2012年10月7日、 愛媛県西条市福武の加茂神社例祭(福武祭り)での西之川原だんじり(西の川原屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年8月31日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 加茂神社祭 西之川原屋台
   (2) かもめ
   (3) 石岡神社祭2012 宮入り 末長屋台
   (4) 海岸
   (5) 西条祭り2012 加茂神社祭 錦町屋台
----------------------------------------------------------------------------------------

西之川原屋台(西の川原だんじり・楽車) 加茂神社例祭(福武祭り) 愛媛県西条市福武 西条祭り2012

 加茂神社例祭(福武祭り)での西之川原だんじり(西の川原屋台・楽車)
西之川原屋台(西の川原だんじり・楽車) 加茂神社例祭(福武祭り) 愛媛県西条市福武 西条祭り2012 2012年10月7日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西之川原屋台(西の川原だんじり・楽車) 加茂神社例祭(福武祭り) 愛媛県西条市福武 西条祭り2012

 加茂神社例祭(福武祭り)での西之川原だんじり(西の川原屋台・楽車)
西之川原屋台(西の川原だんじり・楽車) 加茂神社例祭(福武祭り) 愛媛県西条市福武 西条祭り2012 2012年10月7日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西之川原屋台(西の川原だんじり・楽車) 加茂神社例祭(福武祭り) 愛媛県西条市福武 西条祭り2012

 加茂神社例祭(福武祭り)での西之川原だんじり(西の川原屋台・楽車)
西之川原屋台(西の川原だんじり・楽車) 加茂神社例祭(福武祭り) 愛媛県西条市福武 西条祭り2012 2012年10月7日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西之川原屋台(西の川原だんじり・楽車) 加茂神社例祭(福武祭り) 愛媛県西条市福武 西条祭り2012

 加茂神社例祭(福武祭り)での西之川原だんじり(西の川原屋台・楽車)
西之川原屋台(西の川原だんじり・楽車) 加茂神社例祭(福武祭り) 愛媛県西条市福武 西条祭り2012 2012年10月7日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


西之川原屋台(西の川原だんじり・楽車) 加茂神社例祭(福武祭り) 愛媛県西条市福武 西条祭り2012

 加茂神社例祭(福武祭り)での西之川原だんじり(西の川原屋台・楽車)
西之川原屋台(西の川原だんじり・楽車) 加茂神社例祭(福武祭り) 愛媛県西条市福武 西条祭り2012 2012年10月7日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「2012 西条祭り関係」の写真はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

● 割れしのぶ
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B2%E3%82%8C%E3%81%97%E3%81%AE%E3%81%B6

割れしのぶ(われしのぶ)とは、京都で現在も活躍する女性芸能者の舞妓が結う髪型。 京都の嶋原太夫の髷にも、全く同じものがある。

店出しから1~2年の年少の舞妓が結う髷で、「ありまち鹿の子」と呼ばれる手絡や「鹿の子留め」や「花簪」と呼ばれる簪など特殊な髪飾りが多用される華やかで愛らしい髪型。

前髪を高く結い上げて布紐で結わえ、ふっくらと自然に鬢を張り出してつとは出さず襟足を美しく見せる。「ありまち鹿の子」を丸く芯にして左右対称に髪を巻きつけて納め、髷を作る。(この髷の上下が開いて鹿の子が見えることから「割れしのぶ」と呼ばれる。)「鹿の子留め」をさして手絡を止め、簪を飾って完成。

季節の花をかたどった大きな花簪が特徴的でそのほか「びら簪(びら止めも)」「玉簪」「根挿し」などが飾られる。
外部リンク

1927年撮影の割れしのぶを結う舞妓 スミソニアン博物館
 
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市北浜南の西条漁港のカモメ(鴎)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年8月31日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 加茂神社祭 西之川原屋台
   (2) かもめ
   (3) 石岡神社祭2012 宮入り 末長屋台
   (4) 海岸
   (5) 西条祭り2012 加茂神社祭 錦町屋台
----------------------------------------------------------------------------------------

西条漁港 カモメ(鴎) 愛媛県 西条市北浜南

 西条漁港のカモメ(鴎)
西条漁港 カモメ(鴎) 愛媛県 西条市北浜南 2007年12月30日
NIKON D80 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


      ●私が撮った「カモメ(鴎)」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

● 吉井勇
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E4%BA%95%E5%8B%87

吉井 勇(よしい いさむ、明治19年(1886年)10月8日 - 昭和35年(1960年)11月19日)は、大正・昭和期の歌人、脚本家である。爵位は伯爵。

人物
生い立ち

維新の功により伯爵となった旧薩摩藩士・吉井友実を祖父、海軍軍人で貴族院議員も務めた吉井幸蔵を父に、東京芝区に生まれた。

幼少期を鎌倉材木座の別荘で過ごし、鎌倉師範学校付属小学校に通う。1900年4月に東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)に入学するが、落第したため日本中学(現在の日本学園中学校・高等学校)に転校した。漢学塾へ通い、『十八史略』『文章規範』などを習う。この頃『海国少年』に短歌を投稿して1位となった。

1905年に攻玉社を卒業後には胸膜炎(肋膜炎)を患って入院するが、鎌倉の別荘へ転地療養した際に歌作を励み、『新詩社』の同人となって『明星』に次々と歌を発表。北原白秋とともに新進歌人として注目されるが、翌年に脱退する。

