お祭り写真集は右側のリンクから
      ●「高尾神社例大祭(春祭り)」はここをクリック
      ●「小松スケートボード大会」はここをクリック

 西条市下町のお宅に鉢植えのシンビジューム(シンビジウム)がきれいに咲いていましたので撮らせていただきました。
 実は、胡蝶蘭(コチョウラン)と間違えていました(~_~)。ご指摘、ありがとうございました!

シンビジューム(シンビジウム) 西条市下町にて 2008.04.15

シンビジューム(シンビジウム) 西条市下町にて 2008.04.15
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)


シンビジューム(シンビジウム) 西条市下町にて 2008.04.15

シンビジューム(シンビジウム) 西条市下町にて 2008.04.15
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)


シンビジューム(シンビジウム) 西条市下町にて 2008.04.15

シンビジューム(シンビジウム) 西条市下町にて 2008.04.15
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)

■私の撮影した花や植物の写真は、右側の「カテゴリー」の中の「植物 - 花 草木等」をクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

●豆知識●

●シンビジウム属
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%A3
%E3%82%A6%E3%83%A0

シンビデューム(Cymbidium)と呼ばれるものには以下のものがある。
1. ラン科シンビジウム属に含まれるもの一般(「広義のシンビジウム」)。
2. 1.のうち、東洋ランにとして扱われるシュンラン(日本春蘭、中国春蘭)、カンラン、ホウサイランなどを除いたもので、洋ランとして園芸市場に出回っているもの(狭義の「シンビデューム」)。

なお、この項では2.ついて取り扱う。また西洋では1.2.の区別は特になされない。

シンビデューム( Cymbidium)はラン科の植物で、日本などに自生しているシュンランなども含む。しかし日本語では単に「シンビデューム」というときは東南アジアに自生しているものを品種改良した洋ランに限定される。

シンビジウム Cymbidium
分類
界: 植物界 Plantae
門: 被子植物門 Magnoliophyta
綱: 単子葉植物綱 Liliopsida
目: ラン目 Orchidales
科: ラン科 Orchidaceae
属: シュンラン属 Cymbidium
種: シンビジウム 本項目参照
別名  * シンビジューム

自生地
東洋ラン、シュンラン、日本春蘭、中国春蘭も参照
東アジアに自生地はあるが、洋ランのシンビデュームとして品種改良に利用されたのは、ミャンマーマレーシアなどに自生しているものである。日本に自生しているものはシュンランやホウサイラン、カンランなど東洋ランに分類される。

