2012年10月15日、伊曽乃神社祭礼宮出しでの栄町下組だんじり(榮町下組屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を、ほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。
----------------------------------------------------------------------------------------

伊曽乃神社祭礼 栄町下組だんじり(榮町下組屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼宮出しでの栄町下組だんじり(榮町下組屋台・楽車)
伊曽乃神社祭礼 栄町下組だんじり(榮町下組屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


伊曽乃神社祭礼 栄町下組だんじり(榮町下組屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼宮出しでの栄町下組だんじり(榮町下組屋台・楽車)
伊曽乃神社祭礼 栄町下組だんじり(榮町下組屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


伊曽乃神社祭礼 栄町下組だんじり(榮町下組屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼宮出しでの栄町下組だんじり(榮町下組屋台・楽車)
伊曽乃神社祭礼 栄町下組だんじり(榮町下組屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「2012 伊曽乃神社祭礼宮出し」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2012年の秋祭りを掲載していく予定です。
       今年は多忙で、市外の祭りにはほとんど行けませんでした(涙)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月17日) 渦井川原かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、玉津 
        後夜祭(駅前・御殿前・まるよし)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、まるなか、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        石岡神社渡御行列・宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、ポッポ橋落成、原之前荒神祭
        伊曽乃神社前夜祭西条駅・フジグラン西条
      ●(10月13日) 氷見前夜祭
      ●(10月 8日) 小松常盤祭
      ●(10月 7日) 禎瑞嘉母神社宮だし、弁天祭り、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)、橘新宮祭、御所神社祭
        岸陰・北之町上組屋台蔵落成
      ●(10月 6日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 5日) 東予前夜祭
      ●(9月30日) 山王祭

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●細川清氏
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E6%B8%85%E6%B0%8F

細川 清氏(ほそかわ きようじ)は、南北朝時代の武将、守護大名。室町幕府2代将軍足利義詮の執事、伊勢・伊賀・若狭守護。三河細川郷(現在の愛知県岡崎市細川町)に生まれる。名は元氏で、後に清氏と名乗る。官位は左近将監、伊予守、相模守。父は細川和氏。兄弟に頼和、将氏、家氏、業氏。子に正氏。

細川清氏
時代 南北朝時代
生誕 不詳
死没 正平17年/康安2年7月24日(1362年8月14日)
改名 元氏→清氏
官位 左近将監、伊予守、相模守
幕府 室町幕府評定衆、引付頭人、執事
伊勢・伊賀・若狭守護
主君 足利尊氏→義詮→後村上天皇
氏族 細川氏
父母 父:細川和氏
兄弟 清氏、頼和、将氏、家氏、業氏
子 正氏

生涯

細川氏は清和源氏足利氏の一族で、同族の仁木氏や高氏・上杉氏らと共に足利氏家臣団の主要メンバーでもあった。一族は足利尊氏に従い南北朝時代に活躍する。父和氏は後醍醐天皇の建武の新政に反旗を翻した尊氏が敗れて九州へ落ちる際、四国に派遣されて足利方の地盤を築いた。室町幕府の引付頭人、侍所頭人等を歴任して重きをなしたが早くに引退し、興国3年/康永元年(1342年)に阿波で死去した。

父の死後、細川氏の嫡流だが若い清氏は叔父の細川頼春の後見を受け、正平3年/貞和4年(1348年)に河内四条畷の戦いなどに従軍した。

幕府初代将軍尊氏及び執事の高師直と尊氏の弟足利直義が争った観応の擾乱では四国の軍勢を率い、尊氏党として直義派と戦う。正平7年/文和元年(1352年)に伊勢・伊賀の守護となり、翌正平8年/文和2年(1353年)6月に直義の養子直冬が京都へ侵攻した際には殿軍を務めて後光厳天皇を警固し、近江塩津では天皇を背負って山越えをしたといわれる。

正平9年/文和3年(1354年)9月には若狭守護、評定衆、引付頭人に加え、相模守に補任される。翌正平10/文和4年(1355年)の直冬勢との京都攻防戦では東寺の敵本拠を破る活躍をした。正平13年/延文3年(1358年)に尊氏が死去して仁木頼章が執事(後の管領)を退くと、2代将軍足利義詮の最初の執事に任ぜられた。

清氏は寺社勢力や公家の反対を押し切り分国の若狭において半済を強行するなど強引な行動があり、幕府内には前執事頼章の弟仁木義長や斯波高経らの政敵も多かった。正平15年/延文5年(1360年)5月、南朝に対する幕府の大攻勢の一環で清氏は河内赤坂城を陥れるなど活躍した。この最中に畠山国清ら諸将と反目した仁木義長が分国伊勢に逃れ追討を受けて南朝に降ると、清氏は幕政の実権を握ったが、将軍義詮の意に逆らうことも多かったという。

同年(康安元年、3月に改元)9月、将軍義詮が後光厳天皇に清氏追討を仰ぐと、清氏は弟頼和・信氏らと共に分国の若狭へ落ち延びる。これについて、『太平記』は清氏失脚の首謀者は佐々木道誉であり、清氏にも野心があったと記し、今川貞世(了俊)の『難太平記』では、清氏は無実で道誉らに陥れられたと推測している。清氏は無実を訴えるものの、10月には斯波高経の軍に敗れ、比叡山を経て摂津天王寺に至り南朝に降った。12月には楠木正儀・石塔頼房らと共に京都を奪取するが、すぐに幕府に奪還された。

正平17年/康安2年(1362年)、清氏は細川氏の地盤である阿波へ逃れ、さらに讃岐へ移った。清氏追討を命じられた従弟の阿波守護細川頼之に対しては、小豆島の佐々木信胤や塩飽諸島の水軍などを味方に付けて海上封鎖を行い、白峰城(高屋城とも、現香川県綾歌郡宇多津町、坂出市)に拠って宇多津の頼之勢と戦った。『太平記』によれば、清氏は頼之の陽動作戦に乗せられて兵を分断され、単騎で戦って討死したとされる。子の正氏は清氏の死後も南朝に属して抵抗した。

清氏最期の地となった香川県坂出市には清氏はじめ被官36名が埋葬された「三十六」や「細川将軍戦跡碑」などがある。

関連項目

南北朝時代 (日本)の人物一覧
十河城
香川県立亀鶴公園
 
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市明屋敷にある西条高校周辺のお堀のカモメ(鴎)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~6ページぐらい、お祭りと他の写真をほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。
----------------------------------------------------------------------------------------

西条高校 お堀のカモメ(鴎) 愛媛県西条市明屋敷

 お堀のカモメ(鴎)
西条高校 お堀のカモメ(鴎) 愛媛県西条市明屋敷 2009年1月14日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


