2013年4月29日、高尾神社春祭りでの上之川だんじり(上の川屋台・楽車)です。

●高尾神社春祭り2013関連の記事
   ■上之川屋台
   ■上之川子供屋台
   ■弁財天屋台
   ■岡村屋台
   ■井上屋台

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を、ほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年4月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 高尾神社祭り2013 上之川屋台
   (2) あおさぎ
   (3) 新居浜太鼓祭り2003
   (4) 石鎚
----------------------------------------------------------------------------------------

高尾神社春祭り2013 上之川だんじり(上の川屋台・楽車)

 高尾神社春祭りでの上之川だんじり(上の川屋台・楽車)
高尾神社春祭り2013 上之川だんじり(上の川屋台・楽車) 西条市氷見 2013年4月29日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


高尾神社春祭り2013 上之川だんじり(上の川屋台・楽車)

 高尾神社春祭りでの上之川だんじり(上の川屋台・楽車)
高尾神社春祭り2013 上之川だんじり(上の川屋台・楽車) 西条市氷見 2013年4月29日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


高尾神社春祭り2013 上之川だんじり(上の川屋台・楽車)

 高尾神社春祭りでの上之川だんじり(上の川屋台・楽車)
高尾神社春祭り2013 上之川だんじり(上の川屋台・楽車) 西条市氷見 2013年4月29日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


高尾神社春祭り2013 上之川だんじり(上の川屋台・楽車)

 高尾神社春祭りでの上之川だんじり(上の川屋台・楽車)
高尾神社春祭り2013 上之川だんじり(上の川屋台・楽車) 西条市氷見 2013年4月29日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


高尾神社春祭り2013 上之川だんじり(上の川屋台・楽車)

 高尾神社春祭りでの上之川だんじり(上の川屋台・楽車)
高尾神社春祭り2013 上之川だんじり(上の川屋台・楽車) 西条市氷見 2013年4月29日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「2013石岡神社祭礼関係」の写真はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●頭屋
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%AD%E5%B1%8B

頭屋(とうや)とは、神社や講において行われる祭礼や神事などの行事の執行に関して、中心的な役割を果たす人もしくは家。当屋・祷屋・当家などの表記が行われる場合もある。

古代から「頭」・「頭人」などと呼ばれる祭祀の主宰者があり、宮座の仕組が確立された14世紀頃より頭人もしくは頭人自身が所属する家のことを頭屋と称して、家単位で行事に関する職務・責任(頭役)を負うことが行われるようになった。ただし、神事に対する宗教的・経済的な負担の大きさから後には1年交替などの交替制が取られ、また専門の神職を設置して祭祀に関する行為を行わせて、頭屋は世話人的な立場に立って行事に必要な施設や神酒・神饌・神供などの物資の調達・確保の部分を担うようになった。

頭役は家順・くじ・名簿順などによって決められた。頭役の交替の際には頭渡し・頭受けと呼ばれる厳格な儀式が行われ、その任務の遂行のために厳しい潔斎を行って清浄性を保ち、門前に依代であるおはけを飾るなど様々な決まりごとがあった。
 
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市小松町の中山川大橋付近のサギのコロニーのアオサギ(青鷺)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年4月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 高尾神社祭り2013 上之川屋台
   (2) あおさぎ
   (3) 新居浜太鼓祭り2003
   (4) 石鎚
----------------------------------------------------------------------------------------

アオサギ(青鷺) 中山川大橋 鷺のコロニー 愛媛県西条市小松町

 アオサギ(青鷺)
アオサギ(青鷺) 中山川大橋 鷺のコロニー 愛媛県西条市小松町 2009年3月15日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


      ●私が撮った「アオサギ(青鷺)」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●民間療法
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E9%96%93%E7%99%82%E6%B3%95

民間療法(みんかんりょうほう、英: Home remedy ) とは、古くから民間で見出され伝承されてきた方法によって行う治療法のことである[1]。

民間療法の一部は、様々な観点から代替医療の一部と見られることがある。これについては代替医療の項目を参照のこと。

概要

民間療法は、主に経験則に基づいた医療(もしくは医療の類似行為)である。

伝染病や負傷などの各種疾病や特定の症状や負傷に対応したものもあれば、慢性疾患や更年期障害に対するものも存在している。

治療効果の程はまちまちである。よく効くものもある。あまり効かないものもある。反対に健康被害を招くものもある。


歴史
民俗学的分類

日本の民間療法を民俗学の観点から見た場合、古代には巫医・僧医など医学知識を有した宗教者が医療行為を行っており(弓削道鏡が孝謙上皇の治療を行ってその寵愛を受けた故事は彼が僧医としての性格を有していたことを示す)、

