2011年10月9日、 愛媛県西条市大町の伊予西条駅前での朝日町だんじり(屋台・楽車)です。

朝日町だんじり(屋台・楽車) 伊予西条駅前 愛媛県西条市大町

 伊予西条駅前での朝日町だんじり(屋台・楽車)
朝日町だんじり(屋台・楽車) 伊予西条駅前 愛媛県西条市大町 2011年10月9日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


朝日町だんじり(屋台・楽車) 伊予西条駅前 愛媛県西条市大町

 伊予西条駅前での朝日町だんじり(屋台・楽車)
朝日町だんじり(屋台・楽車) 伊予西条駅前 愛媛県西条市大町 2011年10月9日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


朝日町だんじり(屋台・楽車) 伊予西条駅前 愛媛県西条市大町

 伊予西条駅前での朝日町だんじり(屋台・楽車)
朝日町だんじり(屋台・楽車) 伊予西条駅前 愛媛県西条市大町 2011年10月9日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「2011 西条祭り関係」の写真はここから順次ご覧ください


 
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 2009年12月26日に撮った、愛媛県西条市の西条漁港のカモメ(鴎です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。
----------------------------------------------------------------------------------------

西条市の野鳥 西条漁港 カモメ(鴎) 愛媛県西条市北浜南

西条市の野鳥 西条漁港 カモメ(鴎) 愛媛県西条市北浜南 2009年12月26日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


      ●私が撮った「カモメ(鴎)」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2011年の秋祭りを掲載していく予定です。(●色は掲載完了)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月22日) 三島地区伊予銀前交差点前統一運行
      ●(10月18日) 新居浜大江浜・コープ神郷・八幡神社かきくらべ
        大江 vs 中須賀鉢合せ
      ●(10月17日) 室川川原かきくらべ、国領川河川敷・多喜浜駅前・山端広場・天神浜かきくらべ
        宇高 vs 浮島鉢合せ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、伊曽乃神社祭礼後夜祭(駅前・御殿前)
        新居浜昭和通り・フジグラン夜太鼓、伊曽乃神社祭礼後夜祭(マルヨシ)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、マルナカ、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        みこしのねり比べ

        石岡神社宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、伊曽乃神社前夜祭マルナカ・西条駅
        内宮神社かき上げ、萩岡神社入り、伊曽乃神社前夜祭フジグラン西条
      ●(10月13日) 千足神社宮出し、土居ユーホール・ファミリーマートかきくらべ
      ●(10月10日) 小松常盤祭
      ●(10月9日) 禎瑞嘉母神社宮だし、喜多町屋台お披露目、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)。原之前荒神祭、橘新宮祭、御所神社祭

        新調喜多町屋台、喜多川中屋台平成大改修、下町中屋台創建30周年、弁天祭り
      ●(10月 8日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 7日) 東予前夜祭
      ●(10月 2日) 氷見山王神社祭り、若葉町屋台収納庫落成

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●防波堤(ぼうはてい)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%B2%E6%B3%A2%E5%A0%A4

防波堤(ぼうはてい)は、外洋からの波浪を防ぎ港湾の内部を安静に保つため、もしくは津波の被害から陸域を守るため、海中に設置された構造物である。

堤防と同様に細長い形状を持ち、港湾を守るように陸域から海中に向かって、または海中に築造されている。

日本語において防波堤は、厳密には、上述のとおり港湾を守るための堤または津波を防御する堤を指す。一方、英語ではbreakwaterというが、港湾だけでなく海岸を守る堤をも指す。日本語では、海岸を守る堤は離岸堤、消波堤と呼び、防波堤とは異なる機能・構造を持つ。しかし、一般的には英語と同様、海岸を守る離岸堤・消波堤も「防波堤」と呼称されることが多い。

本項では、離岸堤・消波堤は措き、港湾を防御する防波堤について概述する。

歴史
ウィリアム港の防波堤(スコットランド南西部)

船舶が停泊する港湾は、波浪の穏やかな場所が求められたが、古い時期は内海や入り江、岬の背後岸、前方を島に囲まれた海岸など、波浪の少ない自然条件が備わった場所に港湾が設定されていた。

そのうち、海上交易の発展に伴って船舶が大型化すると、自然条件に左右されない港湾の立地が求められるようになった。古くから海上交通が発達していた地中海では、早くもローマ帝国期に港湾を守るための防波堤が築かれていた。皇帝セプティミウス・セウェルスがリビアのレプティス・マグナの港に建設した防波堤は、石材が整然と積み上げられており延長約500mにも及んだ。その他、ローマ近郊のオスティア港やパレスティナのセバストス港の防波堤は、コンクリート製の基部を持つなど非常に堅固に造られた。

ローマ期以降、防波堤の技術は停滞し、ながらく海中に石材を投下して防波堤を築く捨石(すていし)防波堤が造られる程度の状況が続いた。しかし、産業革命期に入ると、ヨーロッパで防波堤技術が急速な進歩を見せ、捨石基礎の上にコンクリート製の直立壁が置かれる近代的な混成堤が登場した。混成堤は、ヨーロッパから世界各地へ普及し、防波堤技術の主流となった。

直立壁式の混成堤は、従前と比べると高い堅固性をほこったが、それでも強波浪時にはしばしば崩壊しており、さらなる改善が求められるようになった。防波堤技術が再度急速な進展を見せたのは、第二次世界大戦前後のアメリカにおいてである。ロバート・Y・ハドソンを中心とする米陸軍局工兵隊水路試験所は、水理模型実験を通じて安定した防波堤建設につながる技術を開発した。大戦後は、直立壁に代わってケーソン(コンクリート・鋼製の箱形構造物)を設置したケーソン混成堤が防波堤の主流となっていった。

防波堤の安定性は非常に高くなったが、波浪の持つ巨大なエネルギーの前では防波堤が崩壊する危険性は、僅かとはいえ存在しており、より高い安定性への追求が続けられた。1960年代のカナダで導入された防波堤には、ケーソンに海水が通過できる穴が開けられており(消波ケーソン)、波浪エネルギーの制御に大きな成果を挙げ世界各地の強波浪地域で採用されている。1970年代に日本で開発された半円形ケーソン防波堤も非常に高い安定性を示し、中国などで導入されている。その他、波浪に関する研究も進み、波浪のエネルギーを効率的に分散する様々な防波堤が研究・開発されている。さらには海底に水を注入して液状化させることにより、波浪を抑制する技術も研究されている(構造物によらない「見えない防波堤」)。

種類・構造

海の波力は非常に大きく、古くより防波堤が波浪によって破壊される例は枚挙にいとまがないほどであり、防波堤の歴史は波浪との戦いの歴史でもあった。近代的な防波堤技術が開発されてから、防波堤が波浪に破壊されることは少なくなったが、安定性の高いケーソン式防波堤であっても波力によってケーソンが移動ないし崩壊する事例が発生しており、2011年に発生した東日本大震災では、釜石市の沖合いに2008年に建設された釜石港湾口防波堤が津波で破壊されている。

以下、防波堤の種類・構造を概観する。

傾斜堤
数メートル大の石材(捨石)やコンクリートブロックを海中へ投下し、台形上に成型したものをいう。台形斜面が波力を散逸させる。伝統的な防波堤の形態であるが、現代でも石材が多く産出する地域や波浪があまり強くなく水深の浅い港湾などで採用されている。
捨石によるものを捨石式傾斜堤、コンクリートブロックによるものを捨ブロック式傾斜堤と呼ぶ。
直立堤
前面が鉛直となっている堤体を直接海底に設置するものをいう。強固な海底地盤を必要とするため、設置箇所は限定される。
堤体がコンクリートブロックのものをコンクリートブロック式直立堤、ケーソンによるものをケーソン式直立堤という。
混成堤
台形上に成型された基礎捨石の上部に直立堤体を設置したものをいう。傾斜堤と直立堤を複合させた機能を持ち、安定性が高い。基礎部を大きくすれば傾斜堤的な機能が強まり、直立堤部を大きくすれば直立堤的な機能が強まり、波力に応じて多様な対応をとることができる。
直立堤部によってコンクリートブロック式混成堤、ケーソン式混成堤などと呼ばれる。ケーソン式混成堤は、安定性の高さから例えば日本では防波堤の主流となっている。
消波ブロック被覆堤
堤体前面に消波ブロックを配置すると、受ける波力を著しく軽減することができる。傾斜堤・直立堤・混成堤にかかわらず、消波ブロックで覆った堤体を消波ブロック被覆堤と呼ぶ。

