2011年10月16日の伊曽乃神社祭礼 お旅所での常心上組だんじり(大南屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~6ページぐらい、お祭りと他の写真をほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2012年5月31日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2011 お旅所 常心上組屋台
   (2) アオサギ
   (3) 嘉母神社 祭礼 宮出し 上組子供太鼓台
   (4) 加茂川河口の漁船
   (5) 羊蹄丸公開会場にて
----------------------------------------------------------------------------------------

西条祭り2011 お旅所 常心上組だんじり(大南屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼

 お旅所での常心上組だんじり(大南屋台・楽車)
西条祭り2011 お旅所 常心上組だんじり(大南屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 2011年10月16日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西条祭り2011 お旅所 常心上組だんじり(大南屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼

 お旅所での常心上組だんじり(大南屋台・楽車)
西条祭り2011 お旅所 常心上組だんじり(大南屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 2011年10月16日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「2011 伊曽乃神社祭礼御旅所」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2011年の秋祭りを掲載していく予定です。(●色は掲載完了)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月22日) 三島地区伊予銀前交差点前統一運行
      ●(10月18日) 新居浜大江浜・コープ神郷・八幡神社かきくらべ
        大江 vs 中須賀鉢合せ
      ●(10月17日) 室川川原かきくらべ、国領川河川敷・多喜浜駅前・山端広場・天神浜かきくらべ
        宇高 vs 浮島鉢合せ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、伊曽乃神社祭礼後夜祭(駅前・御殿前)
        新居浜昭和通り・フジグラン夜太鼓、伊曽乃神社祭礼後夜祭(マルヨシ)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、マルナカ、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        みこしのねり比べ

        石岡神社宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、伊曽乃神社前夜祭マルナカ・西条駅
        内宮神社かき上げ、萩岡神社入り、伊曽乃神社前夜祭フジグラン西条
      ●(10月13日) 千足神社宮出し、土居ユーホール・ファミリーマートかきくらべ
      ●(10月10日) 小松常盤祭
      ●(10月9日) 禎瑞嘉母神社宮だし、喜多町屋台お披露目、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)。原之前荒神祭、橘新宮祭、御所神社祭

        新調喜多町屋台、喜多川中屋台平成大改修、下町中屋台創建30周年、弁天祭り
      ●(10月 8日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 7日) 東予前夜祭
      ●(10月 2日) 氷見山王神社祭り、若葉町屋台収納庫落成

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●スポーツ・フォー・オール
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3
%83%84%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83
%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB

スポーツ・フォー・オール(英: Sports for All)、みんなのスポーツとは、スポーツの大衆化運動、または、その理念やスローガンをさす言葉である。

1960年代以降、先進諸国における産業化、都市化に伴う余暇時間の増大や人間疎外などを背景に、スポーツがそれまでのように一部の才能や機会に恵まれた者だけのためのものではなく、性・年齢・階層などの差異を越えた全ての人々が享受すべき基本的人権であるという認識に基づいて、各国でスポーツ活動の普及振興を図る運動が起こった。

ヨーロッパ・スポーツ・フォー・オール憲章(1975年3月20日-21日、欧州評議会第1回ヨーロッパ・スポーツ閣僚会議採択)、体育・スポーツ国際憲章(1978年11月21日、ユネスコ第20回総会採択)の採択により、この言葉は世界的に広まり、各国のスポーツ政策の指針となっている。

関連項目

国際スポーツ・フォア・オール協議会

外部リンク

Sport for all (英語)・(フランス語) - 欧州評議会
International Charter of Physical Education and Sport (PDF) (英語) - ユネスコ
 
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市港新地で撮ったアオサギ(青鷺)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~6ページぐらい、お祭りと他の写真をほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2012年5月31日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2011 お旅所 常心上組屋台
   (2) アオサギ
   (3) 嘉母神社 祭礼 宮出し 上組子供太鼓台
   (4) 加茂川河口の漁船
   (5) 羊蹄丸公開会場にて
----------------------------------------------------------------------------------------

西条市の野鳥 西条市 アオサギ(青鷺) 愛媛県西条市港新地

 西条市のアオサギ(青鷺)
西条市の野鳥 西条市 アオサギ(青鷺) 愛媛県西条市港新地 2008年5月16日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


      ●私が撮った「アオサギ(青鷺)」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2011年の秋祭りを掲載していく予定です。(●色は掲載完了)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月22日) 三島地区伊予銀前交差点前統一運行
      ●(10月18日) 新居浜大江浜・コープ神郷・八幡神社かきくらべ
        大江 vs 中須賀鉢合せ
      ●(10月17日) 室川川原かきくらべ、国領川河川敷・多喜浜駅前・山端広場・天神浜かきくらべ
        宇高 vs 浮島鉢合せ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、伊曽乃神社祭礼後夜祭(駅前・御殿前)
        新居浜昭和通り・フジグラン夜太鼓、伊曽乃神社祭礼後夜祭(マルヨシ)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、マルナカ、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        みこしのねり比べ

        石岡神社宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、伊曽乃神社前夜祭マルナカ・西条駅
        内宮神社かき上げ、萩岡神社入り、伊曽乃神社前夜祭フジグラン西条
      ●(10月13日) 千足神社宮出し、土居ユーホール・ファミリーマートかきくらべ
      ●(10月10日) 小松常盤祭
      ●(10月9日) 禎瑞嘉母神社宮だし、喜多町屋台お披露目、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)。原之前荒神祭、橘新宮祭、御所神社祭

        新調喜多町屋台、喜多川中屋台平成大改修、下町中屋台創建30周年、弁天祭り
      ●(10月 8日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 7日) 東予前夜祭
      ●(10月 2日) 氷見山王神社祭り、若葉町屋台収納庫落成

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●安倍晴明
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%80%8D%E6
%99%B4%E6%98%8E

安倍 晴明(あべ の せいめい/ はるあき/ はるあきら、延喜21年1月11日[1]〈921年2月21日〉 - 寛弘2年9月26日〈1005年10月31日〉)は、平安時代の陰陽師。『晴明』を『せいめい』と読むのは有職読みであり、本来の読み方は確定していない。鎌倉時代から明治時代初めまで陰陽寮を統括した安倍氏(土御門家)の祖。官位は従四位下・播磨守。

