日 - 2009年4月3日)

ラジオ

* AKB48 明日までもうちょっと。(2007 年10月1日・22日・11月12日・19日・2008年2月 4日・3月10日・4月14日・21日・6月30日・7月14日・21日・9月15日・10月6日 - 20日・11月10日・12月8日 - 22日・2009年1月5日・2月9日・3月23日・4月6日・5月4日・6月1日・15日 - 29日・7月13日・20日・11月23日・30日・12月21日・2010年5月3日・10日・31日・6月7日 - 21日、文化放送)
* オダイバファイティーン(2009年4月 - 2010年4月)
* リッスン? ~Live 4 Life~(2010年4月6日 - 27日・7月6日 - 27日、文化放送) - 4月度・7月度火曜パーソナリティ。
* AKB48のオールナイトニッポン(2010年5月14日・5月28日・7月30日・8月13日、ニッポン放送)
* AKB48秋元才加・宮澤佐江のうっかりチャンネル(2010年10月7日 - 、文化放送)

CM

* リクルート「ハナサク・プロジェクト AKB48篇」(2008年)
* DCキャッシュワン(2009年) - webページ広告
* 環境省 チャレンジ25学園 (2010年3月1日- ) - WEBCMのみ
* カゴメ『野菜一日これ一本』(2010年5月10日 - ) - 「野菜シスターズ」ごぼう 役
* UHA味覚糖『ぷっちょ』(2010年8月10日 - ) - WEBのみ。

舞台

* おいしいタイミング(2008年6月4日 - 8日、全労済ホール/スペース・ゼロ)
* AKB歌劇団「∞・Infinity」(2009年10月30日 - 11月8日、THEATER G-ROSSO) - 村雨ルカ 役、宮澤佐江とダブルキャスト
* ミュージカル「ミンキーモモ~鏡の国のプリンセス~」(2010年4月29日 - 5月5日、サンシャイン劇場) - ナイトメアー 役
* スペース・ウォーズ再演(2010年7月22日、東京グローブ座)
* アトリエ・ダンカンプロデュース音楽劇「ACT泉鏡花」(2010年10月1日 - 24日、東京グローブ座・仙台電力ホール・名鉄ホール・長崎市公会堂・京都芸術劇場春秋座・北國新聞赤羽ホール)

イベント

* 大堀めしべ最後の聖戦!~ハグはめしべを救う!~(2008年11月15日、秋葉原アソビットMVホール)

コンサート

* AKB48 ファーストコンサート「会いたかった ~柱はないぜ!~」(2006年11月3日・4日、日本青年館)
* AKB48 春のちょっとだけ全国ツアー ~まだまだだぜAKB48!~(2007年3月10日 - 4月1日、東京厚生年金会館・NHK大阪ホール)
* AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100(2008年1月21日 - 24日、SHIBUYA-AX)
* ライブDVDは出るだろうけど、やっぱり生に限るぜ! AKB48夏祭り(2008年8月23日、日比谷野外大音楽堂)
* AKB48 まさか、このコンサートの音源は流出しないよね?(2008年11月23日、NHKホール)
* 年忘れ感謝祭 シャッフルするぜ、AKB! SKEもよろしくね(2008年12月20日、JCBホール)
* AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2009(2009年1月18日 - 21日、SHIBUYA-AX)
* 「神公演予定」* 諸般の事情により、神公演にならない場合もありますので、ご了承ください。(2009年4月25日・26日、NHKホール)
* AKB48 分身の術ツアー(2009年8月11日、なんばHatch)
* AKB104選抜メンバー組閣祭り(2009年8月22日・23日、日本武道館)
* サウンドコニファー229 AKB48 夏のサルオバサン祭り(2009年9月13日、富士急ハイランド サウンドコニファー)
* AKB48 NY公演 supported by スカパー!HD(2009年9月27日、WEBSTER HALL)
* AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2010 with アメーバピグ(2010年1月21日 - 24日、SHIBUYA-AX)
* AKB48 満席祭り希望 賛否両論(2010年3月24日・25日、横浜アリーナ)
* AKB48 コンサート「サプライズはありません」(2010年7月10日・11日、代々木第一体育館)
* AKB48 AKBがやって来た!!(2010年8月23日・27日・31日、Zepp Fukuoka・Zepp Sapporo・Zepp Nagoya)
* AKB48 薬師寺奉納公演2010「夢の花びらたち」(2010年9月26日、薬師寺)