花言葉
「高貴な美人」「飾らない心」「華やかな恋」「誠実な愛情」「深窓の麗人」「素朴」

原種
* Cymbidium aestivum Z.J.Liu & S.C.Chen (Yunnan, China South-Central)
* Cymbidium aliciae (Philippines).
* Cymbidium aloifolium : Aloe-Leafed Cymbidium (Himalaya to W. Malaysia).
* Cymbidium atropurpureum (S. Thailand, W. & C. Malaysia).
* Cymbidium × ballianum (Myanmar)
* Cymbidium × baoshanense (China).
* Cymbidium bicolor : Two-Colored Cymbidium (S. China to Trop. Asia).
o Cymbidium bicolor subsp. bicolor (S. India, Sri Lanka). Pseudobulb epiphyte
o Cymbidium bicolor subsp. obtusum (Himalaya to S. China and Indo-China). Pseudobulb epiphyte
o Cymbidium bicolor subsp. pubescens (W. & C. Malaysia).
* Cymbidium borneense (N. & NW. Borneo).
* Cymbidium canaliculatum : Banana Orchid, Queensland Black Orchid, Small Groove-leaf Cymbidium (N. & E. Australia).
* Cymbidium chawalongense (newly discovered in Tibet)
* Cymbidium chloranthum : Green-flowered Cymbidium (W. Malaysia).
* Cymbidium cochleare (E. Himalaya to Taiwan).
* Cymbidium cyperifolium (Himalaya to S. China and Philippines).
o Cymbidium cyperifolium subsp. cyperifolium (Himalaya to S. China).. Pseudobulb epiphyte
o Cymbidium cyperifolium subsp. indochinense (Indo-China, Philippines).. Pseudobulb epiphyte
* Cymbidium dayanum : Phoenix Orchid, Tree Orchid, Day's Cymbidium (Himalaya to S. Japan and Malaysia).
* Cymbidium defoliatum (China).
* Cymbidium devonianum : Devon's Cymbidium (Nepal to N. Thailand).
* Cymbidium eburneum : Ivory-colored Cymbidium (Himalaya to Hainan).
* Cymbidium elongatum (NW. Borneo).
* Cymbidium ensifolium : Four Season Orchid, Golden-thread Orchid, Spring Orchid, Burned Apex Orchid, Rock Orchid (Trop. & Temp. E. Asia).
o Cymbidium ensifolium subsp. ensifolium : Mt. Tu-Wu Fall Orchid (Indo-China to Temp. E. Asia). Pseudobulb, epiphyte
o Cymbidium ensifolium subsp. haematodes (S. India to New Guinea). Pseudobulb epiphyte
* Cymbidium erythraeum : Indian Cymbidium (Himalaya to SC. China).
* Cymbidium erythrostylum : Red Column Cymbidium (Vietnam)
* Cymbidium faberi : Multi-flower Orchid, Miscanthus Orchid (Uttaranchal to Taiwan).
o Cymbidium faberi var. faberi (C. & S. China, Taiwan). Pseudobulb epiphyte
o Cymbidium faberi var. szechuanicum (Uttaranchal to SC. China). Pseudobulb epiphyte
* Cymbidium finlaysonianum : Finlayson's Cymbidium (Indo-China to Malaysia).
* Cymbidium flavum (China).
* Cymbidium floribundum : Golden Leaf-edge Orchid, Golden-edged Orchid, Yellow Margin Orchid (S. China, Taiwan).
* Cymbidium × florinda (= C. erythrostylum × C. iridioides. Cyperorchis × florinda) (Vietnam).
* Cymbidium × gammieanum ( = C. elegans × C. erythraeum. Cyperorchis × gammieana) (Nepal to Sikkim).
* Cymbidium × glebelandensis ( = C. insigne × C. schroederi) (Vietnam)
* Cymbidium goeringii : Spring Orchid (Himalaya to Temp. E. Asia).
o Cymbidium goeringii var. goeringii : Goering's Cymbidium (Himalaya to Temp. E. Asia). Pseudobulb epiphyte
o Cymbidium goeringii var. gracillimum : Leek Orchid, Chive Orchid (Japan to S. China. Pseudobulb epiphyte
o Cymbidium goeringii var. longibracteatum (SC. China). Pseudobulb epiphyte
o Cymbidium goeringii var. tortisepalum : Mt. Tsukerg Orchid, Snow Orchid, Broad-leaf Spring Orchid (Taiwan). Pseudobulb epiphyte
* Cymbidium gongshanense (S. China)
* Cymbidium hartinahianum (N. Sumatra)
* Cymbidium hookerianum (E. Nepal to S. China).
* Cymbidium insigne : Splendid Cymbidium (N. Thailand to Hainan).
* Cymbidium iridioides : Iris-like Cymbidium (Himalaya to SC. China).
* Cymbidium kanran : Cold-growing Cymbidium (S. China to S. Japan).
* Cymbidium lancifolium : Green-flowered Peacock Orchid, Lance-leafed Cymbidium (Trop. & Subtrop. Asia).
o Cymbidium lancifolium var. lancifolium : Green Bamboo-leaf Orchid, Cut-grass Orchid (Trop. & Subtrop. Asia) . Pseudobulb epiphyte
o Cymbidium lancifolium var. papuanum (New Guinea). Pseudobulb epiphyte
* Cymbidium longifolium (Himalaya to SC. China).
* Cymbidium lowianum : Low's Cymbidium (China to N. Indo-China).
o Cymbidium lowianum var. kalawense (Myanmar). Pseudobulb epiphyte
o Cymbidium lowianum var. lowianum (China to N. Indo-China). Pseudobulb epiphyte
* Cymbidium macrorhizon (N. Pakistan to Temp. E. Asia).
* Cymbidium madidum : Buttercup Orchid, Northern Cymbidium, Moist Forest Cymbidium (Queensland to N. New South Wales).
* Cymbidium mastersii : Master's Cymbidium (E. Himalaya to China)
* Cymbidium micranthum Z.J.Liu & S.C.Chen (2004) (Yunnan, China South-Central,temperate Asia).
* Cymbidium multiradicatum Z.J.Liu & S.C.Chen (Yunnan, S_W China)
* Cymbidium munronianum (E. Himalaya to Assam)
* Cymbidium nanulum (China (SW. Yunnan, SW. Guizhou), Hainan)
* Cymbidium parishii (S. Myanmar).
* Cymbidium qiubeiense (China).
* Cymbidium rectum (Malaysia, N. Borneo)
* Cymbidium × rosefieldense (= C. insigne × C. tracyanum. Cyperorchis × rosefieldensis) (Vietnam).
* Cymbidium roseum (W. Malaysia)
* Cymbidium sanderae : Sander's Cymbidium (Vietnam).
* Cymbidium schroederi (C. Vietnam).
* Cymbidium sigmoideum (W. Malaysia).
* Cymbidium sinense : Chinese Cymbidium (Assam to Nansei-shoto).
* Cymbidium suave : Snake Orchid (E. Australia).
* Cymbidium suavissimum (N. Myanmar)
* Cymbidium teretipetiolatum (China).
* Cymbidium tigrinum : Tiger-striped Cymbidium (Assam to China).
* Cymbidium tracyanum : Tracy's Cymbidium (SE. Tibet to China and Indo-China)
* Cymbidium wenshanense (China to Vietnam)
* Cymbidium whiteae (Sikkim)
* Cymbidium wilsonii (China)
* Cymbidium × woodlandense.( = C. mastersii × C. tracyanum. Cyperorchis × woodlandensis) (Myanmar)

●コチョウラン(胡蝶蘭、学名:Phalaenopsis、英語:moth orchid)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83
%A9%E3%83%B3

コチョウラン(胡蝶蘭、学名:Phalaenopsis、英語:moth orchid)は、ラン科コチョウラン属に属する着生ランの一種。学名からファレノプシスとも呼ばれる。学名の語源については、花が蝶の舞っている姿に似ているところからつけられた。

特徴
大きな葉が目立つ着生植物。茎はごく短く、特殊な偽球茎のような形は取らない。葉は楕円形で幅広く大きく、厚くて硬く多肉質、中央でやや二つ折りになる傾向。根はよく発達し、樹皮などに張り付く。日本の蘭ではナゴランやフウランにやや似た姿である。

花茎は長く伸び、穂状に花をつける。花は唇弁が小さく、先端が左右に突出して巻き込む。蕊柱は短い。それ以外の花弁は平面に広がる。

花粉媒介後の花の変化
コチョウランは、その美しさで取り上げられるだけでなく、その光合成についても独特の性質がある。他の多くの植物と同様、ランの花に花弁は花粉媒介を行う昆虫を誘引し、中心にある器官を保護する役割を担っている。花粉媒介がすめば、花弁は衰える(しおれる、あるいは枯れるなど)のが普通である。これは、それらの器官を維持するのにそれなりの栄養を消費するから、不用になったら素早く捨てる方がよいからである。

しかし、コチョウラン属においては、P.violaceaなどの多くの種で花弁は新しい役割を担うようになる。それらは緑色に変化し、明らかに光合成をするようになる。

原産地
ヒマラヤ・インド・東南アジア・台湾

利用
園芸植物としては品種改良され、花が丸っこく大きいものがよく知られる。かつては栽培困難であったが、近年は贈答の洋ランとしてもっともポピュラーなものとなっている。