史実上の人物像
出自

晴明の系譜は明らかでないが、大膳大夫・安倍益材(あべのますき)[2]あるいは淡路守・安倍春材[3]の子とされる。

各種史書では竹取物語にもその名が登場する右大臣阿倍御主人の子孫とする[2][3]。ほかに、阿倍仲麻呂の子孫とする説話[4]、あるいは、一部の古文書では安倍朝臣晴明ではなく安倍宿禰晴明と記載されるものが散見されること、また当時は「朝臣」を「宿禰」の上位に厳格に位置づけており、朝臣姓の子孫が宿禰姓となることは考えにくいことから、阿倍御主人の子孫である安倍朝臣姓の家系ではなく、同じく阿倍氏の一族である難波氏(難波吉士、のち忌寸、宿禰)の末裔ではないかとする説もある。
経歴

921年(延喜21年)に摂津国阿倍野(現・大阪市阿倍野区)に生まれたとされる。また、生地については、奈良県桜井市安倍とする伝承もある。幼少の頃については確かな記録がないが、陰陽師賀茂忠行・保憲父子に陰陽道を学び、天文道を伝授されたという。

948年(天暦2年)大舎人。960年(天徳4年)当時天文得業生(陰陽寮に所属し天文博士から天文道を学ぶ学生の職)であった晴明は村上天皇に占いを命ぜられており、出世は遅れていたが占いの才能は既に貴族社会で認められていたことが伺える。その後、天文博士に任ぜられる。

979年(天元2年)、59歳の晴明は当時の皇太子師貞親王(後の花山天皇)の命で那智山の天狗を封ずる儀式を行う。 このころから花山天皇の信頼を受けるようになったらしく、記録にしばしば晴明が占いや陰陽道の儀式を行った様子が見られるようになる。花山天皇の退位後は、一条天皇や藤原道長の信頼を集めるようになったことが、道長の日記『御堂関白記』などの当時の貴族の日記から覗える。

陰陽師として名声を極めた晴明は、天文道で培った計算能力をかわれて主計寮に異動し主計権助を務めた[5]。その後、左京権大夫、穀倉院別当、播磨守などの官職を歴任し、位階は従四位下に昇った。さらに晴明の2人の息子安倍吉昌と安倍吉平が天文博士や陰陽助に任ぜられるなど、安倍氏は晴明一代の間に師である忠行の賀茂氏と並ぶ陰陽道の家としての地位を確立した。
伝承の人物像
疫病神退治をする安倍晴明(泣不動縁起より)

平安時代では、最先端の学問(呪術・科学)であった「天文道」や占いなどを、体系としてまとめた思想としての陰陽道に関して、卓越した知識を持った陰陽師ともいわれ、当時の朝廷や貴族たちの信頼を受け、その事跡は神秘化されて数多くの伝説的逸話を生んでいった。蘆屋道満に代表される道摩法師とはライバル関係にあった。

後世に陰陽道の経典となる秘伝書『??内伝』(ほきないでん、別名『金烏玉兎集』)の著者に仮託されている。実際の晴明の著作としては土御門家に伝わった占事略决がある。
奉祀
晴明神社

墓所は京都嵯峨にあり、渡月橋の近くにひっそりと眠っている。

安倍晴明を祀る神社は、屋敷跡に建てられたという一条戻橋近くの晴明神社や、生誕地の大阪市阿倍野区に建てられたとされる安倍晴明神社、東国では数少ない晴明ゆかりの社立石熊野神社など全国各地に存在する。

後世の陰陽師が、晴明にあやかろうと信仰したため、日本各地に晴明塚といわれる塚を建立し、祀った。
安倍晴明が登場する作品
平安・中世文学

晴明が死んだ11世紀の内に、早くも晴明は神秘化されていった。歴史物語の『大鏡』や説話集の『今昔物語』『宇治拾遺物語』『十訓抄』はいくつかの晴明に関する神秘的な逸話を載せる。
『大鏡』

帝紀『花山天皇』
花山天皇が帝位を捨てて出家しようとした時、晴明は天文を見てそれを察知し、式神(十二天将)を使って朝廷に急報しようとしたが、ちょうどその時天皇は寺に向かっているところだった。

『今昔物語』

『安部晴明随忠行習道語』

晴明が幼少の頃、賀茂忠行の夜行に供をしている時、夜道に鬼の姿を見て忠行に知らせた。忠行は晴明が優れた才能を持つことを悟り、陰陽道のすべてを教え込んだ。
陰陽道の大家となった晴明は、ある時播磨国から来た陰陽師(後述)に術比べを挑まれたが、いともたやすく懲らしめた。
仁和寺の寛朝僧正のところで、同席した公卿達に陰陽道の技でカエルを殺してみせるようにせがまれ、術を用いて手を触れずにカエルを真平らに潰した。
晴明の家では式神を家事に使っており、人もいないのに勝手に門が開閉していた。

『播磨国陰陽師智徳法師語』
播磨国の陰陽師、智徳法師が方術で海賊を捕らえた物語だが、末尾に「智徳はこれほど優れた陰陽師でありながら晴明にはかなわなかった」と記されているので、前の物語に登場した播磨の陰陽師は彼のことだとわかる。

『宇治拾遺物語』

『晴明蔵人少将封ずる事』
晴明がある時、カラスに糞をかけられた蔵人少将を見て、カラスの正体が式神であることを見破り、少将の呪いを解いてやった。
『御堂関白の御犬晴明等奇特の事』
藤原道長が可愛がっていた犬が、ある時主人の外出を止めようとした。驚いた道長が晴明に占わせると、晴明は式神の呪いがかけられそうになっていたのを犬が察知したのだと告げ、式神を使って呪いをかけた陰陽師を見つけ出して捕らえた。十訓抄にも同様の記述あり。

『平家物語』

『剣巻』
貴船神社に祈願し鬼となった橋姫の腕を渡辺綱が切り落とし、晴明が封印をした。
剣巻を元に制作された能の演目『鉄輪』にもワキとして登場する。

近世

人形浄瑠璃・歌舞伎 『蘆屋道満大内鑑』 (通称「葛の葉」)
『蘆屋道満大内鑑』を始めとして、葛の葉伝承を題材とする作品には、多くの場合安倍晴明が登場する。
『蘆屋道満大内鑑』では、晴明は父、安倍保名と母、葛葉明神の化身である白狐との間に生まれた子供とされている。また晴明は最終的には清浄を意味する「清明」への改名を帝に願い出て聞き届けられている。
なお、大阪府和泉市を通る熊野街道沿いに母親の葛の葉を祀る信太森葛葉稲荷神社、白狐の化石を祀る舊府(ふるふ)神社、安倍保名と葛の葉が出会った「ネズミ坂」がある聖神社が鎮座している。
葛の葉を題材とする作品を参照。