      ●私が撮った「カモメ(鴎)」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2012年の秋祭りを掲載していく予定です。
       今年は多忙で、市外の祭りにはほとんど行けませんでした(涙)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月17日) 渦井川原かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、玉津 
        後夜祭(駅前・御殿前・まるよし)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、まるなか、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        石岡神社渡御行列・宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、ポッポ橋落成、原之前荒神祭
        伊曽乃神社前夜祭西条駅・フジグラン西条
      ●(10月13日) 氷見前夜祭
      ●(10月 8日) 小松常盤祭
      ●(10月 7日) 禎瑞嘉母神社宮だし、弁天祭り、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)、橘新宮祭、御所神社祭
        岸陰・北之町上組屋台蔵落成
      ●(10月 6日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 5日) 東予前夜祭
      ●(9月30日) 山王祭

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●高松琴平電気鉄道琴平線
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9D%BE%E7%90
%B4%E5%B9%B3%E9%9B%BB%E6%B0%97%E9%89%84%E9%81%93%E7%90%B4%E5%B9%B3%E7%B7%9A

琴平線(ことひらせん)は、香川県高松市の高松築港駅と香川県仲多度郡琴平町の琴電琴平駅とを結ぶ高松琴平電気鉄道(ことでん)の鉄道路線。ことでん3線の中では当線が線路規格・輸送量・路線長のすべてにおいて長じ、いわば本線格の路線である。

このうち高松築港 - 瓦町間は築港線とも呼ばれている。ラインカラーは黄色。かつては緑色で、1070形が車体前面に掲げる行先表示板では、現在も緑色地のものが用いられている。

高松琴平電気鉄道琴平線の路線図
路線総延長 32.9 km
軌間 1435 mm
電圧 1500 V(直流)
最高速度 85 km/h

概要

当線は、高松琴平電気鉄道の前身の一つである琴平電鉄により、金刀比羅宮参詣路線の一つとして1926年に開業した。一時、琴平へは高松・坂出・多度津から国有鉄道・琴平電鉄・琴平参宮電鉄・琴平急行電鉄の4事業者が鉄軌道路線を延ばしていたが、国有鉄道の後身の四国旅客鉄道(JR四国)土讃線とこの路線だけが残っている。

高松築港 - 瓦町間では国道30号、瓦町 - 仏生山間は国道11号・国道193号、円座 - 琴電琴平間は国道32号が並行する。

現在複線化されているのは高松築港 - 栗林公園間のみだが、一宮までは複線用の用地が確保されている(ただし、2006年7月に開業した空港通り駅はその複線用の用地上に建設された)。2007年12月9日には国道11号高松東道路付近の高架橋が完成したが、この高架橋も当面は単線で供用されるものの複線仕様となっている。

歴史的経緯から、瓦町駅に0キロポストがある。

高松築港 - 栗林公園間のうち、高松築港からの2.6kmについては1998年に香川県が連続立体交差事業の都市計画を決定したが、その後の琴電の民事再生法適用や県財政の悪化により、2005年に事業の一時休止が決定された。香川県は検討委員会を設置して対応の協議をおこない、検討委員会は2009年5月に当初予定通りの高架化・国道11号以北のみへの縮小・さぬき浜街道の踏切部の道路側の高架化の3案を答申した。事業認可は2010年度末で失効するため、県はそれまでに中止も含めた決定を求められることになった[1]。香川県知事真鍋武紀は2009年10月6日の県議会定例本会議で、「現状で再開のめどが立たず、来年度末までの事業認可期間の延長も非常に困難」と述べて事業の中止に向けた意向を示し、10月24日に県の公共事業再評価委員会に事業中止を諮問した。委員会は2010年1月8日に事業中止を答申し、これに基づき真鍋は2月25日の県議会で計画の中止を正式に表明した[2]。ただし、将来の事業再開や変更に備えて都市計画決定自体は存続させる見通しと報じられている[3]。

これとは別に2007年に就任した高松市長大西秀人はLRTの導入に前向きな姿勢を示し、2008年より「総合都市交通戦略検討会議」を設置し、琴平線へのLRTの導入を軸とした案の検討を行っている。琴電側は投資効果等を理由に慎重な姿勢を示している。
路線データ

路線距離(営業キロ):32.9km
軌間:1435mm
駅数:21駅(起終点駅含む)
複線区間:高松築港 - 栗林公園間
電化区間:全線(直流1500V)
保安設備:琴電形ATS
閉塞方式:自動閉塞式
車両基地:仏生山工場(最寄駅・仏生山駅)
最大連結車両数:4両
最高速度:85km/h[4]

運行形態

「高松琴平電気鉄道#運転形態の変遷」も参照

金刀比羅宮参拝者輸送の全盛期の1958年より急行「こんぴら号」が設定されていた。参拝者の多くが観光バスや自家用車に移り、1967年3月限りで急行は廃止され、地域輸送主体に変わった。その後も準急(高松築港 - 岡本間の各駅と滝宮・琴電琴平に停車)が存在したが1991年3月16日のダイヤ改正で廃止され、現在は普通列車のみの運転である。築港線と呼ばれる高松築港 - 瓦町には長尾線の列車も乗り入れており、長尾線の車両でこの区間のみを走る列車も設定されている。客扱いは行わないものの、入出庫などの関係で瓦町 - 仏生山間で長尾線の車両が走ることがある。

昼間時間帯では高松築港 - 一宮間が15分間隔、一宮 - 琴平間が30分間隔で運転されている。平日の朝夕ラッシュ時では一宮駅折り返し列車が滝宮まで延長される。さらに朝ラッシュ時は高松築港 - 一宮間の運転本数が増え最短7分30秒間隔になる。また早朝・夜間には仏生山工場への車両の入出庫の関係から、滝宮 - 仏生山間の区間列車も設定されている。なお、高松築港 - 瓦町においては、長尾線の乗り入れ列車を含めて、昼間時間帯は毎時7本、朝ラッシュ時には最大13本運転されている。

編成両数は2両が基本で、ラッシュ時にはほとんどの列車が4両となる。なお過去には、瓦町 - 仏生山で5両編成列車が運転されていた。増結・解放の時間を短縮するためにブレーキ・電気等の接続は行わず、前側3両と後ろ側2両にそれぞれ運転士が乗務して、汽笛やブザーの音にあわせて協調運転を行うというものであった。1991年3月16日のダイヤ改正で廃止された。

回送も含めた全列車に車掌が乗務し、精算や車内補充券(パンチによる穴あけ式)の発売、IruCaへチャージ、無人駅での集札、車内放送などを行う。

2010年12月18日に行われたダイヤ改正で、仏生山始発の13分繰上げ(仏生山→高松築港)、琴電琴平行き終電の30分繰下げ(高松築港→琴電琴平)、一宮行き終電の15分繰下げ(高松築港→一宮)、瓦町駅での接続の改善がなされた[5]。
歴史

