お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・川入り・駅前と西条地区後夜祭
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、石岡神社渡御行列(お旅所付近)
      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校
      ●(10月11日) 御所神社祭、禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷、鶴岡八幡神社宮出し
      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行、保内八幡神社宮出し

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御旅所」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、植村会、七泰会、伊曽乃川人会、宮出し、前夜祭、八丁屋台昼・夜運行
        加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭、秋季弁天祭り、橘新宮祭、八丁屋台新調
        愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭高松
        四国の祭り2009、西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区 新居浜大生院中萩地区夜太鼓」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り関係 子供太鼓台」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「飯積神社祭礼奉納太鼓台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 天皇陛下御即位20年奉祝、橘・氷見地区宵祭り
        山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから

      ●「飯積神社祭礼 飯積神社祭礼船屋朝太鼓、八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 2009年10月16日、伊曽乃神社祭礼のお旅所での日明だんじり(屋台)です。

   ●私が撮った「2009 伊曽乃神社祭礼 御旅所」の写真はここから順次ご覧ください

(西条祭り 2009 伊曽乃神社祭礼関係) お旅所 日明だんじり(屋台) 愛媛県西条市大南上 2009年10月16日

 お旅所での日明だんじり(屋台)
(西条祭り 2009 伊曽乃神社祭礼関係) お旅所 日明だんじり(屋台) 愛媛県西条市大南上 2009年10月16日
NIKON D300 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


(西条祭り 2009 伊曽乃神社祭礼関係) お旅所 日明だんじり(屋台) 愛媛県西条市大南上 2009年10月16日

 お旅所での日明だんじり(屋台)
(西条祭り 2009 伊曽乃神社祭礼関係) お旅所 日明だんじり(屋台) 愛媛県西条市大南上 2009年10月16日
NIKON D300 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


(西条祭り 2009 伊曽乃神社祭礼関係) お旅所 日明だんじり(屋台) 愛媛県西条市大南上 2009年10月16日

 お旅所での日明だんじり(屋台)
(西条祭り 2009 伊曽乃神社祭礼関係) お旅所 日明だんじり(屋台) 愛媛県西条市大南上 2009年10月16日
NIKON D300 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●お祭り・文化・名勝関連の豆知識●

●寒風山トンネル(かんぷうざんトンネル)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%92%E9%A2%A8%E5%B1%B1%E3
%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

寒風山トンネル(かんぷうざんトンネル)は、国道194号の愛媛県西条市と高知県いの町との間の寒風山の下を貫くトンネルである。四国最長の道路トンネルであり、無料で通れる道路トンネルとしては日本最長である。

寒風山トンネル
位置 愛媛県西条市・高知県いの町
座標 北緯33度48分12秒
東経133度15分42秒
現況 運用中
所属路線名 国道194号
起点 愛媛県西条市
終点 高知県いの町
運用
開通 1999年(平成11年)4月17日
通行料金 無料
技術情報
全長 5,432m
道路車線数 片側1車線
幅 9m

沿革

* 昭和53年(1978年)4月 - 建設省(現国土交通省)の直轄事業として着手された。
* 昭和56年(1981年)9月 - 愛媛県側で工事用道路の工事着手。
* 昭和57年(1981年)10月5日 - 愛媛県側で工事用道路で大規模地すべり発生(幅約100m、長さ約200m、推定崩壊土量10万m3)。
* 昭和61年(1986年) - ルート変更後、工事用道路の工事に着手。
* 昭和63年(1988年)10月 - 建設省(現国土交通省)の直轄事業として本体工事が開始された。
* 平成元年(1989年)2月 - 愛媛県側作業坑の掘削工事に着手。
* 平成2年(1990年)1月 - 愛媛県側本坑の掘削工事に着手。
* 平成4年(1992年)6月 - 高知県側作業坑の掘削工事に着手。
* 平成4年(1992年)8月 - 高知県側本坑の掘削工事に着手。
* 平成6年(1994年)10月3日 - 作業坑が貫通。
* 平成8年(1996年)11月21日 - 本坑が貫通。
* 平成11年(1999年)4月17日 - 一般供用を開始。

概要

本坑延長5432メートル、愛媛から高知方面へ3.45%の登り勾配を持つ片側1車線の長大トンネルである。 このトンネルが開通するまでは、標高1130m地点[1]にある延長945m、1964年(昭和39年)7月開通の寒風山隧道があるが、トンネルの前後は高知県側・愛媛県側ともに急傾斜の林間を縫う悪路であり、大型車の利用には支障が多かった。また、大雨による通行規制、さらに冬季3ヶ月間は雪による路面の凍結等で通行止めになることも多かったため、昭和51年度より関係市町村・諸団体・民間企業等が改良を求める運動を行い新トンネルの建設へと繋がって行った。