書籍
写真集

* 秋元才加 2011年カレンダー(2010年9月30日、ハゴロモ)

脚注

1. ^ 週刊文春 2010年10月21日号等
2. ^ 『AKB600sec.』2010年7月20日放送分より。字幕では「生徒会長だった」と表示(小学生は児童なので本人の発言が正確)。また、「児童会だったもんね」としか発言しておらず、「会長」は字幕のみである。『AKB5400sec.』も確認済み。
3. ^ 『AKBINGO!』2010年1月20日放送分より
4. ^ 『めちゃ×2イケてるッ!』2010年1月9日放送分より。当番組では暴走した江頭2:50をローキックで一蹴するという一躍を見せている。
5. ^ 『AKB48ネ申テレビ』Special 2008年12月24日放送分 「地獄の韓国海兵隊合宿」レッペル(降下)訓練より
6. ^ 『週刊AKB』2010年7月30日放送分より
7. ^ 『AKB48ネ申テレビ』「燃えろ! 団結力キャンプ09」12月18日放送分、ほか多数。
8. ^ 『AKB5400sec. 宮澤佐江』宮澤のインタビューより
9. ^ 『AKBINGO!』2009年1月1日放送分より
10. ^ 『AKBINGO!』「ショージキ将棋」2009年9月16日放送分より
11. ^ 峯岸みなみ談

外部リンク

* AKB48公式プロフィール
* office48公式プロフィール
* 1LDK6人暮らしのブログ 秋元才加・梅田彩佳・奥真奈美・小林香菜・増田有華・宮澤佐江オフィシャルブログ by Ameba
* 秋元才加オフィシャルブログ「ピグ日記」 Powered by Ameba
 

テーマ:2006・秋祭り - ジャンル:写真




西条祭り だんじり(屋台) 2006/10/16

西条祭り 百軒巷だんじり・大師町だんじり・松之巷だんじり(屋台) 2006/10/16
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

●豆知識●

●渡辺 麻友(わたなべ まゆ、1994年3月26日 - )
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E9%BA%BB%E5%8F%8B

渡辺 麻友(わたなべ まゆ、1994年3月26日 - )は、日本のアイドル。女性アイドルグループ「AKB48」チームBのメンバーである。埼玉県出身。2008年6月からプロダクション尾木に所属している。トライ式高等学院在校中[1]。

わたなべ まゆ
渡辺 麻友 プロフィール
愛称 まゆゆ
生年月日 1994年3月26日
現年齢 16歳
出身地 日本の旗 日本・埼玉県
血液型 AB型
公称サイズ(2008年7月時点)
身長 / 体重 154 cm / ― kg
スリーサイズ 71 - 55 - 82 cm
靴のサイズ 22.5 cm
単位系換算[表示]
身長 / 体重 5′ 2″ / ― lb
スリーサイズ 28 - 22 - 32 in
活動
デビュー 2007年4月8日
ジャンル アイドル
備考 AKB48 チームBメンバー

来歴

* 2006年(平成18年)12月3日、『第三期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。
* 2007年(平成19年)7月18日、4thシングル「BINGO!」で、旧チームBメンバーとして初(柏木由紀、平嶋夏海と同時)の選抜メンバー入りを果たした。
* 2009年(平成21年)1月、同じ事務所所属の仲川遥香、平嶋夏海、多田愛佳と共にユニット「渡り廊下走り隊」を結成(後に菊地あやかが加入)。
* 2009年6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では4位で、メディア選抜入りを果たした。
* 2010年(平成22年)5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では5位で、メディア選抜入りを果たした。