民俗学の観点からは、次の4種類の要素に分類可能である(ただし、実際には複数の要素にまたがるものも多い)。また、中には梅干を毎食食べると健康が増進するとか、臍に貼ると船酔い・車酔いに効くといったように予防保健思想を含むものもある。

今日でも「無病息災」を神社仏閣に祈るという形で信仰と医療との結びつきの残滓が残されている。

物理的療法
摩擦・圧迫・刺激・加熱・加湿・冷却など、物理的な力や温熱冷熱によるもので、薬物的療法(風邪や喉の痛みに生姜をおろしたものを服用したり布に伸ばして当てる)や信仰的療法・呪術的療法(神社・仏閣の湧水で目などの患部を洗ったり、灸治に適切な日が存在すること)など組み合わせて行われる場合もある。
発熱を感じたら患部を冷やす、傷口から血が出ているのに気づいたら傷口を押さえたり舌でなめる、体内に違和感を持ったらその付近を擦ったり揉んだりするなどの行為も物理的療法の初期的な段階と言える。また、鍼灸をはじめ、温泉・サウナを含めた風呂などへの入浴行為やしゃっくりの時に息をせずに冷水を一気に飲むという慣習もその一種であると言える。

瀉血もこの範疇に入ると思われるも、実際、有効な場合も、根拠がない場合もある。

詳細は「瀉血」を参照

薬物的療法
いわゆる草根木皮の類を用いていわゆる「民間薬」を服用することで、現代において未だに科学的な薬効の成分・原理が明らかにされていない場合でも、現実に効力の存在を認めざるを得ない事例もある。なお、古い時代の民間薬に下剤が多いのは、刺絡などと同じように体内の邪悪なものを病気ごと対外に排出しようとする古い医学観の表れと考えられている。
胃痛に熊の胆やセンブリを煎汁(煎じたもの)を用いたり、下痢や消化不良にゲンノショウコの煎汁を用いたり、漆かぶれにサワガニを潰した汁をつける、蜂刺されに小便や里芋の葉の汁を塗る等というものである。また、夏バテに鰻を食べたり、スッポンの血を飲むという慣習もその一種であると言える。

信仰的療法
神社・仏閣に赴いて祈願したり、加持祈祷や百度参りを行うもので、特定の病気などに対する霊験が伝えられる神社・仏閣及び関連する事物の存在(地蔵尊)などが知られ、巣鴨のとげぬき地蔵のように観光名所となっている場所もある。また、古くは銭湯や温泉に神仏が祀られている例もあった。

呪術的療法
接触あるいは類似物を用いることで傷病を治癒させようというものである。脳病に猿の脳の黒焼きを飲む、肺結核に石油を飲む、イボをとるのに石の穴に溜った水をつけると石のくぼみとイボが相殺されて治癒する、ものもらいに藁の芯を目の前で結んで燃やす、喉に刺した魚の骨を除くのに魚網を頭から被る、紙の人形(ひとがた)で身をなでて穢れを移して川に流すと病などの災厄から避けられるなどが知られる。これらには科学的根拠が無いものが多いが、前述のようにシャーマンや祈祷師が巫医としての活動は長い歴史を有している。また、律令制の典薬寮においても医学的な治療を行う部門と並んで道教医療の一貫である呪禁を専門に扱う部署が存在していた。なお、今日においても風邪を他人にうつせば治癒するという慣習も風邪という形で露出した穢れを他者に移すという呪術的な意味を含んでいると考えられている。

民間療法の具体例

様々な物が存在するが、代表的なものは高齢者が普遍的に知っている物が多い。
口内炎

詳細は「口内炎」を参照

口内炎には梅干の果肉を貼り付ける。梅干には殺菌効果のあるクエン酸が多く含まれるため、口内炎の原因となっている細菌を殺す効果が期待できる。[2]
水虫

詳細は「水虫」を参照

足に湯を掛けてよく洗い、その後日光に当てて良く乾かす。患部を清潔にして直射日光に晒しながら乾燥させる事は、皮膚表面の軽度な水虫治療には効果があるとされる。ただし、ひび割れたり血が滲むような程に悪化している場合はこの方法での治療はまず不可能である。白癬菌の感染は皮膚の新陳代謝よりも早いため、感染後によく洗って清潔に保っても治癒することは無く、専用の抗真菌薬でなければ治らない。

爪水虫では患部へ薬液が浸透しにくいため民間療法でも市販薬でも治療は極めて難しいとされている。通常医療の専門医を受診した場合は一般的には経口抗真菌剤を中心とした治療が行われる。