このほか、ケーソンの形状によって消波ケーソン堤(ケーソンに波浪を透過できる穴が開いており、堤体への波力を軽減し、波浪を沈静させることのできる堤体)、上部斜面ケーソン堤(ケーソンの上部が傾斜し、波力を抑制できる堤体)、半円形ケーソン堤(堤体に反射して起こる反射波を抑制できる堤体)、二重スリット型ケーソン堤(円形ケーソン内部に二重の空間を有することで高い消波機能を持つ堤体)などがあり、今も新たな堤体の開発に向けた研究が進展している。

特殊な防波堤

安浦漁港の第二武智丸

福岡県北九州市には旧日本海軍の艦船(駆逐艦)を防波堤の基礎として用いている『軍艦防波堤』が存在する。合計三隻が基礎となり、内二隻は完全にコンクリートに埋没しているが、一隻は船体が露出している。長年風雨に晒され崩壊直前の状態だったが、近年補修され現在もその姿を止めている。

広島県呉市 安浦漁港にはコンクリート船、第二、第一武智丸が防波堤として利用されている。この船は1944年5月第二次大戦の鋼材不足を補うため、帝国海軍舞鶴海軍工廠の技術中佐であった林邦雄によって設計され、大阪の土木会社武智昭次郎によって兵庫県高砂市の塩田跡地の造船所にて建造されたもの。1944年から1945年に掛けて使用された後、1947年当時防波堤が無かった安浦漁港にて転用される。

遊漁の好適地

釣りでは釣り場や対象魚に特化して「堤防釣り」、「波止釣り」などのジャンルが確立されている。陸から延びる防波堤は他の釣り場に比べて足場が良いことや交通の便が良いこともあって、釣り入門者やファミリーフィッシングに多用される。また渡船などで渡ることのできる沖の防波堤は、より多くの回遊魚に遭遇できるため釣りの良場として知られる。

関連項目

港湾
離岸堤 - 消波堤 - 防潮堤
波 - 水理学 - 港湾工学 - 海洋工学
消波ブロック

参考文献

『新構造防波堤』高橋重雄サイト(独立行政法人港湾空港技術研究所)(リンク切れ)
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




 2011年10月17日の新居浜太鼓祭り国領川河川敷公園かきくらべで端缶合わせ(ハナカン合わせ)を行う山端太鼓台 垣生本郷太鼓台です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。
----------------------------------------------------------------------------------------

新高橋 国領川河川敷公園かきくらべ 山端太鼓台 垣生本郷太鼓台 端缶合わせ(ハナカン合わせ) 新居浜太鼓祭り2011 愛媛県新居浜市

 国領川河川敷公園かきくらべで端缶合わせ(ハナカン合わせ)を行う山端太鼓台 垣生本郷太鼓台
新高橋 国領川河川敷公園かきくらべ 山端太鼓台 垣生本郷太鼓台 端缶合わせ(ハナカン合わせ) 新居浜太鼓祭り2011 愛媛県新居浜市 2011年10月17日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


新高橋 国領川河川敷公園かきくらべ 山端太鼓台 垣生本郷太鼓台 端缶合わせ(ハナカン合わせ) 新居浜太鼓祭り2011 愛媛県新居浜市

 国領川河川敷公園かきくらべで端缶合わせ(ハナカン合わせ)を行う山端太鼓台 垣生本郷太鼓台
新高橋 国領川河川敷公園かきくらべ 山端太鼓台 垣生本郷太鼓台 端缶合わせ(ハナカン合わせ) 新居浜太鼓祭り2011 愛媛県新居浜市 2011年10月17日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


新高橋 国領川河川敷公園かきくらべ 山端太鼓台 垣生本郷太鼓台 端缶合わせ(ハナカン合わせ) 新居浜太鼓祭り2011 愛媛県新居浜市

 国領川河川敷公園かきくらべで端缶合わせ(ハナカン合わせ)を行う山端太鼓台 垣生本郷太鼓台
新高橋 国領川河川敷公園かきくらべ 山端太鼓台 垣生本郷太鼓台 端缶合わせ(ハナカン合わせ) 新居浜太鼓祭り2011 愛媛県新居浜市 2011年10月17日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


新高橋 国領川河川敷公園かきくらべ 山端太鼓台 垣生本郷太鼓台 端缶合わせ(ハナカン合わせ) 新居浜太鼓祭り2011 愛媛県新居浜市

 国領川河川敷公園かきくらべで端缶合わせ(ハナカン合わせ)を行う垣生本郷太鼓台
新高橋 国領川河川敷公園かきくらべ 山端太鼓台 垣生本郷太鼓台 端缶合わせ(ハナカン合わせ) 新居浜太鼓祭り2011 愛媛県新居浜市 2011年10月17日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


新高橋 国領川河川敷公園かきくらべ 山端太鼓台 垣生本郷太鼓台 端缶合わせ(ハナカン合わせ) 新居浜太鼓祭り2011 愛媛県新居浜市

 国領川河川敷公園かきくらべで端缶合わせ(ハナカン合わせ)を行う山端太鼓台
新高橋 国領川河川敷公園かきくらべ 山端太鼓台 垣生本郷太鼓台 端缶合わせ(ハナカン合わせ) 新居浜太鼓祭り2011 愛媛県新居浜市 2011年10月17日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「2011 新居浜太鼓祭り川西 川東」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2011年の秋祭りを掲載していく予定です。(●色は掲載完了)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月22日) 三島地区伊予銀前交差点前統一運行
      ●(10月18日) 新居浜大江浜・コープ神郷・八幡神社かきくらべ
        大江 vs 中須賀鉢合せ
      ●(10月17日) 室川川原かきくらべ、国領川河川敷・多喜浜駅前・山端広場・天神浜かきくらべ
        宇高 vs 浮島鉢合せ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、伊曽乃神社祭礼後夜祭(駅前・御殿前)
        新居浜昭和通り・フジグラン夜太鼓、伊曽乃神社祭礼後夜祭(マルヨシ)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、マルナカ、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        みこしのねり比べ

        石岡神社宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、伊曽乃神社前夜祭マルナカ・西条駅
        内宮神社かき上げ、萩岡神社入り、伊曽乃神社前夜祭フジグラン西条
      ●(10月13日) 千足神社宮出し、土居ユーホール・ファミリーマートかきくらべ
      ●(10月10日) 小松常盤祭
      ●(10月9日) 禎瑞嘉母神社宮だし、喜多町屋台お披露目、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)。原之前荒神祭、橘新宮祭、御所神社祭

        新調喜多町屋台、喜多川中屋台平成大改修、下町中屋台創建30周年、弁天祭り
      ●(10月 8日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 7日) 東予前夜祭
      ●(10月 2日) 氷見山王神社祭り、若葉町屋台収納庫落成

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 2009年5月31日に撮った、愛媛県西条市禎瑞高丸から見た新中山川大橋周辺です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。
----------------------------------------------------------------------------------------

新中山川大橋 愛媛県西条市禎瑞高丸より

 新中山川大橋
新中山川大橋 愛媛県西条市禎瑞高丸より 2009年5月31日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