実際の工事にあたっては、高土被り(最大900mの土被り箇所がある)による高地圧対策や突発湧水など、数々の難工事を克服して完成にこぎ着けた。

トンネル延長が5000mを超えているため危険物積載車はこのトンネルを通行できないので注意が必要(旧寒風山トンネルで迂回可能)である。また、愛媛県から高知県に向かっての登坂路で、尚かつ曲線のない直線路なので、誰しもスピードを大幅に超過しやすい走行環境であるため、白バイが交通パトロールのため巡回していることがある。

なお、旧寒風山トンネルと区別する場合、新寒風山トンネルということもある。

本トンネルの開通によりこの区間の所要時間が約50分から約10分に大幅に短縮され、積雪の影響もほとんど解消された。

路線データ

* 構造規格:第3種 第3級
* 設計速度:60km/h
* 長さ:5,432m
* 道路幅員:9m
* 車線幅員:3.25m
* 車線:片側1車線

脚注・参考文献

1. ^ 『スーパーマップル 四国道路地図』 昭文社、2008年

* 土佐国道事務所40年のあゆみ

関連項目

* 四国地方の道路一覧
* 延長別日本の道路トンネルの一覧
* 伊曽乃神社 - 高知との県境到達記念としてトンネル掘削時の岩塊が奉納されている。
 
スポンサーサイト



テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・川入り・駅前と西条地区後夜祭
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、石岡神社渡御行列(お旅所付近)
      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校
      ●(10月11日) 御所神社祭、禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷、鶴岡八幡神社宮出し
      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行、保内八幡神社宮出し

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御旅所」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、植村会、七泰会、伊曽乃川人会、宮出し、前夜祭、八丁屋台昼・夜運行
        加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭、秋季弁天祭り、橘新宮祭、八丁屋台新調
        愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭高松
        四国の祭り2009、西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区 新居浜大生院中萩地区夜太鼓」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り関係 子供太鼓台」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「飯積神社祭礼奉納太鼓台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 天皇陛下御即位20年奉祝、橘・氷見地区宵祭り
        山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから

      ●「飯積神社祭礼 飯積神社祭礼船屋朝太鼓、八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 2010年1月14日、愛媛県西条市明屋敷の西条高校お堀端で、カモメ(鴎)を撮りました。

西条市の野鳥 西条高校お堀端のカモメ(鴎) 愛媛県西条市明屋敷 2008年12月27日

 西条高校お堀端のカモメ(鴎)
西条市の野鳥 西条高校お堀端のカモメ(鴎) 愛媛県西条市明屋敷 2008年12月27日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

■私の撮影したカモメの写真は、右側の「カテゴリー」の中の「カモメ」をクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●温泉スタンド
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E6%B3%89%E3%82%B9
%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89

温泉スタンド(おんせん - )とは、温泉を販売あるいは無償提供している施設、または自動販売機のこと。ペットボトルなどに詰められた温泉を販売するのではなく、貯湯槽に貯められた温泉水を、購入者が持参したポリタンクなどの容積が大きい容器に入れ持ち帰る形を取っているところが多い。その様は、ガソリンスタンドにおける燃料の販売形態にも似ている。

温泉スタンドで販売される温泉水は、自宅の風呂などで温泉に入浴することを目的で販売されている。そのため、温泉スタンドで販売されている源泉は温泉法による利用の許可は浴用はあっても飲用の許可を得ていない場合が大半であり、飲泉には適さない。

温泉スタンドが設置される目的は、豊富に湧出する源泉の有効利用、温泉の効能を多くの人に味わってもらうため、新たに開かれた温泉地が宣伝を目的とした設置、などが挙げられる。温泉が湧出した際に、温泉入浴施設が整備できるまでのサービスとして温泉スタンドを設置する場合もみられる。
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・川入り・駅前と西条地区後夜祭
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、石岡神社渡御行列(お旅所付近)
      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校
      ●(10月11日) 御所神社祭、禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷、鶴岡八幡神社宮出し
      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行、保内八幡神社宮出し

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御旅所」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、植村会、七泰会、伊曽乃川人会、宮出し、前夜祭、八丁屋台昼・夜運行
        加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭、秋季弁天祭り、橘新宮祭、八丁屋台新調
        愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭高松
        四国の祭り2009、西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区 新居浜大生院中萩地区夜太鼓」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り関係 子供太鼓台」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「飯積神社祭礼奉納太鼓台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 天皇陛下御即位20年奉祝、橘・氷見地区宵祭り
        山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから

      ●「飯積神社祭礼 飯積神社祭礼船屋朝太鼓、八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 2009年(平成21年)10月17日、愛媛県新居浜市山根町の山根グラウンドで行われた上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ)での萩生東太鼓台(中萩)です。

新居浜太鼓祭り 萩生東太鼓台(上部地区(中萩)  氏神: 滝神社・萩岡神社) 山根グラウンド上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ) 愛媛県新居浜市山根町 2009年10月17日

 山根グラウンド上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ)での萩生東太鼓台(上部地区(中萩) 氏神: 滝神社・萩岡神社)
新居浜太鼓祭り 萩生東太鼓台(上部地区(中萩) 氏神: 滝神社・萩岡神社) 山根グラウンド上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ) 愛媛県新居浜市山根町 2009年10月17日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