1908年、早稲田大学文学部高等予科に入学する。途中政治経済科に転ずるも中退した。
歌人として
吉井勇歌碑(轟の滝)
吉井勇歌碑(護王寺)

大学を中退した1908年の年末、耽美派の拠点となる「パンの会」を北原白秋、木下杢太郎、石井柏亭らと結成した。

1909年1月、森鴎外を中心とする『スバル』創刊となり、石川啄木、平野万里の三人で交替に編集に当たる。3月に戯曲『午後三時』を『スバル』に発表。坪内逍遥に認められ、続々と戯曲を発表して脚本家としても名をあげる。1910年、第一歌集『酒ほがひ』を刊行。翌年には戯曲集『午後三時』を刊行し、耽美派の歌人・劇作家としての地位を築いた。

1915年11月、歌集『祇園歌集』を新潮社より刊行。装幀は竹久夢二、このころから歌集の刊行が増える。歌風は耽美頽唐であり、赤木桁平から「遊蕩文学」であるとの攻撃を招いた。歌謡曲『ゴンドラの唄」(中山晋平作曲)の作詞を手がけ、大衆の間に広く流行した。1919年11月、里見弴、田中純、久米正雄らと『人間』を創刊。土佐での隠棲生活を経てに京都に移り、歌風も大きく変化していった。
晩年

戦後は谷崎潤一郎、川田順、新村出と親しく、1947年には四人で天皇に会見している。

1948年歌会始選者となり、同年8月、日本芸術院会員。「長生きも芸のうち」と言ったと伝えられている(1954年、8代目桂文楽が文部省芸術祭賞を受賞した時の言葉とされる)。

1960年、肺癌のため京都で死去。墓所は東京・青山の青山霊園にある。
私生活

最初の妻・徳子は、歌人・柳原白蓮の兄である伯爵・柳原義光の次女であった。徳子とは1921年(大正10年)に結婚したが、1933年に発生したスキャンダル、いわゆる「不良華族事件」において徳子が中心人物であることが発覚した。事件は広く世間の耳目を集め徳子と離婚した。離婚後、勇は高知県香美郡の山里に隠棲した。

1937年、国松孝子と再婚。孝子は芸者の母を持つ女性で、浅草仲見世に近い料亭「都」の看板美人と謳われていた。結婚翌年には、2人で京都府へ移住した。勇は、「孝子と結ばれたことは、運命の神様が私を見棄てなかつたためといつてよく、これを転機として私は、ふたたび起つことができたのである」と書いている[1]。

長男の吉井滋は後楽園スタヂアムの支配人を務め、1959年6月25日のプロ野球天覧試合の実現に蔭で尽力したことで知られる。
その他

京都市東山区の祇園・白川沿いには、勇が古希を迎えた1955年11月8日(実際の誕生日からは一月遅れ)に「かにかくに…」の歌碑が建てられている。毎年、祇園甲部の芸舞妓が歌碑に白菊を手向けて勇をしのぶ「かにかくに祭」が行われている。また、高知県香美市香北町の「吉井勇記念館」の他に、蔵書や遺品の一部は京都府立総合資料館にも収められている。
勇の死報に接した馴染みの芸妓が「なんで菊の花になっておしまいやしたんえ」と嘆いた、と谷崎が伝えている。
井原西鶴を愛読、一部作品を現代語訳し、戦前に春秋社「現代語西鶴全集 第7巻」で、戦後は創元社「西鶴好色全集」(全4巻)を出している。
太宰府天満宮本殿裏手にある「お石茶屋」前には勇が詠んだ歌碑がある。
2012年3月、与謝野鉄幹にあてた書簡(1905年8月11日投函)が発見され、短歌58首が記されていた紙の署名「吉井いさむ」が鉄幹の朱によって本名の「勇」と直されていた事実が判明。新詩社発行の「明星」1905年(明治38年)5月号では「吉井いさむ」となっていた筆名が同年9月号では「吉井勇」と変更されているが、与謝野鉄幹が名付け親だったことが明らかになった[2]。

