矢野寛一郎氏が撮影した、2002年10月17日の飯積神社祭礼宮入りの様子です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を、ほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年3月31日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2002 飯積神社祭礼宮入り
   (2) かもめ
   (3) 西条祭り2012 玉津 天皇屋台
   (4) 橋
----------------------------------------------------------------------------------------

飯積神社祭礼宮入り 西条祭り2002 船屋太鼓台など 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影

 飯積神社祭礼宮入りでの船屋太鼓台 喜来太鼓台 下本郷太鼓台など
飯積神社祭礼宮入り 西条祭り2002 船屋太鼓台など 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影 2002年10月17日


飯積神社祭礼宮入り 西条祭り2002 船屋太鼓台など 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影

 飯積神社祭礼宮入りでの船屋太鼓台 喜来太鼓台 下本郷太鼓台など
飯積神社祭礼宮入り 西条祭り2002 船屋太鼓台など 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影 2002年10月17日


飯積神社祭礼宮入り 西条祭り2002 船屋太鼓台など 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影

 飯積神社祭礼宮入りでの船屋太鼓台 上本郷太鼓台 喜来太鼓台など
飯積神社祭礼宮入り 西条祭り2002 船屋太鼓台など 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影 2002年10月17日


-----------------------------------------------
矢野寛一郎氏
 矢野寛一郎氏
 アコーディオン・写真などを趣味にされ
 2012年にご逝去されました。
 写真は奥さんのご了解でアップさせていただきました。
-----------------------------------------------


      ●「矢野寛一郎氏撮影の祭り写真」はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市小松町の中山川大橋付近のサギのコロニーのアオサギ(青鷺)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年3月31日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2002 飯積神社祭礼宮入り
   (2) かもめ
   (3) 西条祭り2012 玉津 天皇屋台
   (4) 橋
----------------------------------------------------------------------------------------

アオサギ(青鷺) 中山川大橋 鷺のコロニー 愛媛県西条市小松町

 アオサギ(青鷺)
アオサギ(青鷺) 中山川大橋 鷺のコロニー 愛媛県西条市小松町 2009年3月15日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


      ●私が撮った「アオサギ(青鷺)」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●氏長者
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%8F%E9%95%B7%E8%80%85

氏長者(うじのちょうじゃ)は、平安時代以降の氏(うじ)の中の代表者の呼称である。古代日本では氏上(うじのかみ、このかみ)と呼ばれていた。その氏族の中で最も官位が高い者が就任し、氏神を祭祀する氏社、先祖を弔う氏寺・菩提寺の管理権を掌握することで氏人を統制した。氏長者の中でも特に権威と力を持っていたのが、藤氏長者と源氏長者である。氏の解体とともに名目的地位と化すが、前者は摂関家、後者は徳川将軍家の称号として幕末まで存続した。

概要

大化以前の社会には様々な氏族があり、氏上(うじのかみ、このかみ)がこれを統率していた。氏上の初見は『日本書紀』天智天皇3年(664年)2月の「大氏の氏上に大刀を、小氏の氏上に小刀を、伴造等の氏上に干楯弓矢を賜う」という記事であるが、これは私的な存在であった氏上を公的に認めたものと推測される。氏上は地域集団の長として大きな影響力を有していたが、これ以降は天武天皇4年(675年)に氏の部曲(私有民)が廃止され(『日本書紀』)、天平宝字元年(757年)には公事以外で族人を糾合することが禁じられるなど(『続日本紀』)、律令制の中に組み込まれていった。それでも奈良時代においては、氏上の地位は朝廷の認可を必要とするものの氏人の協議により選ばれ、その任期も終身であり、古代の族長的性質を残していた。

氏上は平安時代になると氏長者と名称が変化し、氏族の中で最も官位の高い者が就任するようになった。必然的に氏長者は貴族社会に限定され、氏族集団内部の長というだけでは氏長者になることはできなくなった。また官位の逆転による交代もあり、終身的地位でもなくなった。文献上では伴氏、高階氏、中臣氏、忌部氏、卜部氏、越智氏、菅原氏、和気氏にも氏長者が存在したようであるが、平安後期には多くの氏族が貴族社会に留まることができず没落していった。南北朝期の北畠親房は『職原抄』に「凡称氏長者、王氏、源氏、藤氏、橘氏有此号」と記している。それ以外では、菅原氏の長者は「北野の長者」と称され、明応5年(1496年)に九条政基が唐橋在数を殺害した事件では、北野の長者であった高辻長直が一門の公卿を率いて政基を告発する申状を朝廷に提出している。