開業前には全線にわたって琴平街道沿いのルートを取る計画であったが、仏生山地区の誘致運動から、仏生山を経由するルートに変更された[6]。また、開業に際しては幹部が関西の阪急・阪神・南海の視察を行った。この結果、当初より1500V電化で当時の関西大手私鉄と遜色ない設備をもって建設され、「讃岐の阪急」の異名も取った。

1926年(大正15年)12月21日 琴平電鉄が栗林公園 - 滝宮間を開業。1500V電化。
1927年(昭和2年)3月15日 滝宮 - 琴平(現在の琴電琴平)間が開業。
1927年(昭和2年)4月22日 高松(現在の瓦町) - 栗林公園間が開業。
1941年(昭和16年)8月 高松駅を琴電高松駅に改称[7]。
1942年(昭和17年) 琴平駅を琴電琴平駅に改称。
1943年(昭和18年)11月1日 讃岐電鉄・琴平電鉄・高松電気軌道が合併し高松琴平電気鉄道発足。
1948年(昭和23年)2月18日 築港線 片原町 - 琴電高松(現在の瓦町)間が開業。
1948年(昭和23年)12月26日 築港線 築港(現在の高松築港が開業するまでの仮駅) - 片原町間が開業。
1949年(昭和24年)5月11日 築港線 築港 - 琴電高松間が複線化。
1953年(昭和28年)10月20日 築港線を複線から単線並列に変更。旧下り線を架線電圧600Vに降圧し、志度線が乗り入れ。
1954年(昭和29年)1月1日 築港駅を高松築港駅に、琴電高松駅を瓦町駅に改称。
1955年(昭和30年)9月10日 高松築港駅(現在の駅)開業。仮駅廃止。
1956年(昭和31年)3月1日 三条駅開業。
1958年(昭和33年)3月1日 畑田 - 陶間に陶信号場を開設。急行の運行を開始(朝・昼・夕方の3往復で、途中停車駅は栗林公園のみ)。
1966年(昭和41年)8月2日 築港線旧下り線の架線電圧を1500Vに昇圧。
1967年(昭和42年)4月1日 急行の運行を廃止。
1967年(昭和42年)5月21日 築港線を単線並列から複線に変更。
1978年(昭和53年)2月17日 ATS設置。
1991年(平成3年)3月 陶駅に交換設備設置。畑田 - 陶間の陶信号場廃止。
1996年(平成8年)12月21日 瓦町新駅舎完成。
2004年(平成16年)7月2日 栗林公園新駅舎完成。
2006年(平成18年)7月29日 空港通り駅開業。
2007年(平成19年)12月9日 三条 - 太田間の国道11号高松東道路前後の高架化完成。

駅一覧と接続路線

全駅香川県に所在。
*印を付けた駅は有人駅

駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
高松築港駅* - 0.0 四国旅客鉄道:高徳線・予讃線(瀬戸大橋線)(高松駅:徒歩連絡) 高松市
片原町駅* 0.9 0.9
瓦町駅* 0.8 1.7 高松琴平電気鉄道:長尾線・志度線
栗林公園駅* 1.2 2.9
三条駅* 1.0 3.9
太田駅* 2.3 6.2
仏生山駅* 1.8 8.0
空港通り駅 1.0 9.0
一宮駅* 1.0 10.0
円座駅 1.2 11.2
岡本駅 2.6 13.8
挿頭丘駅 1.2 15.0 綾歌郡綾川町
畑田駅 0.8 15.8
陶駅 2.5 18.3
滝宮駅* 2.4 20.7
羽床駅 2.1 22.8
栗熊駅 1.8 24.6 丸亀市
岡田駅 2.6 27.2
羽間駅 1.9 29.1 仲多度郡まんのう町
榎井駅 2.5 31.6 仲多度郡琴平町
琴電琴平駅* 1.3 32.9 四国旅客鉄道:土讃線(琴平駅:徒歩連絡)

仏生山 - 一宮間の国道193号(空港通り)寺井高架橋直下に空港通り駅が2006年7月29日に開業した。ことでんとしては長尾線・学園通り駅以来4年ぶり、琴平線では三条駅以来50年ぶりの新駅である。

陶 - 滝宮間に新駅が計画されている[8]。

岡本 - 挿頭丘間で旧国分寺町(現在は高松市)を通っていたが、通過する区間はわずか400mほどで駅はなかった。
過去の接続路線

仏生山駅:琴平電鉄塩江線 - 1941年5月10日廃止。
琴電琴平駅:
琴平急行電鉄線(琴急琴平駅) - 1944年1月休止、1954年9月30日廃止。
琴平参宮電鉄(琴参琴平駅) - 1963年9月15日廃止。

車両

2011年12月現在、2両編成の旅客車が20編成、40両が所属しており全車両が冷房車である。

600形(0番台) - 元、名古屋市営地下鉄250形・1000系列中間車 2編成4両
1070形 - 元、京急600形(2代) 2編成4両
1080形 - 元、京急1000形(初代) 5編成10両
1100形 - 元、京王5000系 4編成8両
1200形(1200番台) - 元、京急700形(2代) 7編成14両

その他

コトデンバスにもかつては琴平線という路線があった。本来の琴平街道を走る路線で、岡本駅以南では本路線と完全に並行していた。瓦町を通らないという特徴もあった。末期には1日3往復運転していた。
脚注
[ヘルプ]

^ 「最終結論に込めた意味~琴電連立事業見直し委」四国新聞2009年6月7日
^ 琴電立体交差中止ほか知事答弁/2月定例県議会四国新聞2010年2月26日
^ 知事「再開めど立たず」/琴電立体交差事業中止へ四国新聞2009年10月7日
^ 寺田裕一『データブック日本の私鉄』ネコ・パブリッシング、2002年、p.156
^ ダイヤ改正 高松琴平電気鉄道株式会社 2010年。
^ 『60年のあゆみ』高松琴平電気鉄道、1970年、P65。
^ 大島一朗『ことでん長尾線のレトロ電車』JTBパブリッシング、2006年、p.32
^ 綾川町に琴電新駅 陶~滝宮間/来年度内完成へ四国新聞2011年9月16日

関連項目

日本の鉄道路線一覧
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




 2012年10月16日、伊曽乃神社祭礼統一運行での常盤巷だんじり(屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を、ほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。
----------------------------------------------------------------------------------------

常盤巷だんじり(屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼統一運行での常盤巷だんじり(屋台・楽車)
常盤巷だんじり(屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝 2012年10月16日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


常盤巷だんじり(屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼統一運行での常盤巷だんじり(屋台・楽車)
常盤巷だんじり(屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝 2012年10月16日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


常盤巷だんじり(屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼統一運行での常盤巷だんじり(屋台・楽車)
常盤巷だんじり(屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝 2012年10月16日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


常盤巷だんじり(屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼統一運行での常盤巷だんじり(屋台・楽車)
常盤巷だんじり(屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝 2012年10月16日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「2012 伊曽乃神社祭礼統一運行」の写真はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●畑田駅
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%91%E7%94%B0%E9%A7%85