著書

酒ほがひ 昂発行所、1910.9
午後三時 戯曲集 東雲堂、1911.7
水荘記 東雲堂、1912
夜 戯曲 春陽堂、1912(現代文芸叢書:第17編)
恋人 たちばなや、1913
昨日まで 籾山書店、1913
恋愛小品 籾山書店、1913
ねむりぐさ 漫画漫筆 大屋書店、1913
恋慕流し 植竹書院、1915(現代和歌選集叢書:第5篇)
初恋 籾山書店、1915
東京紅燈集 新潮社、1916
俳諧亭句楽 通一舎、1916
黒髪集 千章館、1916
明眸行 天弦堂書房、1916
舞姿 祇園画集 長田幹彦共著 中沢弘光画 阿蘭陀書房、1916
新訳絵入伊勢物語 竹久夢二画 阿蘭陀書房、1917
祇園双紙 新潮社、1917
麻の葉集 平和出版社、1917
髑髏尼 脚本 平和出版社、1917
狂芸人 戯曲 春陽堂、1917
河霧 春陽堂、1918(自然と人生叢書:第3編)
鸚鵡石 歌集 玄文社、1918
草珊瑚 自歌自釈 東雲堂、1918
一代女 西鶴物語 春陽堂、1918
毒うつぎ 南光書院、1918(歌集叢書:第1編)
句楽の話 玄文社、1918
旅情 新潮社、1919
河原蓬 歌集 春陽堂、1920
浮世絵の顔 北野恒富画 新錦絵帖 1の巻 大鐙閣、1920
吉井勇選集 与謝野晶子編 アルス、1921(アルス名歌選:第3篇)
髑髏舞 新潮社、1921(現代脚本叢書:第4編)
生霊 日本評論社出版部、1921
句楽の死 金星堂、1922(金星堂名作叢書:第34)
狂へる恋 新潮社、1922
杯 玄文社、1924
夜の心 プラトン社、1924
暁鐘 四紅社、1925
最後の接吻・劇場入口の半時間・鴎の死骸 春陽堂、1925(ラヂオドラマ叢書)
墨水十二夜 聚芳閣、1926
恋ぐさ 自歌自釈 交蘭社、1926
新釈百人一首夜話 交蘭社、1926
悪の華 宝文館、1927
生ひ立ちの記 歌ものがたり集 不二書房、1928
玉蜻 歌集 交蘭社、1928
鸚鵡杯 歌集 太白社、1930
短歌入門 誠文堂文庫、1932
人間経 歌集 政経書院、1934
娑婆風流 岡倉書房、1935
わびずみの記 政経書院、1936
天彦 歌集 甲鳥書林、1939
洛北随筆 甲鳥書林、1940
風雪 歌集 八雲書林、1940
相聞歌物語 甲鳥書林、1940
遠天 歌集 甲鳥書林、1941
短歌歳時記 臼井書房、1942
雷 歌随筆 天理時報社、1942
朝影 歌集 墨水書房、1943
百日草 桜井書店、1943
歌境心境 湯川弘文社、1943
蓮月 戯曲 大雅堂、1943
玄冬 創元社、1944
京洛史蹟歌 大雅堂、1944
旅塵 桜井書店、1944
寒行 歌集 養徳社、1946
流離抄 創元社、1946
墨宝抄 鎌倉文庫、1947
定本吉井勇歌集 養徳社、1947
不夜庵物語 星林社、1947
市井夜講 新月書房、1947
残夢 創元社、1948
恋愛名歌物語 創元社、1951
蝦蟆鉄拐 中央公論社、1952
吉井勇歌集 1952(新潮文庫)
吉井勇歌集 1952(岩波文庫)
源氏物語 現代語縮訳版 創元社、1952
東京・京都・大阪 よき日古き日 中央公論社、1954 のち平凡社ライブラリー
吉井勇全歌集 中央公論社、1955
形影抄 歌集 甲鳥書林、1956
京の歌ごよみ ダヴィッド社、1957
京都歳時記 修道社、1961
吉井勇全集 全8巻 木俣修編 番町書房、1963-1964
定本吉井勇全集 全9巻 番町書房、1977-1978 のち日本図書センターから復刊

関連書籍

「私の履歴書」 8巻 日本経済新聞社

脚注

^ 「私の履歴書」
^ 「朝日新聞」2012年8月14日付記事「歌人・吉井勇、鉄幹が名付け親 直筆短歌58首から判明」http://megalodon.jp/2012-0916-2259-15/www.asahi.com/culture/update/0811/OSK201208110009.html

関連項目

祇園甲部
都をどり
男山団地 - 勇が1945年(昭和20年)から1948年(昭和23年)に現在の八幡市に居住したことにちなんだ「吉井」という街区がある。
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




 2012年10月15日、石岡神社祭礼宮入りでの末長だんじり(屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年8月31日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 加茂神社祭 西之川原屋台
   (2) かもめ
   (3) 石岡神社祭2012 宮入り 末長屋台
   (4) 海岸
   (5) 西条祭り2012 加茂神社祭 錦町屋台
----------------------------------------------------------------------------------------

末長屋台(だんじり・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社祭礼宮入りでの末長だんじり(屋台・楽車)
末長屋台(だんじり・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


末長屋台(だんじり・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社祭礼宮入りでの末長だんじり(屋台・楽車)
末長屋台(だんじり・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


末長屋台(だんじり・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社祭礼宮入りでの末長だんじり(屋台・楽車)
末長屋台(だんじり・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


末長屋台(だんじり・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社祭礼宮入りでの末長だんじり(屋台・楽車)
末長屋台(だんじり・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「2012 石岡神社例大祭関係」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2012年の秋祭りを掲載していく予定です。
       今年は多忙で、市外の祭りにはほとんど行けませんでした(涙)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月17日) 渦井川原かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、玉津 
        後夜祭(駅前・御殿前・まるよし)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、まるなか、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        石岡神社渡御行列・宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、ポッポ橋落成、原之前荒神祭
        伊曽乃神社前夜祭西条駅・フジグラン西条
      ●(10月13日) 氷見前夜祭
      ●(10月 8日) 小松常盤祭
      ●(10月 7日) 禎瑞嘉母神社宮だし、弁天祭り、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)、橘新宮祭、御所神社祭
        岸陰・北之町上組屋台蔵落成
      ●(10月 6日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 5日) 東予前夜祭
      ●(9月30日) 山王祭

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●俄
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%84

曖昧さ回避 この項目では、芝居について記述しています。宝飾会社については「俄 (企業)」をご覧ください。

俄(にわか)とは、江戸時代から明治時代にかけて、宴席や路上などで行われた即興の芝居。仁輪加、仁和歌、二和加などとも書く。またの名を茶番(ちゃばん)。

俄狂言(にわかきょうげん)の略で[1]、俄、つまり素人が演じたことからこう呼ばれる。あるいは一説に、路上で突然始まり衆目を集めたために、「にわかに始まる」という意味から「俄」と呼ばれるようになったと伝えられる。