関連項目
ウィキメディア・コモンズには、安倍晴明に関連するカテゴリがあります。

陰陽道
陰陽師
筑西市

安倍晴明の所縁

陰陽道
天社土御門神道 - 現在に残る安倍家陰陽道。
セーマンドーマン - 現在に残る陰陽道の名残ともいわれる咒であるが、五芒星と九字が描かれていることから、安倍晴明の吉祥紋であり、蘆屋道満安倍家陰陽道の名残ではないかと言われている。
社寺
安倍晴明神社
晴明神社(京都府京都市)
晴明神社(福井県敦賀市)
安倍神社
安倍文殊院
福王寺(静岡県磐田市城之崎)-?安倍晴明権現として祀られ毎年3月8日に風祭りの行事[6]
水神宮 (掛川市)
場所
阿部山 (岡山県) - かつて安倍の屋敷があり、天体観測を行ったとされる場所。
晴明塚 (掛川市)
天体
晴明 (小惑星) - 晴明にちなんで名付けられた小惑星。

脚注

^ 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年、369頁。また卒年85歳(「安倍氏系図」(『続群書類従』巻第170 所収)による)とも一致する。
^ a b 「安倍氏系図」(『続群書類従』巻第170 所収)、『尊卑分脈』、『諸家知譜拙記』
^ a b 鈴木真年『百家系図稿』巻5,安倍(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年 による)
^ 江戸時代に成立した説話「安倍仲丸転生記」(著者不祥)および講談本「神道講釈安倍晴明」(旭堂南陵の口演を速記したもの)。
^ これは当時の陰陽師の最高位が七位であったことから、晴明を六位以上に昇進させるための措置であったとも考えられる
^ “十八番札所 曹洞宗 風祭山 福王寺”. 遠州三十三観音霊場 2012年4月18日閲覧。

外部リンク

陰陽師 安倍晴明
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




 2011年10月9日、愛媛県西条市の嘉母神社祭礼宮出しでの上組子供太鼓台です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~6ページぐらい、お祭りと他の写真をほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2012年5月31日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2011 お旅所 常心上組屋台
   (2) アオサギ
   (3) 嘉母神社 祭礼 宮出し 上組子供太鼓台
   (4) 加茂川河口の漁船
   (5) 羊蹄丸公開会場にて
----------------------------------------------------------------------------------------

西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 上組子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞

 上組子供太鼓台
西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 上組子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞 2011年10月9日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 上組子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞

 上組子供太鼓台
西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 上組子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞 2011年10月9日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 上組子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞

 上組子供太鼓台
西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 上組子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞 2011年10月9日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 上組子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞

 上組子供太鼓台 
西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 上組子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞 2011年10月9日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 上組子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞

 上組子供太鼓台 お子さん
西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 上組子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞 2011年10月9日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「禎瑞嘉母神社祭礼」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2011年の秋祭りを掲載していく予定です。(●色は掲載完了)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月22日) 三島地区伊予銀前交差点前統一運行
      ●(10月18日) 新居浜大江浜・コープ神郷・八幡神社かきくらべ
        大江 vs 中須賀鉢合せ
      ●(10月17日) 室川川原かきくらべ、国領川河川敷・多喜浜駅前・山端広場・天神浜かきくらべ
        宇高 vs 浮島鉢合せ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、伊曽乃神社祭礼後夜祭(駅前・御殿前)
        新居浜昭和通り・フジグラン夜太鼓、伊曽乃神社祭礼後夜祭(マルヨシ)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、マルナカ、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        みこしのねり比べ

        石岡神社宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、伊曽乃神社前夜祭マルナカ・西条駅
        内宮神社かき上げ、萩岡神社入り、伊曽乃神社前夜祭フジグラン西条
      ●(10月13日) 千足神社宮出し、土居ユーホール・ファミリーマートかきくらべ
      ●(10月10日) 小松常盤祭
      ●(10月9日) 禎瑞嘉母神社宮だし、喜多町屋台お披露目、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)。原之前荒神祭、橘新宮祭、御所神社祭

        新調喜多町屋台、喜多川中屋台平成大改修、下町中屋台創建30周年、弁天祭り
      ●(10月 8日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 7日) 東予前夜祭
      ●(10月 2日) 氷見山王神社祭り、若葉町屋台収納庫落成

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●土御門家(つちみかどけ)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E5%BE
%A1%E9%96%80%E5%AE%B6

土御門家(つちみかどけ)は日本の朝廷に仕えた公家である。

土御門家(村上源氏)
土御門家
(村上源氏久我庶流)
No image available.svg
本姓 村上源氏久我庶流
家祖 土御門定通
種別 公家
出身地 山城国
主な根拠地 山城国

鎌倉時代初期に権勢を振るった村上源氏嫡流の内大臣源通親(土御門通親)の子孫。通親の四男内大臣・土御門定通が祖。定通の孫で太政大臣に昇った定実を始め、室町時代初期まで権大納言を輩出したが、室町時代中期に有通が早世し断絶した。

通親の長男通宗や六男通行も土御門を号し、特に通宗は死後後嵯峨天皇の外祖父として左大臣を贈られたが、いずれも鎌倉時代に断絶した。

土御門家(安倍氏)
土御門家
(安倍氏嫡流)
No image available.svg

本姓 安倍氏嫡流
家祖 安倍有宣
種別 公家(半家)
華族(子爵)
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京都
著名な人物 土御門藤子
支流、分家 倉橋家(半家)

室町時代の陰陽師安倍有世(晴明の14代目の子孫)の末裔。安倍氏の長者を代々勤めた。安倍氏は晴明以後も朝廷に代々公家として仕えていたが、室町時代に他の公家同様本姓ではなく家名を称するようになった。一般的には有世をもって土御門家の初代とするが、実際には室町時代中期以後の南北朝時代の当主安倍有宣から土御門の家名を名乗ったといわれている。

応仁の乱を避けて、数代にわたり若狭国南部(現在の福井県大飯郡おおい町)に移住していた。当時の若狭は、東軍の副将をつとめた強大な守護大名武田氏の守護国であり庇護に与かるため、都の公卿たちが多数下向し繁栄していた。江戸時代初期に家康の命令で完全に山城国(京都)に戻り、征夷大将軍宣下の儀式時には祈祷を行った。江戸時代は御所周辺の公家町ではなく、梅小路に研究所も兼ねた大規模な邸宅を構えた。家格は半家(詳細は祖先にあたる阿倍氏の項目で解説する)。

土御門家(藤原北家)
土御門家
(藤原北家日野流)
No image available.svg
本姓 藤原北家日野流庶流柳原庶流
家祖 土御門保光
種別 公家
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
凡例 / Category:日本の氏族

