お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(12月23日) 天皇陛下御即位20年奉祝 (伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシ)
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
       飯積神社祭礼船屋朝太鼓

      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・御殿前・川入り・駅前と西条地区後夜祭、新居浜大生院中萩地区夜太鼓
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、植村会、七泰会、伊曽乃川人会
       石岡神社渡御行列(お旅所付近)

      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校、石岡神社祭礼橘・氷見地区宵祭り
      ●(10月11日) 御所神社祭、加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭
       秋季弁天祭り、橘新宮祭、禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷、鶴岡八幡神社宮出し

      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行、保内八幡神社宮出し

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、宮出し、前夜祭、新調八丁屋台昼・夜運行、八丁屋台新調
        愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭、四国の祭り2009 in サンポート高松
        西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区」などはここから
      ●「2009 新居浜太鼓祭り関係 春は子ども天国」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから
      ●「飯積神社祭礼 八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 天皇誕生日の2009年12月23日、天皇陛下御即位20周年奉祝に伊曽乃神社へだんじり(屋台)など50基近くが参加しました。今回は伊曽乃神社での岸陰だんじり(屋台)です。

(西条祭り関係) 天皇陛下御即位20周年奉祝 伊曽乃神社1 岸陰(きしかげ)だんじり(屋台) 天皇誕生日2009年12月23日

 天皇陛下御即位20周年奉祝 伊曽乃神社での岸陰だんじり(屋台)
(西条祭り関係) 天皇陛下御即位20周年奉祝 伊曽乃神社1 岸陰(きしかげ)だんじり(屋台) 天皇誕生日2009年12月23日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


(西条祭り関係) 天皇陛下御即位20周年奉祝 伊曽乃神社1 岸陰(きしかげ)だんじり(屋台) 天皇誕生日2009年12月23日

 天皇陛下御即位20周年奉祝 伊曽乃神社での岸陰だんじり(屋台)
(西条祭り関係) 天皇陛下御即位20周年奉祝 伊曽乃神社1 岸陰(きしかげ)だんじり(屋台) 天皇誕生日2009年12月23日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


(西条祭り関係) 天皇陛下御即位20周年奉祝 伊曽乃神社1 岸陰(きしかげ)だんじり(屋台) 天皇誕生日2009年12月23日

 天皇陛下御即位20周年奉祝 メロディ橋付近での岸陰だんじり(屋台)
(西条祭り関係) 天皇陛下御即位20周年奉祝 伊曽乃神社1 岸陰(きしかげ)だんじり(屋台) 天皇誕生日2009年12月23日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


(西条祭り関係) 天皇陛下御即位20周年奉祝 伊曽乃神社1 岸陰(きしかげ)だんじり(屋台) 天皇誕生日2009年12月23日

 天皇陛下御即位20周年奉祝 メロディ橋付近での岸陰だんじり(屋台)
(西条祭り関係) 天皇陛下御即位20周年奉祝 伊曽乃神社1 岸陰(きしかげ)だんじり(屋台) 天皇誕生日2009年12月23日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

■私の撮影した2009年の天皇陛下御即位20年奉祝関係の写真は、右側のカテゴリーの「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」をクリックして順次ご覧ください。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●お祭り・文化・名勝関連の豆知識●

●皇位継承順位(こういけいしょうじゅんい)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E4%BD%8D%E7%B6%99%E6%89%BF%E9%A0%86%E4%BD%8D

皇位継承順位(こういけいしょうじゅんい)とは、皇位継承の順位。順位が高い(1位に近い)ほど、次の皇位につく可能性が高い。

概要

皇位継承順位は、日本国憲法および皇室典範に規定されている。

1889年(明治22年)に旧皇室典範が定められるまで、皇位継承および皇位継承順位に関する明文のルールはなく、伝統と先例に基づいて皇位継承者が定められていた。旧皇室典範は、憲法(大日本帝国憲法)と並立する法典とされたものの、皇室の家法として帝国議会の関与は排除され、天皇が定めた。

離脱前の皇位継承順位は、兄弟間では嫡出の長男→嫡出の次男以降→非嫡出の年長子→非嫡出の年少子、となっていた。例えば伏見宮貞愛親王とその子孫については、貞愛親王に山階宮晃親王をはじめ10人以上の兄がいるが、何れも非嫡出子であり、嫡出子の貞愛親王が兄弟間で最上位の継承権を持った。(ただし、閑院宮などの別の世襲親王家を継いだ場合はこの限りではない。)非嫡出子同士では母親の出自身分の差に関係なく年長の者が上位の継承順位であり、継承位上位の父親の非嫡出子は、継承位下位の父親の嫡出子より上位の継承順位となっていた。

1947年(昭和22年)に施行された日本国憲法により、皇室典範は憲法に基づく法律とされ、制定・改正は国会が議決すると定められた。同年に施行された現行典範の内容は、基本的に旧典範を踏襲したものの、旧典範が非嫡出子にも皇位継承資格を認めたのに対して、現行典範は嫡出子に限定した点が異なる。

2009年12月現在、皇位継承資格を有する者は7名おり、第1位の皇太子徳仁親王から第7位の桂宮宜仁親王まで、皇位継承順位が確定している。皇位継承資格を有する者のうち、最年少は第3位の悠仁親王(3歳)で、最年長は第5位の三笠宮崇仁親王(94歳)。
憲法・皇室典範における皇位継承順位

現在の日本国憲法(昭和21年11月3日憲法)、皇室典範(昭和22年1月16日法律第3号)では、皇位継承および皇位継承順位について、次のように規定されている。

日本国憲法

* 第2条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

皇室典範

* 第1条 皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。
* 第2条 皇位は、左の順序により、皇族に、これを伝える。

一 皇長子
二 皇長孫
三 その他の皇長子の子孫
四 皇次子及びその子孫
五 その他の皇子孫
六 皇兄弟及びその子孫
七 皇伯叔父及びその子孫

* 2 前項各号の皇族がないときは、皇位は、それ以上で、最近親の系統の皇族に、これを伝える。
* 3 前二項の場合においては、長系を先にし、同等内では、長を先にする。
* 第3条 皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前条に定める順序に従つて、皇位継承の順序を変えることができる。

現在の皇位継承順位

皇位継承順位

1. 徳仁親王 : 1960年(昭和35年)生
2. 秋篠宮文仁親王 : 1965年(昭和40年)生
3. 悠仁親王 : 2006年(平成18年)生
4. 常陸宮正仁親王 : 1935年(昭和10年)生
5. 三笠宮崇仁親王 : 1915年(大正4年)生
6. 仁親王 : 1946年(昭和21年)生
7. 桂宮宜仁親王 : 1948年(昭和23年)生

関連項目

* 天皇
* 皇位継承
* 皇位継承問題
* イギリス王位継承順位

外部リンク

* 日本国憲法
* 皇室典範
 
スポンサーサイト

テーマ:祭りの写真 - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(12月23日) 天皇陛下御即位20年奉祝 (伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシ)
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
       飯積神社祭礼船屋朝太鼓

      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・御殿前・川入り・駅前と西条地区後夜祭、新居浜大生院中萩地区夜太鼓
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、植村会、七泰会、伊曽乃川人会
       石岡神社渡御行列(お旅所付近)

      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校、石岡神社祭礼橘・氷見地区宵祭り
      ●(10月11日) 御所神社祭、加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭
       秋季弁天祭り、橘新宮祭、禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷、鶴岡八幡神社宮出し

      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行、保内八幡神社宮出し

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、宮出し、前夜祭、新調八丁屋台昼・夜運行、八丁屋台新調
        愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭、四国の祭り2009 in サンポート高松
        西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区」などはここから
      ●「2009 新居浜太鼓祭り関係 春は子ども天国」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから
      ●「飯積神社祭礼 八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 2009年5月22日、中山川大橋付近のサギのコロニーで中山川大橋付近のチュウサギ(中鷺)を撮ってみました。

西条市の野鳥 中山川大橋付近のチュウサギ(中鷺) 中山川大橋・佐伯プラスチック加工・浜栄港運小松倉庫近く(西条市小松町)より 2009年5月22日

 中山川大橋付近の中山川大橋付近のチュウサギ(中鷺)
西条市の野鳥 中山川大橋付近のチュウサギ(中鷺) 中山川大橋・佐伯プラスチック加工・浜栄港運小松倉庫近く(西条市小松町)より 2009年5月22日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


小松ゴルフ場・逓信省愛媛地方航空機乗員養成所/西条海軍航空隊記念碑・塩釜神社・新中山川橋・新兵衛大橋・新兵衛橋・中山川橋・中山川大橋の場所・所在地地図・アクセス


■私の撮影したチュウサギ(中鷺)などの写真は、右側のリンクの「チュウサギ」をクリックして順次ご覧ください。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(12月23日) 天皇陛下御即位20年奉祝 (伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシ)
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
       飯積神社祭礼船屋朝太鼓