このほか、16世紀後期に豊臣氏が新設されるに伴い、豊臣秀吉が豊氏長者となっている。
権能

氏長者の権能は、以下の事項である。

氏神の祭祀、氏社・氏寺の管理

橘氏の梅宮社、藤原氏の春日社・興福寺など。祭日に奉幣使を立て、別当を補任した。

大学別曹の管理

藤原氏の勧学院、橘氏の学館院、王氏の奨学院、和気氏の弘文院など。10世紀の初めに、大学で学ぶ子弟のために諸氏族は学曹という寄宿舎を設立するが、やがて大学寮の付属機関として大学別曹と呼ばれるようになった。勧学院は規模を拡張し、春日社・興福寺関係の事務全般を取り扱った。

詳細は「大学別曹」を参照

氏爵の推挙

正六位上の氏人から一人を従五位下に推挙する制度。律令制では五位以上は貴族として多くの特権が認められるため、希望者は氏長者に熱心な働きかけをした。この権限は推挙する者を「是とし定める」ことから是定と呼ばれた。なお橘氏は平安中期に公卿が絶えたため長者と是定が分離し、是定は他氏の公卿が就任するようになった。

詳細は「氏爵」を参照
氏長者の辞令(宣旨)

※藤原(のちに豊臣)秀吉宛「豊臣秀吉公関白宣旨案写」壬生本

左中将藤原朝臣慶親傳宣、權大納言藤原朝臣敦光宣、

奉 勅、宜令關白内大臣爲氏長者者、

天正十三年七月十一日

修理東大寺大佛長官主殿頭兼左大史小槻宿禰朝芳

(訓読文) 左中将(中山)藤原朝臣慶親伝へ宣(の)る。権大納言(柳原)藤原朝臣敦光宣(の)る。勅(みことのり)を奉(うけたまは)るに、宜しく関白内大臣(藤原秀吉)をして氏長者と為(な)さしむべし者(てへり)。 天正十三年七月十一日 修理東大寺大仏長官主殿頭兼左大史小槻宿禰朝芳 「奉(うけたまは)る」脱か?
参考文献

竹内理三 「氏長者」『律令制と貴族政権.第2部』御茶の水書房、昭和33年(1958年)。
宇根俊範 「氏爵と氏長者」『王朝国家国政史の研究』坂本賞三編、吉川弘文館、昭和62年(1987年)。

関連項目

藤氏長者
源氏長者
是定
北野の長者
氏爵
家門
社家
氏姓制度
新撰姓氏録
カバネ(姓)
本姓
名字
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




 2012年10月16日、伊曽乃神社祭礼玉津での天皇だんじり(屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を、ほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年3月31日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2002 飯積神社祭礼宮入り
   (2) かもめ
   (3) 西条祭り2012 玉津 天皇屋台
   (4) 橋
----------------------------------------------------------------------------------------

玉津 西条祭り 天皇だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 玉津橋

 伊曽乃神社祭礼玉津での天皇だんじり(屋台・楽車)
玉津 西条祭り 天皇だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 玉津橋 2012年10月16日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


玉津 西条祭り 天皇だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 玉津橋

 伊曽乃神社祭礼玉津での天皇だんじり(屋台・楽車)
玉津 西条祭り 天皇だんじり(屋台・楽車) 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 玉津橋 2012年10月16日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「2012 伊曽乃神社祭礼玉津」の写真はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

● 邪宗門
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%AA%E5%AE%97%E9%96%80

曖昧さ回避 芥川龍之介の小説については「邪宗門 (芥川龍之介)」を、北原白秋の詩集については「邪宗門 (北原白秋)」を、高橋和巳の小説については「邪宗門 (高橋和巳)」をご覧ください。

邪宗門(じゃしゅうもん)は、邪悪な宗教のこと。一般的にはキリスト教のことと解されている。ただし、これは豊臣政権及び徳川幕府(江戸幕府)による政治用語と呼ぶべき性格の言葉であり、宗教用語とは言い難い。また、キリスト教以外にも不受不施派など「邪宗門」とされた宗教も存在していた。