新中山川大橋 愛媛県西条市禎瑞高丸より

 新中山川大橋近くの小舟
新中山川大橋 愛媛県西条市禎瑞高丸より 2009年5月31日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


新中山川大橋 愛媛県西条市禎瑞高丸より

 新中山川大橋橋脚近くで
新中山川大橋 愛媛県西条市禎瑞高丸より 2009年5月31日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


新中山川橋の場所・所在地地図・アクセス


      ●私が撮った「川・湖・橋」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2011年の秋祭りを掲載していく予定です。(●色は掲載完了)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月22日) 三島地区伊予銀前交差点前統一運行
      ●(10月18日) 新居浜大江浜・コープ神郷・八幡神社かきくらべ
        大江 vs 中須賀鉢合せ
      ●(10月17日) 室川川原かきくらべ、国領川河川敷・多喜浜駅前・山端広場・天神浜かきくらべ
        宇高 vs 浮島鉢合せ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、伊曽乃神社祭礼後夜祭(駅前・御殿前)
        新居浜昭和通り・フジグラン夜太鼓、伊曽乃神社祭礼後夜祭(マルヨシ)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、マルナカ、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        みこしのねり比べ

        石岡神社宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、伊曽乃神社前夜祭マルナカ・西条駅
        内宮神社かき上げ、萩岡神社入り、伊曽乃神社前夜祭フジグラン西条
      ●(10月13日) 千足神社宮出し、土居ユーホール・ファミリーマートかきくらべ
      ●(10月10日) 小松常盤祭
      ●(10月9日) 禎瑞嘉母神社宮だし、喜多町屋台お披露目、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)。原之前荒神祭、橘新宮祭、御所神社祭

        新調喜多町屋台、喜多川中屋台平成大改修、下町中屋台創建30周年、弁天祭り
      ●(10月 8日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 7日) 東予前夜祭
      ●(10月 2日) 氷見山王神社祭り、若葉町屋台収納庫落成

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●消波ブロック(しょうはブロック)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%88%E6%B3%A2
%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF

消波ブロック(しょうはブロック)は、海岸や河川などの護岸を目的に設置するコンクリートブロック。波消しブロック(なみけしブロック)や、登録商標であるテトラポッドと呼ばれることもある。なお、「テトラポッド (tetrapod)」は「4本足」を意味するギリシャ語を語源とし、英語では「四肢動物」の意味で使われることが多い。

概要

外海に面した地域では、水深が浅くなる海岸近くに於いて波の影響により海岸線が浸食されることがある。特に戦後は日本全土の水系に大量のダムが建造されたため、河川から河口や海岸線への土砂の流出と堆積が極端に少なくなり、著しい海岸侵食が発生している。さらに、近年では海岸線近くにまで建造物が建てられていることが多く、一層海岸線の浸食を防ぐ必要性がある。

このため、海岸沿いに多数の大型ブロックをかみ合わせて並べることで、波のエネルギーを減衰・消散させる目的で設置される。設置される場所は海岸線の他、離岸堤(人工の離水海岸)として沖合に設置されることもある。

また、ブロックをクレーンで積み上げるという施工性の容易さから、近年では海岸ばかりではなく砂防、治山などの防災工事の現場でも利用されており、火山噴火の際の緊急工事などに利用されている(この場合、単にコンクリートブロックと呼ばれる)。

種類
設置前の消波ブロック
消波ブロック設置例

波のエネルギーに抵抗するため、単体でも重量は0.5t - 80tと大きいのが特徴である。形状もかみ合わせを考慮し、四脚ブロック、六脚ブロック、八脚ブロック、中空三角ブロック、ドーム型等様々なものがある。これらは型枠を制作する会社毎にバリエーションが異なる。

日本国内で見かけることが多い四脚ブロック「テトラポッド」は放射状に4本の脚が伸びた形のコンクリート製の消波ブロックであり、1949年にフランスのネールピック社により発売されたもので、モロッコの火力発電所の護岸工事に用いられた。日本国内には、日本テトラポッド株式会社(現・不動テトラ)により1960年代頃から導入され普及した。なお、テトラポッドの名称および形状は日本においては不動テトラの登録商標(商標登録第1184901号等)であり、他社の同種の製品で勝手に使用することができない。

国産の消波ブロック第1号は技研興業(1958年創業)による六脚ブロックである。
製作と据付け

ブロックの製作は、主に工事施工業者がブロックを取り扱う業者より鋼製の型枠のリースを受け、現場周辺でコンクリートを流し込み製作する。他のコンクリートブロックのように工場製作しないのは、大量生産によるコストダウンのメリット以上に輸送にコストがかかるためである。

製作したブロックはクレーン船などで現地に据え付ける。ブロックの形は、複数基を立体的に強固に組み上げられるよう設計されているが、施工性や目的により最初から組み上げない「乱積み」をすることもある。

景観上の議論

消波ブロックの設置は、独特の形状と色彩から日本の海岸の原風景である白砂青松を破壊するものとして批判が強い[1]。また、アレックス・カーは自著の『犬と鬼』で、日本に必要のない過剰な公共事業や、規制が不十分なことによる日本の醜い景観の一例として、電線、看板、雑居ビルの塔屋、高速道路の高架、砂防ダム等と同時に、日本の海岸線にある過剰な消波ブロックの存在を批判している。このような批判に対して、国土交通省は「美しい国づくり政策大綱」において、「景観阻害要因になっている消波ブロックの除却」を掲げており、実際に静岡県の富士海岸を初めとして多くの海岸で消波ブロックを撤去して人工リーフを整備して砂浜を回復するなどの試みがなされはじめた[2]。

ただし、海岸侵食や高波等の防災上との兼ね合いから、日本全土の消波ブロックを完全に撤去できるかどうかについては議論の余地がある。

危険性

テトラポッドの設置された海岸は水深があり、またテトラポッド自体やその周辺の捨石などが漁礁の役目を果たすことから根魚など魚種が豊富であることが多く、格好の釣り場となっていることが多い。が、テトラポッドからの転落事故が多く、問題となることがある。コケや海草が付着したテトラポッドは非常に滑りやすい。管理者によっては立入禁止などの措置を取ることもあり、釣り人との間でいさかいとなることも多い。また企業がこうした海岸を占領し立入りできない工業地帯もあり環境権・自然享受権・幸福追求権のひとつとして「入浜権」を主張するものもいるが、日本ではこの権利は裁判所ではまだ認められていない。

雑学

歌手のaikoのヒット曲『ボーイフレンド』の歌詞の中に「テトラポット登って」という言葉が出てくる。彼女がNHK紅白歌合戦に出演する際、前記の歌詞が登録商標である「テトラポッド」に類似していることが問題となった[3]が、テトラポッド(消波ブロック)が個人で消費されるものではないとの判断から歌詞は改変されることなくそのまま放送された。「aikoのオールナイトニッポン」によれば、aikoは株式会社不動テトラから記念品をもらった。

脚注

^ テレビ報道の例:第10回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品『鳥風よ!時を超えて』(制作:石川テレビ)
^ 美しい国づくり政策大綱別冊 美しい国づくりのための取り組み事例 (PDF)
^ NHKは公共放送のため、宣伝行為となる歌詞での商標名の放送を制限することがあり、紅白歌合戦などの歌番組での歌詞の変更を求めることがある。過去においては山口百恵の「プレイバックPart2」の歌詞の中の「真っ赤なポルシェ」のフレーズを「真っ赤なクルマ」に変更したほか、Mr.Childrenの出演時などにも同様の例がある。民間放送でも同様の理由でテトラポッドのことを「消波ブロック」「波消しブロック」と言う場合も多い。

関連項目

波浪
高潮
養浜
突堤
離岸堤

外部リンク

日本消波根固ブロック協会
不動テトラ
技研興業
日建工学
 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真