      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・御殿前・川入り・駅前と西条地区後夜祭、新居浜大生院中萩地区夜太鼓
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、植村会、七泰会、伊曽乃川人会
       石岡神社渡御行列(お旅所付近)

      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校、石岡神社祭礼橘・氷見地区宵祭り
      ●(10月11日) 御所神社祭、加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭
       秋季弁天祭り、橘新宮祭、禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷、鶴岡八幡神社宮出し

      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行、保内八幡神社宮出し

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、宮出し、前夜祭、新調八丁屋台昼・夜運行、八丁屋台新調
        愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭、四国の祭り2009 in サンポート高松
        西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区」などはここから
      ●「2009 新居浜太鼓祭り関係 春は子ども天国」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから
      ●「飯積神社祭礼 八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 天皇誕生日の2009年12月23日、天皇陛下御即位20周年奉祝に伊曽乃神社へだんじり(屋台)など50基近くが参加しました。その後、神拝地区の屋台9台がマルヨシセンター西条店駐車場に集まりました。今回はマルヨシセンター西条店駐車場での御所通りだんじり(屋台)です。

(西条祭り関係) 天皇誕生日 マルヨシセンター西条店駐車場での御所通りだんじり(屋台) 天皇陛下御即位20年奉祝奉納 西条市喜多川381番地1 2009年12月23日

 天皇陛下御即位20周年奉祝 マルヨシセンター西条店駐車場での御所通りだんじり(屋台)
(西条祭り関係) マルヨシセンター西条店駐車場での御所通りだんじり(屋台) 天皇陛下御即位20年奉祝奉納 西条市喜多川381番地1 天皇誕生日 2009年12月23日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


(西条祭り関係) 天皇誕生日 マルヨシセンター西条店駐車場での御所通りだんじり(屋台) 天皇陛下御即位20年奉祝奉納 西条市喜多川381番地1 2009年12月23日

 天皇陛下御即位20周年奉祝 マルヨシセンター西条店駐車場での御所通りだんじり(屋台)
(西条祭り関係) マルヨシセンター西条店駐車場での御所通りだんじり(屋台) 天皇陛下御即位20年奉祝奉納 西条市喜多川381番地1 天皇誕生日 2009年12月23日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

■私の撮影した2009年の天皇陛下御即位20年奉祝関係の写真は、右側のカテゴリーの「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」をクリックして順次ご覧ください。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●お祭り・文化・名勝関連の豆知識●

●皇太子(こうたいし、Crown Prince)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%A4%AA%E5%AD%90

この項目では、一般的な皇太子の事柄について記述しています。現在の日本の皇太子については「徳仁親王」をご覧ください。

皇太子(こうたいし、Crown Prince)は、皇位継承(帝位継承)の第一順位にある皇子を指す称号。あるいは、一般に、君主の継承者を指すことも多い。王位継承の第一順位の王子については、王太子または王世子のようにいうこともある[1]。

日本の皇太子の敬称は「殿下」が用いられる。また、当代(今上天皇)に準じた礼遇を受ける。

日本の皇太子
江戸時代以前

皇太子は、東宮、春宮、または太子と表記され、「とうぐう」「ひつぎのみこ」「はるのみや」などと読まれた。

朝廷では、皇位を継ぐべき皇子や、継承資格を有する皇子に大兄とつけて「大兄皇子」と敬称した。尤も、大兄皇子と皇太子は必ずしも同義ではない。大兄皇子と敬称されたとしても、絶対的にその地位を保証するものではなく、同時に複数名存在することもあった。

皇太子は、必ずしも今上天皇の長男を指すとは限らない。歴史的に皇位は、長幼の序を重んじつつ、本人の能力や外戚の勢力を考慮して決定され、長男であれば必ず皇太子になれるとは限らなかった。それゆえ、皇位継承順位が明文化される以前には、皇太子は立太子された当今の子という意味をもつに過ぎない。

また、南北朝時代から江戸時代中期にかけては、次期皇位継承者が決定されている場合であっても、「皇太子」にならないこともあった。これは、当時の皇室の財政難などにより、立太子礼が行えなかったためである。通例であれば、次期皇位承継者が決定されると同時に、もしくは日を改めて速やかに立太子礼が開かれ、次期皇位継承者は皇太子になる。しかし、立太子礼を経ない場合には、「皇太子」ではなく、「儲君」(ちょくん、もうけのきみ)と呼ばれた。

南朝では最後まで曲がりなりにも立太子礼が行われてきたとされている。これに対して、北朝においては、後光厳天皇から南北朝合一を遂げた遙か後の霊元天皇に至るまで、300年以上に亘って立太子を経ない儲君が皇位に就いている。

一方、皇太子となっても、諸般の事情により天皇位に就くことができなかった例もある。これには、即位以前に薨去した例(菟道稚郎子皇子・聖徳太子・草壁皇子(岡宮御宇天皇)など)、自ら辞退した例(大海人皇子・敦明親王(小一条院))、皇太子位を廃されて廃太子となった例(他戸親王・早良親王(崇道天皇)など)がある。特殊な例として、大海人皇子は、皇太子位を辞退して出家した後、壬申の乱を経て天武天皇として即位した。

当今の弟が次期継承者である場合には、皇太弟(こうたいてい)、また当今の孫である場合は皇太孫(こうたいそん)と呼ばれる場合がある。皇太子には、過去10例を除いて父が(当今に限らず)天皇である親王(皇子)が就いている。内8例は天皇の孫で、仲哀・仁賢・文武(但し母がのちの元明天皇)・淳仁・光仁の5天皇及び廃太子道祖王・康仁親王並びに不即位皇太子慶頼王である。3世以下の王が立太子した例は無い。日本で女性が皇太子となったのは過去に一例のみ、奈良時代の女帝・孝謙天皇が内親王そして皇太子から即位した。初代神武天皇も立太子を経て即位したと伝えられる。

明治時代以降

明治22年(1889年)、皇室の家内法として皇室典範(旧皇室典範)が定められ、皇位継承順位が明文化された。この旧皇室典範15条では、儲嗣タル皇子を皇太子としていた。昭和22年(1947年)に法律として定められた現行の皇室典範8条前段では、皇嗣たる皇子が皇太子とされている。「儲嗣」もしくは「皇嗣」は、いずれも皇位継承順第一位を指し、「皇子」とはこの場合、当代天皇の子を指す。

このため、昭和天皇践祚後、昭和8年の継宮明仁親王(今上天皇)誕生までは、弟宮である秩父宮雍仁親王は、皇位継承順第一位であるにもかかわらず皇太子とは称されず、一宮家の当主のままだった。

また、皇位継承順序の変更は、「皇嗣精神若ハ身体ノ不治ノ重患アリ又ハ重大ノ事故アルトキ」(旧典範9条)、「皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるとき」(現典範3条)のみに皇室会議の議(旧典範下では皇族会議及枢密顧問への諮詢)により許されている。

そのため、皇室典範制定以前と異なり、立太子の礼自体は皇太子の地位の要件ではない。立太子の礼は、天皇における即位の礼と同様、内外に地位を宣明するための儀式である。大正時代以前には、幼少の儲君の立太子の礼も行われた。これに対して、現皇室典範制定後は、皇太子の成年を待って立太子の礼を行う。皇太子、皇太孫の成年は18歳とされている(旧典範13条、現典範22条)。

旧皇室典範の下では、立太子の礼は2回行われた。

・明宮嘉仁親王(明治22年11月3日)

・迪宮裕仁親王(大正5年11月3日)

現皇室典範の施行後は、立太子の礼は2回行われている。

・継宮明仁親王(昭和27年11月10日)

・浩宮徳仁親王(平成3年2月23日)

また、成年の皇太子は、摂政就任順の第一位でもある。天皇に「精神若しくは身体の疾患又は事故があるとき」であっても、それが一時的なものであり、摂政を置くまでに至らない場合には、国事行為臨時代行が置かれる(国事行為の臨時代行に関する法律)。この国事行為臨時代行の就任順位も、摂政に準じる。

大正10年(1921年)から大正15年(1926年)までは、皇太子裕仁親王が摂政となった。王政復古以降、皇太子以外の者が摂政となった例はない。国事行為臨時代行については、昭和天皇病気療養時に、皇太子明仁親王の外国旅行が重なり、皇長孫である徳仁親王が代行となった例がある。

皇太子と皇太子妃の敬称は、他の親王・王とその妃、および内親王・女王と同様に殿下である(現行皇室典範23条2項)。皇統譜では、太親王と記述される。
皇太弟・皇太甥・皇太孫