畑田駅(はただえき)は、香川県綾歌郡綾川町畑田にある、高松琴平電気鉄道琴平線の駅。

畑田駅
はただ - Hatada
◄挿頭丘 (0.8km)
(2.5km) 陶►
所在地 香川県綾歌郡綾川町畑田1091
北緯34度15分33.3秒
東経133度58分19.7秒座標: 北緯34度15分33.3秒 東経133度58分19.7秒
所属事業者 高松琴平電気鉄道
所属路線 ■琴平線
キロ程 15.8km(高松築港起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式ホーム1面1線
乗降人員
-統計年度- 467人/日
-2001年[1]-

駅構造

単式ホーム1面1線を有する。過去には行き違いができたが現在は棒線構造となっている。円座と同じく廃ホームが残る。無人駅。

自動券売機とIruCa簡易改札機が設置されている。駅舎は無い。
駅周辺

香川県道282号高松琴平線
旧琴電畑田変電所(1980年に供用中止したが、建物は残っている。戦時中の迷彩塗装もそのまま)
百十四銀行綾南支店畑田出張所

歴史
隣の駅

高松琴平電気鉄道
■琴平線

挿頭丘駅 - 畑田駅 - 陶駅

参考文献

^ “ことでん各駅カルテ 主要駅及び周辺の実態把握調査 (PDF)”. ことでんを核とした公共交通活性化委員会事務局 (2003年2月13日). 2006年6月1日閲覧。[リンク切れ]

関連項目
ウィキメディア・コモンズには、畑田駅に関連するカテゴリがあります。

日本の鉄道駅一覧
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市にある西条漁港のスカール喜多川A棟・B棟付近の夕景色です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。
----------------------------------------------------------------------------------------

スカール喜多川A棟・B棟 西条漁港 愛媛県西条市北浜・新堀

 愛媛県西条市北浜・新堀にある西条漁港の夕景色
スカール喜多川A棟・B棟 西条漁港 愛媛県西条市北浜・新堀 2012年8月23日
NIKON D7000 + NIKON Ai AF Nikkor 35mm F2D


スカール喜多川A棟・B棟 西条漁港 愛媛県西条市北浜・新堀

 愛媛県西条市北浜・新堀にある西条漁港の夕景色
スカール喜多川A棟・B棟 西条漁港 愛媛県西条市北浜・新堀 2012年8月23日
NIKON D7000 + NIKON Ai AF Nikkor 35mm F2D


スカール喜多川A棟・B棟 西条漁港 愛媛県西条市北浜・新堀

 愛媛県西条市北浜・新堀にある西条漁港の夕景色
スカール喜多川A棟・B棟 西条漁港 愛媛県西条市北浜・新堀 2012年8月23日
NIKON D7000 + NIKON Ai AF Nikkor 35mm F2D


      ●私が撮った「海・港・船」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2012年の秋祭りを掲載していく予定です。
       今年は多忙で、市外の祭りにはほとんど行けませんでした(涙)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月17日) 渦井川原かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、玉津 
        後夜祭(駅前・御殿前・まるよし)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、まるなか、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        石岡神社渡御行列・宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、ポッポ橋落成、原之前荒神祭
        伊曽乃神社前夜祭西条駅・フジグラン西条
      ●(10月13日) 氷見前夜祭
      ●(10月 8日) 小松常盤祭
      ●(10月 7日) 禎瑞嘉母神社宮だし、弁天祭り、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)、橘新宮祭、御所神社祭
        岸陰・北之町上組屋台蔵落成
      ●(10月 6日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 5日) 東予前夜祭
      ●(9月30日) 山王祭

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真




 2012年10月15日、石岡神社祭礼渡御行列での朝日町だんじり(屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を、ほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。
----------------------------------------------------------------------------------------

渡御行列 石岡神社祭礼 朝日町だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社渡御行列での朝日町だんじり(屋台・楽車)
渡御行列 石岡神社祭礼 朝日町だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


渡御行列 石岡神社祭礼 朝日町だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社渡御行列での朝日町だんじり(屋台・楽車)
渡御行列 石岡神社祭礼 朝日町だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


渡御行列 石岡神社祭礼 朝日町だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社渡御行列での朝日町だんじり(屋台・楽車)
渡御行列 石岡神社祭礼 朝日町だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


渡御行列 石岡神社祭礼 朝日町だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社渡御行列での朝日町だんじり(屋台・楽車)
渡御行列 石岡神社祭礼 朝日町だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「2012 石岡神社例大祭関係」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2012年の秋祭りを掲載していく予定です。
       今年は多忙で、市外の祭りにはほとんど行けませんでした(涙)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月17日) 渦井川原かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、玉津 
        後夜祭(駅前・御殿前・まるよし)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、まるなか、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        石岡神社渡御行列・宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、ポッポ橋落成、原之前荒神祭
        伊曽乃神社前夜祭西条駅・フジグラン西条
      ●(10月13日) 氷見前夜祭
      ●(10月 8日) 小松常盤祭
      ●(10月 7日) 禎瑞嘉母神社宮だし、弁天祭り、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)、橘新宮祭、御所神社祭
        岸陰・北之町上組屋台蔵落成
      ●(10月 6日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 5日) 東予前夜祭
      ●(9月30日) 山王祭

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●香川県道278号綾歌綾川線
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E9
%81%93278%E5%8F%B7%E7%B6%BE%E6%AD%8C%E7%B6%BE%E5%B7%9D%E7%B7%9A

香川県道278号 綾歌綾川線(かがわけんどう278ごう あやうたあやがわせん)は、香川県丸亀市から綾歌郡綾川町に至る県道である。

香川県道278号綾歌綾川線
総距離 12.055 km
制定年 1995年
起点 丸亀市綾歌町岡田下
岡田天神交差点
終点 綾川町畑田
畑田交差点
接続する
主な道路
(記法) 記事参照

重複区間

国道377号(香川県綾歌郡綾川町)井手下西交差点 - 井手下交差点

通過する自治体

香川県
丸亀市
綾歌郡
綾川町

交差・接続している道路

国道438号(香川県丸亀市)岡田天神交差点
国道377号(香川県綾歌郡綾川町)井手下西交差点
国道377号(香川県綾歌郡綾川町)井手下交差点
香川県道185号造田滝宮線(香川県綾歌郡綾川町)上の原
香川県道17号府中造田線(香川県綾歌郡綾川町)山田下交差点
香川県道13号三木綾川線(香川県綾歌郡綾川町)畑田交差点

沿革

1995年 - 綾歌綾上綾南線(あやうたあやかみりょうなんせん)として指定。
2006年3月21日 - 綾上町・綾南町廃止、綾川町発足に伴い、名称を綾歌綾川線に変更。