内容は歌舞伎の演目の内容を再現したものや、滑稽な話を演じるものがあったようである。遊廓などで、多くは職業的芸人でない素人によって演じられた。

起源

起源については定かではないが、天和時代の京島原遊廓に源流の芸が存在した。安永時代 (1772–1780) の諸書に俄の芸が登場する。
各地の俄
大阪俄

大坂では浜松歌国著の「摂陽奇観」には享保時代に俄の芸能が存在したことがうかがえる。宝暦・明和時代には職業化されだし道頓堀相合橋には俄専門の舞台が作られた。寛政時代以後で、独自の芸名で江戸(東京)の寄席などに進出した。天保時代には村上杜陵が人気を博し、その後活躍からのちに大阪俄の中興の祖といわれるようになる。

文化時代以降には初春亭新玉、初春亭琴玉、豊年斎米加、磁石亭喜多丸、白象亭和楽、小松屋市丸、幕開亭三喜、信濃家尾半らが活躍。明治に入るまで彼らの門流が活躍した。

明治初年には中央区御霊神社にて柴田席の寄席小屋を開き、以降坐摩神社の吉田席、博労町の稲荷座など次々開場。明治中期には大和家宝楽、秋の家田螺、初代鶴家団十郎、大門亭大蝶、京都の三代目宇治の屋茶楽が人気を博した。中期以降は初代大阪屋町人、その町人に影響を受けた二代目一輪亭花咲、鶴家団九郎(のちの二代目鶴家団十郎)らが活躍。二代目花咲は1981年に亡くなるまで一線で活躍した。一方で曾我廼家五郎、十郎が俄を飛び出し喜劇の興行を打ち成功をする。1933年には初代鶴家団十郎の門下の鶴家団道理らがNHK大阪放送局から「太閤記・十段目」を全国に生中継した。戦後以降二代目花咲の指導の下で二代目露の五郎兵衛が二代目大阪屋町人や三代目一輪亭花咲を名乗って活動し、以降弟子らで受継がれている。

これらは新喜劇につながる系譜とされ松竹新喜劇の旗揚げメンバーであった曾我廼家十吾は子役の俄師として大門亭大蝶の一座にいた、また初代渋谷天外も俄出身で楽天会の主宰していた。

現在一般的な漫才などのお笑い文化の源流であると考えられていて、横山エンタツ・花菱アチャコのエンタツもかつて俄の流れをくむ時田一瓢の瓢々会にいた、またエンタツのかつての相方の杉浦エノスケも鶴家団九郎(のちの二代目鶴家団十郎)の門下であった、ほかにも林田五郎、林田十郎、浮世亭歌楽らが俄出身であった。

また大阪府内でも南河内地方のみに独自の南河内俄がある。
九州俄
博多俄

幕末にはすでに岡崎屋嘉平、馬場の宗七、市小路の吾平らが活躍。1879年には鬼若組が組織され麩屋組、川丈組などが次々組織された。明治後期以降は初代博多淡海が活躍。大正以降は衰退するが、その芸は実子二代目博多淡海、また実子の三代目博多淡海(木村進)と受継がれた。また平田汲月は俄作家として大正・昭和と活躍した。
肥後俄
ラジオ熊本による公開録音。中央の人物がばってん荒川(1961年以前)

古くは日清戦争以降盛んに行なわれてきた。利幸商組や運船利平の運船組、マチャン組、二本木組などが組織された。

戦後は蓑田又雄が1948年に「熊日にわか」と題して上演。1963年には大宮敏充のデン助劇団と合同公演。翌年の1964年には地元でばってん組とデン助劇団が合同公演を行い。団員の中からばってん荒川、ばってん太郎、ばってん千代呂松、ばってんちび子らが気を吐いた。また、ばってん荒川はタレントとしてもテレビ、ラジオに活躍した。
佐賀俄

幕末から存在が確認されているが長らく途絶えていた。はっきりとして記録が残ってるのは大正末に煮豆卸業であった佐賀県佐賀市西魚町の田代熊一が一座を編成各地を廻った。その一座には伊東栄城、三浦キメ、高良ハル、小野善一、石崎卯一を輩出。戦時中は佐賀俄の慰問団が組織され、戦後その慰問団は石崎卯一が中心に「葉がくれ劇団」を組織され中から古賀儀一、古賀梅子が活躍。梅子は儀一と結婚。梅子はのちに筑紫美主子と名乗り、1946年に二丈町温泉センターで興行を打ち以降一座で九州地方を廻った。美主子が現在でも精力的に活動中。

ほかにも京家桃之助、中村勇、中村福之助、座木文子らが活躍した。
鹿児島俄
江戸吉原俄

遊廓などでも演じられ、多くは職業芸人でない素人が行った。江戸では「吉原俄」として有名だった。これらは吉原遊廓の幇間によって演じられていたとも考えられている。樋口一葉の「たけくらべ」の中でも紹介されている。

現在では関東大震災で多くの資料が焼失し詳しいことははっきりしていない。
参考文献

大衆芸能史資料集成 第八巻

出典

^ 『広辞苑』「俄」

関連項目

軽口
鹿芝居
万作
幇間
喜劇
新喜劇
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県松山市下難波の立岩海水浴場の風景です。