皇室典範には、皇太弟と皇太甥に関する記載はなく、仮に皇位継承順第一位の者が当代天皇の弟または甥の場合、その方は一宮家の皇族という扱いになる。

「皇太孫」は皇室典範に記載があり、皇太子不在の際の「儲嗣タル皇孫」(旧典範15条)、「皇嗣たる皇孫」(現典範8条後段)を言う。「儲嗣」もしくは「皇嗣」は、いずれも皇位継承順第一位を指し、「皇孫」とはこの場合、当代天皇の孫を指す。
ヨーロッパ大陸諸国の王太子・皇太子

日本語の「(男性の)皇太子」にあたる語は、英語ではCrown Prince、ドイツ語ではKronprinzである。これは実際にドイツなどで称号として用いられていた。

この語は、今日では主にスカンディナヴィア諸王国の王太子の呼称として用いられる。現在のノルウェーの王太子ホーコンはH.K.H. Kronprins Haakonと呼ばれ、これは英語に訳すとHRH Crown Prince Haakonとなる。

一方、神聖ローマ帝国の皇太子には「ローマ人の王(Rex Romanorum)」の称号が授けられていたが、これはハプスブルク家により帝位が事実上世襲化された後のことである。ハプスブルク家の皇帝は、次期皇帝としての「ローマ人の王」の称号を自家の後継者に与えることで、帝位の事実上の世襲を維持した。これとは異なる称号であるが、フランス皇帝ナポレオン1世も息子ナポレオン2世を「ローマの王」に任命している。

オランダ、スペインなどにおいても、貴族としての儀礼称号が法定推定相続人に与えられる。オランダ王太子の称号である「オラニエ公(Prins van Oranje)」は、オランダ王家であるオラニエ=ナッサウ家当主が、オランダ王国成立以前には南フランスのオランジュ(Orange、オランダ語でオラニエOranje)の領主・オラニエ公でもあったことに由来する。スペインの王太子は「アストゥリアス公(Príncipe de Asturias)」の称号を持つ。

フランス王国では王太子に「ドーファン(dauphin)」の称号が与えられた。元々はフランス南東部のドーフィネ(Dauphiné)地方の領主の称号であったが、1349年に同地方を併合して王太子領として以降、王太子の称号となった。

ロシア帝国では、上記の諸国のような貴族的称号ではないが、皇太子に対して「皇帝(ツァーリ)の息子」という意味の語である「ツァレヴィチ(царевич, tsarevich)」という呼称が用いられた。
イギリスの王太子

イギリスでは王位継承に男子優先長子相続制を採用しており、欠格事由のない限り、王の長男が法定推定相続人となる。王の長男には、プリンス・オブ・ウェールズやコーンウォール公爵、ロスシー公爵の称号が授けられる。

イギリスには王太子 (Crown Prince) という称号はないため、プリンス・オブ・ウェールズの称号と、王太子という呼称はしばしば同一視される。
アジア大陸諸国の皇太子・王太子

朝鮮半島においては、高麗のモンゴル干渉期から李氏朝鮮まで他国の冊封体制下にあったため太子の称号が使えず、国王の継承者は「王世子」と呼ばれていたが、日清戦争の結果、下関条約が結ばれた事により清国の冊封から外れ、国号を大韓と改めた際に「皇太子」を使うようになった。

しかし韓国併合により朝鮮は日本の植民地となり、旧皇帝家は『王』家となり、その跡継ぎは王世子となった(前韓国皇帝ヲ冊シテ王ト為シ皇太子及将来ノ世嗣、太皇帝及各其儷匹ノ称呼ヲ定メ並ニ礼遇ノ件)。
サウジアラビアの皇太子

2009年現在のサウジアラビアの場合は国王の息子ではなく弟たちを指して皇太子と呼んでいる。 初代国王は一夫多妻制で35人の継承権を持つ子供たちが居るため、2代目から6代目の現国王までは兄弟であり、初代国王の孫の世代への継承は行われていない。 初代国王の息子の世代が全員死んだ場合の継承権については明文化されておらず、将来の継承における不安要素となっている。

脚注

1. ^ 「○太子」の言葉自体がいずれ「○」の地位を継ぐ「子」を意味するため、君主の地位が王である場合には王太子の名称を用いるのが正確といえるが、現在の日本のマスコミによる報道などでは、対象が次期国王であっても「王太子」の語は用いられず、「皇太子」を用いるのが通常である。ただし歴史上の人物については、慣例に従って「王太子」の語も用いられる。また次期皇(王)位継承者が弟、孫であるなら、「皇(王)太弟」「皇(王)太孫」の名称を用いるべきともいえるが、実際にはひっくるめて「皇太子」の名称が用いられている。なお、西欧の言語においては、「皇帝か国王か」「子か孫か弟か」に応じた称号の使い分けは見られない。

関連項目

* 皇帝
* 東宮職
* プリンス・オブ・ウェールズ
* アストゥリアス公
* ローマ王
* ドーファン
 

テーマ:祭りの写真 - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(12月23日) 天皇陛下御即位20年奉祝 (伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシ)
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
       飯積神社祭礼船屋朝太鼓

      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・御殿前・川入り・駅前と西条地区後夜祭、新居浜大生院中萩地区夜太鼓
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、植村会、七泰会、伊曽乃川人会
       石岡神社渡御行列(お旅所付近)

      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校、石岡神社祭礼橘・氷見地区宵祭り
      ●(10月11日) 御所神社祭、加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭
       秋季弁天祭り、橘新宮祭、禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷、鶴岡八幡神社宮出し

      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行、保内八幡神社宮出し

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、宮出し、前夜祭、新調八丁屋台昼・夜運行、八丁屋台新調
        愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭、四国の祭り2009 in サンポート高松
        西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区」などはここから
      ●「2009 新居浜太鼓祭り関係 春は子ども天国」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから
      ●「飯積神社祭礼 八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 2009年12月22日、西条市紺屋町フロムなどで第3回紺屋町商店街キャンドルナイトが開催されましたのでいってみました。今回はその6です。

西条市でのイベント・行事 紺屋町商店街キャンドルナイト 西条市紺屋町フロムなど 2009年12月22日

 紺屋町商店街キャンドルナイトにて
西条市でのイベント・行事 紺屋町商店街キャンドルナイト 西条市紺屋町フロムなど 2009年12月22日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


西条市でのイベント・行事 紺屋町商店街キャンドルナイト 西条市紺屋町フロムなど 2009年12月22日

 紺屋町商店街キャンドルナイトにて
西条市でのイベント・行事 紺屋町商店街キャンドルナイト 西条市紺屋町フロムなど 2009年12月22日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

■私の撮影したイベントなどの写真は、右側のリンクの「イベント - 近隣の催し等」をクリックして順次ご覧ください。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●スロー・アーキテクチュア スロー建築:(英)Slow Architecture
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A2
%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC

スロー・アーキテクチュア(もしくはスロー・アーキテクチャー、またはスロー建築:(英)Slow Architecture)は、消費文化の影響で促進された「アーバン・スプロール」や「スクラップ & ビルド」の弊害に対する、反省もしくは反対の立場からの建築や街についての考え方。この言葉は雑誌『カーサ・ブルータス』2003年11月号に発表された。「ファスト・フード」に対するアンチテーゼとしての「スロー・フード」への見直しなどによって触発された概念である。

概要

スロー・アーキテクチュアを目指す動向は、近代(モダニズム)建築の画一的合理性や均質的な単調さへの反省に起因した、ポスト・モダン建築の延長線上におけるミニマル・アーキテクチュアの方法論を暗示させる。そこで生活(スローライフとよばれるライフ・スタイル)していくための環境としての、街や建築のヒューマン・スケールを重要視し、それらの「作り方」や「使い方」を再検証した上で、資源の有効利用に則して可能な限りの自然素材を吟味し、空間を再構成しようという試み。安易な簡便さを排除し、むしろモダニズムを推進する過程で捨て去った(過剰ではない)装飾性や重厚さ、あるいは無駄の効用を図る新たな機能性や空間価値を見直そうとする方向性をもつ。

ただ、バブル景気を経験した日本においては、ともすると、かつて「贅を尽くした」といわれたような建築・都市施設に見られる、建設過程における過大な投資が要求され、またサステナビリティを担保するメンテナンス(維持・保全)における経費の増大という危険性をも伴う。

備考

* アメリカ、ヨーロッパでは複数の建築家が「スロー・アーキテクチャー」という用語を使っているが、明確なコンセプト、共通のプログラムは未定である。

* 日本では藤森照信が「スロー建築」と言われる活動を行っている。

関連項目

* スロー・フード
* スロー・ライフ
* スロー・シティ
* ニュー・アーバニズム
* コンパクト・シティ
* サステナビリティ
* ロハス(LOHAS)

外部リンク

* カーサ・ブルータス・オンライン
* Slowarchitecture.com

●省エネルギー(しょうエネルギー)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%81%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB
%E3%82%AE%E3%83%BC