豊臣秀吉が天正17年(1589年)に出した伴天連追放令以後、太陽神・天照大神の末裔である天皇と天皇によって任命され政治的な正統性を付与された関白及び将軍(幕府)の至上性を認める宗門のみが日本における正法(正しい宗教)であり、これを認めない宗門は日本の正統な国家秩序を破らんとする「邪法」を奉じる宗門、すなわち「邪宗門」であるとの位置付けが行われ、江戸幕府もこれを継承して島原の乱などを通じて多数のキリスト教徒が迫害された。これにより、一般民衆に対してキリスト教=邪宗門とする観念が植え付けられた。

ただし、邪宗門はあくまでも日本の正統な国家秩序に敵対するとされた宗教を指すものであり、豊臣秀吉や徳川家康の命令への非服従を貫いた日蓮宗不受不施派や、宗門改などを通じた国家による宗教統制下にない民間宗教、新宗教なども邪宗門の中に含まれていた。

明治維新の直後に明治政府から出された五榜の掲示三札には、「切支丹邪宗門」が掲げられた。この文言があることを知った欧米諸国は明治政府に猛抗議を行い、政府はあわてて「切支丹・邪宗門」のそれぞれについての禁止と訂正させた。しかし、明治6年(1873年)のキリスト教解禁までには紆余曲折があり、特に300年近くにわたってキリスト教=邪宗門の観念を植え付けられてきた一般民衆の間に、解禁に対する恐怖を訴える者もあったとされている。その不安と蔑視はキリスト教解禁後も続き、国家及び民間からの様々な圧迫が日本のキリスト教徒に対して加えられていく遠因にもなった。

関連項目

日本キリスト教史
不受不施義
日蓮宗不受不施派
邪教

外部リンク

北原 白秋『邪宗門』:新字旧仮名(青空文庫)
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市船屋のひうち大橋の夕景色です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年3月31日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2002 飯積神社祭礼宮入り
   (2) かもめ
   (3) 西条祭り2012 玉津 天皇屋台
   (4) 橋
----------------------------------------------------------------------------------------

ひうち大橋 愛媛県西条市船屋

 ひうち大橋の夕景色
ひうち大橋 愛媛県西条市船屋 2009年11月27日
NIKON D300 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「海・港・船」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●出家
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E5%AE%B6

出家(しゅっけ、pravrajyaa、प्रव्रज्या (sanskrit)) とは、師僧から正しい戒律を授かって世俗を離れ、家庭生活を捨てて仏門に入ることである。落飾(らくしょく)ともいう。

対義語は還俗(げんぞく。“俗界に還る”の意)。
ウィクショナリーに出家の項目があります。
概要

仏教徒は、在家・出家に大別できる。

在家者には「三帰依戒」と「優婆塞の五戒」といわれる以下の五戒と、「八斎戒」の三つが授けられる。

【優婆塞の五戒】

不殺生戒(ふせっしょうかい)
不偸盗戒(ふちゅうとうかい)
不邪淫戒(ふじゃいんかい)
不妄語戒(ふもうごかい)
不飲酒戒(ふおんじゅかい)

それに対し出家者には、「三帰依戒」と、「沙弥戒」や「沙弥尼戒」(女性は別に段階的な戒がある)等を授かってから見習いの僧や尼僧となり、男性は一年、女性は二年後以降に20才を越えてから具足戒が授けられ、この具足戒を授かることにより正式な出家の僧侶あるいは尼僧となる。具足戒の条項は数が多くかつ具体的であり、『四分律』では比丘は約250戒、比丘尼は約350戒にものぼる。釈尊を師とし出家修行を行うことはすなわちこの戒を守った修行スタイルを維持することに他ならない。また、戒を授かった修行者には目に見えない力である戒体が備わるとされる。具足戒や僧伽(そうぎゃ:サンガ)の運営方法は、仏典の律蔵に収められており、釈尊が制定したこれらは弟子が勝手に変更することはできない。[1]。教派や地域によって若干の違いはあるものの、基本的な内容は大乗仏教や上座部仏教、金剛乗(真言乗)の密教でも変わることなく現在まで受け継がれている。