新居浜太鼓祭り 萩生東太鼓台(上部地区(中萩)  氏神: 滝神社・萩岡神社) 山根グラウンド上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ) 愛媛県新居浜市山根町 2009年10月17日

 山根グラウンド上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ)での萩生東太鼓台(上部地区(中萩) 氏神: 滝神社・萩岡神社)
新居浜太鼓祭り 萩生東太鼓台(上部地区(中萩) 氏神: 滝神社・萩岡神社) 山根グラウンド上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ) 愛媛県新居浜市山根町 2009年10月17日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


新居浜太鼓祭り 萩生東太鼓台(上部地区(中萩)  氏神: 滝神社・萩岡神社) 山根グラウンド上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ) 愛媛県新居浜市山根町 2009年10月17日

 山根グラウンド上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ)での萩生東太鼓台(上部地区(中萩) 氏神: 滝神社・萩岡神社)
新居浜太鼓祭り 萩生東太鼓台(上部地区(中萩) 氏神: 滝神社・萩岡神社) 山根グラウンド上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ) 愛媛県新居浜市山根町 2009年10月17日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


新居浜太鼓祭り 萩生東太鼓台(上部地区(中萩)  氏神: 滝神社・萩岡神社) 山根グラウンド上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ) 愛媛県新居浜市山根町 2009年10月17日

 山根グラウンド上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ)での萩生東太鼓台(上部地区(中萩) 氏神: 滝神社・萩岡神社)
新居浜太鼓祭り 萩生東太鼓台(上部地区(中萩) 氏神: 滝神社・萩岡神社) 山根グラウンド上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ) 愛媛県新居浜市山根町 2009年10月17日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


新居浜太鼓祭り 萩生東太鼓台(上部地区(中萩)  氏神: 滝神社・萩岡神社) 山根グラウンド上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ) 愛媛県新居浜市山根町 2009年10月17日

 山根グラウンド上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ)での萩生東太鼓台(上部地区(中萩) 氏神: 滝神社・萩岡神社)
新居浜太鼓祭り 萩生東太鼓台(上部地区(中萩) 氏神: 滝神社・萩岡神社) 山根グラウンド上部地区太鼓台統一かきくらべ(上部太鼓よせ) 愛媛県新居浜市山根町 2009年10月17日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


■私の撮影した2009年(平成20年)の新居浜太鼓祭り上部地区関係の写真は、右側のリンクの「2009 新居浜太鼓祭り上部」をクリックして順次ご覧ください。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪
透明500

●豆知識●

●伊庭 貞剛(いば ていごう、弘化4年1月5日(1847年2月19日) - 大正15年(1926年)10月22日)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%BA%AD%E8%B2%9E%E5%89%9B

伊庭 貞剛(いば ていごう、弘化4年1月5日(1847年2月19日) - 大正15年(1926年)10月22日)は、第二代住友総理事である。明治時代の実業家。「別子銅山中興の祖」といわれ、明治時代に東の足尾、西の別子と言われた、住友新居浜精錬所の煙害問題の解決にあたり、環境復元にも心血を注ぎ、企業の社会的責任の先駆者と言われている。 元聖心女子学院理事長、元聖心会日本管区長の伊庭澄子は孫。

近江源氏佐々木氏支流で伊庭氏一族。

生涯

1847年(弘化4年)近江国蒲生郡西宿村(現滋賀県近江八幡市)に伯太藩代官の子として出生する。1868年(明治元年)に京都御所禁衛隊に所属、翌年には京都御留守刑法官となり、さらに同年弾正台巡察局に出仕する。この時期に大村益次郎暗殺事件が起こり、伊庭は弾正台の指示により暗殺犯の処刑を中止させることに関わっている。後に昇進し函館裁判所に勤務するが、官吏の世界に失望し辞職、住友の総理事をしていた叔父・広瀬宰平の勧めにより1879年(明治12年)に住友に入社。三ヵ月後に本店支配人となった後も住友家から才覚を高く買われ、さまざまな役職を経験。1880年(明治13年)に五代友厚、山本達雄らとともに私立大阪商業講習所を設置した。同所はのちに府立商業学校となり、現在の大阪市立大学の前身である。多数の公職に請われて就いたほか、大阪紡績株式会社(のちの東洋紡)の設立にも参画、役員となった。このほか、大阪商船の再建などにも参画した。1890年(明治23年)衆議院議員に当選(滋賀第3区)。

明治20年代なかば頃から深刻さを増し、農民の県庁への直訴騒動が起こっていた煙害問題を解決するため、1894年(明治27年)に新居浜に赴き、四阪島への精錬所移転を計画。当時、四阪島は大島や弓削島の島民の所有地であったが、住友が動いていると悟られないよう、腹心の社員に命じて伊庭の個人名義で買い取り、精錬所を移転した。また、銅山の開発により荒れるがままになっていた西赤石山系の山々に「別子全山を旧のあおあおとした姿にしてこれを大自然にかえさねばならない」として、植林を施すなど、環境復元にも心血を注いだ。それらの山林は、後に管理会社として住友林業が設立され、今日まで住友の山として受け継がれている。足尾銅山の鉱害を追及していた田中正造も伊庭の一連の行動を評価し、別子銅山を「我が国銅山の模範」とまで言い切っている。