省エネルギー(しょうエネルギー)とは、同じ社会的・経済的効果をより少ないエネルギーで得られる様にすることである。略して省エネと言われることも多い。

概要

日本では、オイルショックのときにエネルギーの安全保障の面から始められた。1990年代からの地球環境問題、特に温室効果ガスの削減の為にも重要なものとなっている。

経済・産業活動や市民生活に大きな影響を与えずに行う為には、技術開発や各業界の強力な自主的取組・市民の協力が必要である。補助金に加え、ESCO事業などのイニシャルコストに対する経済的な導入後押し政策も有効である。

なお2007年現在は原油価格高騰による光熱費値上げの影響か省エネムードが高まっており、ついには企業向けの省エネビジネスも登場している。

日本の消費エネルギーの内訳

2005年度の実態
産業部門46%、運輸部門24%、業務部門13%、家庭部門12%、その他2% [1]
家庭部門の内訳
電力44%、都市ガス18%、LPG12%、灯油25%、太陽熱1% [2]
家庭部門、用途別内訳
照明・家電・調理等39%、給湯33%、暖房26%、冷房2% [3]
家庭の消費電力内訳
エアコン25%、照明16%、冷蔵庫16%、テレビ10%、電気カーペット4%、温水洗浄便座4%、衣類乾燥機3%、食器洗浄乾燥機2%、その他20%[4]

手法

次の順番で行うと費用対効果が高いとされている。

1. 不要な機器の停止。
2. 温度・照度などの設定の見直しや、運用方法の改善。これに関連して「クール・ビズ・ウォームビズ」の取組みもある。
3. 製造業などでは、工程・製造方法の見直し。
4. 設備・機器の補修、効率的な設備への取替え。
5. 電力をできる限り節約。

具体的な省エネ方法

運用改善

日本では、冷房よりも暖房・給湯の省エネ努力が重要となっている。これは冷房機器に比べ暖房・給湯設備に対するヒートポンプ技術を用いた機器の普及割合が低いことが大きな原因である。その結果、冷房の温度よりも、シャワーの温度設定やお湯の使い方の改善の方が、省エネ効果が高くなっている。

断熱

尚、建物内の温度管理に関しては、外部からの熱の流入・若しくは外部への熱漏出を防止する事で、これら温度維持に使用されているエネルギーの消費を抑える事が可能である。古くより断熱材を多用する事でこの効果がある事は知られていたが、近年では安価で高性能な断熱材も増えた事から、建物建設などに積極的に利用する動きも見られる。特に近年の密閉性が高い現代建築様式では、断熱材利用による温度維持効率の向上は著しい。

ヒートポンプ

近年、ヒートポンプの高効率化によって、エアコンの省エネ化がすすんでいる。 また、エコキュート、ヒートポンプ給湯機、ヒートポンプ式温水床暖房、ヒートポンプ式温水融雪機、ヒートポンプ式洗濯乾燥機、ヒートポンプ自動販売機、高効率ヒートポンプエアコンなどヒートポンプ技術を活かした省エネ製品が続々と誕生している。

コジェネレーションシステム

発電時に出る排熱を使ってお湯を沸かす等して、総合効率を高めるシステム。大規模工場等で採用されてきたが、近年、ガスエンジンコジェネレーション「エコウィル」や、燃料電池「エネファーム」など、家庭向けのコジェネレーションシステムも登場した。

機器の交換

省エネ機器への買い換えによる省エネの達成。トップランナー制度の導入により、技術向上が著しい。製品カタログや広告には統一省エネラベルが掲載され、ラベルの年度・星5段階の省エネ性能表示・メーカー名・機種名・省エネ基準達成率・年間消費電力量・1年間使用した場合の目安電気料金が表示されている。これらは、省エネ型製品情報サイトから誰でも検索・印刷することが可能である。また、省エネルギー型製品販売事業者評価制度に基づき、優良店は省エネ型製品普及推進優良店ロゴマーク(eShop)を使用できる。
法規

エネルギーの使用の合理化に関する法律により、各種措置が定められている。

* エネルギー使用の合理化の判断基準: 各種手法の適用方法が示されている。
* エネルギー管理指定工場 : 一定以上のエネルギーを使用する工場・事業所の行うべきことが定められている。
* エネルギー管理士・エネルギー管理員 : エネルギー管理指定工場でのエネルギー管理を行う資格。

省エネルギーの日

財団法人省エネルギーセンターは1977年より毎年2月を「省エネルギー月間」、また1980年4月より毎月1日を「省エネルギーの日」としていて、その内毎年8月1日は「夏の省エネルギー総点検の日」、毎年12月1日には「省エネルギー総点検の日」として重点的に実施されている。

関連用語

* トップランナー制度

省エネルギー法に導入されている、電気製品・自動車の省エネ基準を、市場に出ている製品の中で最高のレベルに設定すること。

* CASBEE

国土交通省主導で開発され改良の進められている、建築物の環境負荷低減と居住環境の快適性を総合評価するシステム。省エネ・省資源・リサイクル性能などを中心にした多岐にわたる基準で評価を行い、新築・既存・改修それぞれを対象としている。

* BEMS

ビルの機器・設備等の運転管理によってエネルギー消費量の削減を図るためのシステム。

関連項目

* エネルギー - 再生可能エネルギー - 電気エネルギー - 化石燃料
* 国際エネルギースタープログラム
* 省エネラベリング制度
* トップランナー制度
* ESCO事業
* 節電
* 待機電力
* 省エネルック
* クール・ビズ
* 断熱材
* コジェネレーション
* ヒートポンプ
* 地域熱供給
* 外断熱
* 複層ガラス
* 省エネ建材等級
* エコドライブ
* ミルクラン
* モーダルシフト
* アイドリングストップ
* グリーンIT
* NeoMote

外部リンク

* ECCJ 省エネルギーセンター
* 省エネルギー政策について 資源エネルギー庁
* 建築環境・省エネルギー機構 IBEC
* 誰でも出来る省エネ実践方法やデータを掲載 RUPISUの環境志向のページ

注釈

1. ^ 「総合エネルギー統計」経済産業省/EDMC
2. ^ 「総合エネルギー統計」経済産業省/EDMC
3. ^ 「家庭用エネルギー統計年報(2005)」住環境計画研究所
4. ^ 「電気需要の概要(2005)」
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(12月23日) 天皇陛下御即位20年奉祝 (伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシ)
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
       飯積神社祭礼船屋朝太鼓

      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・御殿前・川入り・駅前と西条地区後夜祭、新居浜大生院中萩地区夜太鼓
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、植村会、七泰会、伊曽乃川人会
       石岡神社渡御行列(お旅所付近)

      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校、石岡神社祭礼橘・氷見地区宵祭り
      ●(10月11日) 御所神社祭、加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭
       秋季弁天祭り、橘新宮祭、禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷、鶴岡八幡神社宮出し

      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行、保内八幡神社宮出し

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、宮出し、前夜祭、新調八丁屋台昼・夜運行、八丁屋台新調
        愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭、四国の祭り2009 in サンポート高松
        西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区」などはここから
      ●「2009 新居浜太鼓祭り関係 春は子ども天国」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから
      ●「飯積神社祭礼 八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 天皇誕生日の2009年12月23日、天皇陛下御即位20周年奉祝に伊曽乃神社へだんじり(屋台)など50基近くが参加しました。今回は伊曽乃神社での上小川だんじり(屋台)です。

(西条祭り関係) 天皇陛下御即位20周年奉祝 伊曽乃神社1 上小川(かみこがわ)だんじり(屋台) 天皇誕生日2009年12月23日

 天皇陛下御即位20周年奉祝 伊曽乃神社での上小川だんじり(屋台)
(西条祭り関係) 天皇陛下御即位20周年奉祝 伊曽乃神社1 上小川(かみこがわ)だんじり(屋台) 天皇誕生日2009年12月23日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


(西条祭り関係) 天皇陛下御即位20周年奉祝 伊曽乃神社1 上小川(かみこがわ)だんじり(屋台) 天皇誕生日2009年12月23日

 天皇陛下御即位20周年奉祝 メロディ橋付近での上小川だんじり(屋台)
(西条祭り関係) 天皇陛下御即位20周年奉祝 伊曽乃神社1 上小川(かみこがわ)だんじり(屋台) 天皇誕生日2009年12月23日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


■私の撮影した2009年の天皇陛下御即位20年奉祝関係の写真は、右側のカテゴリーの「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」をクリックして順次ご覧ください。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●お祭り・文化・名勝関連の豆知識●

●生名村(いきなむら)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%90%8D%E6%9D%91

生名村(いきなむら)は、愛媛県越智郡にあった村である。2004年(平成16年)に弓削町、岩城村、魚島村との1町3村の合併により上島町となり、現在に至っている。

下記以外の詳細については、生名島の記事を参照のこと。

旧・生名村のデータ 廃止日 2004年10月1日
廃止理由 新設合併
生名村、弓削町、岩城村、魚島村 → 上島町
現在の自治体 上島町
廃止時点のデータ
国 Flag of Japan.svg 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
郡 越智郡
団体コード
面積 3.87km²
総人口 2,124人
(2000年10月1日)
隣接自治体 越智郡弓削町・岩城村(現上島町)
広島県因島市(現尾道市)
(2001年1月現在、すべて海上により隣接)
村の木 松
村の花 ツツジ