人物
Question book-4.svg
この節の内容に関する文献や情報源が必要です。ご存じの方はご提示ください。出典を明記するためにご協力をお願いします。このタグは2010年12月に貼り付けられました。

* キャッチフレーズは、「み~んなの目線を、いただきまゆゆ」。
* パッチリとした両目をしているため、CG(コンピュータグラフィックス)ではないかと言われることがあるとのこと[2]。
* 一般的な愛称は、「まゆゆ」。この愛称を名付けたのは米沢瑠美である。
* 「麻友」の名前は祖母が名付けたもので「麻の木のようにスクスク育ち、友達をたくさん作る子になってほしい」という願いによる。                      
* 漫画家を目指していたため、イラストが得意である。10秒で漫画のキャラクターの顔が描ける。2010年9月9日発売『週刊ヤングジャンプ』(集英社)41号に『2次元しか愛せない』を掲載して、漫画家デビューを果たした[3]。
* 好きな飲み物は、日清ヨークの乳酸菌飲料「ピルクル」。
* プライベートでは別人のような性格になり、本人も自覚している。それは、性格が悪くなるというのではなく、さらにキャピキャピとはしゃぐ子になるのだという[4]。
* 自他共に認める多趣味で、アニメや特撮番組を好む。
o アニメは、特に『Axis powers ヘタリア』や『デュラララ!!』が好きであり、登場人物では「フランス」[5]好きである。それは同じ所属事務所のAKB48メンバーで結成した派生ユニットノースリーブスのシングル「キスの流星」の発売日に、ヘタリアのキャラクターCD『ヘタリア キャラクターCD Vol. 6 アメリカ』を購入していたことからも伺える[6]。
o 一方、現実世界の男性に対しては「3次元の話とかね、私なんも話すことないから」「無理だよ、2次元だよ」と平嶋夏海に話すくらいである[7]。
o 他には『黒執事』も好きで、アニメショップでセバスチャン・ミカエリスのフィギュアを食い入るように見ている姿が目撃された。また、セバスチャン役の声優・小野大輔の大ファンでもあり、ブログ等では小野について度々言及している[8]。
o 特撮は、特に『炎神戦隊ゴーオンジャー』のファンであり、「ゴーオンイエローは俺の嫁」と自称するほどの逢沢りなファンでもある。
o 小学校3年生の頃に、池袋サンシャインシティでの『わがまま☆フェアリー ミルモでポン!』のイベントにて、中原麻衣と握手した経験がある[9]。
o 部屋にはアニメグッズが溢れているため、リビングで寝ている[10]。
* 3姉妹の末っ子。
* thee michelle gun elephantやBUMP OF CHICKENや椎名林檎を好きなアーティストとして挙げている。また、B'z、Sound Horizonの大ファンでもある。なかでもB'zは姉の影響で、姉妹でファンクラブに入っているほどである[11]。
* 野菜全般と水泳が苦手[12]。
* 非常に負けず嫌いな性格であり、『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』の第5位選出後のスピーチでも「満足できない」とコメントしたり、『AKBINGO!』の「コスプレ障害物競争」の企画で負けた後に悔しくて涙した等のエピソードがある。

AKB48関連

* AKB48メンバーでは、多田愛佳や柏木由紀、指原莉乃、平嶋夏海、田名部生来、仲谷明香、SKE48メンバーでは松下唯などと仲が良い。2010年夏頃からは、大島優子とも気が合い、両手で“ω”の形を作って「おしりー」などと言って一緒にはしゃいでいる。
* 多田愛佳、田名部生来、仲谷明香と「ヲタ4」を結成している。