足ごと食酢につけるという方法もあるが、逆に酢酸によって足の皮膚がただれることがあるため勧められない。
口角炎

詳細は「口角炎」を参照

口角炎は、カンジタ菌の日和見感染でおこるが、民間療法も多い。例えば殺菌作用が期待されティーツリーから精製される油が用いられたり、保湿効果からアロエベラ、あるいは単純に皮膚の保湿効果を求めてワセリンやオリーブオイルや無塩バターが唇に塗布される。一般にはメンソレータムをはじめとするリップスティック型の軟膏も広く流通しているため、これらも利用される。

なおビタミンB群の不足で起こることも良く知られているため、これらを効果的に摂取できる食品を食べることも行われる。ただ軽度であればこれら民間療法や民間薬ないし一般用医薬品でも症状の軽減や治癒が期待できるものの、症状が重い場合では病院で処方される内服薬(処方せん医薬品)のほうが効果的である[3]。
痛風

詳細は「痛風」を参照

痛風は関節に尿酸結晶が蓄積する事で発生し得るが、水分を多く取る事で、症状の軽減が図れる事が知られている。また治療効果を期待して、利尿効果のある喫茶が盛んに奨励された。なお喫茶も度が過ぎれば症状の悪化を招いたり、別の意味で健康を害する可能性があるので、今日では注意が必要とされている。

水分を多く取るとよいというのは、尿酸が尿からしか排泄されないためである。ただし、痛風患者には、体内で尿酸が過剰に生成されるタイプと、排泄がままならないタイプとに分かれる。病院で最初に血液検査と尿検査をするのは、そのタイプを見極めるためである。したがって、無闇に飲めばいいというものでもない。なお、水分はアルカリ性のものだと尿酸が溶けやすくなり、排出しやすくなるといわれる。近年、アルカリ性の温泉水が痛風患者に人気なのはそのためであるが、そもそも飲泉は万病に効く民間療法の王道である。
虫刺され・毒蛇の対処

詳細は「虫刺され」を参照

詳細は「ヘビ毒」を参照

虫(蜂など)に刺された場合に、毒の中和のためアンモニアが含まれている尿を掛けると治るという話があるが、これはまったくの迷信である。排泄直後の尿にはほんの微量のアンモニアしか含まれておらず、アンモニアにも中和作用はない。虫刺されの場合は、刺さった針などを取り除いて流水で洗うなどして患部を清潔に保つべきだとされているが、山登りの最中では水が手に入りにくい事から、応急的に健康であれば無菌(もしくは、アンモニアが含まれている)である筈の尿で患部を洗った(中和した)という逸話があるものの、尿そのものには全く治療効果は無い。場合によっては患部を汚すだけなので避けるべきだとすら言われている。虫に刺された時は針を取り除いて水で患部を洗い清潔に保ち、軟膏を塗布せばよい、とされる。

なお毒虫や毒蛇に刺されたり噛まれた際に、古くから言われている口を使って毒を吸い出すという物もあるが、口内菌で傷口が汚染されるだけではなく、誤って毒を飲んでしまったり、口粘膜から速やかに毒が吸収される可能性もあるため、この方法は危険である。
クラゲ

詳細は「クラゲ」を参照

クラゲの場合は、危険な毒をもつ物は、皮膚表面に刺胞と呼ばれる毒の詰まった組織片が残っている場合がある。古くは酢やアンモニアで毒を中和できるとか、水道の水でよく洗うべきだと言われていたが、今日では、これらは清潔な海水でよく洗い流して、患部を冷やしながら病院に行く事が勧められている。酢やアンモニアは、刺したクラゲの種類によっては効果が無かったり、逆に刺胞を刺激して、余計に毒液注入を促す危険性がある。
凍傷

詳細は「凍傷」を参照

軽度の凍傷や凍瘡であれば、氷や雪で患部をマッサージすることで改善が促進される。大陸中央部で古くから使われている。理論的には血管交感神経麻痺による局所充血での循環障害を軽減させるものと考えられる。方法としては、氷塊の場合、滑らかな面で優しく患部をマッサージする。強く擦ると皮膚を損傷する恐れがある。雪は水分の少ない軟らかなパウダースノーで行なう。可能ならば速やかに医師の受診を受ける。中重度の凍傷は、治療が遅れると部分壊死など人体に対する致命的な損傷を与える場合がある。
突き指

詳細は「突き指」を参照

突き指をしたとき、その指を強く引っ張れば即座に完治する、といわれているのは全くの迷信である。指を引っ張ることによって脱臼や神経破断の危険がある。

また田舎ではマムシの焼酎漬けが効くとの言い伝えがあり、傷をつけずに捕獲したマムシの毒を抜いて焼酎に漬けたものが常備されている家もある。
脚注

^ 広辞苑
^ 現代の通常医療には抗生物質やステロイド外用薬がある
^ http://www.angular-cheilitis-center.com/angular-cheilitis-do-home-remedies-really-work.htm