 2011年10月16日の伊曽乃神社祭礼 統一運行での天皇だんじり(屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。
----------------------------------------------------------------------------------------

西条祭り 天皇だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 統一運行 西条高校西 愛媛県西条市明屋敷

 西条祭り統一運行での天皇だんじり(屋台・楽車)
西条祭り2011 天皇だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 統一運行 西条高校西 愛媛県西条市明屋敷 2011年10月16日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西条祭り 天皇だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 統一運行 西条高校西 愛媛県西条市明屋敷

 西条祭り統一運行での天皇だんじり(屋台・楽車)
西条祭り2011 天皇だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 統一運行 西条高校西 愛媛県西条市明屋敷 2011年10月16日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「2011 伊曽乃神社祭礼統一運行」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2011年の秋祭りを掲載していく予定です。(●色は掲載完了)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月22日) 三島地区伊予銀前交差点前統一運行
      ●(10月18日) 新居浜大江浜・コープ神郷・八幡神社かきくらべ
        大江 vs 中須賀鉢合せ
      ●(10月17日) 室川川原かきくらべ、国領川河川敷・多喜浜駅前・山端広場・天神浜かきくらべ
        宇高 vs 浮島鉢合せ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、伊曽乃神社祭礼後夜祭(駅前・御殿前)
        新居浜昭和通り・フジグラン夜太鼓、伊曽乃神社祭礼後夜祭(マルヨシ)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、マルナカ、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        みこしのねり比べ

        石岡神社宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、伊曽乃神社前夜祭マルナカ・西条駅
        内宮神社かき上げ、萩岡神社入り、伊曽乃神社前夜祭フジグラン西条
      ●(10月13日) 千足神社宮出し、土居ユーホール・ファミリーマートかきくらべ
      ●(10月10日) 小松常盤祭
      ●(10月9日) 禎瑞嘉母神社宮だし、喜多町屋台お披露目、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)。原之前荒神祭、橘新宮祭、御所神社祭

        新調喜多町屋台、喜多川中屋台平成大改修、下町中屋台創建30周年、弁天祭り
      ●(10月 8日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 7日) 東予前夜祭
      ●(10月 2日) 氷見山王神社祭り、若葉町屋台収納庫落成

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●形鋼(鋼矢板)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8B%BC%E7%9F%A2%E6%9D%BF

形鋼(かたこう)とは、あらかじめH形、L形などの一定の断面形状に成形された、材軸方向に長い鋼材の総称である。断面が円形または角形の中空断面のものは鋼管と呼ばれる。

主に構造用として土木・建築用の柱・梁・基礎杭や機械製品などに使われる。断面の形によって様々な形鋼があり、力学的合理性・使用目的によって使い分けられる。

概要

形鋼は、熱間での圧延により作成される重量形鋼と、薄い鋼板を冷間で折り曲げ加工して作成される軽量形鋼の2つに大きく分けられる。単に形鋼と言った時は重量形鋼を指す場合が多い。

重量形鋼にはH形、I形、山形、溝形、Z形等の種類がある。重量形鋼の板厚は部位によって異なる。I形鋼や溝形鋼のフランジ部の厚さは一様ではなく、内面に外側に向けてテーパーがつけられている。また、出隅のコーナー部にはエッジがあるが、入隅のコーナー部にはアール(円弧状の丸み)が付けられている。

軽量形鋼には山形、溝形、Z形、ハット形等の種類がある。軽量形鋼の板厚は部位に関わらず一定であり、コーナー部はアールを付けて折り曲げられている。
代表的な形鋼
H形鋼
H形鋼

H形鋼(エッチがたこう)は、断面が「H」形の形鋼である。様々な所で使われている代表的な形鋼である。他の形鋼に比べて、断面効率(重量当たりの曲げ剛性や曲げ強度)が優れている。相場で「形鋼の価格変動」と言う時、この「形鋼」はH形鋼のことである。建物や橋梁、船舶などに使われる構造材用と、高速道路、建築物、岸壁、橋梁などに使われる基礎杭用がある。水平ロールと垂直ロールを持つ、ユニバーサル圧延機によって作られる。

『H』の縦2本の部分をフランジ、横1本の部分をウェブと呼ぶ。「H-200(H寸法)×100(B寸法)×5.5(t1寸法)×8(t2寸法)」(例)のように表記される。

H形鋼の日本国内生産量は2004年において、451万6500トン余りとされている(日本鉄鋼連盟調べ)。そのうち、東京製鐵 約34%、新日本製鐵 約18%、JFEスチール 約13%と推計されている。日本でH形鋼の生産が始まったのは1960年代に入ってからであるが、1968年竣工の霞が関ビルで極厚のH形鋼が大量に使用されて以降、急速に普及した。

H形鋼の形状・寸法はJIS G 3192およびJIS A 5526(杭用)で規格が定められているが、それ以外の寸法のものも、薄肉で軽量のものから極厚のものまで各メーカーで多くの種類が生産されている。また、鋼板を溶接でH形断面に組み立てた鋼材(ビルトH)が使用されるケースも多い。
I形鋼
I形鋼

I形鋼(アイがたこう)は、断面が「I」形の形鋼である。形状的にはH形鋼に近いが、同一サイズではH形鋼と比べて板厚が厚く、重量、剛性ともに大きい。フランジ内面にはテーパー(傾斜)が付けられている。I型ジョイスト、アイビームとも呼ばれる。
T形鋼

T形鋼(ティーがたこう)は、断面が「T」形の形鋼である。通常はH形鋼をウェブ中心で2つに切断して作られるため、CT形鋼あるいはカットティーとも呼ばれる。
山形鋼
山形鋼
球山型鋼の使用例。部分的に削られて逆さに使われている。

山形鋼(やまがたこう)は、断面が「L」形に近い形鋼である。「L」の二辺の長さが等しいものを等辺山形鋼、等しくないものを不等辺山形鋼と呼ぶ。アングルとも呼ばれる。辺の長さが40ミリ以下の物は小型山形鋼と呼ばれることがある。

H形鋼の次に需要が多い。建設、船舶、機械などに使われる。「L-50(A寸法)×50(B寸法)×6(t寸法)」(例)のように表記される。軽量形鋼として、軽山形鋼がある。

また『L』形の上端の部分に丸く厚みを持たせた球山形鋼(きゅうやまがたこう)がかつて船舶用に製造され、昭和初期には鉄道の台車用にも用いられていた。
平鋼

形状が単純に平たい帯状の鋼材。フラットバーとも呼ばれる。一端に丸く厚みを持たせた、4分音符(♩)に似た断面の球平形鋼(きゅうひらがたこう)も存在する。
溝形鋼
溝形鋼

溝形鋼(みぞがたこう)は、断面が「コ」形に近い形鋼である。一般にチャンネルと呼ばれる

「C-100(A寸法)×50(B寸法)×5(t1寸法)×7.5(t2寸法)」(例)のように表記される。また軽量形鋼として、リップ溝形鋼、軽溝形鋼がある。リップ溝形鋼は断面が「C」形に近いため、シーチャンネルとも呼ばれる。
Z形鋼
Z形鋼

Z形鋼は、断面が「Z」形に近い形鋼である。かつて日本では乙形鋼とも呼ばれ、鉄道車両の側梁などにも用いられた。

また軽量形鋼として、リップZ形鋼、軽Z形鋼がある。
鋼矢板(シートパイル)
鋼矢板による土止め
鋼矢板の継ぎ目

鋼矢板(こうやいた)は、凹凸があり、両端に継ぎ手がついている鋼板である。互い違いに組み合わせて、継ぎ手をつなげると「鉄の壁」ができる。鋼矢板は、土中に埋め込んで護岸や防波堤、岸壁を作る。また、掘削し管路などを埋設する際の仮設の土留めとしても使用される。使用が終わった鋼矢板は、引き抜くことによって、繰り返し使える。