----------------------------------------------------------------------------------------
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年8月31日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 加茂神社祭 西之川原屋台
   (2) かもめ
   (3) 石岡神社祭2012 宮入り 末長屋台
   (4) 海岸
   (5) 西条祭り2012 加茂神社祭 錦町屋台
----------------------------------------------------------------------------------------

●だるま夕日・モンチッチ海岸・立岩海水浴場・立岩川関連の記事
   ■だるま夕日
   ■モンチッチ海岸・立岩海水浴場
   ■モンチッチ海岸・立岩海水浴場
   ■立岩海水浴場


立岩海水浴場 愛媛県松山市下難波 立岩川河口

 立岩海水浴場(モンチッチ海岸)にて
立岩海水浴場 愛媛県松山市下難波 立岩川河口 2010年4月8日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


立岩海水浴場 愛媛県松山市下難波 立岩川河口

 立岩海水浴場(モンチッチ海岸)にて
立岩海水浴場 愛媛県松山市下難波 立岩川河口 2010年4月8日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「海・港・船」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●祇園甲部
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%87%E5%9C%92%E7%94%B2%E9%83%A8

祇園甲部(ぎおんこうぶ)は、京都市東山区にある京都で最大の花街。

歴史

寛永年間(1624 - 1645年)に祇園社(八坂神社)の門前で営業された水茶屋がこの花街の始まりで、京都所司代板倉重宗によって茶立ち女を置くことが許可され、門前の茶屋町を「祇園町」と称するようになった。寛文年間になると四条河原町に芝居小屋が建ち、四条通りと大和通りにも茶屋が開かれるようになり、弁財天町・二十一軒町・中之町・山端町・宮川町で、「祇園外六町」と称した。享保17年(1732年)、正式に茶屋渡世の営業許可が下りると元吉町・橋本町・林下町・末吉町・清本町・富永町の「祇園内六町」が開かれ、さらに繁栄した。この際に、団子をモチーフにした紋章が作られた。この紋章は現在も祇園甲部と祇園東の紋章として使われている。江戸末期にはお茶屋が500軒、芸妓、舞妓、娼妓合わせて1000人以上いたという。

しかし、東京奠都によって繁栄に陰りが差した祇園を立て直すために明治5年(1872年)に一力亭の九代目当主杉浦治郎右衛門は大参事槇村正直や初代京都府知事長谷信篤の協力を得ながら「祇園甲部歌舞会」を設立し、芸による職業女性としての自立と地位向上をめざした。また、京都博覧会の付け博覧会として都をどりを企画し創設した。(詳細は「都をどり」の項を参照のこと)第一回の都をどりの振り付けを担当したのが三世井上八千代であり、これ以降の祇園甲部の舞いは井上流に限るとする取り決めがなされ、現在まで祇園の舞は井上流一筋となっている。(それ以前は篠塚流の存在も大きかった)。この時期、祇園は文人や政治家等に愛され大いに繁栄した。当時、「膳所裏」と呼ばれていた一部の地域は祇園乙部、後の祇園東(乙部の詳細は「祇園東」の項を参照のこと)として分離し、現代に至る。

大正元年(1912年)、貸座敷取締規制改正により四条通両側、縄手通(大和大路通)におけるお茶屋営業が禁止され、四条通に面していた一力亭は入口を花見小路側に移設した。第二次世界大戦が始まると白川沿いの北側は建物疎開で破壊された(その中に磯田多佳が経営していた「大友(だいとも)」が含まれていた)。この地域は現在は遊歩道となっている。終戦後(1945年 - )、祇園甲部はすぐに営業を再開、その5年後に「都をどり」が南座で再開(後に本拠地である歌舞練場に戻り、今に至る)。
新橋地区、白川沿い南側の茶屋

昭和30年代から40年代にかけてお茶屋150軒、芸妓、舞妓合わせて600人を数えたが、時代の流れと共に花街の規模は縮小していった。古い街並みはビルに変わり、加えてバーやスナック、性風俗店の進出により環境が悪化する。新橋地区(元吉町)の住民はこの乱開発に危惧を抱き、この地域の町並み保存を行政に働きかけた。この結果、新橋地区は修景地区に指定され、1976年に重要伝統的建造物群保存地区として選定される。一方、祇園町南側(とくに花見小路周辺)は女紅場学園所有であるために乱開発は逃れ、歴史的風景特別修景地区に指定された。

この町のシンボルというべき舞妓も一時は20人以下へと落ち込んでいたが、近年徐々に回復し、現在は30人弱にまで増えていると言われる。
文化
教育、稽古

詳細は八坂女紅場学園を参照。
人物

祇園は数多くの人物で彩られ、また名妓を輩出してきた。江戸初期には大石内蔵助が一力亭で遊んでいた話は歌舞伎などでも知られ、江戸末期には後の新政府を樹立する多くの志士らによって利用され続けた。高杉晋作は「井筒屋」の芸妓、小梨花を贔屓にして都々逸「なによくよくよ川端柳、水のながれを見て暮らす」と歌っている。また、大和大路通に営業していた「魚品」の芸妓、君尾は志士らを新選組の目から逃れさせたことで有名。時は下り、明治期に「加藤楼」のお雪(雪香)はアメリカの財閥であるモルガンと結婚して、後に「モルガンお雪」と呼ばれた。吉井勇の「かにかくに祇園はこひし寝るときも枕の下を水のながるる」の歌で有名なお茶屋「大友」の女将で芸妓である磯田多佳女や、井上流の名手として、また後輩の育成に努めた松本佐多女、ほかに早崎春勇、三宅小まめ、玉木里春、藤本竹葉、上羽秀(現役当時の芸名そめ、小説『夜の蝶』のモデル)、安藤孝子(現役当時の芸名は孝千代、後に11PMに出演)、岩崎峰子、高田真知子、佳つ乃など京都のみならず、世間に花を添えてきた芸妓が数多くいる。最近では芸妓としては初のジャズシンガーの真箏がいる。現在、祇園甲部芸妓組合の会長に就任しているのは芸妓で井上流名取であるまめ晃で、ほかに小富美、斗美千代、豆爾、まめ鶴、小萬、豆弘、豆花、小喜美、照古満など代表的な芸妓らがいる。