名称・愛称

さぬき新道
中讃大規模農道

沿線

高松琴平電気鉄道岡田駅
堤山

関連項目

香川県の県道一覧
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 2012年10月15日、伊曽乃神社祭礼宮出しでの奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を、ほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2012年11月29日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 宮出し 奥之内屋台
   (2) 鴎
   (3) 西条祭り2012 統一運行 松之巷屋台
   (4) 夕雲
   (5) 石岡神社祭礼 渡御行列 西田屋台
----------------------------------------------------------------------------------------

伊曽乃神社祭礼 奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼宮出しでの奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車)
伊曽乃神社祭礼 奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


伊曽乃神社祭礼 奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼宮出しでの奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車)
伊曽乃神社祭礼 奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


伊曽乃神社祭礼 奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼宮出しでの奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車)
伊曽乃神社祭礼 奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


伊曽乃神社祭礼 奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼宮出しでの奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車)
伊曽乃神社祭礼 奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


伊曽乃神社祭礼 奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼宮出しでの奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車)
伊曽乃神社祭礼 奥之内だんじり(奥の内屋台・楽車) 宮出し 西条祭り2012 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「2012 伊曽乃神社祭礼宮出し」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2012年の秋祭りを掲載していく予定です。
       今年は多忙で、市外の祭りにはほとんど行けませんでした(涙)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月17日) 渦井川原かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、玉津 
        後夜祭(駅前・御殿前・まるよし)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、まるなか、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        石岡神社渡御行列・宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、ポッポ橋落成、原之前荒神祭
        伊曽乃神社前夜祭西条駅・フジグラン西条
      ●(10月13日) 氷見前夜祭
      ●(10月 8日) 小松常盤祭
      ●(10月 7日) 禎瑞嘉母神社宮だし、弁天祭り、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)、橘新宮祭、御所神社祭
        岸陰・北之町上組屋台蔵落成
      ●(10月 6日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 5日) 東予前夜祭
      ●(9月30日) 山王祭

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●相国寺の戦い
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E5%9
B%BD%E5%AF%BA%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

相国寺の戦い(しょうこくじのたたかい)は、応仁元年(1467年)10月3日から4日にかけて現在の京都府京都市上京区で起こった戦い。応仁の乱中で最も激しかった戦闘とされていて、この戦いの後両軍は京都での戦闘は控え、代わりに戦場を山城周辺に移していった。

大内政弘の加勢によって勢いをつけた西軍は、9月の東岩倉の戦いで西軍を破り東軍を京都北東に追い込んだ。10月3日に西軍は更なる攻勢に出て東軍が構える花の御所・相国寺・内裏に進軍を開始、西軍の畠山義就・大内政弘・一色義直らの軍勢が朝倉孝景らと合流して、相国寺及び周辺の東軍に攻めかかった。相国寺には細川勝元の猶子細川勝之と勝元の家臣安富元綱・武田信賢らが守り、南方の烏丸殿・内裏・三条殿には京極持清らが構えていた。

畠山義就と朝倉孝景の軍はまず相国寺を攻撃、激戦の末武田軍を退却させて相国寺を焼き討ち(西軍に内通した相国寺の僧が放火したとも)、烏丸殿・内裏・三条殿の兵も逃亡して相国寺を制圧した。花の御所は相国寺のすぐ西側にあったためこちらも西軍に攻撃されたが、半分焼け落ちながらも陥落を免れた。東軍側は一旦退却したが、畠山政長らの援軍を得て反撃に転じ、相国寺跡地に陣取っていた一色軍と六角高頼軍を急襲して打ち破り相国寺を奪回した。しかし、再度孝景が率いる西軍の軍勢が相国寺の占拠に成功し、一旦休戦となった。

西軍は相国寺の奪取により東軍を追い詰めたが、双方に多大な死傷者を出す消耗戦となった。消耗が激しかったこの戦い以降、両軍の間での衝突が散発的になり、やがて戦争は京都から地方へと波及、相手陣営の有力武将の調略へと戦略が切り替わっていった。

相国寺の戦い
戦争:応仁の乱
年月日:応仁元年(1467年)10月3日 - 4日
場所:山城国西陣(現在の京都府京都市上京区)
結果:西軍の勝利
交戦勢力
東軍 西軍
指揮官
細川勝之
武田信賢
京極持清
畠山政長 畠山義就
大内政弘
一色義直
朝倉孝景
戦力
不明 不明
損害
不明 不明

出典

河合正治『足利義政 - 盛り上る社会意識と東山文化』清水書院。
小川信『山名宗全と細川勝元』P179 - P186、新人物往来社、1994年。
石田晴男『戦争の日本史9 応仁・文明の乱』P224 - P226、吉川弘文館、2008年。
戦国合戦史研究会『戦国合戦大事典 六』P41 - P43、新人物往来社、1989年。
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市明屋敷にある西条高校周辺のお堀のカモメ(鴎)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~6ページぐらい、お祭りと他の写真をほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2012年11月29日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 宮出し 奥之内屋台
   (2) 鴎
   (3) 西条祭り2012 統一運行 松之巷屋台
   (4) 夕雲
   (5) 石岡神社祭礼 渡御行列 西田屋台
----------------------------------------------------------------------------------------

西条高校 お堀のカモメ(鴎) 愛媛県西条市明屋敷

 お堀のカモメ(鴎)
西条高校 お堀のカモメ(鴎) 愛媛県西条市明屋敷 2009年1月14日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


      ●私が撮った「カモメ(鴎)」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2012年の秋祭りを掲載していく予定です。
       今年は多忙で、市外の祭りにはほとんど行けませんでした(涙)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月17日) 渦井川原かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、玉津 
        後夜祭(駅前・御殿前・まるよし)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、まるなか、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        石岡神社渡御行列・宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、ポッポ橋落成、原之前荒神祭
        伊曽乃神社前夜祭西条駅・フジグラン西条
      ●(10月13日) 氷見前夜祭
      ●(10月 8日) 小松常盤祭
      ●(10月 7日) 禎瑞嘉母神社宮だし、弁天祭り、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)、橘新宮祭、御所神社祭
        岸陰・北之町上組屋台蔵落成
      ●(10月 6日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 5日) 東予前夜祭
      ●(9月30日) 山王祭

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●相国寺
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E5%9B%BD%E5%AF%BA

相国寺(しょうこくじ)は、日本の禅寺。京都市上京区にある臨済宗相国寺派大本山の寺である。山号を萬年山(万年山)と称し、正式名称を萬年山相國承天禅寺(万年山相国承天禅寺、まんねんざん しょうこくじょうてんぜんじ)という。

本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利義満、開山(初代住職)は夢窓疎石である。

足利将軍家や伏見宮家および桂宮家ゆかりの禅寺であり、京都五山の第2位に列せられている。相国寺は五山文学の中心地であり、画僧の周文や雪舟は相国寺の出身である。また、京都の観光名所として著名な鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)は、相国寺の山外塔頭(さんがいたっちゅう)である。