鋼矢板には、U形、Z形、H形、直線形と、鋼板を冷間ロール成形した軽量鋼矢板がある。また、鋼管に継ぎ手を付けたものを鋼管矢板と呼ぶ。
表面処理

鉄製品であり、最終的には塗装されることが多いが、多くの場合無塗装の、いわゆる「圧延まま(黒皮)」の状態で流通している(酸化皮膜である黒皮が耐食性に優れるため)。切断加工などがなされた後、錆び止め塗装後に仕上げ塗装で色がつけられることが多い。建築構造体に使われるものの中には、あらかじめ錆び止め塗装を施された状態で流通しているものもある。

亜鉛めっきを施されたものもある。この場合、加工後の端面処理が必要であるので、加工後に亜鉛めっきする方が効果的な防錆処理が出来る。

また、橋梁などには表面処理を必要としない耐候性鋼が使われることもあり、錆び色のままで使用されているのが見られる。
荷姿

サイズにもよるが、長さが4mから6m程度のものであれば、普通トラックで輸送される。小型等辺山形鋼は重量2トン分を一くくりにした長さ5.5メートルのものが多い。長さ12mまでのものならば比較的簡単に輸送できるが、それ以上の長さのものは輸送に条件が付くことが多い。

関連項目

製鉄所
軌条
工具
ラチェットレンチ
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 2009年5月12日に撮った、愛媛県西条市街から見た石鎚山です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。
----------------------------------------------------------------------------------------

石鎚山 愛媛県西条市街より

 西条市街から見た石鎚山
石鎚山 愛媛県西条市街より 2009年5月12日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


   ●私が撮った「石鎚山」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●コンクリートブロック(concrete block)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3
%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF

コンクリートブロック(concrete block)とは、コンクリートで造られた方塊状の資材のこと。建築・土木資材の一つ。工業製品として規格化されており、どこでも簡単に入手でき、かつ、施工管理もコンクリートを直打ちするよりも簡単であることから、広く一般に普及している。景観対策として用いられる、表面を加工した化粧ブロックなども含まれる。

狭義には『空洞コンクリートブロック』と呼ばれる製品及びその類似品である、建築用資材として宅地の外壁などに用いられる材料を指す事が多いが、広義では道路工事や河川工事で用いられる積みブロック・張りブロックや海岸工事に用いられる消波ブロックなども含まれる。

種類

建築用コンクリートブロック
空洞コンクリートブロック
化粧コンクリートブロック
型枠コンクリートブロック
土木用コンクリートブロック
インターロッキングブロック

建築用コンクリートブロック
建築用コンクリートブロック
概要

組石造の材料として、水平・垂直方向に規則的に並べて積み上げて用いる。ただし、水平方向の外力に弱いという欠点がある。コンクリートブロックの断面をみると、角のとれた矩形もしくは円形の穴が開いている。この穴を用い、鉄筋を通す・モルタルを充填するなどの方法で構造的に強化することができる。
日本国内への普及

明治時代中期、初代浅野総一郎が浅野セメント東京工場事務所をコンクリートブロックで建築しており、これが日本で最初に使用されたものと言われている。

第二次世界大戦後、焼け野原になった都心を復興させるために、簡易で高い不燃性を有する素材が必要となったことからコンクリートブロックが注目された。アメリカからブロック製造機が輸入され、工場で規格化されたブロックの大量生産が始まると、またたく間に全国へ普及した。

日本でも技術開発が進み、特に建築家の中村鎮が開発した中村式鉄筋コンクリートブロックによる建物は、1921年から彼の亡くなる1933年にかけて全国で119件が建築されている。このブロックは特徴あるL字型のものであり、彼の名前にちなんで「鎮ブロック(ちんブロック)」と称されている。

国産品の出現もあり、規格が乱立するおそれが出たため、早くも1952年にはJIS規格化されている。(JIS A5406)
用途

ビル内部の間仕切りから一般住宅のブロック塀など本格的な建築資材として、またホームセンターなどで容易に入手できることから園芸用品など手軽な資材として幅広く使われる。
土木用コンクリートブロック

土木工事現場でコンクリートブロックというと、上記の建築用資材ではなく、道路斜面(法面)や河川の護岸部を覆う材料として用いられるものを指すことが多い。一般に用いられるものは石垣などの材料である間知石の代替品として製造されている『間知ブロック』(けんちぶろっく)と呼ばれるもので、斜面の前面に組み合わせて積んで、裏に生コンクリートを打設して設置される。

河川護岸用に用いられるものについては、1997年の河川法の改正に伴い、水際の生物などに配慮した製品が多く用いられるようになった。これはブロック前面の空洞に周辺の土砂や石を詰め、流水による河岸の浸食防止など護岸の機能を発揮しつつ、土砂による河岸と同様の生態系や植生の保護・育成を期待する製品となっている。
その他

特定建設資材に指定されている。

関連項目


ブロック塀
土留
石垣の積み方
堤防
プレキャストコンクリート
 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真




 2011年10月17日の新居浜太鼓祭り国領川河川敷公園かきくらべで端缶合わせ(ハナカン合わせ)を行う町太鼓台 垣生本郷太鼓台です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。
----------------------------------------------------------------------------------------

端缶合わせ(ハナカン合わせ) 町太鼓台 垣生本郷太鼓台 新居浜太鼓祭り2011 国領川河川敷公園かきくらべ 愛媛県新居浜市

 国領川河川敷公園かきくらべで端缶合わせ(ハナカン合わせ)を行う町太鼓台 垣生本郷太鼓台
端缶合わせ(ハナカン合わせ) 町太鼓台 垣生本郷太鼓台 新居浜太鼓祭り2011 国領川河川敷公園かきくらべ 愛媛県新居浜市  2011年10月17日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


端缶合わせ(ハナカン合わせ) 町太鼓台 垣生本郷太鼓台 新居浜太鼓祭り2011 国領川河川敷公園かきくらべ 愛媛県新居浜市

 国領川河川敷公園かきくらべで端缶合わせ(ハナカン合わせ)を行う町太鼓台 垣生本郷太鼓台
端缶合わせ(ハナカン合わせ) 町太鼓台 垣生本郷太鼓台 新居浜太鼓祭り2011 国領川河川敷公園かきくらべ 愛媛県新居浜市  2011年10月17日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


端缶合わせ(ハナカン合わせ) 町太鼓台 垣生本郷太鼓台 新居浜太鼓祭り2011 国領川河川敷公園かきくらべ 愛媛県新居浜市

 国領川河川敷公園かきくらべで端缶合わせ(ハナカン合わせ)を行う町太鼓台 垣生本郷太鼓台
端缶合わせ(ハナカン合わせ) 町太鼓台 垣生本郷太鼓台 新居浜太鼓祭り2011 国領川河川敷公園かきくらべ 愛媛県新居浜市  2011年10月17日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


端缶合わせ(ハナカン合わせ) 町太鼓台 垣生本郷太鼓台 新居浜太鼓祭り2011 国領川河川敷公園かきくらべ 愛媛県新居浜市

 国領川河川敷公園かきくらべで端缶合わせ(ハナカン合わせ)を行う町太鼓台
端缶合わせ(ハナカン合わせ) 町太鼓台 垣生本郷太鼓台 新居浜太鼓祭り2011 国領川河川敷公園かきくらべ 愛媛県新居浜市  2011年10月17日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