なお、デンドロビウムのうち、茎先端付近から長い花茎を出し、花を穂状に近く出すものをファレノプシス系、時に略してデンファレというのは、このタイプがコチョウランに似た花をつけるためである。

なお、一般に「コチョウラン」と呼ばれるものには、Phalaenopsis属以外に、近縁の別属の Doritis pulcherrimaとの交配によって出来た、人工属Doritinopsisに含まれる品種群もある。

原種
* Phalaenopsis amabilis (Moon Orchid; Malaysia to Papuasia)
o Phalaenopsis amabilis subsp. amabilis (Malaysia to Papuasia).
o Phalaenopsis amabilis subsp. moluccana (NE. Borneo to Maluku).
o Phalaenopsis amabilis subsp. rimestadiana (N. & NE. Queensland).
o Phalaenopsis amabilis subsp. rosenstromii (New Guinea).
* Phalaenopsis amboinensis (Sulawesi to Maluku).
o Phalaenopsis amboinensis var. amboinensis (Sulawesi to Maluku).
o Phalaenopsis amboinensis var. flavida (Sulawesi)
* Phalaenopsis aphrodite (SE. Taiwan to Philippines).
o Phalaenopsis aphrodite subsp. aphrodite (Philippines).
o Phalaenopsis aphrodite subsp. formosana (SE. Taiwan).
* Phalaenopsis appendiculata (Pen. Malaysia).
* Phalaenopsis bastianii (Philippines - Sulu Arch.).
* Phalaenopsis bellina (Borneo).
* Phalaenopsis borneensis (Borneo).
* Phalaenopsis braceana (E. Himalaya to China - Yunnan).
* Phalaenopsis buyssoniana (Indo-China).
* Phalaenopsis celebensis (Sulawesi).
* Phalaenopsis chibae (Vietnam).
* Phalaenopsis cochlearis (Pen. Malaysia to Borneo).
* Phalaenopsis corningiana (Red Moon Orchid; Borneo - Sarawak).
* Phalaenopsis cornu-cervi (Indo-China to W. Malesia and Philippines).
* Phalaenopsis deliciosa (Indian Subcontinent to Malesia).
o Phalaenopsis deliciosa subsp. deliciosa (Indian Subcontinent to Malaysia). Hemicr. or cham.
o Phalaenopsis deliciosa subsp. hookeriana (E. Himalaya to SC. China). Hemicr. or cham.
* Phalaenopsis dowerye"nsis (Borneo - Sabah).
* Phalaenopsis equestris (Taiwan (Hsiao Lan Yu") to Philippines).
* Phalaenopsis fasciata (Philippines).
* Phalaenopsis fimbriata (W. Malaysia).
* Phalaenopsis floresensis (Lesser Sunda Is.).
* Phalaenopsis fuscata (Vietnam to W. & C. Malaysia)
* Phalaenopsis gibbosa (Vietnam).
* Phalaenopsis gigantea (Borneo).
* Phalaenopsis hainanensis (Hainan, China - Yunnan).
* Phalaenopsis hieroglyphica"" (Philippines).
* Phalaenopsis honghenensis (China - Yunnan).
* Phalaenopsis javanica (W. Java).
* Phalaenopsis kunstleri (Myanmar to Pen. Malaysia).
* Phalaenopsis lamelligera (N. Borneo).
* Phalaenopsis lindenii (Philippines).
* Phalaenopsis lobbii (E. Himalaya to Myanmar).
* Phalaenopsis lowii (Myanmar to W. Thailand).
* Phalaenopsis lueddemanniana (Philippines).
* Phalaenopsis luteola (NW. Borneo).
* Phalaenopsis maculata (Pen. Malaysia, Borneo).
* Phalaenopsis malipoensis Z.J.Liu & S.C.Chen (Yunnan, China South-Central)
* Phalaenopsis mannii (E. Nepal to China - S. Yunnan).
* Phalaenopsis mariae (Borneo to Philippines).
* Phalaenopsis mastersii (Assam to Myanmar).
* Phalaenopsis micholitzii (the Philippines - Mindanao).
* Phalaenopsis modesta (Borneo)
* Phalaenopsis mysorensis (S. India).
* Phalaenopsis pallens (Philippines).
* Phalaenopsis pantherina (Borneo).
* Phalaenopsis parishii (E. Himalaya to Myanmar, Vietnam).
* Phalaenopsis petelotii (Vietnam)
* Phalaenopsis philippinensis (Philippines - Luzon).
* Phalaenopsis pulcherrima (Hainan to W. Malaysia).
* Phalaenopsis pulchra (Philippines).
* Phalaenopsis regnieriana (Thailand).
* Phalaenopsis reichenbachiana (Philippines - Mindanao).
* Phalaenopsis robinsonii (Maluku -Ambon).
* Phalaenopsis sanderiana (Philippines).
* Phalaenopsis schilleriana (Philippines).
* Phalaenopsis speciosa (Andaman Is., Nicobar Is).
* Phalaenopsis stobartiana (SE. Tibet to SC. China to W. Guangxi) (unplaced name)
* Phalaenopsis stuartiana (Philippines).
* Phalaenopsis sumatrana (S. Sumatra).
* Phalaenopsis taenialis (Himalaya to SC. China)
* Phalaenopsis tetraspsis (Andaman Is., Nicobar Is., NW. Sumatra).
* Phalaenopsis venosa (Sulawesi).
* Phalaenopsis violacea (Pen. Malaysia to Sumatra).).
* Phalaenopsis viridis (Sumatra).
* Phalaenopsis wilsonii (SE. Tibet to SC. China to W. Guangxi).
* Phalaenopsis zebrina (Indo-China to W. Malesia).