出典

山下 弘『漢法薬と民間療法』金園社、1963、ASIN B000JAIWCO
柿崎 泰賢『漢方薬と民間療法―病気と症状別』有紀書房、1966、ASIN B000JAA4P2

上野勇『関東の民間療法』明玄書房、1976、ASIN B000J9ER8S
佐々木哲哉『九州・沖縄の民間療法』明玄書房、1976、ASIN B000J9FEFI
杉原丈夫『中部の民間療法』明玄書房、1976、ASIN B000J9F0Y8
坂田 友宏『中国・四国の民間療法』明玄書房、1977、ASIN B000J8XBH2
倉田 正邦『近畿の民間療法』明玄書房、1977、ASIN B000J8XBK4
渋谷道夫『北海道・東北の民間療法』明玄書房、1977、ASIN B000J8XBEU

波平 恵美子『病気と治療の文化人類学』海鳴社、1984、ASIN B000J78H72
帝国女子医学薬学専門学校『日本民間薬草集覧―にっぽんの民間療法の原点』かのう書房、1985、ASIN B000J6QPEK

蛸島直「民間医療」(『日本民俗宗教辞典』(東京堂出版、1998年) ISBN 978-4-490-10481-3)
細川いづみ「民間療法」(『国史大辞典 13』(吉川弘文館、1992年) ISBN 978-4-642-00513-5)
新村拓「民間療法」/吉岡信「民間薬」(『日本民俗大辞典 下』(吉川弘文館、2000年) ISBN 978-4-642-01333-8)
千葉徳爾「民間療法」(『日本史大事典 6』(平凡社、1994年) ISBN 978-4-582-13106-2)

関連項目

民間薬
薬草 - 漢方
野菜 - 薬膳
民間医療
代替医療
シャーマニズム
呪術医
朝鮮の民間療法
伝統医学
卵酒
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




 矢野寛一郎氏が撮影した、2003年10月18日の新居浜太鼓祭りでの大江太鼓台です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を、ほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年4月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 高尾神社祭り2013 上之川屋台
   (2) あおさぎ
   (3) 新居浜太鼓祭り2003
   (4) 石鎚
----------------------------------------------------------------------------------------

大江太鼓台 新居浜太鼓祭り2003 愛媛県新居浜市 矢野寛一郎氏撮影

 大江太鼓台
大江太鼓台 新居浜太鼓祭り2003 愛媛県新居浜市 矢野寛一郎氏撮影 2003年10月18日


大江太鼓台 新居浜太鼓祭り2003 愛媛県新居浜市 矢野寛一郎氏撮影

 大江太鼓台
大江太鼓台 新居浜太鼓祭り2003 愛媛県新居浜市 矢野寛一郎氏撮影 2003年10月18日


大江太鼓台 新居浜太鼓祭り2003 愛媛県新居浜市 矢野寛一郎氏撮影

 大江太鼓台
大江太鼓台 新居浜太鼓祭り2003 愛媛県新居浜市 矢野寛一郎氏撮影 2003年10月18日


-----------------------------------------------
矢野寛一郎氏
 矢野寛一郎氏
 アコーディオン・写真などを趣味にされ
 2012年にご逝去されました。
 写真は奥さんのご了解でアップさせていただきました。
-----------------------------------------------


      ●「矢野寛一郎氏撮影の祭り写真」はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市岸陰から見た石鎚山です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年4月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 高尾神社祭り2013 上之川屋台
   (2) あおさぎ
   (3) 新居浜太鼓祭り2003
   (4) 石鎚
----------------------------------------------------------------------------------------

石鎚山 愛媛県 西条市岸陰より

西条市岸陰から見た石鎚山
石鎚山 愛媛県 西条市岸陰より 2013年2月22日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


   ●私が撮った「石鎚山」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●荒神橋事件
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E7%A5%9E%E6%A9%8B%E4%BA%8B%E4%BB%B6

荒神橋事件(こうじんばしじけん)は、1953年11月11日、立命館大学広小路キャンパスでの集会に合流しようとした京都大学の学生デモ隊と警官隊が京都市内の荒神橋上で衝突した事件である。

概要
学園復興会議と「わだつみ像」

1953年、日本国内の大学は戦争による被害から未だ立ち直っておらず、朝鮮戦争や再軍備にともなう財政切りつめにより貧弱な教学環境を強いられていた。またレッドパージなどを通じた国家の介入により大学自治も大きく制約を受けていた。この年、全学連中央委員会は、「教授、職員学生の団結によって明るい学園を復興しよう」をスローガンとした「学園復興会議」を京都の3大学を会場に5日間の予定で開催することを決定した。