相国寺
法堂(重要文化財)
所在地 京都府京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
位置 北緯35度1分59秒
東経135度45分44.45秒
山号 萬年山(まんねんざん)
宗派 臨済宗相国寺派
寺格 大本山、京都五山2位
本尊 釈迦如来
創建年 永徳2年(1382年)
開基 足利義満、夢窓疎石(開山)
正式名 萬年山 相国承天禅寺
札所等 神仏霊場巡拝の道 第99番
文化財 無学祖元墨蹟(国宝)
法堂・紙本墨画猿猴竹林図ほか(重要文化財)

歴史

永徳2年(1382年)、室町幕府3代将軍・足利義満は、花の御所の隣接地に一大禅宗伽藍を建立することを発願。竣工したのは10年後の明徳3年(1392年)であった。

義満は、禅の師であった春屋妙葩に開山となることを要請したが、妙葩はこれを固辞。妙葩の師夢窓疎石を開山とするなら、自分は喜んで2世住職になると返したため、疎石が開山となった。尤も、2世住職・妙葩も相国寺伽藍の完成を見ずに嘉慶2年(1388年)に没している。

相国寺は京都最大の禅宗寺院の1つとして、また五山文学の中心地として栄えたが、たびたび火災に見舞われた。伽藍完成から2年後の応永元年(1394年)に全焼。義満による七重大塔も数年で焼失したが、七重大塔は全高(尖塔高)109.1m(360尺。比較資料:1 E2 m)を誇り、史上最も高かった日本様式の仏塔である。昭和4年(1929年)の依佐美送信所鉄塔(250m)竣工までのおよそ530年間、高さ歴代日本一の記録は破られなかった。義満没後の応永32年(1425年)に再度全焼している。応仁元年(1467年)には相国寺が応仁の乱の細川方の陣地となったあおりで焼失。天文20年(1551年)にも管領細川家と三好家の争いに巻き込まれて焼失。ここまでで都合4回焼失している。天正12年(1584年)、相国寺の中興の祖とされる西笑承兌が住職となり、復興を進めた。現存する法堂はこの時期に建立されたものである。その後も元和6年(1620年)に火災があり、天明8年(1788年)の「天明の大火」で法堂以外のほとんどの堂宇を焼失した。現存の伽藍の大部分は19世紀はじめの文化年間の再建である。
伽藍

境内は京都御所の真北に位置し、同志社大学に隣接している。最盛期には東は寺町通り、西は大宮通り、南は一条通り、北は上御霊神社との境までが相国寺の寺域であった。応仁の乱による焼失後、三門と仏殿は再建されることなく、近世以降は法堂が仏殿(本尊を安置する堂)を兼ねている。

法堂(重要文化財) :「無畏堂」とも言い、慶長10年(1605年)、豊臣秀頼の寄進によって再建された。日本にある法堂建築としては最古のものである。天井にある龍の絵は狩野光信の手になる。特定の場所で手を打つと反響するため、「鳴き龍」と呼ばれる。

宣明

開山塔(開山堂) :開山・夢窓疎石の像を祀る堂で、桃園天皇の皇后である恭礼門院の女院御所内の御殿を文化文化4年(1807年)に下賜されたもの。
方丈 :文化4年(1807年)の再建。
庫裏 :文化4年(1807年)の再建。
承天閣美術館 :相国寺と関連寺院(鹿苑寺など)の文化財を収蔵展示する施設で、昭和59年(1984年)に開館した。
宣明(浴室) :応永7年(1400年)頃の創建。現在のものは慶長4年(1596年)の再建。蒸気浴をしながら柄杓で湯をかけて入浴を行ったとされる。(右の画像参照)

塔頭寺院

かつては臨済宗の事実上の最高機関として五山以下の諸寺を統括する役所鹿苑院があった。足利義満が鹿苑院の院主である絶海中津を僧録に任命して以来、その院主が僧録を兼務し鹿苑僧録として権勢を振るうことになった。明治時代初期の廃仏毀釈の嵐に見舞われて廃絶。
山内塔頭

大光明寺
林光院
玉龍院
普広院
慈雲院
慈照院
豊光寺
長得院
養源院
光源院
瑞春院
大通院

山外塔頭

鹿苑寺
慈照寺
真如寺

文化財
無学祖元墨蹟 与長楽寺一翁偈語

承天閣美術館収蔵品については、同美術館の項を参照。以下には相国寺伝来品のみを掲げる。
国宝

無学祖元墨蹟 与長楽寺一翁偈語 弘安二年十一月一日 :弘安2年11月1日(1279年12月11日)。

重要文化財

本堂(法堂)附 玄関廊
紙本墨画猿猴竹林図 長谷川等伯筆 六曲屏風
絹本著色十六羅漢像 陸信忠筆 16幅
絹本著色鳴鶴図 文正筆 2幅
絹本墨画淡彩 鳳凰図 林良筆
紙本墨画 山水図 絶海中津の賛あり
子元祖元高峰顕日問答語
十牛頌(伝・絶海中津筆)10幅
明主勅書
異国通船朱印状
普広院指図

アクセス

鉄道

■京都市営地下鉄 ■烏丸線 ■今出川駅下車、徒歩5分

自動車道

この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
関連項目

承天閣美術館
有馬頼底
1 E2 m :長さの比較。記載内容は「109.1m 相国寺七重塔(史上最も高かった日本様式の仏塔)の高さ」
日本の寺院一覧 / 日本の寺の画像一覧
真如寺 (京都市北区)

参考文献

井上靖、塚本善隆監修、足立巻一、有馬頼底著 『古寺巡礼京都2 相国寺』 淡交社、1976年。
現行(『古寺巡礼京都8 相国寺』 淡交社、2007年4月。ISBN 4-473-03358-9。)
竹村俊則 『昭和京都名所図会5 洛中』 駸々堂、1984年11月。ISBN 4-397-50131-9。
『週刊朝日百科 日本の国宝』61号(京都・北野天満宮ほか)、朝日新聞社、1998年。
『日本歴史地名大系 京都市の地名』 平凡社、2001年7月。ISBN 4-582-91012-2。
『角川日本地名大辞典 京都府』 角川書店、1982年7月。
『国史大辞典』 吉川弘文館。

ウィキメディア・コモンズには、相国寺に関連するカテゴリがあります。
外部リンク

相国寺(公式ウェブサイト)
京都相国寺 - 日本の塔婆
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




 2012年10月16日、伊曽乃神社祭礼統一運行での松之巷だんじり(松の巷屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を、ほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2012年11月29日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 宮出し 奥之内屋台
   (2) 鴎
   (3) 西条祭り2012 統一運行 松之巷屋台
   (4) 夕雲
   (5) 石岡神社祭礼 渡御行列 西田屋台
----------------------------------------------------------------------------------------