自然交雑種
* Phalaenopsis × amphitrita (P. sanderiana × P. stuartiana; Philippines).
* Phalaenopsis × gersenii (P. sumatrana × P. violacea; Borneo, Sumatra).
* Phalaenopsis × intermedia (P. aphrodite × P. equestris; Star of Leyte; Philippines).
* Phalaenopsis × leucorrhoda (P. aphrodite × P. schilleriana; Philippines).
* Phalaenopsis × singuliflora (P. bellina × P. sumatrana; Borneo).
* Phalaenopsis × veitchiana (P. equestris × P. schilleriana; Philippines).

コチョウランにちなむ名前
* ファレノプシス (競走馬)
* 胡喋蘭 (女性お笑いコンビ)

書籍
コチョウラン 富山昌克 日本放送出版協会 2003年12月 発行
  
スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ●「高尾神社例大祭(春祭り)」はここをクリック
      ●「小松スケートボード大会」はここをクリック

 地元の方に「おてんのさん」として親しまれている西条市氷見丙533番地の高尾神社の例大祭(春祭り)が、4月28日と29日行われていましたので撮影させていただきました。
 29日には発輿祭のあと神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじりが発輿、切川、上町、新町、下町、新御堂(しみど)、大久保、久保、山道、長谷、尾土居(おどい)、山口、下神庭を経て、高尾神社で本社還幸祭という段取りのようです。
 (*高尾神社例大祭(春祭り)については本殿祭の模様など続きがありますが、後日アップします。)

高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29

高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川だんじり(上の川だんじり)と上之川子供だんじり(上の川子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29
この日は快晴で絶好の祭り日和でした。
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)


高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29

高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29
高尾神社神輿
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29

高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29
ちょっと大きめのはっぴを着たかわいらしいお子さん。
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29

高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29
上之川(上の川)だんじり
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)


高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29

高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29
上之川(上の川)だんじり
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)


高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29

高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29
上之川(上の川)だんじり
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)


高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29

高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29
上之川(上の川)だんじり
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)


高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29

高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29
上之川(上の川)子供だんじり
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)


高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29

高尾神社例大祭(春祭り) その3 御神幸祭(神輿と上之川(上の川)だんじりと子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.29
上之川(上の川)子供だんじり
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)

高尾神社の所在地地図・アクセス


■私の撮影したお祭り関係の写真は、右側のリンクをクリックして順次ご覧ください。2008年のお祭り関係の記事は「2008 お祭り関係」に掲載しています。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪
 

テーマ:デジカメ何でも - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ●「高尾神社例大祭(春祭り)」はここをクリック
      ●「小松スケートボード大会」はここをクリック

 地元の方に「おてんのさん」として親しまれている西条市氷見丙533番地の高尾神社の例大祭(春祭り)が、4月28日と29日行われていましたので撮影させていただきました。
 28日の本殿祭の夜に、提灯をつけて氷見を運行する上之川(上の川)のだんじりです。

高尾神社例大祭(春祭り) その2 本殿祭での夜の上之川(上の川)だんじり 西条市氷見 2008.04.28

高尾神社例大祭(春祭り) その2 本殿祭での夜の上之川だんじり(上の川だんじり) 西条市氷見 2008.04.28
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)


高尾神社例大祭(春祭り) その2 本殿祭での夜の上之川(上の川)だんじり 西条市氷見 2008.04.28

高尾神社例大祭(春祭り) その2 本殿祭での夜の上之川(上の川)だんじり 西条市氷見 2008.04.28
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


高尾神社例大祭(春祭り) その2 本殿祭での夜の上之川(上の川)だんじり 西条市氷見 2008.04.28

高尾神社例大祭(春祭り) その2 本殿祭での夜の上之川(上の川)だんじり 西条市氷見 2008.04.28
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)


高尾神社例大祭(春祭り) その2 本殿祭での夜の上之川(上の川)だんじり 西条市氷見 2008.04.28

高尾神社例大祭(春祭り) その2 本殿祭での夜の上之川(上の川)だんじり 西条市氷見 2008.04.28
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


高尾神社例大祭(春祭り) その2 本殿祭での夜の上之川(上の川)だんじり 西条市氷見 2008.04.28

高尾神社例大祭(春祭り) その2 本殿祭での夜の上之川(上の川)だんじり 西条市氷見 2008.04.28
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)


高尾神社例大祭(春祭り) その2 本殿祭での夜の上之川(上の川)だんじり 西条市氷見 2008.04.28

高尾神社例大祭(春祭り) その2 本殿祭での夜の上之川(上の川)だんじり 西条市氷見 2008.04.28
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)

高尾神社の所在地地図・アクセス


■私の撮影したお祭り関係の写真は、右側のリンクをクリックして順次ご覧ください。2008年のお祭り関係の記事は「2008 お祭り関係」に掲載しています。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪
 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ●「高尾神社例大祭(春祭り)」はここをクリック
      ●「小松スケートボード大会」はここをクリック

 地元の方に「おてんのさん」として親しまれている西条市氷見丙533番地の高尾神社の例大祭(春祭り)が、4月28日と29日行われていましたので撮影させていただきました。
 28日の本殿祭の夜に、提灯をつけて氷見を運行する上之川(上の川)の子供だんじりです。

高尾神社例大祭(春祭り)本殿祭での夜の上之川(上の川)子供だんじり 西条市氷見 2008.04.28

高尾神社例大祭(春祭り) その1 本殿祭での夜の上之川子供だんじり(上の川子供だんじり) 西条市氷見 2008.04.28
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)


高尾神社例大祭(春祭り)本殿祭での夜の上之川(上の川)子供だんじり 西条市氷見 2008.04.28

高尾神社例大祭(春祭り) その1 本殿祭での夜の上之川(上の川)子供だんじり 西条市氷見 2008.04.28
後方に上之川(上の川)の親だんじり
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)

高尾神社の所在地地図・アクセス


■私の撮影したお祭り関係の写真は、右側のリンクをクリックして順次ご覧ください。2008年のお祭り関係の記事は「2008 お祭り関係」に掲載しています。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪
 