祇園甲部、京都市東山区花見小路四条下ル

祇園甲部、京都市東山区花見小路四条下ル

祇園甲部、京都市東山区花見小路四条下ル

祇園甲部、京都市東山区花見小路四条下ル

祇園甲部、京都市東山区花見小路四条下ル

主な行事

始業式
初寄り
大石忌
都をどり 4月1日 - 4月30日
五花街合同公演
みやび会
祇園祭
八朔 8月1日
温習会 10月1日 - 10月7日
顔見世総見
事始め
おことうさん

関連項目
街について

祇園

神社

八坂神社
辰巳神社(辰巳大明神)

寺院

仲源寺(目疾地蔵)

人物

谷崎潤一郎
夏目漱石
長田幹彦
与謝野晶子
上村松園
吉井勇
井上八千代

漫画

玄椿
女帝 花舞
紅匂ふ

外部リンク

おおきに財団 (京都伝統伎芸振興財団)
そうだ京都、行こう。
京都物語 第三話 祇園いまむかし
プロフィール
京舞井上流公演情報
片山家能楽・京舞保存財団
ようこそ能楽と京舞のページへ
岩崎究香(元芸妓)ホームページ
桐木千壽(元芸妓・豊千代)ホームページ
佳つ乃オフィシャルブログ
mame.fu 祇園甲部芸妓・豆福プロデュース無添加化粧品ホームページ
チーマーレーベルへようこそ!(主宰・祇園甲部芸妓・真箏)
京女のつれづれ草(祇園甲部芸妓・真箏ブログ)
京女、まことちゃんが行く!(毎日放送・16歳で祇園の舞妓になった真箏が、体験をもとに京都や花街について語る。)
 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真




 2012年10月7日、 愛媛県西条市福武の加茂神社例祭(福武祭り)での錦町だんじり(屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年8月31日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 西条祭り2012 加茂神社祭 西之川原屋台
   (2) かもめ
   (3) 石岡神社祭2012 宮入り 末長屋台
   (4) 海岸
   (5) 西条祭り2012 加茂神社祭 錦町屋台
----------------------------------------------------------------------------------------

錦町屋台(だんじり・楽車) 加茂神社例祭(福武祭り) 愛媛県西条市福武 西条祭り2012

 加茂神社例祭(福武祭り)での錦町だんじり(屋台・楽車)
錦町屋台(だんじり・楽車) 加茂神社例祭(福武祭り) 愛媛県西条市福武 西条祭り2012 2012年10月7日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


錦町屋台(だんじり・楽車) 加茂神社例祭(福武祭り) 愛媛県西条市福武 西条祭り2012

 加茂神社例祭(福武祭り)での錦町だんじり(屋台・楽車)
錦町屋台(だんじり・楽車) 加茂神社例祭(福武祭り) 愛媛県西条市福武 西条祭り2012 2012年10月7日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「2012 西条祭り関係」の写真はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

● 辰巳芸者
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%B0%E5%B7%B3%E8%8A%B8%E8%80%85

辰巳芸者(たつみげいしゃ)とは、江戸時代を中心に、江戸の深川(後の東京都江東区)で活躍した芸者のこと。

深川が江戸の辰巳(東南)の方角にあったことから「辰巳芸者」と呼ばれるが、羽織姿が特徴的なことから「羽織芸者」とも呼ばれる。「意気」と「張り」を看板にし、舞妓・芸妓が京の「華」なら、辰巳芸者は江戸の「いき」の象徴とたたえられる。

「羽織芸者」の心意気

深川は明暦ごろ、主に材木の流通を扱う商業港として栄え大きな花街を有していた。商人同士の会合や接待の場に欠かせないのは芸者(男女を問わず)の存在であったために自然発生的にほかの土地から出奔した芸者が深川に居を構えた。その始祖は日本橋の人気芸者の「菊弥」という女性で日本橋で揉め事があって深川に居を移したという。しかし土地柄辰巳芸者のお得意客の多くは人情に厚い粋な職人達でその好みが辰巳芸者の身なりや考え方に反映されている。

薄化粧で身なりは地味な鼠色系統、冬でも足袋を履かず素足のまま、当時男のものだった羽織[1]を引っ掛け座敷に上がり、男っぽい喋り方。気風がよくて情に厚く、芸は売っても色は売らない心意気が自慢という辰巳芸者は粋の権化として江戸で非常に人気があったという。また源氏名も「浮船」「葵」といった女性らしい名前ではなく、「音吉」「蔦吉」「豆奴」など男名前を名乗った。これは男芸者を偽装して深川遊里への幕府の捜査の目をごまかす狙いもある。現代でも東京の芸者衆には前述のような「奴名」を名乗る人が多い。
関連作品