生名村役場
所在地 〒794-2550 愛媛県
越智郡生名村621番地の1
電話番号 0897-76-3000
外部リンク 生名村(Internet Archive)

地理

芸予諸島の生名島ほかからなる離島の村。愛媛県今治市と広島県尾道市のほぼ中央に位置する。離島ではあるが、すぐ近くの因島へのフェリーの便数も頻繁に運航されていた。有人島は生名島のみで、実質的に一島一村であった。
歴史

昭和の合併当時は東隣の因島との合併を志向する動きもあったとされるが、因島は広島県であり行政上の障害も多く、実を結ばず、昭和の合併は経験していない。

* 1889年(明治22年)12月15日 - 町村制施行により越智郡生名村が成立。
* 2004年(平成16年)10月1日 - 弓削町、岩城村、魚島村と合併して上島町となる。

教育

村内に高等学校はない。

中学校

* 生名村立生名中学校

小学校

* 生名村立生名小学校

交通
航路

フェリーにより因島市(広島県)などと結ばれている。

鉄道

町内に鉄道はない。

道路

町内に国道、主要県道はない。

* 愛媛県道173号横浜生名港線

関連項目

* 愛媛県の廃止市町村一覧
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(12月23日) 天皇陛下御即位20年奉祝 (伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシ)
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
       飯積神社祭礼船屋朝太鼓

      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・御殿前・川入り・駅前と西条地区後夜祭、新居浜大生院中萩地区夜太鼓
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、植村会、七泰会、伊曽乃川人会
       石岡神社渡御行列(お旅所付近)

      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校、石岡神社祭礼橘・氷見地区宵祭り
      ●(10月11日) 御所神社祭、加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭
       秋季弁天祭り、橘新宮祭、禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷、鶴岡八幡神社宮出し

      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行、保内八幡神社宮出し

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、宮出し、前夜祭、新調八丁屋台昼・夜運行、八丁屋台新調
        愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭、四国の祭り2009 in サンポート高松
        西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区」などはここから
      ●「2009 新居浜太鼓祭り関係 春は子ども天国」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから
      ●「飯積神社祭礼 八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 2009年5月22日、中山川大橋付近のサギのコロニーで中山川大橋付近のチュウサギ(中鷺)を撮ってみました。

西条市の野鳥 中山川大橋付近のチュウサギ(中鷺) 中山川大橋・佐伯プラスチック加工・浜栄港運小松倉庫近く(西条市小松町)より 2009年5月22日

 中山川大橋付近の中山川大橋付近のチュウサギ(中鷺)
西条市の野鳥 中山川大橋付近のチュウサギ(中鷺) 中山川大橋・佐伯プラスチック加工・浜栄港運小松倉庫近く(西条市小松町)より 2009年5月22日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


小松ゴルフ場・逓信省愛媛地方航空機乗員養成所/西条海軍航空隊記念碑・塩釜神社・新中山川橋・新兵衛大橋・新兵衛橋・中山川橋・中山川大橋の場所・所在地地図・アクセス


■私の撮影したチュウサギ(中鷺)などの写真は、右側のリンクの「チュウサギ」をクリックして順次ご覧ください。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(12月23日) 天皇陛下御即位20年奉祝 (伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシ)
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
       飯積神社祭礼船屋朝太鼓

      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・御殿前・川入り・駅前と西条地区後夜祭、新居浜大生院中萩地区夜太鼓
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、植村会、七泰会、伊曽乃川人会
       石岡神社渡御行列(お旅所付近)

      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校、石岡神社祭礼橘・氷見地区宵祭り
      ●(10月11日) 御所神社祭、加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭
       秋季弁天祭り、橘新宮祭、禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷、鶴岡八幡神社宮出し

      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行、保内八幡神社宮出し

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、宮出し、前夜祭、新調八丁屋台昼・夜運行、八丁屋台新調
        愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭、四国の祭り2009 in サンポート高松
        西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区」などはここから
      ●「2009 新居浜太鼓祭り関係 春は子ども天国」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから
      ●「飯積神社祭礼 八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 2009年10月16日、伊曽乃神社祭礼の御殿前での常心上組(大南)だんじり(澤屋台)です。

(西条祭り 2009 伊曽乃神社祭礼関係) 御殿前 常心上組(大南)だんじり(屋台) 2009年10月16日

 御殿前での常心上組だんじり(大南屋台)
(西条祭り 2009 伊曽乃神社祭礼関係) 御殿前 常心上組(大南)だんじり(屋台) 2009年10月16日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


(西条祭り 2009 伊曽乃神社祭礼関係) 御殿前 常心上組(大南)だんじり(屋台) 2009年10月16日

 御殿前での常心上組(大南)だんじり(屋台)
(西条祭り 2009 伊曽乃神社祭礼関係) 御殿前 常心上組(大南)だんじり(屋台) 2009年10月16日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

■私の撮影した2009年の曽乃神社祭礼の御殿前関係の写真は、右側のカテゴリーの「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」をクリックして順次ご覧ください。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●お祭り・文化・名勝関連の豆知識●

●岩城島(いわぎじま)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E5%9F%8E%E5%B3%B6

岩城島(いわぎじま)は、愛媛県北東部に位置する離島である。広くは芸予諸島に、小さくは上島諸島に含まれる。行政区画は愛媛県越智郡上島町。

島の中央にそびえる積善山は、瀬戸内海の島々の中でも一二の標高を有し、三千本に及ぶ桜の名所としても知られている。これらの観光資源を活用した観光客誘致や、1985年からは「青いレモンの島」のキャッチフレーズで、島特産のレモンを利用した産業振興策に取り組み始め、今日では一定の評価を得ている。さらに、1990年代からはグリーンツーリズム等にも取り組んでいる。



自然

* 島の中央に位置する標高370メートルの積善山を中心とし、やや膨らんだ三角形の形をした小島である。
* 属島として、赤穂根島、津波島などがある。

地理

* 生口島の南に位置する。
* 島の一番の集落は、南部の岩城地区で、行政関係機関などがある。

地名の由来

岩城という名は古代の部族名による、あるいは平安時代に岩清水八幡の所領になったとか、いくつかの説がある。また、魏志倭人伝に「己百支」(いわき)国としてすでにその名があるが、確たるものは不明。(村の資料より)

歴史
行政

* 行政区画として、愛媛県越智郡上島町に属する。
* 愛媛県果樹試験場岩城分場がある。

経済

* 主要産業は、農業並びに造船業である。

農業 柑橘類
造船業 岩城造船の造船所がある。

交通

* 岩城島を含む上島地域の交通の中心は因島(広島県)であり、因島への航路が頼りといえる。因島又は本島のすぐ北に位置する生口島まで渡ると、瀬戸内しまなみ海道により、本州及び四国と橋でつながっている。
* より長期的には本島と東隣の生名島とを結ぶ岩城橋(他2橋と合わせて上島架橋と総称される)の構想があるが、岩城橋については2009年現在、完成時期は全く見通しが立っていない。
* 主要航路

今治~友浦(大島)~木浦(伯方島)~岩城~佐島~弓削~生名~土生(因島) 高速艇
木浦~岩城~佐島~弓削~生名~土生    フェリー
小漕(岩城島)~洲江(生口島)~金山(因島)  フェリー

* 岩城港(岩城漁港)

岩城島周囲の漁場ではマダイやアコウダイ、メバル等が生息し、一本釣り、刺し網、採介藻、養殖業など多種に渡る漁業が営まれており、岩城漁港は上島町の水産業に重要な役割を果たしている。ただ、桟橋や物揚場は昭和40年代から50年代にかけて整備されたもので、かなり老朽化している。

* 小漕港は島の北部にあり、因島、生口島と結ばれている。

名所・名産

* 名所
o 積善山・スカイライン  300本もの桜があり、春にはにぎわう。
o 妙見メンヒル      古代巨石信仰の名残り。
o 若山牧水歌碑    牧水が三浦家に逗留していたときに詠んだ歌を刻んでいる。
o 岩城郷土館
* 名産
o かんきつ類(ライム、八朔、ウンシュウミカン)
o レモン、レモン加工品
o しいたけ
o 芋菓子
o ひじき
o ぶどう
* 郷土料理 ・・・いぎす豆腐、鯛めん、小魚のから揚げ、活魚料理

関連項目

* 芸予諸島、上島諸島
* 上島町
* 弓削島
* 生名島
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから

 2009年12月2日に撮った西条市地蔵原の西条道前病院の南の山脇にあるイチョウ(銀杏)と、地蔵原地蔵庵のイチョウ(銀杏)です。

●地蔵原地蔵庵関連の記事
   ■地蔵庵
   ■地蔵原屋台蔵
   ■地蔵庵のイチョウ

西条市のイチョウ(いちょう) 西条道前病院南・地蔵原地蔵庵のイチョウ(銀杏) 西条市地蔵原 2009年12月2日

 西条道前病院の南の山脇にあるイチョウ(銀杏)と渋柿の木
西条市のイチョウ(いちょう) 西条道前病院南・地蔵原地蔵庵のイチョウ(銀杏) 西条市地蔵原 2009年12月2日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


西条市のイチョウ(いちょう) 西条道前病院南・地蔵原地蔵庵のイチョウ(銀杏) 西条市地蔵原 2009年12月2日

 西条道前病院の南の山脇にあるイチョウ(銀杏)
西条市のイチョウ(いちょう) 西条道前病院南・地蔵原地蔵庵のイチョウ(銀杏) 西条市地蔵原 2009年12月2日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


西条市のイチョウ(いちょう) 西条道前病院南・地蔵原地蔵庵のイチョウ(銀杏) 西条市地蔵原 2009年12月2日

 西条道前病院の南の山脇にあるイチョウ(銀杏)
西条市のイチョウ(いちょう) 西条道前病院南・地蔵原地蔵庵のイチョウ(銀杏) 西条市地蔵原 2009年12月2日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


西条市のイチョウ(いちょう) 西条道前病院南・地蔵原地蔵庵のイチョウ(銀杏) 西条市地蔵原 2009年12月2日

 地蔵原地蔵庵のイチョウ(銀杏)
西条市のイチョウ(いちょう) 西条道前病院南・地蔵原地蔵庵のイチョウ(銀杏) 西条市地蔵原 2009年12月2日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

■地蔵原地蔵庵の「いちょうの大木」(現地の案内板より)
嘉永三年(一八五〇)頃、地蔵原の本田勝蔵氏(当時二〇才)と東地蔵原の松本完次氏(当時十五才)の二人が、地蔵原の谷口元吉氏より樹齢20年位を譲りうけ、現在地に移植したものであります。
  樹齢 一七〇年
  高さ 四十五m
  幹周 四・四m
 本田勝蔵氏(一八三〇~一九一二)
 松本完次氏(一八三五~一九一一)
      一九九九.四.一〇

■地蔵庵の由来(現地の案内板より)
 地蔵原地蔵庵はその昔、弘法大師が四国巡錫の際この地にて、一夜で地蔵尊を石刻安置されたと伝えられています。
 霊験灼にして、爾来参詣者が跡を絶づ人々は宇堂を建設し、いつの頃からかこの地を地蔵原と呼ぶようになったとのことです。
 法燈が連綿として継承され、今日においても遍路修行者が弘法大師の遺徳を偲び立ち留り堂前にて合掌礼拝して遍路の途に就く習慣が残っています。
 宇堂の歴史を察る記録に「奉再造地蔵尊御厨子入佛供養 明和八年七月吉日」と記されており歴史の重さを伺うことができます。
 星霜移り宇堂の荒廃激しく檀信徒再建を発願し関係者一丸となり、篤き浄財を以て夢魔成満、本日茲に吉祥を卜して落慶法要を厳修。(以下略)
  平成十三年五月吉日
     王至森寺 住職
        瀬川大秀 謹書

地蔵原地蔵庵・西条道前病院・王至森寺(おしもりじ)・飯岡保育園・天皇さんの泉・素鷲神社の場所・所在地地図・アクセス


■私の撮影したイチョウ(銀杏)などの写真などは、右側の「カテゴリー」の中の「イチョウ」をクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●カキノキ(柿の木)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%AD

曖昧さ回避 柿木は、この項目へ転送されています。かつて島根県に存在した村については「柿木村」をご覧ください。

カキノキ(柿の木)とはカキノキ科の落葉樹である。東アジアの固有種で、特に長江流域に自生している。

雌雄同株であり、5月ごろに白黄色の地味な花をつける。果実は柿(かき)と呼ばれ、秋に橙色に熟す。

幹は家具材として用いられ、実は食用となる。葉は茶の代わりとして加工され飲まれることがある。未熟の果実はタンニンを多く含み、柿渋は防腐剤として用いられる。現在では世界中の温暖な地域(渋柿は、寒冷地)で果樹として栽培されている。

カキノキ
分類
界 : 植物界 Plantae
門 : 被子植物門 Magnoliophyta
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目 : カキノキ目 Ebenales
科 : カキノキ科 Ebenaceae
属 : カキノキ属 Diospyros
種 : カキノキ D. kaki
学名
Diospyros kaki Thunb.
和名
カキノキ
英名
Kaki Persimmon

学名・英語名の由来

日本から1789年にヨーロッパへ、1870年に北アメリカへ伝わったことから学名にも kaki の名が使われる。

英語で柿を表す「Persimmon」の語源はアメリカ合衆国東部の先住民であるアルゴンキン語族の言葉で「干し果物」を意味する名詞「ペッサミン」であり、先住民がアメリカガキ(Diospyros virginiana L.)の実を干して保存食としていた事実に基づく。近年、欧米ではイスラエル産の柿(渋抜きした「Triumph」種)が「シャロンフルーツ(Sharon Fruit)」という名称で流通するようになったため柿は「Persimmon」よりも「Sharon Fruit」という名で知られている。なお「Sharon Fruit」は欧米では一般に登録商標であり、これらの地域でイスラエル産以外の柿を「Sharon Fruit」という商品名で販売することは違法である。
生産

国際連合食糧農業機関(FAO)の統計データ(2005年現在)によると、全世界におけるカキの生産量は256万1,732トンである。このうち、72%(183万7,000トン)を中国一国が生産している。次いで韓国(25万トン)、日本(23万トン)、ブラジル(15万トン)、イタリア(5万1,000トン)、イスラエル(4万トン)である。以上6カ国で生産量の99.8%を占める。他にニュージーランド(1,300トン)、イラン(1,000トン)、オーストラリア(650トン)、メキシコ(450トン)などの諸国でも生産されている。地域別ではアジア州が92%、南アメリカ州(ブラジルのみ)が6%、ヨーロッパ州(イタリアのみ)が2%という比率である。

柿は北海道と沖縄県を除く日本の全県で栽培がされており、柿の栽培面積が多い県は和歌山県、福岡県、奈良県の順である。
日本国内の収穫量

2007年度 24万4,800トン

* 全国1位:和歌山県 5万2,400トン(21%)
* 全国2位:奈良県 2万8,100トン(11%)
* 全国3位:福岡県 2万400トン(8%)

品種

品種数は多く1,000を超えるとも言われているが、大まかには渋柿と甘柿とに分かれる。

食用の栽培品種のほとんどが2n = 90の6倍体であるが、一部の種なし品種(平核無や宮崎無核)は2n = 135の9倍体である。播種から結実までの期間は長く、ことわざでは8年とも言われるが接ぎ木の技術を併用すると実際は4年程度で結実する。品種改良に際して甘渋は重要な要素で甘柿同士を交配しても渋柿となる場合もあり、品種選抜の効率化の観点から播種後1年で甘渋を判定する方法が考案されている[1][2]。

渋柿は実が熟しても果肉が固いうちは渋が残る柿である。代表的な品種は、平核無と刀根早生である。平核無は新潟県が発祥である。刀根早生は奈良県天理市の刀根淑民の農園で栽培されていた平核無が突然変異し、1980年に品種登録された。

甘柿は渋柿の突然変異種と考えられており、日本特産の品種である。未熟時は渋いが熟すに従い渋が抜け、甘みが強くなっていく。1214年に神奈川県川崎市麻生区の王禅寺で偶然発見された禅寺丸が、日本初の甘柿と位置づけられている。

甘柿は熟すと常に甘みを持つ完全甘柿と、種の有無・多少により成熟時に渋が残ることがある不完全甘柿に分類できる。渋が残ることがあることから、不完全甘柿を渋柿の一種に含めることもある。完全甘柿の代表的な品種は、富有と次郎。富有は岐阜県瑞穂市居倉が発祥で原木がある。次郎は静岡県森町に住んでいた松本次郎吉に由来する。不完全甘柿の代表的な品種は、上記の禅寺丸や愛知県が発祥の筆柿などがある。

主な完全甘柿
富有、次郎、太秋、愛秋豊、御所、伊豆、早秋、貴秋、晩御所、花御所、天神御所
主な不完全甘柿
禅寺丸、筆柿、西村早生、黒柿
主な渋柿
甲州百目、蜂屋、富士、平核無、刀根早生、西条柿、市田柿、四つ溝、会津身知らず、堂上蜂屋柿