1895年(明治28年)に大阪と別子から集まりやすいよう尾道市で、住友の重役会議である会議(後に「尾道会議」と呼ばれる)の議長(総理事は広瀬宰平の辞職により空席となっていた)を務め、合議制とするなど経営の近代化を推進、この時住友銀行の創設が決まった(広瀬は銀行業を好まなかったと伝えられる)。明治30年1月総理事心得に昇任、1899年(明治32年)に四阪島工事着手を見届けたのち新居浜を離任。この時の句が「五ヶ年の跡見返れば雪の山」。

明治33年総理事へ昇任。1904年(明治37年)に「事業の進歩発展に最も害するものは、青年の過失ではなくして、老人の跋扈である」として総理事を辞し引退(ただし家長の友純の説得により住友家関係の顧問等は続けた)、また「もしその事業が本当に日本の為になるもので、しかも住友のみの資本では到底成し遂げられない大事業であれば、住友はちっぽけな自尊心に囚われないで何時でも進んで住友自体を放下し、日本中の大資本家と合同し、敢然之を造上げようという雄渾なる大気魄を絶えず確りと蓄えて居ねばならない」という言葉も残している。引退後は、滋賀県石山(大津市)の活機園に住まう。1926年(大正15年)10月22日石山の自宅にて没す。享年80。滋賀県近江八幡市に墓がある。

関連

* 住友財閥
* 広瀬宰平 - 叔父
* 別子銅山
* 四阪島
* 伯太藩
* 野洲市
* 旧伊庭家住宅

参考文献

* 木本正次『別子銅山中興の祖 伊庭貞剛物語』(愛媛新聞ブックス、愛媛新聞社、1999年)

外部リンク

* 住友グループ広報委員会
* 住友活機園(伊庭貞剛記念館) - 年に2回、予約制で特別公開している。
* 伊庭貞剛の旧宅
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・川入り・駅前と西条地区後夜祭
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、石岡神社渡御行列(お旅所付近)
      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校
      ●(10月11日) 御所神社祭、禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷、鶴岡八幡神社宮出し
      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行、保内八幡神社宮出し

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御旅所」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、植村会、七泰会、伊曽乃川人会、宮出し、前夜祭、八丁屋台昼・夜運行
        加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭、秋季弁天祭り、橘新宮祭、八丁屋台新調
        愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭高松
        四国の祭り2009、西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区 新居浜大生院中萩地区夜太鼓」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り関係 子供太鼓台」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「飯積神社祭礼奉納太鼓台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 天皇陛下御即位20年奉祝、橘・氷見地区宵祭り
        山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから

      ●「飯積神社祭礼 飯積神社祭礼船屋朝太鼓、八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 2009年8月7日、愛媛県今治市野間にある野間馬ハイランド(のまうまはいらんど)で野間馬やお子さんを撮りました。

今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日

 野間馬ハイランドの野間馬 [この写真はSILKYPIXで加工しています]
今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日

 野間馬ハイランドの野間馬
今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日

 野間馬ハイランドの野間馬
今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日

 野間馬ハイランドの野間馬 [この写真はSILKYPIXで加工しています]
今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日

 野間馬ハイランドの野間馬
今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日

 野間馬ハイランドの野間馬
今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日

 野間馬ハイランドの野間馬
今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日

 野間馬ハイランドでシャボン玉で遊ぶお子さん
今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日

 野間馬ハイランドでシャボン玉で遊ぶお子さん
今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日

 野間馬ハイランドでシャボン玉で遊ぶお子さん
今治市の名所・スポット・馬 野間馬ハイランド(のまうまはいらんど) 愛媛県今治市野間甲8番地 2009年8月7日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

野間馬ハイランドの場所・所在地地図・アクセス


■私の撮影したスポット・名所の写真は、右側の「カテゴリー」の中の「スポット 名所旧跡」をクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

●豆知識●

●野間馬ハイランド(のまうまハイランド)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E9%96%93%E9%A6%AC
%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

野間馬ハイランド(のまうまハイランド)は、愛媛県今治市にある野間馬を飼育している施設。

園内

園内には野間馬が間近で見える放牧場や小動物の小屋、野間馬に乗馬が出来るコースがある。

わんぱく広場には、いろいろな遊具があり子供に人気。

2008年には野間馬ハイランドからメスのえりか号が上野動物園へ移動した。

主な飼育動物

* 野間馬
* ウサギ
* モルモット

小動物は一緒に遊んだりふれあったり出来る。

開園時間

午前10:00~午後18:00(11月~3月は17:00まで)

乗馬:13:00~15:00 (土日祝祭日10:00~12:00、13:00~15:00)

* 休園日
o 乗馬・売店は火曜日
o 12月29日~1月1日

入場料

* 無料
* 乗馬は1周200円(小学生限定)