例外は日本独自の伝統仏教である。天台宗を伝えた最澄は、具足戒を小乗の戒として軽視し、漢訳の『梵網経』に基づく独自の大乗戒壇を提唱した。日本の天台宗や、そこから派生した日蓮宗などの宗派は、当初から他国のような僧伽(サンガ:基本は20人以上の出家の僧侶からなる僧団)としての伝統をもたない。また、天台宗より派生した他の宗派でも禅宗以外では戒律は概して重視されず、いわゆる鎌倉時代に正式な戒律は失伝したと見られる。しかし、真言律宗の開祖・叡尊に始まる「戒律復興運動」により僧侶の生活と戒律とが見直され、江戸時代には黄檗宗の開祖・隠元の来日などによって禅宗や真言宗、天台宗の各宗派が中国系の具足戒を伝え、真言宗では「正法律」を唱えた慈雲尊者、天台宗では天皇から師として仰がれた豪潮律師らの活躍により日本でも一時期、正式な出家の戒律と僧伽(サンガ)が復活したが、明治時代の廃仏毀釈により再び失われ、現在では具足戒を継承する寺院は存在しない。

仏教教団において剃髪(ていはつ)して袈裟を被い、受戒(じゅかい)し、沙弥・沙弥尼となることを言うが、具足戒を受けた比丘・比丘尼を呼ぶ場合にも使う。在家(ざいけ)と対比される。インドでは、紀元前5世紀頃、バラモン教の伝統的権威を認めない沙門(しゃもん)と呼ばれる修行者が現れ、解脱(げだつ)への道を求めて禅定や苦行などの修行にいそしんだ。有力な沙門の下には多くの弟子が集まり、出家者集団を形成したが、釈迦もその沙門の1人であった。仏教における出家の伝統はこれに由来する。

なお、現在の日本では2度に亘る世界大戦の影響によって、それ以降は破戒僧という言葉も死語となり、「仏教としての僧侶」における立場よりも、釈尊の教えや仏教の戒律からは逸脱した『葬式仏教』に由来する、個人の信仰によらない「職業としての僧侶」が定着した。一応は剃髪した僧侶が多いとされるが、浄土真宗を先例として中には剃髪せず、ごく一般的な髪型をしている者も数多く存在する。また、仏教では本来、出家者は在家者を教え導き、在家者は出家者を経済的に資助する者とされて、出家の精神的優位が説かれたが、紀元前1世紀頃に始まった大乗仏教においては、菩薩(ぼさつ)による衆生済度(しゅじょうさいど)の観点から、在家の意義も積極的に認めた。

中国では、仏教の出家主義は儒教の側から「孝」などの社会規範を乱すものとしてしばしば非難を受けた。また唐代以降は、国家経済的見地から出家行為自体を統制し、出家者数を国家的に管理する度僧制度が整えられた。
脚注

^ 『オウムという悪夢』(別冊宝島229) P206 橋爪大三郎著

関連項目

戒律
得度
度牒
修行
修験道
オウム真理教
托鉢
 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真




 愛媛県西条市神拝甲79番地4にある西条市総合文化会館の一角にたつ平和の奏者たちの像(愛媛県美術会理事で海外の賞を多数得ている木原敏明氏作)です。

木原敏明作 平和の奏者たちの像 西条市総合文化会館 愛媛県西条市神拝甲79番地4

 平和の奏者たちの像
木原敏明作 平和の奏者たちの像 西条市総合文化会館 愛媛県西条市神拝甲79番地4 2013年3月24日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


木原敏明作 平和の奏者たちの像 西条市総合文化会館 愛媛県西条市神拝甲79番地4

 平和の奏者たちの像
木原敏明作 平和の奏者たちの像 西条市総合文化会館 愛媛県西条市神拝甲79番地4 2013年3月24日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


木原敏明作 平和の奏者たちの像 西条市総合文化会館 愛媛県西条市神拝甲79番地4

 平和の奏者たちの像
木原敏明作 平和の奏者たちの像 西条市総合文化会館 愛媛県西条市神拝甲79番地4 2013年3月24日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「オブジェ」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真




 愛媛県宇和島市津島町岩松で開催される岩松ひな回廊 岩松町並みお雛様めぐりなどに関するYouTubeにアップされている動画です。素敵な動画をYouTubeにアップ・共有された皆様に感謝申し上げます。(動画は削除される可能性もあります。)

 なお、2013年の岩松ひな回廊 岩松町並みお雛様めぐりは以下の日程で開催されています。

■平成25年度 岩松ひな回廊2013 岩松町並みお雛様めぐり
「YAHOO!ロコ」のホームページより引用させていただきました。
http://loco.yahoo.co.jp/event/dc9e9bd55cf73a082ef5618438492c1fac3fc501/