会場となった3大学は京都・同志社・立命館各大学であったが、このうち京都大学では会場に予定されていた法経一番教室の使用を大学当局(服部峻治郎学長)が認めようとせず、警官隊導入により抗議する学生を排除するなどしていたため当局と学生自治会である同学会(1951年の京大天皇事件の結果解散をよぎなくされ、この年の初夏、学生による全学投票を経て再建されたばかりであった)との間には険悪な雰囲気が漂っていた。復興会議は11月8日、同志社大学明徳館を会場として第1日目が開催され、全国から相当数の学生が集まった。

同時期にはまた、戦没学生記念のために製作されたにもかかわらず受け入れ先が決まっていなかった「わだつみ像」(当初東大での建立が予定されていたが東大当局の拒否により実現しなかった)が、末川博総長などの尽力によりようやく立命大に受け入れられこの地に建立されることが決まっていた。
事件の発生

復興会議の第4日目である11月11日、わだつみ像は立命大に到着し、当日市内では像を先頭に押し立てた「歓迎デモ」が行われていた。同じ日、京大の学生たちは会場使用を拒否した大学への抗議行動を終えたのち、わだつみ像歓迎のデモ、および立命大(当時のキャンパスは鴨川対岸(西岸)の広小路に所在)で開催中の復興会議に参加するため、約100名がデモ隊列を組んで近衛通を経由し鴨川にかかる荒神橋を渡ろうとした。

しかし京都市警はこれを「不法デモ」とみなし午後4時45分頃デモ隊の渡橋を阻止したため、学生ともみ合いになり橋の南側欄干(当時は木製)が倒れた。これにより身動きのとれなくなっていた最前列の学生15名が浅瀬に落下、うち7名が頭蓋骨折を含む重軽傷を負った。
市警本部での抗議行動と弾圧

他の学生は立命大での会議に参加したが、会議は市警当局に対する抗議集会に切り替えられ、市警本部に対する抗議デモが決議された。600名にのぼるデモ隊は夜9時頃市警本部に向かい玄関前で抗議集会を開始したが催涙弾などで強制排除され、10時過ぎに再び集合して抗議団を編成、市警本部長に面会を要求しようとした。しかしここで警官隊200名余りが警告抜きに学生たちに襲いかかり、学生側は後頭部を割られるなど重軽傷者70名を出した。
学生の処分

京大当局も学生の抗議行動に対し強硬な態度で臨んだ。11月17日には本部棟(時計台)で抗議の座り込みを行った学生に対し、警官隊を導入して排除した。また同学会による無期限ストライキが決議されると、大学当局は無期限ストは学長の告示に違反するとして12月1日には同学会および吉田分校(教養部)自治会の役員6名に無期停学などの処分を下した。最も重い処分となったのは、同学会中央執行委員として学園復興会議の開催に奔走していた(しかし荒神橋でのデモ自体には関与していなかったとされる)文学部生の松浦玲(のちの日本近代史家)で、退学より重い放学処分となった(のち立命館大学文学部に再入学し卒業した)。
関連文献

岩井忠熊・藤谷俊雄(監修) 『戦後京都のあゆみ』 かもがわ出版、1988年 ISBN 4906247423
京都大学百年史編集委員会 『京都大学百年史:総説編』 京都大学後援会、1998年
同 『京都大学百年史:資料編2』 京都大学後援会、2000年

当時の新聞記事、学生処分に関する大学告示などを収録。

外部リンク

法政大学大原社研『日本労働年鑑 第27集 1955年版』1953年の全学連の学園復興会議、全日本女子学生大会
高橋哲郎 自分史 第5章
 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真




 愛媛県西条市市塚新街の民家で撮らせていただいたギョリュウバイ(御柳梅)です。


ギョリュウバイ 愛媛県 西条市 4月の花

ギョリュウバイ 愛媛県 西条市 市塚新街 4月の花 2013年4月30日
NIKON D7000 + Nikon AF MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8 D


■ギョリュウバイ(御柳梅)
ギョリュウバイの開花時期 11~5月
ギョリュウバイの誕生花 1月 27日
ギョリュウバイの花言葉 勇ましさ、繊細な美しさ

ギョリュウバイの花名 御柳梅
ギョリュウバイの科名 フトモモ
ギョリュウバイの属名 ネズモドキ
ギョリュウバイの学名 Leptospermum scoparium
ギョリュウバイの分布 原産地 ニュージーランドやオーストラリア・タスマニア地方


ギョリュウバイ 愛媛県 西条市 4月の花

ギョリュウバイ 愛媛県 西条市 市塚新街 4月の花 2013年4月30日
NIKON D7000 + Nikon AF MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8 D