松之巷だんじり(松の巷屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼統一運行での松之巷だんじり(松の巷屋台・楽車)
松之巷だんじり(松の巷屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝 2012年10月16日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


松之巷だんじり(松の巷屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼統一運行での松之巷だんじり(松の巷屋台・楽車)
松之巷だんじり(松の巷屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝 2012年10月16日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


松之巷だんじり(松の巷屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼統一運行での松之巷だんじり(松の巷屋台・楽車)
松之巷だんじり(松の巷屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝 2012年10月16日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


松之巷だんじり(松の巷屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼統一運行での松之巷だんじり(松の巷屋台・楽車)
松之巷だんじり(松の巷屋台・楽車) 統一運行 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市神拝 2012年10月16日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「2012 伊曽乃神社祭礼統一運行」の写真はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●飯田哲也 (環境学者)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E7%94%B0%E5%93%B2%E4%B9%9F
_%28%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%AD%A6%E8%80%85%29

飯田 哲也(いいだ てつなり、1959年(昭和34年)1月8日 - )は日本のエネルギー学者、環境エネルギー政策研究所長。京都大学工学部卒業。日本総合研究所主任研究員[1]、国家基本問題研究所客員研究員[2]などをつとめる。

また、孫正義が設立した自然エネルギー財団の業務執行理事も務めていたが、2012年の山口県知事選挙出馬を前に辞している。

飯田 哲也
飯田哲也(2011年4月13日)
生誕 1959年1月8日(53歳)
山口県都濃郡都濃町(現周南市)

経歴

1959年(昭和34年)、山口県都濃郡都濃町(現周南市)に生まれる[3][4]。周南市立中須小学校、山口県立徳山高等学校理数科を経て、1977年(昭和52年)、京都大学工学部原子核工学科に進む。在学中はワンダーフォーゲル部に所属し、年間100日くらい山に入っていたという[4]。1983年(昭和58年)、京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻修士課程修了。同年、神戸製鋼へ入社する[5]。

電力中央研究所勤務(出向)を通じて「原子力村」の実情に接し、矛盾を感じて退職。スウェーデンに留学し、エネルギーと暮らしの現場を訪ね歩き「原子力村」と向き合う覚悟が固まるに至る[4]。1990年(平成2年)から約2年間、同国のルンド大学環境エネルギーシステム研究所客員研究員をつとめた。1996年(平成8年)、東京大学大学院先端科学技術センター博士課程単位取得満期退学。2000年(平成12年)、NPO法人環境エネルギー政策研究所を設立して所長に就任する。その後は中央環境審議会、総合資源エネルギー調査会、東京都環境審議会などの委員を歴任。

民主党政権樹立後、鳩山由紀夫内閣時には中期目標達成タスクフォース委員、および行政刷新会議の事業仕分け人に指名された。また、環境省中長期ロードマップ委員、規制改革会議グリーンイノベーション分科会委員、環境未来都市委員などを歴任。2011年(平成23年)3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)後はエネルギー戦略・原子力戦略として自然エネルギーの活用を主張(飯田は一連の方策を「戦略的エネルギーシフト」と命名)し、同年10月より野田内閣のもとで総合資源エネルギー調査会基本問題委員会委員、内閣官房原子力事故再発防止顧問会議委員に就任[6]。

2012年(平成24年)1月、大阪市の橋下徹市長より特別顧問に任命される。2月、大阪府特別顧問を兼務。

同年6月8日付の地域紙・日刊新周南は、飯田が7月12日告示・7月29日投開票予定の山口県知事選挙に出馬を検討していると報じ[7]、続いて同6月10日付けの読売新聞などが、複数の関係者に伝えられた情報として同様の内容を報じている[8]。この報道に対して、本人は報道時点のTwitterでは「様々な方から出馬要請を頂いたのは事実ですが、現時点で立候補は白紙です」と語っていた[9]が、6月13日に行われた大阪府市エネルギー戦略会議で「府市の中長期のエネルギー戦略についてなすべきことができた」と大阪府市の特別顧問の辞任を表明[10]、6月17日にTwitter上で立候補を表明した[11]。これに対して、特別顧問に任命した大阪市長の橋下徹や大阪府知事の松井一郎は、仮に飯田が知事選に出馬したとしても、自身が主催する政治団体である大阪維新の会としては選挙戦に関与できないとコメントしている[12]。飯田は無党派層を中心に支持を集めたが、自由民主党・公明党の両党県連の推薦を受けた山本繁太郎に6万6807票差で敗れた[13]。

2012年8月29日、大阪府と大阪市の特別顧問に復帰する[14]。9月、地域政治団体の設立を発表し[15]し、同30日「みらい山口ネットワーク」を設立した。
著書
単著

『北欧のエネルギーデモクラシー』新評論、2000年3月 ISBN 9784794804778
『原発がなくても電力は足りる!』宝島社、2011年8月 ISBN 9784796685597
『1億3000万人の自然エネルギー』講談社、2011年10月 ISBN 9784062173490
『エネルギー進化論: 「第4の革命」が日本を変える(ちくま新書)』筑摩書房、2011年12月 ISBN 9784480066435
『原発の終わり、これからの社会 エネルギー政策のイノベーション』学芸出版社、2011年12月 ISBN 9784761512972

共著・編著

飯田哲也編『自然エネルギー市場―新しいエネルギー社会のすがた』築地書館、2005年3月 ISBN 4806713031
飯田哲也、筒井信隆、田中優、吉田文和『日本版グリーン革命で経済・雇用を立て直す』洋泉社、2009年6月 ISBN 978-4862484024
寺島実郎、飯田哲也、NHK取材班『グリーン・ニューディール―環境投資は世界経済を救えるか』日本放送出版協会、2009年6月 ISBN 9784140882924
飯田哲也、鎌仲ひとみ『今こそ、エネルギーシフト――原発と自然エネルギーと私達の暮らし』岩波書店、2011年5月 ISBN 4002708101
飯田哲也、宮台真司『原発社会からの離脱――自然エネルギーと共同体自治にむけて』講談社、2011年6月 ISBN 978-4062881128
飯田哲也、佐藤栄佐久、河野太郎著『「原子力ムラ」を超えて―ポスト福島のエネルギー政策』NHK出版 NHKブックス、2011年7月 ISBN 9784140911815
飯田哲也監修、古賀茂明・大島堅一著『原発がなくても電力は足りる!―検証!電力不足キャンペーン5つのウソ』宝島社、2011年9月 ISBN 9784796685597
飯田哲也、安斎育郎、大島堅一、長谷川羽衣子著『原発ゼロ―私たちの選択 』かもがわ出版 2012年3月
飯田哲也、もんじゅ君著『もんじゅ君とみる! よむ! わかる! みんなの未来のエネルギー』河出書房新社 2012年7月 ISBN 9784309245959