端缶合わせ(ハナカン合わせ) 町太鼓台 垣生本郷太鼓台 新居浜太鼓祭り2011 国領川河川敷公園かきくらべ 愛媛県新居浜市

 国領川河川敷公園かきくらべで端缶合わせ(ハナカン合わせ)を行う垣生本郷太鼓台
端缶合わせ(ハナカン合わせ) 町太鼓台 垣生本郷太鼓台 新居浜太鼓祭り2011 国領川河川敷公園かきくらべ 愛媛県新居浜市  2011年10月17日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「2011 新居浜太鼓祭り川西 川東」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2011年の秋祭りを掲載していく予定です。(●色は掲載完了)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月22日) 三島地区伊予銀前交差点前統一運行
      ●(10月18日) 新居浜大江浜・コープ神郷・八幡神社かきくらべ
        大江 vs 中須賀鉢合せ
      ●(10月17日) 室川川原かきくらべ、国領川河川敷・多喜浜駅前・山端広場・天神浜かきくらべ
        宇高 vs 浮島鉢合せ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、伊曽乃神社祭礼後夜祭(駅前・御殿前)
        新居浜昭和通り・フジグラン夜太鼓、伊曽乃神社祭礼後夜祭(マルヨシ)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、マルナカ、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        みこしのねり比べ

        石岡神社宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、伊曽乃神社前夜祭マルナカ・西条駅
        内宮神社かき上げ、萩岡神社入り、伊曽乃神社前夜祭フジグラン西条
      ●(10月13日) 千足神社宮出し、土居ユーホール・ファミリーマートかきくらべ
      ●(10月10日) 小松常盤祭
      ●(10月9日) 禎瑞嘉母神社宮だし、喜多町屋台お披露目、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)。原之前荒神祭、橘新宮祭、御所神社祭

        新調喜多町屋台、喜多川中屋台平成大改修、下町中屋台創建30周年、弁天祭り
      ●(10月 8日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 7日) 東予前夜祭
      ●(10月 2日) 氷見山王神社祭り、若葉町屋台収納庫落成

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 2009年12月26日に撮った、愛媛県西条市の西条漁港のカモメ(鴎です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。
----------------------------------------------------------------------------------------

西条市の野鳥 西条漁港 カモメ(鴎) 愛媛県西条市北浜南

西条市の野鳥 西条漁港 カモメ(鴎) 愛媛県西条市北浜南 2009年12月26日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


      ●私が撮った「カモメ(鴎)」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2011年の秋祭りを掲載していく予定です。(●色は掲載完了)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月22日) 三島地区伊予銀前交差点前統一運行
      ●(10月18日) 新居浜大江浜・コープ神郷・八幡神社かきくらべ
        大江 vs 中須賀鉢合せ
      ●(10月17日) 室川川原かきくらべ、国領川河川敷・多喜浜駅前・山端広場・天神浜かきくらべ
        宇高 vs 浮島鉢合せ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、伊曽乃神社祭礼後夜祭(駅前・御殿前)
        新居浜昭和通り・フジグラン夜太鼓、伊曽乃神社祭礼後夜祭(マルヨシ)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、マルナカ、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        みこしのねり比べ

        石岡神社宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、伊曽乃神社前夜祭マルナカ・西条駅
        内宮神社かき上げ、萩岡神社入り、伊曽乃神社前夜祭フジグラン西条
      ●(10月13日) 千足神社宮出し、土居ユーホール・ファミリーマートかきくらべ
      ●(10月10日) 小松常盤祭
      ●(10月9日) 禎瑞嘉母神社宮だし、喜多町屋台お披露目、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)。原之前荒神祭、橘新宮祭、御所神社祭

        新調喜多町屋台、喜多川中屋台平成大改修、下町中屋台創建30周年、弁天祭り
      ●(10月 8日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 7日) 東予前夜祭
      ●(10月 2日) 氷見山王神社祭り、若葉町屋台収納庫落成

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●港湾(こうわん)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%AF%E6%B9%BE

曖昧さ回避 「港」は、この項目へ転送されています。その他の用法については「港 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

港湾(こうわん)とは、港・湊(みなと)とも呼ばれ、島嶼・岬などの天然の地勢や防波堤などの人工構造物によって風浪を防いで、船舶が安全に停泊し人の乗降や荷役が行なえる海域と陸地を指す[出典 1]。水陸交通の結節点となる機能を持つ港湾には、物流・旅客輸送が円滑に行われるために各種の港湾施設が整備され、ポートオーソリティ(港務局・港湾局)・地方自治体などの組織によって管理・運営されている。

歴史

古くは、河川の河口や湾や入り江といった船の停泊に都合の良い天然の地形が港として使われていた。やがて桟橋や岸壁が作られ、海運の発達によって船の規模が拡大するとともに施設は充実され、沖に突堤を突き出すようになる。税関や検疫所、出入国管理所が設けられ、旅客船の増加と規模の拡大に応じて旅客施設が作られた。貨物荷役の便益の為に桟橋上や岸壁横には上屋が多く建てられ、道路や鉄道が港に接続されるようになった。

交通の要所となると他国・他地域との文化的な玄関口となると共に、商業活動によって経済的な発展を遂げて港湾都市として繁栄するようになり、ますます港湾機能の充実が図られた。埋め立て、陸地の掘り込み、浚渫などによってそれまでの港湾の規模を拡大することも行なわれた。また、天然の良港として長い時間をかけて発展してきた港とは別に、人間活動の要請に応じて、新たな港が作られるようになった。鉄鋼業や石油化学工業の発展によって専用の貨物船に対応した工業港が作られ、専用ターミナルとして発展して行った。

貨物船はしだいに大きくなり、港での荷役に数日が掛かるようになったため、港外で桟橋や岸壁の空きを待つ「滞船」(たいせん)が起きるようになった[1]。また、大型貨物船が直接接舷できない多くの港では、沖仲仕(おきなかし)が湾外で停泊する貨物船と陸の間を艀(はしけ)に貨物を積み替えることで荷役を行うなど、非常に非効率であった。

コンテナ船の登場で港での荷役作業は効率化されたが、同時に港の荷役設備は更新を迫られた。コンテナ船の巨大化に応じて浚渫やクレーンの大型化が図られ、コンテナターミナルとして発展していった[出典 1]。21世紀に入ると国際貨物コンテナを扱う港は、ハブ港とフィーダー港に峻別される傾向が鮮明になってきた[出典 2]。
機能

島・岬や湾入などにより遮蔽された地形は、しばしば、天然の良港と呼ばれる。近代に入ってからは、防波堤・岸壁といった構造物や掘り込み式港湾などの建設技術が著しく向上し、天然の地形に恵まれない場所でも大規模な港湾が造られている。英語の"Harbour"は、古英語の軍隊 "here" をかくまう "beorg" に由来しており、船舶が安全に停泊できる港という避難港的な意味合いが強い。そして、港湾として求められる最も重要な機能でもある。

旅客の乗降や貨物の荷役・保管といった水陸輸送の転換機能、すなわち、ターミナル機能も港湾の重要な機能である。そのため、港湾には、船舶の係留のみならず、貨物の荷さばきと保管、旅客の乗降、港湾から後背地への陸上輸送などのための施設が整備されている。英語"port"の語源は、古代ローマのラテン語の「運ぶ」を意味する"portare"である。そして運び入れたり運び出す場所をport(門)と呼ぶようになり、都市・国家間の輸送の門である港湾の意味に転じた。すなわち、port には水陸輸送の転換場所という意味合いが強い。

これらの他の港湾の機能としては船舶へ水・燃料・食糧・船用品などを補給する運航援助機能などがある。
分類
主要な分類
シンガポール港のコンテナターミナル(シンガポール)
避難港として発展したベルゲン港(ノルウェー)

港湾は機能・用途・運営主体・規模・法令などによって分類することができる。代表的な分類としては、用途による分類がある。港湾の用途に応じた分類であるが、出入港する船舶種類に応じた分類であるとも言える。用途による分類の概略を以下に示す。
種類 内容 主な入港船舶
商港 外国貿易・内国貿易による貨物取扱いを主とする港湾 貨物船、コンテナ船など
工業港 工業地域に接し原料や工業製品の取扱いを主とする港湾 タンカー、原料輸送船など
漁港 水産物の取扱いを主とする港湾 漁船など
フェリー港 車両・旅客を運送するフェリーが出入港する港湾 フェリー
マリーナ 趣味・娯楽・観光目的の船舶が停泊・発着する港湾 ヨット、プレジャーボート、遊覧船など
軍港 軍事的な性格を持った港湾 軍艦など
避難港 小型船舶が強い風浪から避難するための港湾 小型船舶など