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ●「伊曽乃神社春季例祭」(参加の全子供だんじりを撮影)はここをクリック
      ●「小松スケートボード大会」はここをクリック

 「お観音さんの藤」で有名な西条市上喜多川の禎祥寺(観音堂)の藤(フジ)が咲き始めていました。

禎祥寺(観音堂)の藤(フジ) 西条市上喜多川 2008.04.24

禎祥寺(観音堂)の藤(フジ) 西条市上喜多川 2008.04.24
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) + Kenko TELEPLUS PRO300 1.4

観音堂(禎祥寺)の場所・所在地地図・アクセス


■私の撮影した花や植物の写真は、右側の「カテゴリー」の中の「植物 - 花 草木等」をクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

●豆知識●

●四国の藤の名所
ネットで少し拾った程度ですので、間違いもあると思いますがご参考に。

■西条市の藤の名所
禎祥寺(観音堂)のフジ 西条市喜多川 県と市の天然記念物に指定
難波児童遊園のフジ 西条市禎瑞
長福寺のフジ 西条市北条 白、紫、赤の三色の藤で有名
藤森神社のフジ 西条市喜多台 樹齢300年 畳70畳分の藤棚。花の長さ約1m
阿弥陀寺ののだふじ 西条市楢木東 天然記念物

他に
小松中央公園のフジ ツツジの前に藤棚
丹原文化会館のフジ 入り口に藤棚

■愛媛県内の藤の名所
市民の森・フラワーパークのフジ 今治市山路662-1 桜・ツツジ・スイレン・ボタン・フジ
大熊寺のフジ 今治市小泉1丁目 今治市指定天然記念物 約100㎡の藤棚
大三島藤公園のフジ 今治市大三島町宮浦 大山祇神社近く 300mに亘る藤棚 藤祭りが開催
宝寿園のフジ 新居浜市阿島
森林公園ゆらぎの森のフジ 新居浜市別子山甲122
俵源池のフジ 松山市北条 湖畔にはヤマフジ
鹿島公園のフジ 松山市北条辻
谷町公園のフジ 松山市谷町
庚申庵のフジ 松山市味酒町 庭園も美しい
常願寺のフジ 松山市 「フジの常願寺」
久万の台公園のフジ 松山市久万の台
蔵王公園のフジ 西予市三瓶町 桜・フジ・ツツジ
朝霧湖公園(野村ダム)のフジ 西予市野村町野村
龍王公園のフジ 五十崎町 龍王荘 300mのトンネル式の藤棚
天赦園のフジ 宇和島市 樹齢300年の老木もある 長さ24mのアーチ式藤棚
猿ヶ滝公園のフジ 大洲市肱川町予子林 三色の藤

■四国の藤の名所
香我美の大蛇フジ 高知県香美郡香我美町
祖谷渓のフジ 徳島県三好郡西祖谷山村 日本三大秘境のV字型渓谷

●禎祥寺

 禎祥寺は
■愛媛県指定天然記念物の「観音堂の藤(ふじ)」
■西条市民納涼花火大会(毎年8月17日 加茂川河川敷)
 天正3年 (1585年)豊臣秀吉(とよとみひでよし)の四国進攻の命を受けた小早川隆景(こばやかわたかかげ)軍との合戦にで、禎祥寺(ていしょうじ・通称、喜多川のお観音さん)の僧 林瑞和尚(りんずいおしょう)をふくめ、地方の豪族のほとんどが西条市の野々市ヶ原(ののいちがはら)などで戦死しました。
 この天正の陣で亡くなった人々の霊を慰めるため、その翌年の新盆7月17日に送り火として花火を打ち上げた事に始まり、400年あまりの伝統を誇っています。
■観音水系
 西条の代表的な湧水で、観音堂(禎祥寺)のそばにあるので、観音水又は観音泉と呼ばれている。
 ここを源とした水系は、アクアトピア事業によって、水の都西条のシンボルとして整備されています。
などで有名です。
 

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ●「伊曽乃神社春季例祭」(参加の全子供だんじりを撮影)はここをクリック
      ●「小松スケートボード大会」はここをクリック

 西条市小松町新屋敷の四国八十八ヶ所62番札所 宝寿寺に、藤(フジ)棚は小さいですが、きれいな紫のふじが咲き始めていました。

四国八十八ヶ所62番札所 宝寿寺の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24

四国八十八ヶ所62番札所 宝寿寺の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) + Kenko TELEPLUS PRO300 1.4


四国八十八ヶ所62番札所 宝寿寺の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24

四国八十八ヶ所62番札所 宝寿寺の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) + Kenko TELEPLUS PRO300 1.4


四国八十八ヶ所62番札所 宝寿寺の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24

四国八十八ヶ所62番札所 宝寿寺の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) + Kenko TELEPLUS PRO300 1.4


四国八十八ヶ所62番札所 宝寿寺の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24

四国八十八ヶ所62番札所 宝寿寺の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) + Kenko TELEPLUS PRO300 1.4


四国八十八ヶ所62番札所 宝寿寺の所在地地図・アクセス


■私の撮影した花や植物の写真は、右側の「カテゴリー」の中の「植物 - 花 草木等」をクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

●豆知識●

●四国八十八ヶ所62番札所 宝寿寺
天養山(てんようざん) 宝寿寺(ほうじゅじ) 観音院(かんのんいん) 
本尊:十一面観世音菩薩  開 基:弘法大師  宗派:高野山真言宗
真言:おん、まか、きゃろにきゃ、そわか
御詠歌:さみだれのあとに出でたる玉の井はしらつぼなるや一の宮かは
愛媛県西条市小松町新屋敷甲428
TEL:0898-72-2210

由来
 天平時代(729年~749年)、聖武天皇の勅願により、諸国に一の宮が造られたとき、中山川下流の白坪の地に、大和(奈良)の僧・道慈律師(どうじりっし)が勅命を受けて伊予一国一の宮の法楽所として別当寺を創建し、金剛宝寺と呼ばれた。