柿の利用
柿の実の利用

甘柿の果肉ではタンニンが不溶性となっているため生食するが渋柿の果肉ではタンニンが水溶性で渋みが強いため生食できず、渋柿を食用にするには果肉が軟らかくなった熟柿(じゅくし)になるのを待つかタンニンを不溶性にする渋抜きの加工をする必要がある。湯やアルコールで渋を抜くことを動詞で「醂(さわ)す」といい、これらの方法で渋抜きを施した柿は「さわし柿」と呼ばれる。ほとんどの場合収穫後に渋抜き処理を行うが、品種によっては収穫前に樹上で渋抜きを行うことも出来る[3]。渋柿のタンニンの性質は品種間で異なっており、適する渋抜き方法は異なる[1]。
渋抜きの方法

* アルコール漬けにする(樽柿)。
* アルコールを掛ける。35度のアルコールを少量振りかけ(20 - 30kgに湯飲み1杯程度)、容器(何でもよい)に密封して1週間置く。
* 乾燥させる(干し柿)。あんぽ柿、市田柿は干し柿の一種。
* 湯抜き(35 - 45℃の湯に浸ける)。
* 米・米ぬかにつける。
* 炭酸ガス脱渋(大量の渋柿を加工する業務用の方法。家庭でもドライアイスを使えば可能)。
* 容器にりんごと一緒に入れ密封して一週間置く

干し柿以外の加工品

生食、干し柿の他に次のような食品に加工されている。

* 菓子
* ジャム
* 羊羹
* ゼリー
* チョコレート菓子
* ソフトクリーム
* 酢
* ワイン
* カレー

このほか朝鮮半島では干し柿、生姜、肉桂からスジョングァという飲み物を作る。また米国には柿プディング(パーシモンプディング)という伝統料理がある。製法はクリスマスプディングと似ており、本来は軟らかく熟したアメリカガキの実を用いる。
食用以外の柿渋の利用

和傘や団扇の紙に塗り、耐水性を上げるのに用いられた。

ヘタの利用

成熟した果実のヘタを乾燥したものは柿蒂(シテイ。「柿蔕」とも)という生薬で、しゃっくり・鎮咳・鎮吐に用いられる。

柿の葉の利用

ビタミンC、KやB類といったミネラル分フラボノイドなどを多く含み血管を強化する作用や止血作用を持つとされるため、飲用するなどで民間療法に古くから用いられてきた。また近年では花粉症予防に有効とされ、従来の茶葉としてだけではなく成分をサプリメント等に加工され商品化されたものも流通している。飲用方法としては、5-6月頃に収穫した葉を天日で乾燥させ粉末化し煎じることが一般的である。

またその殺菌効果から押し寿司を葉で巻いたり(柿の葉寿司)、和菓子などの添え物にされることもある。

柔らかい初春の若葉は天ぷらにして食用に出来る。

柿の木の利用

木質は堅く、家具などに利用される。加工がやや難しく割れやすいため、建築材としては装飾用以外には使われない。また、かつてのゴルフクラブ(ウッド)のヘッドには柿材(特にアメリカガキ)を使った物が多くパーシモンの名で呼ばれていたが現在では金属製のウッドが普及したためにあまり使われなくなった。
柿にまつわる慣用句など

「柿の花」は夏、「柿」・「熟柿」・「木守柿」は秋の季語である。なおこの木守柿とはカキノキになった柿の実をすべて収穫せず、木になったまま残しておく数個の柿の実のことである。「こもりがき」、「きもりがき」、「こまもりがき」、「きまもりがき」と読まれる。このような風習は来年の豊作への祈願であるとも、野鳥のために残しておくともいわれる。なお、ユズなどについても同じような風習がある。

なおこけら落としの「こけら」は「?」と書くが、これは音読で「ハイ」と読む画数8画の漢字であり画数9画の「柿」(かき・シ)とは全く異なる文字である。

「桃栗三年柿八年」 と言われ、播種から初回結実までの期間は長い。

「柿が赤くなると医者が青くなる」と言うことわざがあり、豊富なビタミン類とミネラルが栄養価摂取の低い時代では医者いらずの万能薬として重宝された。

脚注

1. ^ a b カキの甘渋の遺伝 園芸學會雜誌 Vol.54 , No.1(1985)pp.39-45
2. ^ 京都大学大学院農学研究科 果樹園芸学研究室
3. ^ カキ果実のアルコール脱渋時におけるエタノール含量と脱渋及び追熟との関係 園芸學會雜誌 Vol.53 , No.3(1984)pp.278-2 (独)科学技術振興機構

関連項目

* 干し柿
* あんぽ柿
* 市田柿
* 柿の葉寿司
* 柿の種 - 柿の種の形をした菓子
* 柿生駅 - 駅名の由来は禅寺丸柿
* 酒井調良
* 酒井駒太郎
* 古墳と柿の館 - 柿に関する資料を常設展示する博物館

外部リンク

* カキ<柿> - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所)
* カキに関する情報提供システム 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所
* 医学ことわざ雑学シリーズ<9>『柿が赤くなると医者が青くなる』 - 高知医療センター 病理診断科 沼本敏:病理医のホームページ
* あんぽ柿 - 福島県伊達市立五十沢小学校のサイト(柿の品種やあんぽ柿についての解説がある)(リンク切れ)

●干し柿(ほしがき)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B2%E3%81%97%E6%9F%BF

干し柿(ほしがき)は、ドライフルーツの一種で、柿の果実を乾燥させたもの。ころ柿(枯露柿、転柿、ころがき)、白柿(しろがき)とも呼ぶ。日本、朝鮮半島、ベトナムなどで作られている。日系移民によってアメリカ合衆国のカリフォルニア州にも干し柿の製法が伝えられた。

へたに柄と枝の一部の付いた柿の実の果皮を剥き、枝と柄のT字型の部分を紐で結ぶ。このT字型の部分を撞木と呼ぶ。1本の紐に数個から十数個の皮を剥いた柿を結んで(連という)、雨を避けるため、柿を結んだ紐を家の軒先など屋根の下に吊るして、乾燥させる。この製法から、吊るし柿(つるしがき)とも呼ばれる。
吊るし柿

干し柿に用いられる柿は渋柿であり、乾燥しやすいよう、果実が小型の品種が用いられることが多い。乾燥させることにより、渋柿の可溶性のタンニン(カキタンニン)が不溶性に変わって(渋抜きがされて)渋味がなくなり、甘味が強く感じられるようになる(その甘さは砂糖の約1.5倍とも言われる)。風味や食感が乾燥させずに食べる甘柿とは大幅に異なるため、生食される甘柿が苦手でも干し柿は平気で食べる人もいるし、逆に甘柿が好きでも干し柿が苦手な人もいる。

甘柿は渋柿と違って渋抜きをせずに食べられるが、糖度そのものは渋柿のほうがはるかに高いため、甘柿を干し柿にしても渋柿のようには甘くならない。
冬の風物詩にもなっている干し柿

表面に白い粉が付着していることが多いが、これは柿の実の糖分が結晶化したものである。

干し柿に用いられる渋柿の主な品種には、市田柿(長野県伊那谷(伊那盆地)産)や紅柿(山形県上山市原産)、堂上蜂屋(岐阜県美濃地方原産)、三社柿(富山県福光町)、甲州百目などが挙げられる。

かつてはそのまま乾燥させたため種が入っていて当たり前であったが、現在は種抜き後に乾燥させる種無しの干し柿もある。

干し柿のうち、硫黄で燻蒸し、乾燥させた後も柔らかく果肉に水気が感じられるものを、あんぽ柿という。

撞木を結ぶ紐は最近ではビニール製が主流であるが、元来は棕櫚の葉、トウモロコシの実の外皮、麻などを使用した。

他の乾燥食品と同様に古くは冬の保存食であったと伝わる。

戦国時代には美濃地方の名産品になっており、織田信長が自領の名物としてルイス・フロイスに贈った逸話がある。この際、フロイスは干しイチジクの一種と誤解しており、彼がそれまでいた西日本ではあまり知られていなかったようである。

栄養

柿にはビタミンCが豊富で、大きい物ならば一個で一日に必要な量は補給できてしまうが、ビタミンCは干し柿にすると無くなってしまい、その代わりにビタミンAが干し柿にする前の二倍となる。

干し柿には食物繊維も豊富である。

食べ過ぎるとタンニンの作用で鉄分の吸収が妨げられるという悪影響がある。

一日に1~2個がよいとされる。

さらに柿自体に悪酔い防止作用があり、二日酔いの時によく熟した甘柿を一つ食べると気分が良くなるとされている。

関連項目

* カキノキ
* あんぽ柿
* ドライフルーツ
* スジョングァ
 

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(12月23日) 天皇陛下御即位20年奉祝 (伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシ)
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
       飯積神社祭礼船屋朝太鼓

      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・御殿前・川入り・駅前と西条地区後夜祭、新居浜大生院中萩地区夜太鼓
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、植村会、七泰会、伊曽乃川人会
       石岡神社渡御行列(お旅所付近)