また、港湾の立地・地形に着目した分類もある。港湾の多くは海洋に面している海港・沿岸港であるが、河口や河川・湖に建設された港湾も少なくない。概略は以下のとおり。
種類 内容 港の例
海港・沿岸港 海洋に面した港湾 多数
河口港 河口に位置する港湾 ルアーブル港、酒田港、新潟港
河川港・河港 河川に面した港湾 ロッテルダム港、ロンドン港、旧伏見港、上海港、ハンブルク港、デュイスブルク港、ベオグラード港、モントリオール港、ニューヨーク港、ニューオーリンズ港、ブエノスアイレス港
湖港 湖に面した港湾 シカゴ港、ジュネーヴ港、バクー港、土浦港、大津港、長浜港、米子港

多くの河川が航行に利用され、運河も発達している欧米では、海を航行する船が直接入港する港を港(海港)、河川や運河を航行する船が入る港を内陸港湾(Inland port)と呼んで区別している。この区分によると、たとえば海を航行する船が入港しているハンブルク港は、エルベ川の河口から約100km上流に位置しているが「内陸港湾」ではない。

以上のほか、天然の地勢に恵まれた「天然港」と、海浜掘込など人為的に建設された「人工港」という建設方法による分類、高緯度地域において冬季でも暖流などによって凍結することのない不凍港の分類などがある。
日本における分類

日本においては、いくつかの港湾関係法令が制定されており、それぞれの法令目的に従って港湾分類がなされている。

港湾の管理・建設を目的とした港湾法においては、次のような港湾区分を設けている。
区分 概要
国際戦略港湾 重要港湾の中でも東アジアのハブ化目標とする港湾
国際拠点港湾 重要港湾の中でも国際海上輸送網の拠点として特に重要な港湾
重点港湾 重要港湾のうち国が重点して整備・維持する港湾
重要港湾 国際海上輸送網または国内海上輸送網の拠点となる港湾で今後も国が整備を行う港湾
その他の重要港湾 国際海上輸送網または国内海上輸送網の拠点となる港湾など
地方港湾 重要港湾以外で地方の利害にかかる港湾
56条港湾 港湾区域の定めがなく都道府県知事が港湾法第56条に基づいて公告した水域
避難港 小型船舶が荒天・風浪を避けて停泊するための港湾

旧運輸省(現国土交通省が1995年に策定した港湾政策「大交流時代を支える港湾」に明記された通称で、次のような港湾区分を設けている。

区分 概要
スーパー中枢港湾 国家的見地でみた日本のコンテナ重要港湾
中枢国際港湾 日本の中枢的な国際コンテナ港湾
中核国際港湾 国際海上コンテナターミナルを有する港湾

※スーパー中枢港湾の政令上の呼び名は「指定特定重要港湾」。

※スーパー中枢港湾は現在、東京港・横浜港・名古屋港・四日市港・大阪港・神戸港が指定されている。

水産業の発展を図り、漁港漁場の整備の推進を目的とした漁港漁場整備法における漁港に関する区分がなされている。行政においては、港湾は港湾法に基づく港(国土交通省所管)、漁港は漁港漁場整備法に基づく港(農林水産省所管)として明確に区別されている。

港内における船舶交通安全の確保を目的とした港則法は、喫水の深い船舶・外国船舶が常時出入りできる港を特定港として分類しているほか、港則法を適用する港を港則法適用港(港則法施行令別表第1)としている。

貨物の輸出入の手続きについて定める関税法においては、外国船舶が寄港できる開港とそうでない不開港を区分している。その他、検疫法、港湾運送事業法、出入国管理及び難民認定法(入国管理法)などの法令による港湾分類がある。
管理・運営
港湾管理者

港湾を管理・運営している主体、すなわち港湾管理者には、ポートオーソリティ(港務局)・地方自治体などがある。

ポートオーソリティとは、公営企業の形態をとった港湾管理組織であり、独立採算によって港湾および港湾隣接区域の運営を行うもので、主にヨーロッパ・北米で広く普及している。日本では第2次世界大戦後、占領軍が港湾管理運営主体の民主化を狙いにポートオーソリティ制度の導入を勧告。1950年公布の港湾法に同制度をそのまま移植し、その和訳である港務局制度が港湾管理者制度の柱として確立された。しかし港務局は終戦直後の財政的な制約もあって日本においては普及せず、大半の港湾が都府県、政令指定都市などの地方公共団体単独管理となった。現在港務局が港湾管理者を務める日本港湾は新居浜港のみである(※ポート・オーソリティ内「日本への影響」項も参照のこと)。
関係機関

港湾に関わる公的な機関には、港湾管理者のほか港長・沿岸警備隊・税関・検疫所・出入国管理機関などがある。

港長は、港湾内の水域における船舶の安全な航行・停泊・荷役などを司る職である。港長のもとでこれらの任務に当たるのは沿岸警備隊(日本では海上保安庁)であることが多い。税関は、港湾を通じて輸出入する貨物・物資を検査し、関税の課税・徴収を行う機関である。このほか、密輸取締りなども税関の業務である。検疫所は、外国から国内に伝染病の病原菌が侵入するのを防ぐ機関であり、外国から来た船舶は、検疫所の検疫が完了するまで人の上陸・貨物の陸揚げを行うことができない。国・地域により異なるが検疫所には動物検疫所・植物防疫所などがある。また、出入国管理機関も港湾に関係する機関である。多くの国・地域で、港湾を通じた出入国を公正に管理するために設置されている。
関係事業者

港湾に関わる事業者には、船舶代理店、通関業者、港湾運送事業者(港湾荷役事業者、はしけ運送事業者、検数事業者、検定事業者など)、水先人、曳船業者(タグボート)などがある。

ターミナルオペレーター

ガントリークレーンなど多大な設備投資を必要とし、コンテナ船の利用に供されるコンテナターミナルは、特定の船会社が定期的に利用する特性を有するため、受益者となる船会社・港湾運送事業者が施設を港湾管理者などから一体的に借り受け、自らも投資しながら運営する形態が一般的である。コンテナターミナルの運営業務を担う事業者はターミナルオペレーターと呼ばれ、特に国際海上コンテナ輸送の大規模化に伴い世界規模で急成長した巨大会社をメガターミナルオペレーターという。

シップチャンドラー

港に停泊する船舶に、食料、日用品、船具や船舶機械を販売して納める業者は「シップチャンドラー」(ship chandler、船舶納入業者)と呼ばれ、国際航路の船には国内税を掛けずに食料や酒類を販売できるため、免税販売の免許を取得している[2]。

給油

多くの港では小型タンカーにも似た、「給油船」と呼ばれる船が接舷し、ホースを繋いで主機械用の重油や軽油の供給を行なう[3][出典 1]。この他、専用の給油施設を備える港もあれば、タンクローリーによって行なう港もある。

給水

給油と同様に「給水船」が接舷して、飲料用水や造水機を持たない小型船のボイラー用の清浄水を供給する[4][出典 2]。
港湾運営の民営化

2011年現在、国土交通省は港湾法を改正して、港湾運営会社を設立できるようにし、民間の経営手法を導入して、独自に資金調達や岸壁使用料の設定やポートセールスができるようにすることを検討している。対象は、特定重要港湾の23港とされる。