 ギョリュウバイの花径は1~2センチで、5弁花。雄しべは5本で、花の色は赤、ピンク、白など、一重咲きと八重咲きがあります。


ギョリュウバイ 愛媛県 西条市 4月の花

ギョリュウバイ 愛媛県 西条市 市塚新街 4月の花 2013年4月30日
NIKON D7000 + Nikon AF MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8 D


ギョリュウバイ 愛媛県 西条市 4月の花

ギョリュウバイ 愛媛県 西条市 市塚新街 4月の花 2013年4月30日
NIKON D7000 + Nikon AF MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8 D


      ●私が撮った「4月の花・植物」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真




 2012年10月16日、伊曽乃神社祭礼お旅所での日明だんじり(屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を、ほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年4月29日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 お旅所 日明屋台
   (2) あおさぎ
   (3) 船屋太鼓台 飯積神社祭礼2003
   (4) 川
----------------------------------------------------------------------------------------

お旅所 日明だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼お旅所での日明だんじり(屋台・楽車)
お旅所 日明だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


お旅所 日明だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼お旅所での日明だんじり(屋台・楽車)
お旅所 日明だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


お旅所 日明だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼お旅所での日明だんじり(屋台・楽車)
お旅所 日明だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


お旅所 日明だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼お旅所での日明だんじり(屋台・楽車)
お旅所 日明だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


お旅所 日明だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼お旅所での日明だんじり(屋台・楽車)
お旅所 日明だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


お旅所 日明だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市

 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼お旅所での日明だんじり(屋台・楽車)
お旅所 日明だんじり(屋台・楽車) 西条祭り2012 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「2012 伊曽乃神社祭礼御旅所」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2012年の秋祭りを掲載していく予定です。
       今年は多忙で、市外の祭りにはほとんど行けませんでした(涙)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月17日) 渦井川原かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、玉津 
        後夜祭(駅前・御殿前・まるよし)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、まるなか、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        石岡神社渡御行列・宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、ポッポ橋落成、原之前荒神祭
        伊曽乃神社前夜祭西条駅・フジグラン西条
      ●(10月13日) 氷見前夜祭
      ●(10月 8日) 小松常盤祭
      ●(10月 7日) 禎瑞嘉母神社宮だし、弁天祭り、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)、橘新宮祭、御所神社祭
        岸陰・北之町上組屋台蔵落成
      ●(10月 6日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 5日) 東予前夜祭
      ●(9月30日) 山王祭

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

● 大物主
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%89%A9%E4%B8%BB

大物主(おおものぬし、大物主大神)は、日本神話に登場する神。大神神社の祭神、倭大物主櫛甕魂命(ヤマトオオモノヌシクシミカタマノミコト)。『出雲国造神賀詞』では大物主櫛甕玉という。大穴持(大国主神)の和魂(にきみたま)であるとする。別名 三輪明神。
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市小松町の中山川大橋付近のサギのコロニーのアオサギ(青鷺)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年4月29日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 お旅所 日明屋台
   (2) あおさぎ
   (3) 船屋太鼓台 飯積神社祭礼2003
   (4) 川
----------------------------------------------------------------------------------------

アオサギ(青鷺) 中山川大橋 鷺のコロニー 愛媛県西条市小松町

 アオサギ(青鷺)
アオサギ(青鷺) 中山川大橋 鷺のコロニー 愛媛県西条市小松町 2009年3月15日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


      ●私が撮った「アオサギ(青鷺)」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●伝承
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E9%96%93%E4%BC%9D%E6%89%BF

伝承(でんしょう、英: folklore、仏: tradition populaire)は、ある集団のなかで古くからある慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識などを受け継いで後世に伝えていくこと、もしくは、そのように伝えられた事柄や物を指す。歴史学や民俗学にとって、重要な資料となる。

伝承、民間伝承、伝統

「伝承」は、英語のfolklore、フランス語のtradition populaireにあたる言葉で、庶民(柳田國男のいう常民)のあいだでみられる知識や技術の継承および後世への伝達を意味している。古くは「俚伝」とも訳され、「民俗」の語も同じ意味で用いられる。

「民間伝承」という語もよく用いられ、流布しているが、「民間」という語は、日本においては長らく官界に対するものとして用いられることが多いので、本来はfolkの訳語としては必ずしも適切ではない。

サクソン語形の複合語であるフォークロア(folk-lore )の語は、イギリスの古代学者ウィリアム・ジョン・トムス(William John Thoms)が1846年に雑誌「アシニーアム」のなかで民間古事(庶民につたわるしきたりや習わし、行事)と民間文芸(庶民に伝わる口承文学、言い伝え)などの両者をフォークロアの語のもとに包括しようと提議したことに始まるとされ、そののち欧米各国も採用するところとなったが、ドイツのみは当初からフォルクスクンデ(Volkskunde)の語を用いてきた。