岩松ひな回廊2013~岩松町並みお雛様めぐり~

 南予地区では4/3が桃の節句。岩松に残る古い街並みの中に各家で持つ「お雛様」が展示される。オープニングイベントではお茶席が用意されたり、保育園児が裃をきて行進する「おひなさま行列」や、岩松の歴史や建物などのガイド付きまち歩きが体験できる町並み散策等催しがいっぱい。どぶろくと甘酒の振舞い濁酒「なっそ」&甘酒振る舞いもあり。

開催地:岩松町並み地区
開催期間
2013年03月24日~2013年04月03日 10:00~16:00
※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、「問い合わせ先」欄に掲載の連絡先までご確認ください。
主催者
岩松町並み保存会
問い合わせ先
岩松町並み保存会 0895-32-2409




岩松ひな回廊 2012
 2012年4月1日に宇和島市津島町の岩松河原・商店街で行われたイベント
岩松ひな回廊 岩松町並みお雛様めぐり 愛媛県宇和島市津島町岩松




岩松雛回廊もちつき
 岩松雛回廊もちつき
岩松ひな回廊 岩松町並みお雛様めぐり 愛媛県宇和島市津島町岩松




祓川温泉と彼岸花
 2004年の秋、宇和島市津島町の岩松川沿いに彼岸花を撮影しながら祓川温泉へ行きま?した。
岩松ひな回廊 岩松町並みお雛様めぐり 愛媛県宇和島市津島町岩松
 

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報




 千葉県野田市清水906の清水公園で開催される清水公園 梅まつりなどに関するYouTubeにアップされている動画です。素敵な動画をYouTubeにアップ・共有された皆様に感謝申し上げます。(動画は削除される可能性もあります。)

 なお、2013年の清水公園 梅まつりは以下の日程で開催されました。

■平成25年度 清水公園 梅まつり
「じゃらん観光ガイド」のホームページより引用させていただきました。
http://www.jalan.net/kankou/120000/121100/evt_0127681/

清水公園 梅まつり

 清水公園には20品種200本の梅の木があり、春の訪れを告げる可憐な花を咲かせます。梅園の隣には、明治時代から書院として使われていた聚楽館があり、この時期「梅見茶屋」としてオープンし、温かいものや甘いものをいただきながら、梅の花を楽しむことができます。

開催場所  千葉県野田市 清水公園
所在地  〒278-0043  千葉県野田市清水906
開催期間
2013年2月16日~3月10日
梅見茶屋/2月16日~28日は土日のみ、3月1日~10日は毎日営業
問合せ先 清水公園 04-7125-3030


2011 清水公園 梅の花
 清水公園 梅まつり
清水公園 梅まつり 桜 ツツジ 千葉県野田市清水906




清水公園の四季
千葉県野田市清水公園の四季の花々です。各々の花に「花言葉」を添えました。
清水公園 梅まつり 桜 ツツジ 千葉県野田市清水906




清水公園の花散策
 野田・清水公園の花散策 2011
ローバイ・梅の花、クリスマスローズ・福寿草等が美しい
清水公園 梅まつり 桜 ツツジ 千葉県野田市清水906




野田市 清水公園 紅葉2010
清水公園 梅まつり 桜 ツツジ 千葉県野田市清水906




小さな旅 野田市清水公園
  2008年4月 醤油で有名な野田市にある清水公園に東武電車に乗って花見に
清水公園 梅まつり 桜 ツツジ 千葉県野田市清水906




清水公園の桜
 千葉県野田市清水公園の桜 関東近郊での遠足やバーベキューで有名
清水公園 梅まつり 桜 ツツジ 千葉県野田市清水906




2007年4月29日 野田市清水公園
清水公園 梅まつり 桜 ツツジ 千葉県野田市清水906




スリル満点 フィールドアスレチック 野田清水公園
清水公園 梅まつり 桜 ツツジ 千葉県野田市清水906




慈光山・金乗院の紅葉 千葉県野田市清水公園
清水公園 梅まつり 桜 ツツジ 千葉県野田市清水906
 

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報




 2012年10月16日、伊曽乃神社祭礼お旅所での船形だんじり(屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を、ほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年3月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 お旅所 船形屋台
   (2) かもめ
   (3) 西条祭り2002 飯積神社祭礼宮入り
   (4) 水すすき
----------------------------------------------------------------------------------------