(参考)港湾法及び特定外貿埠頭の管理運営に関する法律の一部を改正する法律案について - 国土交通省平成23年2月4日
構成・施設
港湾の構成

港湾は水域と陸域に二分される。国・地域によって異なるが、水域部分については一定の区域を港湾区域として定め、陸域部分についても臨港地区として指定することが一般的である。陸域における臨港地区は商港区・工業港区・鉄道連絡港区・漁港区・保安港区などに区分され、港湾機能の有効な発揮が図られている。

また、港湾の一定の区域を埠頭という。埠頭は、岸壁・荷さばき地・荷役機械・上屋・臨港道路・臨港鉄道など、その区域内の港湾施設を総称したものであり、港湾機能の中枢をなす(→詳細は埠頭を参照)。
港湾施設

水域・陸域それぞれに各種の港湾施設が整備されている。主要な港湾施設は下表のように区分されている(→詳細は各項目を参照)。
区分 施設の例
水域施設 航路、泊地など
外郭施設 防波堤、防潮堤、防砂堤、導流堤、堤防など
係留施設 岸壁、物揚場、係船浮標、桟橋、浮桟橋など
臨港交通施設 臨港道路、臨港鉄道、運河など
荷さばき施設 ガントリークレーン、アンローダー、荷役機械、上屋など
旅客施設 旅客乗降用施設、旅客ターミナルなど
保管施設 倉庫、野積場、貯木場、コンテナターミナル(コンテナヤード)など
船舶役務用施設 給水施設、給油施設など
航行援助施設 灯台、灯浮標

[出典 3][出典 4]
港内信号
注記

^ 貨物船でも旅客を運ぶ貨客船となれば滞船待ちの順番を待たずに優先的に接舷できたため、多くの貨物船が旅客設備を備えるようになった時期がある。
^ 日本のシップチャンドラーとしては、高級スーパーやジャム等でもよく知られた明治屋が有名である。
^ 船への給油作業は「バンカリング」と呼ばれる。これは石炭を燃料としていた時代の名残で石炭庫のことをバンカーと呼んでいたためである
^ 神戸港の水は文字通り「六甲のおいしい水」として人気がある。

出典

^ a b c 池田良穂監修 『船のすべてがわかる本』 ナツメ社 2009年2月9日発行 ISBN 9784816346408
^ a b 池田良穂著 『船の最新知識』 ソフトバンク クリエイティブ(株) 2008年11月24日初版第一刷発行 ISBN 9784797350081
^ 八木光監修、『イラスト図解 船』、日東書院、2010年2月1日初版第1刷発行、ISBN 9784528019256
^ 塩ノ谷幸造編、『クレーンの運転』、パワー社、2003年6月25日発行、ISBN 482773318

関連項目
ウィキメディア・コモンズには、港湾に関連するカテゴリがあります。
ウィキメディア・コモンズには、日本の港湾に関連するカテゴリがあります。

港町 - 港湾都市
海運 - 水運
港湾産業 - 港湾運送業
港湾工学
空港
ポートオーソリティ
コンテナターミナル
メガターミナルオペレーター

参考文献

小林義久監修・池田宗雄著、『港湾知識のABC』、成山堂書店、1994年、ISBN 4425391241

外部リンク

港湾法 - 法令データ提供システム
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




 2011年10月16日の伊曽乃神社祭礼 統一運行での新田だんじり(屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。
----------------------------------------------------------------------------------------

西条祭り 新田だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 統一運行 西条高校西 愛媛県西条市明屋敷

 西条祭り統一運行での新田だんじり(屋台・楽車)
西条祭り2011 新田だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 統一運行 西条高校西 愛媛県西条市明屋敷 2011年10月16日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西条祭り 新田だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 統一運行 西条高校西 愛媛県西条市明屋敷

 西条祭り統一運行での新田だんじり(屋台・楽車)
西条祭り2011 新田だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 統一運行 西条高校西 愛媛県西条市明屋敷 2011年10月16日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「2011 伊曽乃神社祭礼統一運行」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2011年の秋祭りを掲載していく予定です。(●色は掲載完了)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月22日) 三島地区伊予銀前交差点前統一運行
      ●(10月18日) 新居浜大江浜・コープ神郷・八幡神社かきくらべ
        大江 vs 中須賀鉢合せ
      ●(10月17日) 室川川原かきくらべ、国領川河川敷・多喜浜駅前・山端広場・天神浜かきくらべ
        宇高 vs 浮島鉢合せ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、伊曽乃神社祭礼後夜祭(駅前・御殿前)
        新居浜昭和通り・フジグラン夜太鼓、伊曽乃神社祭礼後夜祭(マルヨシ)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、マルナカ、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        みこしのねり比べ

        石岡神社宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、伊曽乃神社前夜祭マルナカ・西条駅
        内宮神社かき上げ、萩岡神社入り、伊曽乃神社前夜祭フジグラン西条
      ●(10月13日) 千足神社宮出し、土居ユーホール・ファミリーマートかきくらべ
      ●(10月10日) 小松常盤祭
      ●(10月9日) 禎瑞嘉母神社宮だし、喜多町屋台お披露目、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)。原之前荒神祭、橘新宮祭、御所神社祭

        新調喜多町屋台、喜多川中屋台平成大改修、下町中屋台創建30周年、弁天祭り
      ●(10月 8日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 7日) 東予前夜祭
      ●(10月 2日) 氷見山王神社祭り、若葉町屋台収納庫落成

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●漂砂(ひょうさ)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%82%E7%A0%82

漂砂(ひょうさ)は、波、または海に発生する様々な流れによって生じる土砂の移動、もしくは移動する土砂のこと。海岸侵食・堆積に深く関わる。漂砂量は通常、方向別に単位長さあたりm3/s/mで表すことが多い。

漂砂の供給源

河川

漂砂の主な供給源は河川である。それゆえ、河川流域および漂砂の移動する沿岸域をまとめて「漂砂系」と呼称する。また、河川工学においては流砂という用語が用いられる。

浜や崖の欠潰
沖合から
隣接海岸から
海中の石・岩礁片・漂着固形物など

移動

漂砂の移動する沿岸域は、おおよそ水深約20mが限界であり、勾配を考えるとせいぜい沖合1kmまでである。

移動形態から分類すると次のようになる。

シートフロー漂砂

底面から層状に移動。波高が大きい波による。

浮遊漂砂
掃流漂砂

海岸保全

海岸浸食対策の1つとして、漂砂をコントロールすることが挙げられ、防砂堤や導流堤、突堤、ヘッドランド、潜堤などがその対策として使用される。
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 FC2ブログのトラックバックテーマ 第1362回「夕焼けの写真見せてください!」に、以前にアップしたものですが投稿してみますね。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「夕焼けの写真見せてください!」です。数ある写真の中でも、夕焼けの写真というのはいつどれを見ても美しいですね季節ごとや場所によって色が全く違うのもすばらしいです。冬の、日がほぼ沈んだときの、空はほとんど濃紺なのに日が沈んでいった方向だけ...
トラックバックテーマ 第1362回「夕焼けの写真見せてください!」



東予図書館・東予郷土館・東予体育館付近の日没 愛媛県西条市周布 2010年6月9日

 東予図書館・東予郷土館・東予体育館付近の日没
東予図書館・東予郷土館・東予体育館付近の日没 愛媛県西条市周布 2010年6月19日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


東予郷土館・図書館、東予体育館付近の夕日 愛媛県西条市周布401-1 2010年6月19日

 東予郷土館・図書館、東予体育館付近の夕日
東予郷土館・図書館、東予体育館付近の夕日 愛媛県西条市周布401-1 2010年6月19日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


東予郷土館・図書館、東予体育館付近の夕日 愛媛県西条市周布401-1 2010年6月19日

 東予郷土館・図書館、東予体育館付近の夕日
東予郷土館・図書館、東予体育館付近の夕日 愛媛県西条市周布401-1 2010年6月19日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC
 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2012 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.