南北朝時代の柳原資明(柳原家の祖)の子である保光を祖とする公家。保光と息子資家は権大納言に昇った。

だが、嘉吉元年(1441年)7月資家の子である頭弁長淳が出家して唐橋在豊の子を猶子に迎えて家督を譲ろうとしたところ、宗家の日野家をはじめとする一門の諸家が菅原氏系の唐橋家からの猶子に反対したのをきっかけに朝廷の議論は紛糾して室町幕府もこれに介入し、最終的には後花園天皇の勅裁によって6ヶ所の所領全てを没収され、1ヶ所は唐橋在豊の子に与えられ、残り5ヶ所は中御門家・四辻家(ただし、洞院家と所領交換される)などに5分割に処せられて断絶させられた[1]
系図

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。

村上源氏[表示]
藤原北家[表示]

脚注

^ 『建内記』嘉吉元年7月7日・10月2日・12日条。
^ 北条義時の娘。
^ 中院通方の4男。
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市古川の加茂川河口の漁船です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2012年5月31日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2011 お旅所 常心上組屋台
   (2) アオサギ
   (3) 嘉母神社 祭礼 宮出し 上組子供太鼓台
   (4) 加茂川河口の漁船
   (5) 羊蹄丸公開会場にて
----------------------------------------------------------------------------------------

西条市 加茂川河口の漁船 愛媛県西条市古川

 加茂川河口の漁船
西条市 加茂川河口の漁船 愛媛県西条市古川 2011年5月5日
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西条市 加茂川河口の漁船 愛媛県西条市古川

 加茂川河口の漁船
西条市 加茂川河口の漁船 愛媛県西条市古川 2011年5月5日
NIKON D80 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「川・湖・橋」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●藤原 忠通(ふじわら の ただみち)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E
%9F%E5%BF%A0%E9%80%9A

藤原 忠通(ふじわら の ただみち)は、平安時代後期の公卿。摂政関白太政大臣・藤原忠実の長男。官位は摂政関白太政大臣従一位。法性寺殿と号す。同母姉に高陽院藤原泰子、異母弟に藤原頼長がいる。

藤原 忠通
『公家列影図』より
時代 平安時代後期
生誕 承徳元年閏1月29日(1097年3月15日)
死没 長寛2年2月19日(1164年3月13日)
別名 円観(法名)
法性寺様(渾名)
法性寺入道前関白太政大臣(小倉百人一首)
官位 摂政関白太政大臣従一位
主君 白河天皇→堀河天皇→鳥羽天皇→崇徳天皇→近衛天皇→後白河天皇
氏族 藤原氏(北家)
父母 父:藤原忠実 母:源師子
猷父:白河法皇
兄弟 泰子、忠通、頼長
妻 正室:藤原宗子 ほか
子 実子:藤原聖子、近衛基実、松殿基房、藤原育子、九条兼実、信円、藤原兼房、慈円 ほか
養女:藤原呈子

生涯

康和5年(1103年)、大江匡房の名付により「忠通」と称する。嘉承2年(1107年)、元服し白河法皇の猶子となる。永久2年(1114年)、白河法皇の意向により法皇の養女の藤原璋子(閑院流・藤原公実の娘)との縁談が持ち上がるが、璋子の素行に噂があったこともあり、父・忠実はこの縁談を固辞し破談となる。保安2年(1121年)、白河院の勅勘をこうむり関白を辞任した忠実に代わって藤原氏長者となり、25歳にして鳥羽天皇の関白に就任。その後も崇徳・近衛・後白河の3代に渡って摂政・関白を務めることとなった。摂関歴37年は高祖父・藤原頼通の50年に次ぐ。また太治4年(1129年)、正妻腹の娘・聖子を崇徳天皇の後宮に女御として入内させ[1]、翌5年(1130年)、聖子は中宮に冊立された。崇徳帝と聖子との夫婦仲は良好だったが子供は生まれず、保延6年(1140年)9月2日女房・兵衛佐局が崇徳帝の第一皇子・重仁親王を産むと、聖子と忠通は不快感を抱いたという[2]。保元の乱で崇徳上皇と重仁親王を敵視したのもこれが原因と推察される。

一般には父・忠実が弟の頼長を寵愛する余り、摂政・関白の座を弟に譲るように圧力をかけられたように言われているが、実際には長い間、摂関家を継ぐべき男子に恵まれず[3]、天治2年(1125年)に23歳年下の頼長を一度は養子に迎えている。だが、40歳を過ぎてから次々と男子に恵まれるようになった忠通が実子に摂関家を相続させるため、頼長との縁組を破棄したのである。

忠通と忠実・頼長は近衛天皇の後宮政策においても対立し、久安6年(1150年)正月に頼長が養女・藤原多子を入内させ、皇后に冊立させたのに対し、忠通もその3ヵ月後にやはり養女・藤原呈子を入内させて、中宮に冊立させた。この呈子立后にとうとう忠実・頼長は業を煮やし、忠通は父から義絶されて頼長に氏長者職を譲らされるが、多子と天皇の接触を妨害する事などで対抗し、久寿2年(1155年)の後白河天皇の践祚により復権。それら一連の対立が保元の乱の原因の一つとなった。乱後、氏長者の地位は回復されたが、その際に前の氏長者である頼長が罪人でかつ死亡していることを理由として、宣旨によって任命が行われ、藤原氏による自律性を否認された。更に忠実・頼長が所有していた摂関家伝来の荘園及び個人の荘園が全て没官領として剥奪されることになったが、忠通が忠実に摂関家伝来のものと忠実個人の荘園を自分に譲与するように迫り、漸く忠通の所領として認められて没収を回避された。

保元3年(1158年)の賀茂祭の際に院近臣の藤原信頼との対立を起こしたことから後白河天皇より閉門に処せられて事実上失脚、同年に関白職を嫡男の近衛基実に譲った後、応保2年(1162年)に法性寺別業で出家して円観と号した。忠通は晩年身近に仕えていた女房の五条(家司・源盛経の娘)を寵愛していたが、長寛元年(1163年)末か翌年の年初頃、五条が兄弟の源経光と密通、これを目撃した忠通は直ちに経光を追い出す(『明月記』)ものの、精神的な衝撃もありまもなく薨去したという[4]。