出演
バラエティ

* AKB1じ59ふん!(2008年2月21日 - 3月27日、日本テレビ制作・関東ローカル)
* AKB0じ59ふん!(2008年4月7日 - 9月29日、日本テレビ制作・関東ローカル)
* AKB48ネ申テレビ(2008年7月27日・10月12日、ファミリー劇場)
* AKBINGO!(2008年10月1日 - 不定期出演、日本テレビ系列)
* 週刊AKB(2009年7月10日 - 不定期出演、テレビ東京系列)
* AKB-級グルメスタジアム(2010年7月4日・8月15日、食と旅のフーディーズTV)
* AKBと××! (読売テレビ制作)

テレビドラマ

* マジすか学園 第3話・第5話・第6話・第8話 - 最終話(2010年1月22日 - 2月12日・26日 - 3月26日、テレビ東京系列) - ネズミ 役

ラジオ

* AKB48 明日までもうちょっと。(2008年4月28日・6月2日・7月28日・8月25日・9月29日・10月27日・2009年1月12日・26日・6月1日・7月27日、文化放送)
* 渡り廊下走り隊の青い未来へ初恋ダッシュ!!(2009年1月3日 - 2009年6月27日、CBCラジオ)

映画

* スリーデイボーイズ(2009年7月4日公開、FREAK ENTERTAINMENT)

CM

* Baby! Baby! Baby!(2008年、スカパー!限定) - iモード限定配信
* AOKIホールディングス「AOKI×AKB48 フレッシャーズ48コーデ」(2010年2月11日 - 3月)
* トライ式高等学院「ダンスレッスン篇」(2010年2月24日 - )
* カゴメ『野菜一日これ一本』(2010年5月10日 - ) - 「野菜シスターズ」赤ピーマン 役
* 任天堂『ゼノブレイド』(2010年5月31日 - )フィオルン 役
* UHA味覚糖『ぷっちょ』(2010年8月10日 - )

ゲーム

* 萌える麻雀 もえじゃん!(2008年、ハドソン プレイステーション・ポータブルソフト) - つくだもえこ 役
* AKB1/48 アイドルと恋したら…(2010年、バンダイナムコゲームス プレイステーション・ポータブルソフト) - 渡辺麻友 役

イベント

* CBC GREEN LIVE(2009年3月21日、CBCホール)

Web

* ~ニューシングル『大声ダイヤモンド』リリースだけど…AKB48公開説教部屋 秋元康が物申す!~(2008年10月23日、Yahoo! JAPAN・AmebaStudio)

コンサート

* AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100(2008年1月21日 - 24日、SHIBUYA-AX)
* ライブDVDは出るだろうけど、やっぱり生に限るぜ! AKB48夏祭り(2008年8月23日、日比谷野外大音楽堂)
* AKB48 まさか、このコンサートの音源は流出しないよね?(2008年11月23日、NHKホール)
* 年忘れ感謝祭 シャッフルするぜ、AKB! SKEもよろしくね(2008年12月20日、JCBホール)
* AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2009(2009年1月18日 - 21日、SHIBUYA-AX)
* 「神公演予定」* 諸般の事情により、神公演にならない場合もありますので、ご了承ください。(2009年4月25日・26日、NHKホール)
* AKB48 分身の術ツアー(2009年8月12日、Zepp Nagoya)
* AKB104選抜メンバー組閣祭り(2009年8月22日・23日、日本武道館)
* サウンドコニファー229 AKB48 夏のサルオバサン祭り(2009年9月13日、富士急ハイランド サウンドコニファー)
* AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2010 with アメーバピグ(2010年1月21日 - 24日、SHIBUYA-AX)
* AKB48 満席祭り希望 賛否両論(2010年3月24日・25日、横浜アリーナ)
* AKB48 コンサート「サプライズはありません」(2010年7月10日・11日、代々木第一体育館)
* AKB48 AKBがやって来た!!(2010年8月19日・30日、なんばHatch・Zepp Nagoya)
* AKB48 薬師寺奉納公演2010「夢の花びらたち」(2010年9月26日、薬師寺)
* Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら(2010年10月9日・10日、葛西臨海公園)