関連項目

* 野間馬

外部リンク

* 野間馬ハイランド

●野間馬(のまうま)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E9%96%93%E9%A6%AC

野間馬(のまうま)とは野間(愛媛県今治市)で飼育されている日本在来種の馬である。体高はおよそ110-120cmと小型で、ポニーに分類される。毛色は栗毛、鹿毛が中心である。

概要

越智駒や土佐駒などかつて四国に存在した在来馬の1種として考えられ、縄文時代末期には既に祖先が存在したと推測されている[1]。

原点は伊予松山藩藩主・松平定行が来島海峡にある小島に馬を放牧したところから始まる。この事業は疾病発生と飼料不足で失敗に終わるが、その後今治藩領内の野間郷一帯の農家に繁殖を委託。体高4尺(約121cm)を定尺とし、この定尺より大きい馬は藩公から飼育費の他に報奨金が与えられて増産を進められた。一方、定尺より小さい馬は、飼育費を払わない代わりに農家に無償で払い下げられた。以降農家ではこの定尺以下同士の交配が行われ、日本最小の在来馬「野間馬」が誕生した。この小型馬は「ノマゴマ」「ノマゴ」などと呼ばれ、珍重された[2]。

農家では、この小さな野間馬が頑健で粗食に耐え、蹄鉄がなくとも70kg程度の重い荷物を乗せることができることから増殖が盛んに進められ、江戸時代には約300頭を超えるまでに増え、農耕や荷物の運搬に用いられた。しかし明治時代に政府が小型馬の生産・育成を禁止し、さらに第二次世界大戦後には農業の機械化が行われたことで数が激減してしまい一時は絶滅寸前まで陥った。

だが1978年に松山市の篤志家が自身の所有していた野間馬(牡1頭、牝3頭)を今治市に寄贈。これをきっかけに野間馬保存会が結成され、以後は増産が進められた。1985年、8番目の日本在来馬に認定。

現在では野間馬ハイランドなどで飼育され、数は約80頭に回復している[3]。そこで乃万小学校の生徒たちのため、野間馬に活躍してもらおうと小型化して、乗馬以外に小型の馬車を引くための準備が関係者によって進められている[4]。農耕としての需要は無いものの、観光用として用いられる。また温和で賢い性格のため、小学校のクラブ活動や動物療法にも利用されている。

2008年には野間馬ハイランドからメスのえりか号が上野動物園に来園した。

特徴

* 性格は温和で賢い。
* 四肢は短節で細い。関節は骨太で蹄は緻密。
* 体格に対し頭部は大きい。前髪、鬣が長く蜜毛。
* 江戸時代には白毛が流行したが、現在では栗毛・鹿毛が中心。

脚注

1. ^ 丹波康詞. 『月刊馬劇場』 1993年6月号 日本の在来馬3 野間馬の語り部は子供たち 76頁. ラジオたんぱ.
2. ^ 今治おもしろ百科/野間馬ってなあに?
3. ^ 日本在来馬の飼養状況(pdf、社団法人日本馬事協会)によれば2006年現在で保存地区内で84頭。
4. ^ 畜産ZOO鑑>大切な日本在来馬【在来馬品種】野間馬(のまうま)

参考文献

* 『月刊馬劇場』1993年6月号 76-78頁。

外部リンク

* 野間馬ハイランド
* 現代を歩み続ける!歴史の馬 [リンク切れ]

●ポニー(Pony)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%8B%E3%83%BC

ポニー(Pony)とは、肩までの高さが147cm以下の馬の総称。品種ではなく馬のタイプの一つ。一言にポニーと言っても、犬程度の大きさしかないファラベラから、日本在来馬、比較的大きいコネマラポニーまで含む。代表的なポニーにはウェルシュマウンテンポニー、シェトランドポニー、ハクニーポニーがある。共通する特徴として、頭がよく温厚であり耐久力に優れている。

アメリカでは、キャラクターのモチーフとして人気でありさまざまな絵本やおもちゃが出ている。色はたいてい存在しないピンクが多い。いっしょにユニコーンも出てくる。

代表的なポニー

シェトランドポニー
イギリス原産、平均体高は100cm程度。主に乗馬や引き馬として使われる。
ハフリンガー
オーストリア原産、平均体高は130cm強。主に乗馬や引き馬として使われる。
ウェルシュマウンテンポニー
イギリス原産、平均体高は120cm弱。主に乗馬、ショー用として使われる。
ハクニーポニー
イギリス原産、体高は130cm半ば。馬車用としても使われる。
ゴトランド
スウェーデン・ゴトランド島原産。体高は120-122cm。乗馬。
コネマラ
アイルランド・コナハト地方原産。体高は130-140cm。四肢は短く骨太。乗馬、輓用、農耕用。
ファラベラ
アルゼンチン原産、シェトランドポニーを改良したもの。体高70cm程度であり成馬で40cmの個体も存在する。あまりに小さいため乗馬には使えずペット用。
ミニチュアホース
アメリカ原産、原種はファラベラ、体高は80cm程度。用途はペット、盲導馬?
モウコノウマ(蒙古馬)
モンゴル(蒙古)原産、体高は130cm内外。軍馬、遊牧用。日本在来馬や済州島馬など多くの東アジアの馬の起源。
木曽馬
日本原産、体高は130cm強。元は軍馬、農業用として使われていたが現在は乗馬に使われる。
済州島馬(チョランマル)
韓国・済州島の在来馬で、ルーツは蒙古馬。チョランマルのマルはモンゴル語で馬の意。元朝フビライ・ハーンの時代に、高麗を侵略し、済州島で戦闘馬を育てたのが始まりで、土着の馬と交配しながらチョランマルになった。済州島では在来馬による競馬が実施されている。