人物

忠通が氏長者となった時は既に摂関政治は形骸化し、さらに父や弟との対立を抱え、男子を儲けるのも遅い方であったが、そのような悪い状況の中でも本来対抗勢力である鳥羽法皇や平氏等の院政勢力と巧みに結びつき、保元の乱に続く、平治の乱でも実質的な権力者・信西とは対称的に生き延び、彼の直系子孫のみが五摂家として原則的に明治維新まで摂政・関白職を独占する事となった。もっとも、基実の後継者として藤原信頼の妹が生んだ近衛基通ではなく、娘・皇嘉門院(聖子)の猶子となっていた庶子(三男)の兼実を後継者にすることを意図したものの、基実の急死による挫折(次男・松殿基房の関白任命や平氏一族による基通後見の成立などの事態の急変)がその後の摂関家分裂の原因となったとする説もある[5]。
悪辣な陰謀家とする説があるが(角田文衛など)、異論もある(元木泰雄など)。
詩歌にも長じ、書法にも一家をなして法性寺様といわれた。漢詩集に『法性寺関白集』、家集に『田多民治集』がある。日記に『玉林』があるが散逸してほとんど現存しない。

歌人として
小倉百人一首79番「法性寺入道前関白太政大臣」

『金葉集』以下の勅撰集に58首入集しているが、その歌について『今鏡』では「柿本人麻呂にも恥じないのではないか、と人々が申し上げている」とあり、また漢詩をつくれば菅原道真より優れているといわれた。これは鳥羽天皇から後白河天皇の4代にわたって関白となり、摂政と太政大臣におのおの2度ずつなっている人物であるため、美辞麗句に満ちたものになったと考えられる。

小倉百人一首から。

わたの原 こぎいでてみれば 久方の雲いにまがふ 沖つ白波 (法性寺入道前関白太政大臣)

なお、この直前・直後の歌の詠み人は、いずれも忠通との政争に敗れた人物(藤原基俊、崇徳天皇)である。
書家としての評価

法性寺流を開いた。肉太で、丸味と力強さを兼ね備えた生々したものである。
藤原基衡が毛越寺に伽藍を建立した際、金堂円隆寺(のちに兵火で焼失)に掲げる額の揮毫を忠通に依頼した。しかし、奥州藤原氏は京都からすれば俘囚の係累であり、身分を明かして依頼しても応じられるはずがないため、実際の依頼は仁和寺を通して行われた。のちに真の依頼者を知った忠通は額を取り返そうとしたが失敗に終わる(『吾妻鏡』には「円隆寺の額は関白忠通の筆、色紙形は藤原教長」とある)。

荘園

越後国:大嶋、紙屋
讃岐国:塩飽
山城国:巨倉、小倉、真水(巨倉内)、泉殿(小巨倉内)、五條殿(巨倉内)
美乃国:武義、山上、吉田
参川国:志貴

官歴

嘉承2年(1107年)
4月26日(5月21日):元服し、正五位下に叙位。禁色を許される
6月18日(7月10日):侍従に任官
11月25日(1108年1月9日):右近衛権少将に転任
12月8日(1108年1月22日):右近衛中将に転任
12月29日(1108年2月12日):従四位下に昇叙し、右近衛中将如元
嘉承3年(1108年)
1月(2~3月):播磨権守を兼任
改元して天仁元年12月20日(1109年1月22日):正四位下に昇叙し、右近衛中将・播磨権守如元
天仁3年(1110年)
2月25日(3月17日):従三位に昇叙し、右近衛中将・播磨権守如元
5月13日(6月2日):正三位に昇叙し、右近衛中将・播磨権守如元
天永2年(1111年)
1月23日(3月4日):権中納言に転任し、右近衛中将如元
2月1日(3月12日):従二位に昇叙し、権中納言・右近衛中将如元
天永3年3月18日(1112年4月16日):正二位に昇叙し、権中納言・右近衛中将如元
永久3年(1115年)
1月29日(2月25日):権大納言に転任
4月16日(5月11日):内大臣に転任
元永2年2月6日(1119年3月18日):左近衛大将を兼任
保安2年3月5日(1121年3月25日):関白宣下。藤氏長者宣下。内大臣如元。従一位行右大臣源雅実の次座のため、一座宣下無し
保安3年12月17日(1123年1月16日):従一位に昇叙し、左大臣に転任。関白・藤氏長者如元。序列は、従一位太政大臣・源雅実の次座
保安4年1月28日(1123年2月25日):関白を止め、摂政宣下。左大臣如元。序列は源雅実より上座。一座宣下を得たか?
大治3年12月17日(1129年1月9日):太政大臣宣下。摂政如元
大治4年(1129年)
4月10日(4月30日):太政大臣を辞す
7月1日(7月18日):摂政を止め、関白宣下
永治元年12月7日(1142年1月5日):関白を止め、摂政宣下
久安5年10月25日(1149年11月26日):太政大臣宣下。摂政如元
久安6年(1150年)
3月13日(4月12日):太政大臣を辞す
9月26日(10月18日):藤氏長者を止む(藤原頼長、藤氏長者となる)
12月8日(12月28日):摂政を止め、関白宣下
保元元年7月11日(1156年7月29日):藤氏長者宣下(頼長が同日、薨去のため)
保元3年8月11日(1158年9月5日):関白を辞す
応保2年6月8日(1162年7月21日):出家。法名は圓観
長寛2年2月19日(1164年3月13日):薨去。享年68

系譜

父:藤原忠実
母:源師子 - 源顕房の娘
正室:藤原宗子 - 藤原宗通の娘
長女:藤原聖子(1122-1182) - 崇徳天皇中宮、皇嘉門院
妻:源信子 - 源国信の娘、従二位・典侍
四男:近衛基実(1143-1166)(摂家の近衛家始祖)
妻:源俊子[6] - 源国信の娘
五男:松殿基房(1145-1231)(松殿家始祖)
九男:信円(1153-1224)
男子:最忠
妻:源俊子 - 源顕俊の娘
次女:藤原育子(1146-1173) - 二条天皇中宮、六条天皇養母、実は徳大寺実能の娘の説あり
妻:家女房加賀局 - 藤原仲光の娘
六男:九条兼実(1149-1207)(摂家の九条家始祖)
八男:道円(1151-1170)
十男:藤原兼房(1153-1217)
十一男:慈円(1155-1225)
妻:藤原基信の娘
長男:恵信(1114-1171)
妻:家女房五条 - 源盛経の娘
七男:尊忠(1150-?)
生母不明
次男:覚忠(1118-1177)
三男:名不明(?-1127)
養女:藤原呈子(1131-1176) - 近衛天皇中宮、実は藤原伊通の娘