フランスやイタリアではtradition populaireという語もあるが、フォークロアそのままを用いることが多い。トラディシオンtradition という語はフランスでは政治的な意味合いで受け取られることが多く、研究というよりは政治的・心情的な態度をあらわすので使用を避ける傾向がある[1]。日本においても、民俗学におけるトラディシオンを「伝承」と訳して「伝統」とはあまり訳さないのも同じ理由によっている。「伝統」と呼称した場合、中立的な観点が阻害されることがしばしばありうるからである。

しかし今日、その一方で「民間療法」、「民間信仰」、「民間芸能」・「伝統芸能」・「民俗芸能」、「伝統行事」・「民俗行事」などの用語と混用する傾向も顕著である。
伝承の種類
行為伝承と口頭伝承

民俗行事や芸能など、その行為が伝承されていくことを行為伝承というのに対し、神話や叙事詩、伝説、民俗語彙など口頭で伝承されるものを口頭伝承もしくは口承といい、また、口碑と呼ぶことも多い。なお、古民家のことを伝承家屋と呼ぶこともある。
さまざまな伝承

それぞれの伝承は複合的な性格を有するので、単純に分類することはできない。以下の分類例はあくまでも便宜的なものである。

社会伝承…ムラのしくみや家族・親族に関する伝承。通過儀礼など人の一生に関する伝承
生活伝承・・・衣食住、生産や生業、交通・交易、歳時習俗などの伝承
信仰伝承…祭りや講など。
文化伝承…芸能、民間療法と俗信、口頭伝承(口承)、方言・民俗語彙

脚注
[ヘルプ]

^ 『民俗学辞典』(1951)

関連項目

フォークロア
民俗学
民俗採集
民俗資料
民俗資料の分類
伝統
伝承者
説話・伝承学会
おとぎ話
怪談
都市伝説
神話
風習
伝説
民謡

参考文献

柳田国男監修、(財)民俗学研究所編『民俗学辞典』東京堂出版、1951.1、ISBN 4-490-10001-9
祝宮静『民俗資料入門』岩崎美術社、1971.9
西垣晴次『民俗資料調査整理の実務』柏書房<地方史マニュアル7>、1975.9

外部リンク

民俗学の古本屋古書わらべ
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




 矢野寛一郎氏が撮影した、2003年10月18日の船屋太鼓台の慰問運行の様子のその2です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を、ほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年4月29日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 お旅所 日明屋台
   (2) あおさぎ
   (3) 船屋太鼓台 飯積神社祭礼2003
   (4) 川
----------------------------------------------------------------------------------------

船屋太鼓台 慰問運行 飯積神社祭礼2003 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影

 船屋太鼓台の慰問運行
船屋太鼓台 慰問運行 飯積神社祭礼2003 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影 2003年10月18日


船屋太鼓台 慰問運行 飯積神社祭礼2003 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影

 船屋太鼓台の慰問運行
船屋太鼓台 慰問運行 飯積神社祭礼2003 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影 2003年10月18日


船屋太鼓台 慰問運行 飯積神社祭礼2003 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影

 船屋太鼓台の慰問運行
船屋太鼓台 慰問運行 飯積神社祭礼2003 愛媛県西条市 矢野寛一郎氏撮影 2003年10月18日


-----------------------------------------------
矢野寛一郎氏
 矢野寛一郎氏
 アコーディオン・写真などを趣味にされ
 2012年にご逝去されました。
 写真は奥さんのご了解でアップさせていただきました。
-----------------------------------------------


      ●「矢野寛一郎氏撮影の祭り写真」はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市禎瑞下組の乙女川(おとめがわ)付近の夕景です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年4月29日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 お旅所 日明屋台
   (2) あおさぎ
   (3) 船屋太鼓台 飯積神社祭礼2003
   (4) 川
----------------------------------------------------------------------------------------

乙女川 西条市 禎瑞下組

 乙女川と木立
乙女川 西条市 禎瑞下組 2013年4月26日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


乙女川 西条市 禎瑞下組

 乙女川と水田
乙女川 西条市 禎瑞下組 2013年4月26日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


乙女川 西条市 禎瑞下組

 乙女川
乙女川 西条市 禎瑞下組 2013年4月26日


乙女川 西条市 禎瑞下組

 乙女川と水田
乙女川 西条市 禎瑞下組 2013年4月26日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


乙女川 西条市 禎瑞下組

 乙女川の夕景
乙女川 西条市 禎瑞下組 2013年4月26日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


乙女川 西条市 禎瑞下組

 乙女川と水田
乙女川 西条市 禎瑞下組 2013年4月26日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「川・湖・橋」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●伝統
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9D%E7%B5%B1