江戸のいき(意気)を体現した辰巳芸者は、江戸を描写した作品にしばしば登場する。

名月八幡祭(めいげつはちまんまつり) 
歌舞伎狂言。初演大正7年(1919年)8月、歌舞伎座。池田大悟作。辰巳芸者美代吉が主役。
御家人斬九郎
時代小説。柴田錬三郎作。御家人の松平残九郎の馴染みとして、辰巳芸者おつたが登場。
テレビ時代劇。上記の映像化。平成7年(1995年) - 14年(2002年)。 斬九郎に渡辺謙、おつた改め蔦吉に若村麻由美を配し人気作となった。
大江戸神仙伝
SF小説。石川英輔作。文政5年にタイムスリップした現代人の主人公に惚れる江戸の女性として、辰巳芸者いな吉が登場。

関連項目

辰巳-現江東区の地名。埋立地であり、江戸期には存在せず本項との関係はほとんどない。

脚注
[ヘルプ]

^ 近代でも女性が羽織を公式の場に来ていけるのかという旨の項目が家庭向けのマナーブックに見られた。現在でも女性の羽織姿は礼装とみなされない、どんな高級品の羽織でも洒落着の一種である。
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 2012年10月15日、石岡神社祭礼宮入りでの宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年8月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 石岡神社祭2012 宮入り 宮之下屋台
   (2) かもめ
   (3) 西条祭り2012 石水会 北之町下組屋台
   (4) 芸者さん
   (5) 石岡神社祭2012 宮入り 古町屋台
----------------------------------------------------------------------------------------

宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社祭礼宮入りでの宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車)
宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社祭礼宮入りでの宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車)
宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社祭礼宮入りでの宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車)
宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社祭礼宮入りでの宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車)
宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社祭礼宮入りでの宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車)
宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社祭礼宮入りでの宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車)
宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社祭礼宮入りでの宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車)
宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社祭礼宮入りでの宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車)
宮之下だんじり(宮の下屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「2012 石岡神社例大祭関係」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2012年の秋祭りを掲載していく予定です。
       今年は多忙で、市外の祭りにはほとんど行けませんでした(涙)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月17日) 渦井川原かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、玉津 
        後夜祭(駅前・御殿前・まるよし)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、まるなか、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        石岡神社渡御行列・宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、ポッポ橋落成、原之前荒神祭
        伊曽乃神社前夜祭西条駅・フジグラン西条
      ●(10月13日) 氷見前夜祭
      ●(10月 8日) 小松常盤祭
      ●(10月 7日) 禎瑞嘉母神社宮だし、弁天祭り、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)、橘新宮祭、御所神社祭
        岸陰・北之町上組屋台蔵落成
      ●(10月 6日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 5日) 東予前夜祭
      ●(9月30日) 山王祭

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●岡山県道352号大戸上中央線
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E7%9C%8C%E9
%81%93352%E5%8F%B7%E5%A4%A7%E6%88%B8%E4%B8%8A%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E7%B7%9A

岡山県道352号大戸上中央線(おかやまけんどう352ごう だいとかみちゅうおうせん)は岡山県久米郡美咲町大戸上と岡山県久米郡美咲町原田を結ぶ一般県道である。

概要
路線データ

起点:岡山県久米郡美咲町大戸上(岡山県道52号勝央仁堀中線交点)
終点:岡山県久米郡美咲町原田(国道53号交点)
総延長:

地理
通過する自治体

岡山県
久米郡美咲町

接続道路

岡山県道52号勝央仁堀中線(久米郡美咲町大戸上)
国道53号(久米郡美咲町原田)

周辺

西日本旅客鉄道(JR西日本)津山線 亀甲駅

関連項目

岡山県の県道一覧
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市北浜南の西条漁港のカモメ(鴎)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年8月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 石岡神社祭2012 宮入り 宮之下屋台
   (2) かもめ
   (3) 西条祭り2012 石水会 北之町下組屋台
   (4) 芸者さん
   (5) 石岡神社祭2012 宮入り 古町屋台
----------------------------------------------------------------------------------------

西条漁港 カモメ(鴎) 愛媛県 西条市北浜南

 西条漁港のカモメ(鴎)
西条漁港 カモメ(鴎) 愛媛県 西条市北浜南 2007年12月30日
NIKON D80 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


      ●私が撮った「カモメ(鴎)」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

● パトリオット (インディアナ州)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AA%E3
%82%AA%E3%83%83%E3%83%88_%28%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82
%A3%E3%82%A2%E3%83%8A%E5%B7%9E%29

パトリオット(英: Patriot)は、アメリカ合衆国のインディアナ州にある町。オハイオ川に面する。2000年国勢調査時の人口は202人。

インディアナ州パトリオット
— 町 —
州内における位置
座標: 北緯38度50分18秒 西経84度49分40秒
国 アメリカ合衆国
州 インディアナ州
郡 スウィツァーランド郡
郡区 ポゼイ郡区
面積
- 計 0.3mi2 (0.7km2)
- 陸地 0.2mi2 (0.6km2)
- 水面 0.0mi2 (0.1km2)
標高 472ft (144m)
人口 (2000年国勢調査)
- 計 202人
- 人口密度 906.7人/mi² (350.1人/km²)
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
- 夏時間 東部夏時間 (UTC-4)
ZIPコード 47038
市外局番 812
FIPSコード 18-58392[1]
地名情報システム(GNIS)ID 0440929[2]