脚注

^ 摂関家からは藤原寛子(藤原頼通の娘)以来約80年ぶりの入内。なお、養女を含めると、白河天皇中宮・藤原賢子(藤原師実養女、実は源顕房の娘)以来で56年ぶりとなる。
^ 『今鏡』第八、腹々の御子
^ 正妻の藤原宗子との間には男子が生まれたが夭折。また、妾腹の男子に恵信(永久2年(1114年)生)・覚忠(元永元年(1118年)生)がいたが、いずれも出家している。この2人に対しては、正妻宗子が良い感情を抱いていなかったようであり(『今鏡』)、2人の出家については宗子への配慮または彼女自身の意図に依るものであることを窺わせる。
^ 角田文衛『平安の春』講談社学術文庫、平成11年(1999年)、226頁
^ 山田彩起子『中世前期女性院宮の研究』思文閣出版、平成22年(2010年)、222-223・256・263頁
^ 『尊卑分脈』『系図纂要』による。『今鏡』では源国子とする。

関連項目

藤原氏
藤原氏の人物一覧
 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真




 愛媛県新居浜市黒島1-2にある黒島埠頭で開催されている旧青函連絡船・羊蹄丸の最後の一般公開会場でのお子さんなどです。

●旧青函連絡船・羊蹄丸・青函ワールド関連の記事
   ■旧青函連絡船・羊蹄丸 1
   ■旧青函連絡船・羊蹄丸 2
   ■青函ワールド 3
   ■青函ワールド 2
   ■青函ワールド 1
   ■会場にて

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2012年5月31日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2011 お旅所 常心上組屋台
   (2) アオサギ
   (3) 嘉母神社 祭礼 宮出し 上組子供太鼓台
   (4) 加茂川河口の漁船
   (5) 羊蹄丸公開会場にて
----------------------------------------------------------------------------------------

新居浜市制施行75周年記念 新居浜高専創立50周年記念 青函連絡船・羊蹄丸公開 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2

 青函連絡船・羊蹄丸公開会場でのお子さん
新居浜市制施行75周年記念 新居浜高専創立50周年記念 青函連絡船・羊蹄丸公開 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


新居浜市制施行75周年記念 新居浜高専創立50周年記念 青函連絡船・羊蹄丸公開 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2

 青函連絡船・羊蹄丸公開会場にて
新居浜市制施行75周年記念 新居浜高専創立50周年記念 青函連絡船・羊蹄丸公開 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


新居浜市制施行75周年記念 新居浜高専創立50周年記念 青函連絡船・羊蹄丸公開 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2

 青函連絡船・羊蹄丸公開会場でのお子さん
新居浜市制施行75周年記念 新居浜高専創立50周年記念 青函連絡船・羊蹄丸公開 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


新居浜市制施行75周年記念 新居浜高専創立50周年記念 青函連絡船・羊蹄丸公開 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2

 青函連絡船・羊蹄丸公開会場にて
新居浜市制施行75周年記念 新居浜高専創立50周年記念 青函連絡船・羊蹄丸公開 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


新居浜市制施行75周年記念 新居浜高専創立50周年記念 青函連絡船・羊蹄丸公開 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2

 青函連絡船・羊蹄丸公開会場でのお子さん
新居浜市制施行75周年記念 新居浜高専創立50周年記念 青函連絡船・羊蹄丸公開 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


新居浜市制施行75周年記念 新居浜高専創立50周年記念 青函連絡船・羊蹄丸公開 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2

 青函連絡船・羊蹄丸公開会場にて 今治焼豚玉子飯などのB級グルメも出店していました
新居浜市制施行75周年記念 新居浜高専創立50周年記念 青函連絡船・羊蹄丸公開 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「海・港・船」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 2011年10月9日、愛媛県西条市の嘉母神社祭礼宮出しでの高丸子供太鼓台です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~6ページぐらい、お祭りと他の写真をほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2012年5月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 嘉母神社 祭礼 宮出し 高丸 子供太鼓台
   (2) アオサギ
   (3) 西条祭り2011 お旅所 清水町屋台
   (4) ダンツァローザ 羊蹄丸公開
   (5) 羊蹄丸公開
----------------------------------------------------------------------------------------

西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 高丸子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞

 高丸子供太鼓台
西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 高丸子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞 2011年10月9日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 高丸子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞

 高丸子供太鼓台
西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 高丸子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞 2011年10月9日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 高丸子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞

 高丸子供太鼓台
西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 高丸子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞 2011年10月9日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 高丸子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞

 高丸子供太鼓台
西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 高丸子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞 2011年10月9日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 高丸子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞

 高丸子供太鼓台
西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 高丸子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞 2011年10月9日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 高丸子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞

 高丸子供太鼓台
西条祭り2011 嘉母神社祭礼 宮出し 高丸子供太鼓台 愛媛県西条市禎瑞 2011年10月9日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「禎瑞嘉母神社祭礼」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2011年の秋祭りを掲載していく予定です。(●色は掲載完了)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月22日) 三島地区伊予銀前交差点前統一運行
      ●(10月18日) 新居浜大江浜・コープ神郷・八幡神社かきくらべ
        大江 vs 中須賀鉢合せ
      ●(10月17日) 室川川原かきくらべ、国領川河川敷・多喜浜駅前・山端広場・天神浜かきくらべ
        宇高 vs 浮島鉢合せ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、伊曽乃神社祭礼後夜祭(駅前・御殿前)
        新居浜昭和通り・フジグラン夜太鼓、伊曽乃神社祭礼後夜祭(マルヨシ)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、マルナカ、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        みこしのねり比べ

        石岡神社宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、伊曽乃神社前夜祭マルナカ・西条駅
        内宮神社かき上げ、萩岡神社入り、伊曽乃神社前夜祭フジグラン西条
      ●(10月13日) 千足神社宮出し、土居ユーホール・ファミリーマートかきくらべ
      ●(10月10日) 小松常盤祭
      ●(10月9日) 禎瑞嘉母神社宮だし、喜多町屋台お披露目、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)。原之前荒神祭、橘新宮祭、御所神社祭

        新調喜多町屋台、喜多川中屋台平成大改修、下町中屋台創建30周年、弁天祭り
      ●(10月 8日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 7日) 東予前夜祭
      ●(10月 2日) 氷見山王神社祭り、若葉町屋台収納庫落成

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●脇屋 義助(わきや よしすけ)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%87%E5%B1%8B
%E7%BE%A9%E5%8A%A9

脇屋 義助(わきや よしすけ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期の武将。新田朝氏の次男で、新田義貞の弟。名字「脇屋」は群馬県太田市中央部に位置する「脇屋町(わきやちょう)」の町名の由来である。

脇屋義助
Wakiya Yoshisuke.jpg
脇屋義助/菊池容斎画(明治時代)
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 嘉元3年(1305年)
死没 康永元年/興国3年
5月11日(1342年6月25日)
改名 小次郎、義助
墓所 福井県坂井市長林山称念寺?
官位 伊予守、兵庫助、刑部卿、左馬権頭、
弾正大弼、左衛門佐、従四位下
氏族 河内源氏、新田氏
父母 新田朝氏、母:不詳
兄弟 新田義貞、大館宗氏室
子 脇屋義治、脇屋義冬、中宮大夫行尹室