関連項目

* ハーモニィセンター ポニー牧場を運営する青少年教育団体。
* ポニーガール
* ポニーテール
* 国鉄C56形蒸気機関車
* ジョッキーベイビーズ

●日本在来馬
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9C%A8%E6%9D%A5%E9%A6%AC

日本在来馬は、日本の在来馬、すなわち、洋種馬等の外来の馬種とほとんど交雑することなく残ってきた日本固有の馬、及び、その馬種の総称である。

略して単に在来馬と言うことも多く、また、和種馬、在来和種(馬)とも呼ばれる。また、その馬種を日本在来種・日本在来馬種、その馬を日本在来種馬と言うこともある。

現存のものは8種に分かれるが、その多くは個体数がたいへん少なく、絶滅が危ぶまれている。(日本)在来家畜の一つ。

歴史的経緯

日本在来馬の原郷は、モンゴル高原であるとされる。現存する東アジア在来馬について、血液蛋白を指標とする遺伝学的解析を行った野沢謙によれば、日本在来馬の起源は、古墳時代に家畜馬として、モンゴルから朝鮮半島を経由して九州に導入された体高(地面からき甲までの高さ)130cm程の蒙古系馬にあるという。

明治以降、特に日清・日露戦争の後に、日本の馬匹改良は、国策としての軍馬増強に主眼が置かれ、馬格の大きい洋種馬との交配による大型化が行われた。まず明治34年(1901年)の「馬匹去勢法」によって、種牡馬及び将来の種牡馬候補以外の牡馬は全て去勢することが定められ、ついで日露戦争後の内閣馬政局の設置(明治39年(1906年))、さらには昭和14年(1939年)の「種馬統制法」によって、これがさらに強化徹底された。この大規模な「改良」の結果、多くの地方では短期間の内に純粋な在来馬が消滅するに至った。

しかしそのかたわら、離島や岬の先端など、主として交通が不便な一部地域には、外国産馬(洋種馬)の血がほとんど入らず、かつての姿をよくとどめる馬群が、細々とではあるが残された。そのような馬群8種を、日本馬事協会が「日本在来馬」として認定し、現在まで保護にあたっている。これらのほかにも農耕馬が使われている地域は存在するが、いずれもある程度洋種馬と混雑しており、純血種に近いものはこの8種のみであると考えられる。

8つの馬種は品種であり、遺伝子的には地域個体群程度の差しかないが、それぞれに特徴があり、体形が異なる。
在来8種
馬 種 地 域 体 高
(肩までの高さ) 頭数(注) 備 考
北海道和種
(俗称:道産子) 北海道 125-135cm 1,468
木曽馬 長野県木曽地域 (木曽郡開田村)、
岐阜県飛騨地方 125-135cm 148 長野県天然記念物
御崎馬 宮崎県都井岬(串間市) 100-120cm 122 国天然記念物
対州馬 長崎県対馬(対馬市) 125-135cm 27
野間馬 愛媛県今治市野間 110-120cm 84 今治市天然記念物
トカラ馬 鹿児島県トカラ列島(鹿児島郡十島村) 100-120cm 96 鹿児島県天然記念物
宮古馬 沖縄県宮古島(宮古島市) 110-120cm 25 沖縄県天然記念物
与那国馬 沖縄県与那国島(八重山郡与那国町) 110-120cm 90 与那国町天然記念物

注:頭数は、2006年現在の保存地域内での飼養頭数[1]。

このほか、純血種が絶滅してしまっている在来馬として、南部馬・三春駒・三河馬・能登馬・土佐馬・日向馬・薩摩馬・甲斐駒・ウシウマ(種子島)などがある。また、寒立馬は南部馬と外来馬の交配種とされる。

特徴

日本在来馬は、前述のようにすべて小型馬・中型馬であり、ポニーに分類され、これはモンゴルの他、中国や朝鮮半島でも最も一般的であった蒙古馬系に属する。

競馬等で親しまれているサラブレッドなどの近代軽種馬と比べた場合の特徴として、全体としてずんぐりした体形、具体的には、やや大きめの頭部、太短くて扇形の首つき、丸々とした胴まわり、体格のわりに長めの背、太くて短めの肢、豊かなたてがみや尾毛、などが挙げられる。顔面や四肢の白微はなく、背中に鰻線(まんせん、背筋に現れる色の濃い線)をもつものが多い。ただし、各馬種ごとにも体形には違いが見られる。