      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校、石岡神社祭礼橘・氷見地区宵祭り
      ●(10月11日) 御所神社祭、加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭
       秋季弁天祭り、橘新宮祭、禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷、鶴岡八幡神社宮出し

      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行、保内八幡神社宮出し

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、宮出し、前夜祭、新調八丁屋台昼・夜運行、八丁屋台新調
        愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭、四国の祭り2009 in サンポート高松
        西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区」などはここから
      ●「2009 新居浜太鼓祭り関係 春は子ども天国」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから
      ●「飯積神社祭礼 八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 天皇誕生日の2009年12月23日、天皇陛下御即位20周年奉祝に伊曽乃神社へだんじり(屋台)など50基近くが参加しました。その後、神拝地区の屋台9台がマルヨシセンター西条店駐車場に集まりました。今回はマルヨシセンター西条店駐車場での花園町だんじり(屋台)です。

(西条祭り関係) 天皇誕生日 マルヨシセンター西条店駐車場での花園町だんじり(屋台) 天皇陛下御即位20年奉祝奉納 西条市喜多川381番地1 2009年12月23日

 天皇陛下御即位20周年奉祝 マルヨシセンター西条店駐車場での花園町だんじり(屋台)
(西条祭り関係) マルヨシセンター西条店駐車場での花園町だんじり(屋台) 天皇陛下御即位20年奉祝奉納 西条市喜多川381番地1 天皇誕生日 2009年12月23日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


(西条祭り関係) 天皇誕生日 マルヨシセンター西条店駐車場での花園町だんじり(屋台) 天皇陛下御即位20年奉祝奉納 西条市喜多川381番地1 2009年12月23日

 天皇陛下御即位20周年奉祝 マルヨシセンター西条店駐車場での花園町だんじり(屋台)
(西条祭り関係) マルヨシセンター西条店駐車場での花園町だんじり(屋台) 天皇陛下御即位20年奉祝奉納 西条市喜多川381番地1 天皇誕生日 2009年12月23日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


■私の撮影した2009年の天皇陛下御即位20年奉祝関係の写真は、右側のカテゴリーの「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」をクリックして順次ご覧ください。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●お祭り・文化・名勝関連の豆知識●

●昭和の日(しょうわのひ)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E5%92%8C%E3%81%AE%E6%97%A5

昭和の日(しょうわのひ)は、日本国の国民の祝日の1日である。平成19年(2007年)から加わった、現在のところ最も新しい国民の祝日である。国民の祝日に関する法律(祝日法)の一部改正により追加されたもので、日付は昭和天皇の誕生日である4月29日。同法における定義・趣旨は「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」となる。ゴールデンウィークの中の1日である。

制定

昭和64年(1989年)1月7日の昭和天皇崩御により、同年以降の4月29日はそれまでの天皇誕生日としては存続できなくなり、祝日法の天皇誕生日に係る項を改正する必要が生じた。当時から同日を「昭和記念日」など昭和に因んだ新祝日として存続させようという意見が出ていたが、左派の反対からそのような案は見送られ、同年以降の4月29日は「みどりの日」という名称の祝日に改められた。

その後、「昭和の日」の実現を目指す団体等右派の運動に呼応・共鳴する国会議員により、平成12年(2000年)の第147回国会(参議院先議)、平成14年(2002年)の第154回国会(衆議院先議)においていずれも議員提出法律案として審議に付され、ともに先議の議院では可決したものの、国会会期終了・衆議院解散などにより後議の議院での可決に至らず廃案となった。平成16年(2004年)の第159回国会において、都合3度目となる改正法案提出(議員立法形式・衆議院先議)がなされ、継続審議を経て平成17年(2005年)の第162回国会で成立した。同改正法は平成19年(2007年)から施行され、同年以降の4月29日は「昭和の日」、従前の「みどりの日」は5月4日に移動した。なお、同改正法案にはこの二つの祝日設置のほかにも付随する改正(振替休日や国民の休日の重複を避けるための条文の変更等)が盛り込まれている。

外部リンク

* 特定非営利活動法人「昭和の日」ネットワーク
* 昭和の日 オフィシャルサイト (神社本庁系「昭和の日普及委員会」によるウェブサイト)
 

テーマ:祭りの写真 - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(12月23日) 天皇陛下御即位20年奉祝 (伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシ)
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
       飯積神社祭礼船屋朝太鼓

      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・御殿前・川入り・駅前と西条地区後夜祭、新居浜大生院中萩地区夜太鼓
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、植村会、七泰会、伊曽乃川人会
       石岡神社渡御行列(お旅所付近)

      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校、石岡神社祭礼橘・氷見地区宵祭り
      ●(10月11日) 御所神社祭、加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭
       秋季弁天祭り、橘新宮祭、禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷、鶴岡八幡神社宮出し

      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行、保内八幡神社宮出し

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、宮出し、前夜祭、新調八丁屋台昼・夜運行、八丁屋台新調
        愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭、四国の祭り2009 in サンポート高松
        西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区」などはここから
      ●「2009 新居浜太鼓祭り関係 春は子ども天国」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから
      ●「飯積神社祭礼 八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 2009年5月22日、中山川大橋付近のサギのコロニーで中山川大橋付近のチュウサギ(中鷺)を撮ってみました。

西条市の野鳥 中山川大橋付近のチュウサギ(中鷺) 中山川大橋・佐伯プラスチック加工・浜栄港運小松倉庫近く(西条市小松町)より 2009年5月22日

 中山川大橋付近の中山川大橋付近のチュウサギ(中鷺)
西条市の野鳥 中山川大橋付近のチュウサギ(中鷺) 中山川大橋・佐伯プラスチック加工・浜栄港運小松倉庫近く(西条市小松町)より 2009年5月22日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


小松ゴルフ場・逓信省愛媛地方航空機乗員養成所/西条海軍航空隊記念碑・塩釜神社・新中山川橋・新兵衛大橋・新兵衛橋・中山川橋・中山川大橋の場所・所在地地図・アクセス


■私の撮影したチュウダイサギ(中大鷺)などの写真は、右側のリンクの「チュウダイサギ」をクリックして順次ご覧ください。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●鳥関連の豆知識●

●チュウサギ(中鷺、学名:Ardea intermedia)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%82%AE

チュウサギ(中鷺、学名:Ardea intermedia)は、コウノトリ目サギ科の鳥で、白鷺の仲間。名前は中型のサギを示す。

チュウサギ
保全状態評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
界 : 動物界 Animalia
門 : 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
綱 : 鳥綱 Aves
目 : コウノトリ目 Ciconiiformes
科 : サギ科 Ardeidae
属 : アオサギ属 Ardea
種 : チュウサギ A. intermedia
学名
Ardea intermedia
Wagler, 1829
和名
チュウサギ
英名
Intermediate Egret

形態

体長 68cm ほどで、ダイサギより一回り小さい。

全身が白、足は全体が黒く、眼先が黄色。ダイサギに似るが、体長が小さいこと、クチバシが短いこと、眼下に入る口角の切れ込みが眼の真下で止まるところで区別できる。

夏羽では嘴が黒くなり、背に飾り羽根が現れる。眼先が少々緑がかる。 冬羽では嘴が黄色くなるが、先端のみ黒く残る場合もある。

分布

* ユーラシア、アフリカ、オーストラリアの温帯から熱帯に分布する。
* 日本では夏鳥で、本州以南に渡来する。また九州など暖地では少数が越冬する。

生態

内陸の平地を好み、昼間に水田や湿地、浅い湖沼や河川などに出て魚や両生類、昆虫などを捕食する。

他の白鷺と同様に、非繁殖期は単独行動するが、繁殖期には水辺の林などに「サギ山」と呼ばれる集団営巣地を取り、一夫一妻である。

鳴き声は「ゴァー」などで、種ダイサギと酷似する。

Sibley分類体系上の位置
シブリー・アールキスト鳥類分類
鳥綱 Aves
コウノトリ目 Ciconiiformes
コウノトリ亜目 Ciconii
コウノトリ下目 Ciconiides
コウノトリ小目 Ciconiida
サギ上科 Ardeoidea
サギ科 Ardeidae

保全状態評価

* [1]LEAST CONCERN(IUCN Red List Ver.3.1(2001))
Status iucn3.1 LC.svg
* [2]準絶滅危惧(NT)(環境省レッドリスト)
Status jenv NT.png
世界的には安定している。日本でも過去は多数が繁殖。しかし繁殖適地の減少や田畑での農薬使用に伴う捕食対象の減少などにより渡来数が漸減した。観察数は1970年代にコサギと逆転した。

references

1. ^ Mesophoyx intermedia (Species Factsheet by BirdLife International)
2. ^ Egretta intermedia (環境省絶滅危惧種情報 by 生物多様性情報システム J-IBIS)

関連項目

* ダイサギ、コサギ
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2009 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.