経歴

元弘元年(1331年)、兄義貞とともに新田荘にて挙兵し、鎌倉を攻める。執権北条氏の滅亡、後醍醐天皇の京都への還御に伴い、諸将の論功行賞によって、元弘3年(1333年)8月5日、正五位下に叙位。左衛門佐に任官。また、同年、一時期、駿河国守護にもなる。以後、兵庫助、伊予守、左馬権頭、弾正大弼などの官職を歴任。また、このころ設置された武者所の構成員となり、同所五番となる。その後も常に義貞と行動をともにし、各地で転戦した。延元元年/建武3年(1336年)、刑部卿に転任。延元3年/建武5年(1338年)に兄義貞が不慮の戦死をすると越前国の宮方の指揮を引き継ぐ。暦応2年/延元4年(1339年)9月には従四位下に昇叙する。

兄・義貞亡き後の軍勢をまとめて越前国黒丸城を攻め落としたものの、結局幕府軍に敗れて越前国から退いた。康永元年/興国3年(1342年)、中国・四国方面の総大将に任命されて四国に渡るが、伊予国の国府で突如発病し、そのまま病没する。齢38。墓所は倉吉打吹の大蓮寺。時期は不明だが、従三位を贈位。

昭和8年(1933年)、兄・義貞の館跡と考えられている群馬県太田市の安養寺から脇屋義助を追悼する板碑が発見された。種字には金泥が塗られていたが、北朝年号であったことから真贋論争が起きた。現在では本物と思われている。この板碑から義助の正確な生没年月日が判明した。また、嘉元元年(1303年)生まれの説もある。
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市港新地で撮ったアオサギ(青鷺)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~6ページぐらい、お祭りと他の写真をほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2012年5月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 嘉母神社 祭礼 宮出し 高丸 子供太鼓台
   (2) アオサギ
   (3) 西条祭り2011 お旅所 清水町屋台
   (4) ダンツァローザ 羊蹄丸公開
   (5) 羊蹄丸公開
----------------------------------------------------------------------------------------

西条市の野鳥 西条市 アオサギ(青鷺) 愛媛県西条市港新地

 西条市のアオサギ(青鷺)
西条市の野鳥 西条市 アオサギ(青鷺) 愛媛県西条市港新地 2008年5月16日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


      ●私が撮った「アオサギ(青鷺)」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2011年の秋祭りを掲載していく予定です。(●色は掲載完了)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月22日) 三島地区伊予銀前交差点前統一運行
      ●(10月18日) 新居浜大江浜・コープ神郷・八幡神社かきくらべ
        大江 vs 中須賀鉢合せ
      ●(10月17日) 室川川原かきくらべ、国領川河川敷・多喜浜駅前・山端広場・天神浜かきくらべ
        宇高 vs 浮島鉢合せ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、伊曽乃神社祭礼後夜祭(駅前・御殿前)
        新居浜昭和通り・フジグラン夜太鼓、伊曽乃神社祭礼後夜祭(マルヨシ)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、マルナカ、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        みこしのねり比べ

        石岡神社宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、伊曽乃神社前夜祭マルナカ・西条駅
        内宮神社かき上げ、萩岡神社入り、伊曽乃神社前夜祭フジグラン西条
      ●(10月13日) 千足神社宮出し、土居ユーホール・ファミリーマートかきくらべ
      ●(10月10日) 小松常盤祭
      ●(10月9日) 禎瑞嘉母神社宮だし、喜多町屋台お披露目、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)。原之前荒神祭、橘新宮祭、御所神社祭

        新調喜多町屋台、喜多川中屋台平成大改修、下町中屋台創建30周年、弁天祭り
      ●(10月 8日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 7日) 東予前夜祭
      ●(10月 2日) 氷見山王神社祭り、若葉町屋台収納庫落成

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●篠塚重広
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%A0%E5%A1%9A
%E9%87%8D%E5%BA%83

篠塚 重広(しのづか しげひろ、生年未詳 - 康永1年/興国3年(1342年))は、南北朝時代・南朝方の武将。桓武平氏秩父氏に属した。新田義貞の側近で、後代に新田四天王の一人に数えられた。篠塚伊賀守としても名を知られている。娘に伊賀局。

生涯

生年は分かっていないが、武蔵国生まれと伝わる。祖先は鎌倉時代初期に畠山重忠の乱で北条氏によって滅ぼされた畠山重忠とされ、畠山氏滅亡後、重広は篠塚城(現群馬県邑楽郡邑楽町)の第5代城主となり、新田義貞の側近となって元弘の乱で北条氏打倒に貢献し、その活躍ぶりは軍記物語の『太平記』に記述されている。

新田義貞の没後、康永1年/興国3年(1342年)に北朝方の細川頼春と戦い、伊予国の世田城に篭城したが、敗戦となり自ら「隠岐島」に落ち延び[1]同年に没したといわれている。

関連項目

* 畠山氏 (平姓)

外部リンク

* 菩提寺大信寺-篠塚伊賀守・伊賀局詳細解説あり

脚注

1. ^ 太平記には、「隠岐島」と記述があるが、それは広島県尾道市に属する因島とする説と、愛媛県越智郡上島町(旧:魚島村)に属する魚島とする説がある。
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




 2011年10月16日の伊曽乃神社祭礼 お旅所での清水町だんじり(屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~6ページぐらい、お祭りと他の写真をほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2012年5月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 嘉母神社 祭礼 宮出し 高丸 子供太鼓台
   (2) アオサギ
   (3) 西条祭り2011 お旅所 清水町屋台
   (4) ダンツァローザ 羊蹄丸公開
   (5) 羊蹄丸公開
----------------------------------------------------------------------------------------

西条祭り2011 お旅所 清水町だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼

 お旅所での清水町だんじり(屋台・楽車)
西条祭り2011 お旅所 清水町だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 2011年10月16日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西条祭り2011 お旅所 清水町だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼

 お旅所での清水町だんじり(屋台・楽車)
西条祭り2011 お旅所 清水町だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 2011年10月16日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「2011 伊曽乃神社祭礼御旅所」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2011年の秋祭りを掲載していく予定です。(●色は掲載完了)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月22日) 三島地区伊予銀前交差点前統一運行
      ●(10月18日) 新居浜大江浜・コープ神郷・八幡神社かきくらべ
        大江 vs 中須賀鉢合せ
      ●(10月17日) 室川川原かきくらべ、国領川河川敷・多喜浜駅前・山端広場・天神浜かきくらべ
        宇高 vs 浮島鉢合せ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、伊曽乃神社祭礼後夜祭(駅前・御殿前)
        新居浜昭和通り・フジグラン夜太鼓、伊曽乃神社祭礼後夜祭(マルヨシ)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、マルナカ、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        みこしのねり比べ