日本在来馬は体質強健で、よく粗飼に耐える。消化器官が発達しており、そのため、野草のみでも育成できると言われる。体は丈夫で、寒冷地でも年間放牧が可能であるとされる。平均的に骨や蹄が堅く、骨折などの事故はあまり起きない。この「蹄が堅い」という在来馬の特長から、日本では雪国で馬にはかせる藁沓(わらぐつ)を除いて、蹄鉄が発達しなかった。

さらに、特徴的な歩様(歩き方)として、日本在来馬は「側対歩」、すなわち、前後の肢を片側ずつ左右交互に動かす変則速歩で歩く。この歩様は上下動が少ないため駄載に適し、特に険しい山道での運搬には向いている。体格のわりに力強く、特に後ろ脚が発達していることもあり、日本在来馬は傾斜地の歩行をあまり苦としない。 また、比較的温和な性格のため、ハミをかませる必要もなく、容易に扱うことができたとされる。このことが原因の一つとなって、日本では明治に至るまで、去勢術が定着しなかった。

一方、平坦地のスピードにおいては、日本在来馬は、スピード競争のために品種改良が重ねられたサラブレッドに遠く及ばない。全馬種のなかで最も高速で走るサラブレッドが平坦地で時速60km 以上のスピードで走れるのに対して、木曽馬は時速40km程度である。

保護

現存の日本在来馬の中には、木曽馬のように、純血種としては一度絶滅したものを、戻し交配によって復活させたものもある。

8品種がそれぞれ文化財として指定を受け、日本馬事協会および各地保存会によって、頭数の維持・増加が図られているが、総数としては、1996年から減少の一途をたどっている。2002年現在、8品種で2,400頭ほどだが、その過半(約1,800頭)は北海道和種に占められており、他の7品種は合わせても600頭ほどにしかならない。

貴重な純血種として在来馬をただ保存するだけではなく、積極的な活用策の構築が望まれる。

現在、御崎馬が、国の天然記念物に指定されているほか、木曽馬が長野県の天然記念物、野間馬が今治市の天然記念物、トカラ馬が鹿児島県の天然記念物、宮古馬が沖縄県の天然記念物、与那国馬が与那国町の天然記念物にそれぞれ指定されている。

脚注

1. ^ 日本在来馬の飼養状況(pdf) - 社団法人日本馬事協会

関連項目

* ウマ#日本の馬
* 日本犬
* 外来種-在来種

外部リンク

* 日本陸軍と馬匹問題PDF
* 畜産ZOO鑑>大切な日本在来馬【在来馬品種】
* 木曽馬 遊馬 三重県津市の日本在来馬である木曽馬の牧場。乗馬体験ができる。
 

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・川入り・駅前と西条地区後夜祭
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、石岡神社渡御行列(お旅所付近)
      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校
      ●(10月11日) 御所神社祭、禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷、鶴岡八幡神社宮出し
      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行、保内八幡神社宮出し

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御旅所」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、植村会、七泰会、伊曽乃川人会、宮出し、前夜祭、八丁屋台昼・夜運行
        加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭、秋季弁天祭り、橘新宮祭、八丁屋台新調
        愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭高松
        四国の祭り2009、西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区 新居浜大生院中萩地区夜太鼓」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り関係 子供太鼓台」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「飯積神社祭礼奉納太鼓台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 天皇陛下御即位20年奉祝、橘・氷見地区宵祭り
        山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから

      ●「飯積神社祭礼 飯積神社祭礼船屋朝太鼓、八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 2009年10月11日、愛媛県西条市古川の御所神社祭りでの砂盛町だんじり(屋台)です。

西条祭り2009 御所神社祭り 砂盛町だんじり(屋台) 愛媛県西条市古川 2009年10月11日

 御所神社祭りでの砂盛町だんじり(屋台)
西条祭り2009 御所神社祭り 砂盛町だんじり(屋台) 愛媛県西条市古川 2009年10月11日
NIKON D300 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


■私の撮影した2009年(平成21年)の西条祭り関係の写真は、右側のリンクの「2009 西条祭り関係」をクリックして順次ご覧ください。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●お祭り・文化・名勝関連の豆知識●

●大阪・神戸 - 今治線
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%83%BB%E7%A5
%9E%E6%88%B8_-_%E4%BB%8A%E6%B2%BB%E7%B7%9A

大阪・神戸 - 今治線は大阪府大阪市・兵庫県神戸市と愛媛県四国中央市・新居浜市・西条市・今治市を結ぶ高速バス路線である。

瀬戸内運輸はいしづちライナー、阪神バスはサラダエクスプレスの愛称をつけている。

全席指定制で、乗車には予約が必要(ただし、当日に空席があれば予約なしでも乗車できる)。

運行会社

* 瀬戸内運輸
* 阪神バス

運行回数

* 昼行7往復/日
o 大阪~今治便 4往復―新居浜ICから一般道経由
o 大阪~壬生川便 2往復―新居浜ICから一般道経由、1往復のみ小松総合支所にも停車
o 大阪~(直通)今治便 1往復―今治湯ノ浦ICまで高速道路を通行し、三島川之江IC~今治桟橋間ノンストップ