 弘法大師が大同年間(806~10)に訪れた際、聖武天皇の妃である光明皇后光明皇后になぞらえた十一面観世音菩薩像を彫造して本尊とし、寺名を「宝寿寺」に改め、第六十二番札所、霊場として定められた。当時、伊予の豪族、越智氏の夫人が難産で苦しんでおり、大師が本尊に祈願した「玉の井」の霊水で加持したところ無事出産したことから、安産の観音さまとして信仰されたといわれる。

 中山川の洪水で何度か被害を受け、天養2年(1145)には堂宇を再建して山号を現在の「天養山」に改めた。大山祇神社の別当寺として栄えたが、天正13年(1153)には戦禍で壊滅。明治維新の廃仏毀釈により廃寺となり、明治10年(1877)に再建され、大正10年の予算線開通のため現在地に移転した。寺宝の孔雀文馨は、愛媛県指定の文化財となっている。
 

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ●「伊曽乃神社春季例祭」(参加の全子供だんじりを撮影)はここをクリック
      ●「小松スケートボード大会」はここをクリック

 西条市下町のお宅に鉢植えの白い藤(フジ)がきれいに咲いていましたので撮らせていただきました。

鉢植えの藤(フジ) 西条市下町にて 2008.04.15

鉢植えの藤(フジ) 西条市下町にて 2008.04.15
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) + Kenko TELEPLUS PRO300 1.4

■私の撮影した花や植物の写真は、右側の「カテゴリー」の中の「植物 - 花 草木等」をクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

●豆知識●

●フジ (植物)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B8_(%E6%A4%8D%E7%89%A9)

フジ (藤) は、マメ科のつる性の落葉木本であるフジ属の総称であり、またその中の1種の種名でもある。4-5月に淡紫色または白色の花を房状に垂れ下げて咲かせる。

フジ属は、日本、北アメリカ、東アジアに自生し、日本固有種としてはフジ(ノダフジ)とヤマフジの2種がある。このほか、中国でシナフジ、欧米でアメリカフジなども栽培されている。

異名に「さのかたのはな」、「むらさきぐさ」、「まつみぐさ」、「ふたきぐさ」、「まつなぐさ」などがある。

分類
界 : 植物界 Plantae
門 : 被子植物門 Magnoliophyta
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
目 : マメ目 Fabales
科 : マメ科 Fabaceae
属 : フジ属 Wisteria

フジ属の種類
下記に代表的なフジ属の種類を記述する。
* W. brachybotrys Siebold et Zucc. - ヤマフジ
o W. b. f. alba (Mill.) Ohwi - シラフジ
o W. f. f. alborosea (Makino) Okuyama - アケボノフジ
* W. floribunda (Willd.) DC. - フジ(ノダフジ)
* W. frutescens (L.) Poir. - アメリカフジ
* W. japonica Siebold et Zucc. - ナツフジ
o W. j. f. alborosea (Sakata) Yonek. - アケボノナツフジ
o W. j. f. microphylla (Makino) H.Ohashi - ヒメフジ
* W. sinensis (Sims) Sweet - シナフジ
* W. x formosa

日本のフジ
園芸植物としては、日本では藤棚に仕立てられることが多い。白い品種もある。つる性であるため、樹木の上部を覆って光合成を妨げるほか、幹を変形させ木材の商品価値を損ねる。このため、植林地など手入れの行き届いた人工林では、フジのツルは刈り取られる。これは、逆にいえば、手入れのされていない山林で多く見られるということである。近年、日本の山林でフジの花が咲いている風景が増えてきた要因としては、木材の価格が下落したことによる管理放棄や、藤蔓を使った細工(籠など)を作れる人が減少したことが挙げられる。

フジ(ノダフジ)
一般的にフジといわれるのがこれである。山野に普通。木に巻きついて登り、樹冠に広がる。かなり太くなるツル性の木本である。花序は長くしだれて20-80cmに達する。蔓の巻き方は右巻き(上から見ると右回り)。花は紫。本州・四国・九州の温帯から暖帯に分布する。ノダフジ(野田藤)の名は、この品種の発祥の地とされる大阪市福島区野田にちなんでいる。

ヤマフジ
他の木に巻きついて大きく成長する。花は淡紫。花序はフジに比較して短く、蔓は上から見ると左回り。本州西部・四国・九州(暖帯)の山地に自生する。鑑賞用に栽培することもある。

一才藤(いっさいふぢ)
園芸上の名称。樹高50cmくらいの、鉢植えや盆栽にして愉しむための一才物のフジ。花枝はしだれるが、支柱などは不要。

巻き方の用語は混乱している。右巻き、左巻きのページも見よ。

食用・薬用
* 若芽:ゆでて和え物や炒め物
* 花:湯がいて三杯酢や天ぷら
* 種子:ウィスタリン (wistarin) を含有し有毒であるが、少量を薬用に用いることもある。

さや

種子


* 家具(いすや籠など)
* 藤布(繊維から)
* 藤紙(茎皮の繊維から)

フジと名のつく植物
つる性、花序が穂状、あるいは小さな花が寄り集まっているなど、形状がフジと似ているところから名づけられたものと考えられる場合が多い。
* マメ科
o ナツフジ:小振りのつる性落葉樹で夏に長い花穂をつける
o ニワフジまたはイワフジ:小低木
o フジキフジキ属の落葉高木
o ノボリフジ:ハウチワマメ、ルピナスともいう耐寒性または半耐寒性の一年草または多年草
o フジカンゾウ
* キク科
o フジバカマ:ヒヨドリバナ属。秋の七草のひとつ。
* ツヅラフジ科:ミヤコジマツヅラフジやアオツヅラフジなど
* フジウツギ科:フジウツギやフサフジウツギ
* ナデシコ科
o フジナデシコ (ハマナデシコ):ナデシコ属
* バラ科
o フジイバラ