        石岡神社宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、伊曽乃神社前夜祭マルナカ・西条駅
        内宮神社かき上げ、萩岡神社入り、伊曽乃神社前夜祭フジグラン西条
      ●(10月13日) 千足神社宮出し、土居ユーホール・ファミリーマートかきくらべ
      ●(10月10日) 小松常盤祭
      ●(10月9日) 禎瑞嘉母神社宮だし、喜多町屋台お披露目、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)。原之前荒神祭、橘新宮祭、御所神社祭

        新調喜多町屋台、喜多川中屋台平成大改修、下町中屋台創建30周年、弁天祭り
      ●(10月 8日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 7日) 東予前夜祭
      ●(10月 2日) 氷見山王神社祭り、若葉町屋台収納庫落成

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●篠塚重広 篠塚伊賀守
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%A0%E5%A1
%9A%E9%87%8D%E5%BA%83

篠塚 重広(しのづか しげひろ、生年未詳 - 康永1年/興国3年(1342年))は、南北朝時代・南朝方の武将。桓武平氏秩父氏に属した。新田義貞の側近で、後代に新田四天王の一人に数えられた。篠塚伊賀守としても名を知られている。娘に伊賀局。

生涯

生年は分かっていないが、武蔵国生まれと伝わる。祖先は鎌倉時代初期に畠山重忠の乱で北条氏によって滅ぼされた畠山重忠とされ、畠山氏滅亡後、重広は篠塚城(現群馬県邑楽郡邑楽町)の第5代城主となり、新田義貞の側近となって元弘の乱で北条氏打倒に貢献し、その活躍ぶりは軍記物語の『太平記』に記述されている。

新田義貞の没後、康永1年/興国3年(1342年)に北朝方の細川頼春と戦い、伊予国の世田城に篭城したが、敗戦となり自ら「隠岐島」に落ち延び[1]同年に没したといわれている。
関連項目

* 畠山氏 (平姓)

外部リンク

* 菩提寺大信寺-篠塚伊賀守・伊賀局詳細解説あり

脚注

1. ^ 太平記には、「隠岐島」と記述があるが、それは広島県尾道市に属する因島とする説と、愛媛県越智郡上島町(旧:魚島村)に属する魚島とする説がある。
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県新居浜市黒島1-2にある黒島埠頭で開催されている旧青函連絡船・羊蹄丸の最後の一般公開でのDanza * rosa(ダンツァローザ)のステージイベントです。

●Danza * rosa(ダンツァローザ)関連の記事
   ■Danza * rosa(ダンツァローザ) D.R.apr.oh! 青函連絡船・羊蹄丸公開2012
   ■D.R.apr.oh! 西条市産業文化フェスティバル2012
   ■W2S 西条市産業文化フェスティバル2012
   ■夏彩祭 in 壬生川 2010
   ■うちぬき水を使った世界のコーヒーフェア2009
   ■よっしゃ!コンガ2009
   ■よっしゃ!コンガ2009
   ■夏彩祭 in 壬生川 2008
   ■よっしゃ!コンガ2008

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2012年5月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 嘉母神社 祭礼 宮出し 高丸 子供太鼓台
   (2) アオサギ
   (3) 西条祭り2011 お旅所 清水町屋台
   (4) ダンツァローザ 羊蹄丸公開
   (5) 羊蹄丸公開
----------------------------------------------------------------------------------------

青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ) ステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2

 青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ)のステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ) ステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2

 青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ)のステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ) ステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2

 青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ)のステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ) ステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2

 青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ)のステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ) ステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2

 青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ)のステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ) ステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2

 青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ)のステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ) ステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2

 青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ)のステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ) ステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2

 青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ)のステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ) ステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2

 青函連絡船・羊蹄丸公開 Danza * rosa(ダンツァローザ)のステージイベント 黒島埠頭 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「踊り・ダンス」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県新居浜市黒島1-2にある黒島埠頭で開催されている旧青函連絡船・羊蹄丸の最後の一般公開の様子です。

●旧青函連絡船・羊蹄丸・青函ワールド関連の記事
   ■旧青函連絡船・羊蹄丸 1
   ■旧青函連絡船・羊蹄丸 2
   ■青函ワールド 3
   ■青函ワールド 2
   ■青函ワールド 1
   ■会場にて

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2012年5月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 嘉母神社 祭礼 宮出し 高丸 子供太鼓台
   (2) アオサギ
   (3) 西条祭り2011 お旅所 清水町屋台
   (4) ダンツァローザ 羊蹄丸公開
   (5) 羊蹄丸公開
----------------------------------------------------------------------------------------

黒島埠頭 青函連絡船・羊蹄丸 4 愛媛県新居浜市黒島1-2

 旧青函連絡船・羊蹄丸
黒島埠頭 青函連絡船・羊蹄丸 4 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


黒島埠頭 青函連絡船・羊蹄丸 4 愛媛県新居浜市黒島1-2

 旧青函連絡船・羊蹄丸
黒島埠頭 青函連絡船・羊蹄丸 4 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


黒島埠頭 青函連絡船・羊蹄丸 4 愛媛県新居浜市黒島1-2

 旧青函連絡船・羊蹄丸 船首
黒島埠頭 青函連絡船・羊蹄丸 4 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


黒島埠頭 青函連絡船・羊蹄丸 4 愛媛県新居浜市黒島1-2

 旧青函連絡船・羊蹄丸 操舵室
黒島埠頭 青函連絡船・羊蹄丸 4 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


黒島埠頭 青函連絡船・羊蹄丸 4 愛媛県新居浜市黒島1-2

 旧青函連絡船・羊蹄丸 操舵室
黒島埠頭 青函連絡船・羊蹄丸 4 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


黒島埠頭 青函連絡船・羊蹄丸 4 愛媛県新居浜市黒島1-2

 旧青函連絡船・羊蹄丸 お子さんがイルカに乗ると、ディスプレイに下の写真のように表示されます。
黒島埠頭 青函連絡船・羊蹄丸 4 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


黒島埠頭 青函連絡船・羊蹄丸 4 愛媛県新居浜市黒島1-2

 旧青函連絡船・羊蹄丸
黒島埠頭 青函連絡船・羊蹄丸 4 愛媛県新居浜市黒島1-2 2012年5月13日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「海・港・船」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2012 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.