停車停留所

▲・▼…頂点が向いている方向のみ乗車可能
レ・∥…通過・非経由

停留所名 今治便 壬生川便 直通今治便 備考
大阪梅田 ▼ ▼ ▼ 大阪駅前・ハービスOSAKA
神戸三宮 ▼ ▼ ▼ 阪神三宮・日本生命ビル前
阪神高速3号線・第二神明・神戸淡路鳴門道・徳島道・松山道経由
三島川之江IC ▲ ▲ ▲
新居浜駅前 ▲ ▲ ∥
新居浜住友病院前 ▲ ▲ ∥
西条済生会病院前 ▲ ▲ ∥ 西条車庫
西条駅前 ▲ ▲ ∥ 伊予西条駅
小松支所前 レ △ ∥ 壬生川便の2往復中1往復のみ停車
壬生川駅前 ▲ ▲ ∥
今治桟橋 ▲ ▲
今治駅前 ▲ ▲

歴史

* 1990年代後半 阪神電鉄・せとうちバス共同で、1日1往復の季節便として運行開始。
o 高速道路の未発達等の理由で乗車率は思ったほど上がらず、後に休止。
* その後、せとうちバス単独で1往復の定期路線として再開。以後段階的に増便を繰り返す。
* 2005年5月16日 5往復に増便、阪神電鉄が再度参入。
* 2007年12月22日 6往復に増便、今治便1往復を直通今治便に変更し、壬生川便1往復を増発。
* 2009年10月1日 7往復に増便。

外部リンク

* 瀬戸内運輸
* 阪神バス
 

テーマ:祭りの写真 - ジャンル:写真




      お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・川入り・駅前と西条地区後夜祭
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、石岡神社渡御行列(お旅所付近)
      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校
      ●(10月11日) 御所神社祭、禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷、鶴岡八幡神社宮出し
      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行、保内八幡神社宮出し

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御旅所」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、植村会、七泰会、伊曽乃川人会、宮出し、前夜祭、八丁屋台昼・夜運行
        加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭、秋季弁天祭り、橘新宮祭、八丁屋台新調
        愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭高松
        四国の祭り2009、西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区 新居浜大生院中萩地区夜太鼓」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り関係 子供太鼓台」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「飯積神社祭礼奉納太鼓台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 天皇陛下御即位20年奉祝、橘・氷見地区宵祭り
        山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから

      ●「飯積神社祭礼 飯積神社祭礼船屋朝太鼓、八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 2009年4月6日、現在は廃園されている愛媛県今治市古国分の唐子浜パーク跡の桜を撮りました。

今治市の桜(サクラ) 唐子浜パーク跡の桜 愛媛県今治市古国分1-11-1 2009年4月6日

 唐子浜パーク跡の桜
今治市の桜(サクラ) 唐子浜パーク跡の桜 愛媛県今治市古国分1-11-1 2009年4月6日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

●豆知識●

●唐子浜パーク(からこはまパーク)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E5%AD%90%E6%B5%9C
%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF

唐子浜パーク(からこはまパーク)は、愛媛県今治市にあったリゾート施設。愛媛パートナーエージェントが管理・運営していたが、2001年に閉鎖された。

概要

愛媛県今治市の唐子浜周辺に立地していた。遊園地やプール、ホテルなどのリゾート施設が建設されたが、経営不振で2001年に閉鎖された。しばらく、建物は残されていたが順次解体されて、2005年頃までには建物のほとんどが解体され、現在は更地となっている。但し駐車場は残されており、中古車販売等のイベントが実施されている。

アクセス

* 瀬戸内運輸唐子浜停留所

周辺

* 唐子山

●唐子浜(からこはま)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E5%AD%90%E6%B5%9C

唐子浜(からこはま)は、愛媛県今治市の海岸。

所在地

* 愛媛県今治市古国分

観光

* 日本の渚百選に選ばれた白砂青松の地である。夏には多数の海水浴客で賑わっている。
* 沖には来島海峡にあった赤灯台がある。
* かっては周辺には唐子浜パークというリゾート施設があったがほとんど閉鎖されている。
* 7月終盤には、付近の小中学校が海岸を掃除している。

●唐子山(からこやま)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E5%AD%90%E5%B1%B1

唐子山(からこやま)は、愛媛県今治市の桜井町に位置する標高105.28m山である。

唐子山
標高 105.28mm
所在地 愛媛県今治市

概要

1600年代始めに藤堂高虎が城を移築するまで、城(国府城)が置かれていた。そのため、古墳などが多数発見されている。しかし、一部を除き宅地開発により消失している。

登山道が唐子浜パーク跡地付近から国分公民館付近までつながっており、頂上まで登ることができる。

関連項目

* 今治城
* 藤堂高虎
 

テーマ: - ジャンル:写真






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.