文化
古来、日本人にこよなく愛され、用いられてきたため、各所でフジに因んだ名称や意匠を目にすることができる。

人名
藤原氏とその流れを汲む姓 - 佐藤、伊藤、加藤、後藤、斎藤など。

平安時代の貴族として有名な藤原氏の「藤原」は本姓であり、その子孫は現在それぞれ家名(九条・冷泉等)を名字としているため、貴族の家系においての「藤原さん」は存在しない。詳しくは、藤原氏を参照。

地名
  日本には「藤」のつく地名が多い。
市町村の花
* 市
o 茨城県:取手市
o 群馬県:藤岡市
o 埼玉県:春日部市、羽生市、富士見市
o 神奈川県:藤沢市
o 静岡県:藤枝市
o 愛知県:岡崎市、津島市、江南市
o 京都府:福知山市
o 岡山県:倉敷市
o 高知県:四万十市
o 福岡県:小郡市
o 佐賀県:唐津市
o 宮崎県:延岡市
* 区
o 大阪府:大阪市福島区
* 町
o 青森県:南津軽郡藤崎町
o 岩手県:東磐井郡藤沢町
o 秋田県:山本郡藤里町
o 福島県:南会津郡下郷町
o 栃木県:下都賀郡藤岡町
o 埼玉県:北埼玉郡騎西町
o 東京都:西多摩郡日の出町
o 滋賀県:犬上郡甲良町
o 徳島県:名西郡石井町
o 福岡県:朝倉郡筑前町、八女郡黒木町
o 熊本県:上益城郡御船町
o 宮崎県:西臼杵郡高千穂町
* 消滅した自治体
o 宮城県:栗原郡瀬峰町
o 山形県:東田川郡藤島町
o 茨城県:北相馬郡藤代町
o 神奈川県:津久井郡藤野町
o 石川県:石川郡河内村
o 静岡県:磐田郡豊田町
o 愛知県:西加茂郡藤岡町
o 高知県:中村市
o 福岡県:甘木市、朝倉郡三輪町、山門郡三橋町、田川郡方城町
o 佐賀県:藤津郡嬉野町

文学・芸術
古事記
藤衣(ふじごろも)
万葉集
* 藤浪の花は盛になりにけり なら(平城)のみやこ(京)を思ほすや君
防人司佑(さきもりのつかさのすけ)大伴四綱(よつな)の歌

枕草子
* 木の花は:「藤の花は、しなひ長く、色濃く咲きたる、いとめでたし」
* あてなるもの:「薄色に白襲の汗衫。かりのこ。削り氷にあまづら入れて 新しき金まりに入れたる。水晶の数珠。藤の花・・・」

源氏物語
* 桐壺の巻: 飛香舎の庭は藤壺
* 花宴の巻:光源氏は藤の宴で朧月夜の君に話しかける
* 明石の巻:明石の君を「藤の花とやいふべからん」
* 藤裏葉の巻:「藤の花」は「雲居雁」を指す

俳諧
* くたびれて宿かるころや藤の花(芭蕉)

絵画・工芸
* 色絵藤花文茶壷 野々村仁清作(国宝:MOA美術館蔵)[1][2]
* 森狙仙《藤に三匹猿之図》(一宮市博物館蔵)[3]

藤娘
大津絵十種の画題の一つ
日本舞踊の「藤娘」では、藤娘(藤の精)がフジの花枝を持って舞う
* 昔絵の春や辨慶藤娘 子規

紋章
* 家紋:上り藤、下り藤、一つ藤巴、藤輪、利久藤、遠藤、三追い藤など

衣装
* 藤布(ふじぬの):庶民用布、ござの縁布
o 藤衣 (ふじごろも):公家の喪服にもちいられた
* 染色:
* 襲色目 藤(ふじ)[4]
淡紫から白のグラデーション:3-4月に着用
* 着物の文様
* 花簪(かんざし):フジの花序をかたどったものがある[5][6]。

その他
* 天道花 ・花折節供
* 自然暦・勧農鳥の止まる木
* 朝藤夕縄

名所
世界遺産
* 春日大社の砂ずりの藤(奈良県奈良市春日大社境内)[7]

国指定天然記念物
* 藤島の藤(岩手県二戸郡一戸町仁昌寺)[8]
* 熊野(ゆや)の長藤(静岡県磐田市行興寺境内)[9]
* 牛島の藤(埼玉県春日部市藤花園)[10]
* 黒木の大藤(福岡県八女郡黒木町素盞鳴(すさのう)神社境内)[11]
* 宮崎神宮のオオシラフジ(宮崎県宮崎市宮崎神宮境内)[12]
* 曼陀羅寺の藤(愛知県江南市曼陀羅寺境内)

その他名所
* あしかがフラワーパークの大藤(栃木県足利市あしかがフラワーパーク)[13]
* 才ノ神の藤(京都府福知山市大江町推定樹齢2000年)
* 藤公園(岡山県和気町)[14]
* 岩崎の清流亭の藤(愛知県小牧市)
* 亀戸天神社の藤(東京都江東区亀戸)[15]
* 浅草初音小路飲食店街の藤棚(東京都台東区浅草)

外部リンク
* ヤマフジフジ(植物雑学事典 岡山理科大学 波田研)
* ヤマフジ フジ (Botanical Garden)
 

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真




 西条市小松町新屋敷の三嶋神社に隣接して、白色と紫色の二つの藤(フジ)棚がありました。紫色の藤(ふじ)は二分咲き位でしたが、白色のフジは満開でしたので撮ってみました。

三嶋神社の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24

三嶋神社の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) + Kenko TELEPLUS PRO300 1.4


三嶋神社の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24

三嶋神社の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) + Kenko TELEPLUS PRO300 1.4


三嶋神社の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24

三嶋神社の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)


三嶋神社の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24

三嶋神社の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) + Kenko TELEPLUS PRO300 1.4


三嶋神社の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24

三嶋神社の藤(フジ) 西条市小松町新屋敷 2008.04.24
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) + Kenko TELEPLUS PRO300 1.4