翻訳

ヨアン・S. ノルゴー、ベンテ・L. クリステンセン『エネルギーと私たちの社会―デンマークに学ぶ成熟社会』新評論、2002年4月 ISBN 4794805594

脚注

^ 構想日本による「エネルギーシナリオ」と政策インプリケーション
^ 役員紹介 公益財団法人 国家基本問題研究所
^ ビデオニュース・ドットコム (2011年4月2日). “飯田哲也:祝島の激突にみる電力会社の非合理と民主党の失敗”. Yahoo!みんなの政治. Yahoo! JAPAN. 2011年7月29日閲覧。
^ a b c 伊田浩之「おカネにとらわれた社会から脱却を 飯田哲也」週刊金曜日、2011年9月2日、861号、pp.24-26
^ 飯田・宮台『原発社会からの離脱――自然エネルギーと共同体自治にむけて』p.66
^ 飯田哲也メッセージ ISEP 環境エネルギー政策研究所
^ “「脱原発」の飯田氏が出馬検討 来週にも表明か? 山本、高邑氏と三つどもえの可能性浮上”. 日刊新周南 (新周南新聞社). (2012年6月8日) 2012年6月11日閲覧。
^ “橋下市長のブレーン・飯田氏、山口知事選出馬へ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年6月10日) 2012年6月10日閲覧。
^ 出馬要請を頂いたのは事実ですが、現時点で立候補は白紙です(2012年6月10日 11:01 のTweet)
^ “飯田氏、大阪の特別顧問辞任…山口知事選へ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年6月13日) 2012年6月19日閲覧。
^ 【山口県知事に出馬します!】(2012年6月17日 18:03 のTweet)
^ “山口知事選:橋下市長が飯田氏支援を否定”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年6月11日) 2012年6月11日閲覧。
^ 山口知事に山本氏=「脱原発」の飯田氏破る-オスプレイ搬入に反対 - 時事通信2012年7月30日
^ 大阪・特別顧問:飯田哲也氏を復帰 - 毎日新聞2012年8月28日
^ 地域政治団体:山口に飯田哲也氏が設立へ - 毎日新聞2012年9月10日

外部リンク

公式サイト
飯田哲也 tetsu iida@ISEP (iidatetsunari) - Twitter
飯田てつなり(Iida Tetsunari) - Facebook
ISEP 環境エネルギー政策研究所
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市喜多川589-12にあるメゾンAKIRA付近の夕雲です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~6ページぐらい、お祭りと他の写真をほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2012年11月29日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 宮出し 奥之内屋台
   (2) 鴎
   (3) 西条祭り2012 統一運行 松之巷屋台
   (4) 夕雲
   (5) 石岡神社祭礼 渡御行列 西田屋台
----------------------------------------------------------------------------------------

メゾンAKIRA付近の夕雲 愛媛県西条市喜多川589-12

 メゾンAKIRA付近の夕雲
メゾンAKIRA付近の夕雲 愛媛県西条市喜多川589-12 2012年9月17日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


メゾンAKIRA付近の夕雲 愛媛県西条市喜多川589-12

 メゾンAKIRA付近の夕雲
メゾンAKIRA付近の夕雲 愛媛県西条市喜多川589-12 2012年9月17日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「夕日・朝日・夜景」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●香川県道194号飯野宇多津線
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E5%B7%9D%E7%9C%8C
%E9%81%93194%E5%8F%B7%E9%A3%AF%E9%87%8E%E5%AE%87%E5%A4%9A%E6%B4%A5%E7%B7%9A

香川県道194号飯野宇多津線(かがわけんどう194ごう いいのうたづせん)は、香川県丸亀市飯野町から香川県綾歌郡宇多津町にいたる県道である。

香川県道194号
飯野宇多津線
総距離 km
起点 丸亀市飯野町
香川県道195号岡田丸亀線交差点
終点 綾歌郡宇多津町
JR四国宇多津駅前
接続する
主な道路
(記法) Japanese National Route Sign 0011.svg 国道11号、
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
香川県道193号標識
 香川県道193号川津丸亀線

接続道路

国道11号
香川県道193号川津丸亀線

道の駅

うたづ臨海公園

関連項目

香川県の県道一覧
 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真




 2012年10月15日、石岡神社祭礼渡御行列での西田だんじり(屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を、ほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2012年11月29日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 宮出し 奥之内屋台
   (2) 鴎
   (3) 西条祭り2012 統一運行 松之巷屋台
   (4) 夕雲
   (5) 石岡神社祭礼 渡御行列 西田屋台
----------------------------------------------------------------------------------------

渡御行列 石岡神社祭礼 西田だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社渡御行列での西田だんじり(屋台・楽車)
渡御行列 石岡神社祭礼 西田だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


渡御行列 石岡神社祭礼 西田だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社渡御行列での西田だんじり(屋台・楽車)
渡御行列 石岡神社祭礼 西田だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


渡御行列 石岡神社祭礼 西田だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社渡御行列での西田だんじり(屋台・楽車)
渡御行列 石岡神社祭礼 西田だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


渡御行列 石岡神社祭礼 西田だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社渡御行列での西田だんじり(屋台・楽車)
渡御行列 石岡神社祭礼 西田だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「2012 石岡神社例大祭関係」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2012年の秋祭りを掲載していく予定です。
       今年は多忙で、市外の祭りにはほとんど行けませんでした(涙)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月17日) 渦井川原かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、玉津 
        後夜祭(駅前・御殿前・まるよし)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、まるなか、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        石岡神社渡御行列・宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、ポッポ橋落成、原之前荒神祭
        伊曽乃神社前夜祭西条駅・フジグラン西条
      ●(10月13日) 氷見前夜祭
      ●(10月 8日) 小松常盤祭
      ●(10月 7日) 禎瑞嘉母神社宮だし、弁天祭り、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)、橘新宮祭、御所神社祭
        岸陰・北之町上組屋台蔵落成
      ●(10月 6日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 5日) 東予前夜祭
      ●(9月30日) 山王祭

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●香川県道265号枌所西造田線
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E9
%81%93265%E5%8F%B7%E6%9E%8C%E6%89%80%E8%A5%BF%E9%80%A0%E7%94%B0%E7%B7%9A

香川県道265号枌所西造田線(かがわけんどう265ごうそぎしょにしそうだせん)は、香川県綾歌郡綾川町から仲多度郡まんのう町に至る県道である。

陸上距離:5.218km
起点:香川県綾歌郡綾川町枌所西(=香川県道39号交点)
起点:香川県仲多度郡まんのう町造田(=香川県道17号交点)

通過する自治体

香川県
綾川町
まんのう町

交差・接続している道路

香川県道39号国分寺中通線(香川県綾川町)枌所西
香川県道17号府中造田線(香川県まんのう町)造田

関連項目

香川県の県道一覧
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2012 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.