お旅所 船形だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼お旅所での船形だんじり(屋台・楽車)
お旅所 船形だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


お旅所 船形だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼お旅所での船形だんじり(屋台・楽車)
お旅所 船形だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


お旅所 船形だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼お旅所での船形だんじり(屋台・楽車)
お旅所 船形だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「2012 伊曽乃神社祭礼御旅所」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2012年の秋祭りを掲載していく予定です。
       今年は多忙で、市外の祭りにはほとんど行けませんでした(涙)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月17日) 渦井川原かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、玉津 
        後夜祭(駅前・御殿前・まるよし)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、まるなか、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        石岡神社渡御行列・宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、ポッポ橋落成、原之前荒神祭
        伊曽乃神社前夜祭西条駅・フジグラン西条
      ●(10月13日) 氷見前夜祭
      ●(10月 8日) 小松常盤祭
      ●(10月 7日) 禎瑞嘉母神社宮だし、弁天祭り、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)、橘新宮祭、御所神社祭
        岸陰・北之町上組屋台蔵落成
      ●(10月 6日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 5日) 東予前夜祭
      ●(9月30日) 山王祭

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

● 所宛
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%80%E5%85%85

所宛(ところあて・所充)とは、朝廷に設置された所の別当を補任する儀式。院宮王臣家に置かれた所の長を決める儀式も同様に呼ばれた。

概要

朝廷においては、大きく分けて「殿上所宛」「官所宛」「局所宛」が3つがある。

殿上所宛は、公卿や殿上人(蔵人や近衛府官人を含める場合もある)を別当に任じるもので、除目と同時に行われることが多い。内裏清涼殿の殿上の間にて開催され、蔵人所別当(通常は一上が兼ねる)が上卿を務め、天皇の御前において弁(弁官)に空席となっている別当に関する報告(闕否勘文)を注進させ、先例などを元にして土台(草案)を作成し、欠員を補充していく。作成された土台が天皇と摂関の許可を得たのちに正式な決定である定文を作成し、更に弁官から定文を渡された史がそれを元に太政官符や宣旨を作成し、あるいは直接当該機関の職員を呼んで口頭で新別当の人事を伝えた。定文は宮内省・中務省などに属する内廷関連官司、蔵人所の管理下にある諸機関、諸大寺の順に記されていた。また、1人が複数の別当を兼ねる例や公卿別当と弁別当あるいは蔵人別当のように1つの機関に複数の別当が任じられる場合もあった。殿上所宛の最古の例は延喜9年(909年)とされ、村上天皇以後は天皇の代替わりに際して、空席如何を問わず全ての別当を白紙として新たな別当を決めなおした。

官所宛・局所宛は、毎年2月の列見の儀式の後に実施され、太政官に属する弁や史を官司や官所宛にて、同じく外記を局所宛にて、それぞれ官司や諸寺の別当に任じる儀式である。殿上所宛よりも重要性の低い機関が多かったが、中には殿上所宛の対象になっている機関に対して更に官所宛による史別当や局所宛による外記別当を任命した事例もあった。

参考文献

下向井龍彦「所宛」(『日本史大事典 5』(吉川弘文館、1993年) ISBN 978-4-642-00510-4)
吉川真司「所宛」(『日本歴史大事典 3』(小学館、2001年) ISBN 978-4-09-523003-0)
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市小松町の中山川大橋付近のサギのコロニーのアオサギ(青鷺)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年3月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 お旅所 船形屋台
   (2) かもめ
   (3) 西条祭り2002 飯積神社祭礼宮入り
   (4) 水すすき
----------------------------------------------------------------------------------------

アオサギ(青鷺) 中山川大橋 鷺のコロニー 愛媛県西条市小松町

 アオサギ(青鷺)
アオサギ(青鷺) 中山川大橋 鷺のコロニー 愛媛県西条市小松町 2009年3月15日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


      ●私が撮った「アオサギ(青鷺)」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●宗門人別改帳
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E9%96%80%E4%BA%BA
%E5%88%A5%E6%94%B9%E5%B8%B3