三嶋神社の所在地地図・アクセス


■私の撮影した花や植物の写真は、右側の「カテゴリー」の中の「植物 - 花 草木等」をクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

●豆知識●

●三嶋神社
西条市小松町新屋敷甲2236
TEL0898-72-2823

主祭神 大山祇大神 高おかみ神 雷大神
十六皇子神 配神 誉田別大神 井河神 軻遇突智神
小松藩主歴代の祖神
本殿の様式 入母屋造(銅板葺)
社格 旧郷社

■由来
 和銅5年(712年)勅詔により国司河野伊予守越智宿祢玉輿・玉澄父子が出井出郷の総鎮守として大山祇神社より勧請し社殿を建立したのが創始と云われる。
 国司領主等の崇敬が厚く、河野家から境内八町四面の永代赦免状と寄付状の朱印がある。また、寛永15年(1638年)小松藩主一柳直頼公が封入した際に本殿を再建、歴代の藩主も社殿修復をしたという。
 境内のある舟山には6~7世紀頃に築造された舟山古墳群(県指定の史蹟)がある。
*上記は、「鎮守の杜えひめ~デジカメ写真で愛媛の神社を紹介~」
http://www.geocities.jp/je5fbd/jinja06_3saijo.htm
さまより引用させていただきました。

■三嶋神社祭礼
 10月16日17日の三嶋神社祭礼には、岡村、西町西組、西町東組、東常盤、川原谷、新宮藤木、中常盤、宝来、中町、旧藩、新屋敷、北川などのだんじりが奉納されます。16日は、小松小学校に町内のだんじりによる統一かきくらべが行われ、17日には三嶋神社で宮出し・宮入りが行われます。

■舟山古墳群
 小松川の西方、国道11号線に沿った東西にのびる独立丘陵を舟山と呼ぶ。
 嘉永7年(1854)三嶋神社を新宮原からこの丘へ遷座するための造成に際し、巨大な円墳が掘り当てられた。石棺・人骨のほか、武具・勾玉などの副葬品が出土し、後に勾玉と菅玉は東京国立博物館に納められた。
 円墳のほか、後の丘の西北部に群集墳も発見されており、古墳築造方法を知るうえで貴重な史跡である。花陵霊社は古墳の霊を祀る。
*舟山古墳群については、「四国ネット」
http://shikoku-net.co.jp/ehime/kankou/saijoushi/saijoushikankou.htm
さまより引用させていただきました。
 

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ●「伊曽乃神社春季例祭」(参加の全子供だんじりを撮影)はここをクリック
      ●「小松スケートボード大会」はここをクリック

西条市北浜南で飛翔するアオサギを撮りました。[SilkyPixにてトリミングしています]

アオサギ(青鷺) 西条市北浜南にて 2008.02.23

アオサギ 西条市北浜南にて 2008.02.23
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) + Kenko TELEPLUS PRO300 1.4


アオサギ(青鷺) 西条市北浜南にて 2008.02.23

アオサギ 西条市北浜南にて 2008.02.23
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) + Kenko TELEPLUS PRO300 1.4


アオサギ(青鷺) 西条市北浜南にて 2008.02.23

アオサギ 西条市北浜南にて 2008.02.23
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) + Kenko TELEPLUS PRO300 1.4

■私の撮影した野鳥の写真は、右側の「カテゴリー」の中の「いきもの - 野鳥 ペット 昆虫等」をクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ●「伊曽乃神社春季例祭」(参加の全子供だんじりを撮影)はここをクリック
      ●「小松スケートボード大会」はここをクリック

 新居浜市上原にある新居浜の有名な桜の名所、広瀬公園の桜を撮ってみました。

広瀬公園・旧広瀬邸・広瀬歴史記念館の桜 新居浜市上原 2008.04.02

広瀬公園・旧広瀬邸・広瀬歴史記念館の桜 新居浜市上原 2008.04.02
亀池に映る桜
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) + Kenko TELEPLUS PRO300 1.4

広瀬公園・旧広瀬邸・広瀬歴史記念館の所在地地図・アクセス


■私の撮影した花や植物の写真は、右側の「カテゴリー」の中の「植物 - 花 草木等」をクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪
 
●豆知識●

●重要文化財 旧広瀬邸
新居浜物語(新居浜市公式ホームページ)
http://www.city.niihama.lg.jp/soshiki/detail.php?lif_id=1201
より引用させていただきました。

 旧広瀬邸の母屋は、明治10年(1877)に現在の場所から北約4キロメートル離れた旧金子村の久保田で竣工され、同18年からの広瀬邸移転に伴い、乾蔵・米蔵などと共に現在地に移築されました。
 明治22年には付属の新座敷と庭園が大阪の棟梁 八木甚兵衛と、植木屋 清兵衛の手によって竣工されました。
 その後、大正・昭和初期にかけて、南庭や中之町池(亀池)周辺の整備が行われ、今日みる姿となりました。 

 広瀬公園は、別子銅山の近代化によりわが国の近代産業を育成し、住友グループの基礎を確立した広瀬宰平の旧邸・庭園を公園としたものです。

 昭和43年(1968)広瀬公園は愛媛県の指定名勝となり、平成9年(1997)にオープンした広瀬歴史記念館とともに、現在は市民の憩いの場となっています。

 また、平成15年5月30日、「別子銅山を支えた実業家の先駆的な近代和風住宅」として、国の重要文化財に指定されました。

 指定にあたっての主な評価点は、次のようなものです。
1. 敷地内の建築がほぼすべて残り、改造もほとんどなく、明治中期の大規模和風住宅の姿を今日に 伝える遺構として貴重である。
2. 母屋及び新座敷は、いずれも数寄屋風の意匠を凝らした上質なつくりで、迎賓館としての役割を兼ね備えた構成も特徴的であり、高い価値がある。

母屋二階の望遠楼と名付けられた部屋からは新居浜市を一望することができます
 

テーマ: - ジャンル:写真






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2008 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.