伝統(でんとう、英: tradition)とは、人間の行動、発言、思考及び慣習に見出される歴史的存在感を総称していう。または、人間の生存・生活の中に長い歴史を通して表される種々の慣習や形式、価値観を総体的に指し、狭義には、個々の集団が個別に有する慣習、形式、価値観を指す。

伝統はまた、それまでの歴史の中で形成されて来た種々の形態の中から、特に重んじて次世代に継承すべきものに対する精神的な立場を指す。

主に伝統の主体となる範囲

国家
地域
家族
民族


国家を主体とする伝統

国家を主体とする伝統とは、歴史の中で国家が取って来た統治体制や経済体制(君主制、貴族制、共和制、民主制、権威主義、自由主義資本経済、コーポラティズム、共産主義、社会主義など)を指し、時の権力者や民意によってその主義は受け継がれ、また変容していく[1]。
地域を主体とする伝統

地域を主体とする伝統とは、地域毎の習慣・信仰・祭事・生活様式等に引き継がれる形態を指す。近年の日本では、地方の都市化・過疎化問題から、地域における伝統の衰退を危惧する声が出ている。地域の伝統を重んじる立場から、行政の主体を広域化する市町村合併や道州制に反対する声もある。
家族を主体とする伝統

家族を主体とする伝統とは、狭義では、ある血縁集団における、種々の形態の次世代への継承を指すが、家族制もしくは氏族制の元で、特定の家族が覇権統治の主体となる伝統を持つ集団もあり、主たる家族の伝統が、一族の外部に強い影響を及ぼす事例がある[2]。
民族を主体とする伝統

民族を主体とする伝統とは、民族生活の種々の形態(言語・習慣・制度・信仰)の総称を指す。
神を主体とする伝統

神を主体とする伝統とは、人間の生存上に必要な理性や宿命の理解への拠り所として、または、人類や地球の起源を司る存在として、「神」を精神的に崇める立場やその信仰の形態が、歴史の中で形成されつつ次世代に伝承されて行く、その一連の歴史的な形態を指す。古来、人類の歴史には、世界各地に於いて、神を主体とする伝統によって形成された、種々の伝統文化や生活様式があるが、それらは、経済主義社会の台頭や過剰開発による破壊を受け、地域主体の伝統・文化の衰退と共に、その存続が危惧されている面もある。一方、神の伝承が政治権力によって利用されて来た歴史もある。その代表的な事例として、主に第二次世界大戦以前の日本に於ける「現人神」としての天皇制や、『王権神授説』(ジョン・ロック)における君主制の伝統への言及等がある。
脚注

^ 自由主義資本経済に言及した言論として代表的なのはマックス・ヴェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』である
^ 現代において、特定の家族が長期にわたり国家を統治している事例として、サウジアラビアを統治するサウード家がある。

参考文献

西部邁 「第7章 平衡、伝統そしてルール」『知性の構造』 角川春樹事務所〈ハルキ文庫〉、2002年。ISBN 9784758430142。
西部邁 「42 伝統 それは慣習と峻別されるべきである」『学問』 講談社、2004年、145-147頁。ISBN 4-06-212369-X。

関連項目
ウィクショナリーに伝統の項目があります。

伝統芸能
伝統に訴える論証
文化
文化人類学
保守思想
 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真




 愛媛県西条市古川の御所神社遷座記念奉祝祭での花園町だんじり(屋台・楽車)のその2です。

----------------------------------------------------------------------------------------
お祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を、ほぼ交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年4月28日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 御所神社遷座記念 花園町屋台
   (2) あおさぎ
   (3) 御所神社遷座記念 古川子供屋台
   (4) あおのり漁
----------------------------------------------------------------------------------------

花園町だんじり(屋台・楽車)その2 御所神社遷座記念奉祝祭 愛媛県西条市古川

 さし上げ
花園町だんじり(屋台・楽車)その2 御所神社遷座記念奉祝祭 愛媛県西条市古川 2013年4月14日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


花園町だんじり(屋台・楽車)その2 御所神社遷座記念奉祝祭 愛媛県西条市古川

花園町だんじり(屋台・楽車)その2 御所神社遷座記念奉祝祭 愛媛県西条市古川 2013年4月14日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


花園町だんじり(屋台・楽車)その2 御所神社遷座記念奉祝祭 愛媛県西条市古川

 さし上げ
花園町だんじり(屋台・楽車)その2 御所神社遷座記念奉祝祭 愛媛県西条市古川 2013年4月14日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


花園町だんじり(屋台・楽車)その2 御所神社遷座記念奉祝祭 愛媛県西条市古川

花園町だんじり(屋台・楽車)その2 御所神社遷座記念奉祝祭 愛媛県西条市古川 2013年4月14日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「2013 西条祭り関係」の写真はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2013 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.