書籍
雑誌連載

* 週刊ヤングジャンプ(2010年8月19日 - 、集英社) - 指原莉乃・柏木由紀・北原里英とともに「AKB48当番連載 ぐるぐる4」を連載。

写真集

* B.L.T. U-17 summer(2008年8月7日、東京ニュース通信社)
* B.L.T.U-17 Vol.11 sizzleful girl 2009 summer(2009年8月5日、東京ニュース通信社)
* 渡辺麻友 2011年カレンダー(2010年10月10日、ハゴロモ)

AKB48における参加曲
シングルCD選抜曲

* BINGO!
* 僕の太陽
* 夕陽を見ているか?
* ロマンス、イラネ
* 桜の花びらたち2008
* Baby! Baby! Baby!
* 大声ダイヤモンド
* 10年桜
* 涙サプライズ!?
* 言い訳Maybe
* RIVER
* 桜の栞
o マジスカロックンロール
* ポニーテールとシュシュ
o マジジョテッペンブルース
* ヘビーローテーション
o ラッキーセブン
o 野菜シスターズ - 野菜シスターズ名義
* Beginner
* 「チャンスの順番」に収録
o 予約したクリスマス
o ラブ・ジャンプ - チームB名義

アルバムCD選抜曲

* 自分らしさ

劇場公演ユニット曲

teamB 1st Stage 「青春ガールズ」公演

1. 雨の動物園
2. ふしだらな夏

teamB 2nd Stage 「会いたかった」公演

1. 嘆きのフィギュア
2. 渚のCHERRY
3. 背中から抱きしめて
4. リオの革命

※全員参加曲ではあるが、「スカート、ひらり」ではフロントメンバー(スカひらセブン)で登場する。
teamB 3rd Stage 「パジャマドライブ」公演

1. パジャマドライブ

teamB 4th Stage 「アイドルの夜明け」公演

1. 残念少女

THEATER G-ROSSO 「夢を死なせるわけにいかない」公演

1. 初めてのジェリービーンズ

※前田敦子・近野莉菜・鈴木紫帆里のスタンバイ
teamB 5th Stage 「シアターの女神」公演

1. 初恋よ こんにちは

脚注

1. ^ トライ式高等学院公式ブログ2010年9月15日付「前期の東京スクーリングが無事終了しました!」によると、渡辺麻友・佐藤すみれ・小野恵令奈の三名が同学院のスクーリングを受講している旨の記述がある。
2. ^ 『AKB48総選挙公式ガイドブック』(講談社)の記載より。
3. ^ AKB48 :渡辺麻友マンガ家デビュー「赤ずきん」パロディーを下書きからペン入れまで
4. ^ 『AKBINGO!』2010年8月5日放送分「ウソ発見器で本音を暴こう! ショージキ将棋 渡辺麻友 vs 指原莉乃」での柏木由紀の解説より。
5. ^ 本人は「フランシスお兄ちゃん」と呼んでいる。
6. ^ 『AKBINGO!』2010年2月24日(東京地区)放送分から「ウソ発見器で本音を暴こう! ショージキ将棋」より。
7. ^ 『AKB600sec.』2010年7月29日放送分より。
8. ^ いずれも2010年2月25日放送分『ダウンタウンDX』より。
9. ^ 渡り廊下走り隊 公式ブログでの渡辺自身の書き込みより。
10. ^ 渡り廊下走り隊公式ブログ「大掃除\(^o^) /まゆゆ」より。2011年1月4日閲覧
11. ^ 『duet』(集英社)2009年11月号より。
12. ^ 『AKBINGO!』2010年1月20日(東京地区)放送分から「犯人を捜せ! ザ・AKBプロファイリング」より。

外部リンク

* AKB48公式プロフィール
* AKB48 TeamOgi公式サイト
* プロダクション尾木公式プロフィール
* 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ
 

テーマ:祭りの写真 - ジャンル:写真






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2006 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.