宗門人別改帳(しゅうもんにんべつあらためちょう)は、江戸時代の日本で宗門改(宗門人別改)によって作成された民衆調査のための台帳。本来の目的は、信仰宗教を調べることであったが、現在で言う戸籍原簿や租税台帳の側面も持つ。宗旨人別改帳や宗門改帳とも呼ばれる。

宗門改帳や人別帳とも呼ばれるが、厳密には異なる物であり、これらは宗門人別改帳が成立する前に用いられていた、それぞれ別々の調査の台帳である。

概要

詳細は「宗門改」を参照

江戸時代、幕府はキリスト教禁止令を発布し、やがて寺請制度を確立させ、民衆がどのような宗教宗派を信仰しているかを定期的に調査するようになる。これを宗門改と呼び、これによって作成された台帳を宗門改帳と呼ぶ。

一方、安土桃山時代に豊臣秀吉によって兵農分離が行われると、領主は城下町に置かれることとなり、そのため所領を詳しく調査する必要が出てくる。特に夫役に関して、負担可能な者を調査する名目の人別改が行われるようになり、これによって作成された台帳を人別改帳と呼ぶ。これには年齢や家族構成が記述された(宗門改帳にはこれらの記載は無い)。他にも家畜の所有数を調べる人畜改などがあり、これら人別改は必要に応じて不定期に行われていた。

寛文5年(1665年)に幕府が諸藩にも宗門改帳の作成を命じると、人別帳に宗旨を記述するという形で宗門改帳が作成されるようになり、これが宗門人別改帳となる。寛文11年(1671年)に幕府はこれを法的に整備し、宗門人別改として定期的に調査を行うように義務付ける。後年になるとキリシタン摘発の激減もあって、宗門人別改帳は戸籍原簿や租税台帳の側面を強く持つようになっていく。
改帳の作成

改帳の作成は、町村毎に名主や庄屋、町年寄が毎年行うこととされていたが、後に数年置きとなった地域もある。改帳には、家族単位の氏名と年齢、檀徒として属する寺院名などが記載されており、事実上の戸籍として機能していた。婚姻や丁稚奉公などで土地を離れる際には寺請証文を起こし、移転先で新たな改帳へ記載することとされた。こうした手続きをせずに移動(逃散や逃亡など)をすると、改帳の記載から漏れて帳外れ(無宿)扱いになり、居住の制約などを受けるなどの不利益を被ることになる。そして、これらの人間を非人と呼んだ。
目的の変化

18世紀になると宗教調査的な目的も薄れ、人口動態を確認し、徴税などのための基礎資料として活用されるようになった。享保の改革以降は全国的な調査の取りまとめが行われ、享保11年(1726年)以降は調査期間を6年置きに改められた。

関連項目

近代以前の日本の人口統計
江戸時代の日本の人口統計
府藩県三治制下の日本の人口統計
近代以前の日本の都市人口統計
壬申戸籍
歴史人口学
宗門改
寺請制度
文治政治
勘当
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




 矢野寛一郎氏が撮影した、2002年10月17日の飯積神社祭礼宮入りの様子です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を、ほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年3月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 お旅所 船形屋台
   (2) かもめ
   (3) 西条祭り2002 飯積神社祭礼宮入り
   (4) 水すすき
----------------------------------------------------------------------------------------

飯積神社祭礼宮入り 西条祭り2002 上本郷太鼓台など 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影

 飯積神社祭礼宮入りでの岸影太鼓台 本郷太鼓台など
飯積神社祭礼宮入り 西条祭り2002 上本郷太鼓台など 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影 2002年10月17日


飯積神社祭礼宮入り 西条祭り2002 上本郷太鼓台など 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影

 飯積神社祭礼宮入りでの船屋太鼓台 上本郷太鼓台 喜来太鼓台など
飯積神社祭礼宮入り 西条祭り2002 上本郷太鼓台など 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影 2002年10月17日


飯積神社祭礼宮入り 西条祭り2002 上本郷太鼓台など 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影

 飯積神社祭礼宮入りでの船屋太鼓台 上本郷太鼓台など
飯積神社祭礼宮入り 西条祭り2002 上本郷太鼓台など 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影 2002年10月17日


-----------------------------------------------
矢野寛一郎氏
 矢野寛一郎氏
 アコーディオン・写真などを趣味にされ
 2012年にご逝去されました。
 写真は奥さんのご了解でアップさせていただきました。
-----------------------------------------------


      ●「矢野寛一郎氏撮影の祭り写真」はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2013 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.