地理

国勢調査局の調査では総面積0.7平方キロ(0.3平方マイル)で、うち0.6平方キロ(0.2平方マイル)が陸地、総面積の15.38%にあたる0.1平方キロ(0.04平方マイル)が水域である。
人口動態

2000年の国勢調査2時点でこの町には202人、73世帯、60家族が暮らしていた。人口密度は1平方キロあたり354.5人で、平方マイルに換算すると906.7人となる。住居数は108軒で、1平方キロの土地に189.5軒(1平方マイルでは484.8軒)が建っていることになる。白人が98.02%、アフリカン・アメリカンが0.50%、先住民が0.50%、混血が0.99%、ヒスパニック系が0.99%をそれぞれ占める。

73世帯のうち38.4%は18歳未満の子供と暮らしており、63.0%は夫婦で生活している。13.7%は未婚の女性が世帯主であり、17.8%は家族以外の住人と同居している。13.7%が独り身世帯で、2.7%を独居老人が占める。1世帯あたりの平均構成人数は2.77人、家庭の構成人数は3.00人である。

住民のうち27.2%が18歳未満の未成年、8.9%が18歳以上24歳以下、29.7%が25歳以上44歳以下、26.2%が45歳以上64歳以下、7.9%が65歳以上となっており、平均年齢は36歳である。女性100人に対し男性は114.9人いる一方、18歳以上の女性100人ごとに対しては113.0人いる。

一世帯あたりの平均収入は37,500米ドルで、家族ごとでは38,438米ドルである。男性の平均収入は29,135米ドル、女性の平均収入は26,071米ドルで、労働者でない人々も含めた住民一人当たりの収入は16,866米ドルとなる。住民の10.4%、家族の6.0%、18歳未満の子どもの17.6%は貧困線以下の生活を送っている。64歳以上の老人で貧困線以下の生活を送っている者はいない。
出身有名人

エルウッド・ミード - 1924年から1936年にかけアメリカ開拓局長を務め、フーバーダムの建設を監督した

脚注

^ American FactFinder, United States Census Bureau 2008年1月31日閲覧。
^ US Board on Geographic Names, United States Geological Survey, (2007-10-25) 2008年1月31日閲覧。
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




 2012年10月15日、 四国鉄道文化館・西条市観光交流センター前で行われた石水会での北之町下組だんじり(北ノ町下組屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年8月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 石岡神社祭2012 宮入り 宮之下屋台
   (2) かもめ
   (3) 西条祭り2012 石水会 北之町下組屋台
   (4) 芸者さん
   (5) 石岡神社祭2012 宮入り 古町屋台
----------------------------------------------------------------------------------------

北之町下組屋台(北ノ町下組だんじり) 石水会 伊曽乃神社祭礼 西条祭り2012 愛媛県西条市駅前 四国鉄道文化館・西条市観光交流センター前

 石水会での北之町下組屋台(北ノ町下組だんじり)
北之町下組屋台(北ノ町下組だんじり) 石水会 伊曽乃神社祭礼 西条祭り2012 愛媛県西条市駅前 四国鉄道文化館・西条市観光交流センター前 2012年10月15日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


北之町下組屋台(北ノ町下組だんじり) 石水会 伊曽乃神社祭礼 西条祭り2012 愛媛県西条市駅前 四国鉄道文化館・西条市観光交流センター前

 石水会での北之町下組屋台(北ノ町下組だんじり)
北之町下組屋台(北ノ町下組だんじり) 石水会 伊曽乃神社祭礼 西条祭り2012 愛媛県西条市駅前 四国鉄道文化館・西条市観光交流センター前 2012年10月15日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


北之町下組屋台(北ノ町下組だんじり) 石水会 伊曽乃神社祭礼 西条祭り2012 愛媛県西条市駅前 四国鉄道文化館・西条市観光交流センター前

 石水会での北之町下組屋台(北ノ町下組だんじり)
北之町下組屋台(北ノ町下組だんじり) 石水会 伊曽乃神社祭礼 西条祭り2012 愛媛県西条市駅前 四国鉄道文化館・西条市観光交流センター前 2012年10月15日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


北之町下組屋台(北ノ町下組だんじり) 石水会 伊曽乃神社祭礼 西条祭り2012 愛媛県西条市駅前 四国鉄道文化館・西条市観光交流センター前

 石水会での北之町下組屋台(北ノ町下組だんじり)
北之町下組屋台(北ノ町下組だんじり) 石水会 伊曽乃神社祭礼 西条祭り2012 愛媛県西条市駅前 四国鉄道文化館・西条市観光交流センター前 2012年10月15日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


北之町下組屋台(北ノ町下組だんじり) 石水会 伊曽乃神社祭礼 西条祭り2012 愛媛県西条市駅前 四国鉄道文化館・西条市観光交流センター前

 石水会での北之町下組屋台(北ノ町下組だんじり)
北之町下組屋台(北ノ町下組だんじり) 石水会 伊曽乃神社祭礼 西条祭り2012 愛媛県西条市駅前 四国鉄道文化館・西条市観光交流センター前 2012年10月15日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「2012 西条祭り関係」の写真はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

● LEGEND (曲)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/LEGEND_%28%E6%9B%B2%29

「LEGEND」(レジェンド)は、2004年10月20日に発売された中島美嘉の13枚目のシングル。

「LEGEND」
中島美嘉 の シングル
B面 FAKE
Carrot & Whip
リリース 2004年10月20日
規格 シングル
デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POP
レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
チャート最高順位

週間5位(オリコン)

中島美嘉 シングル 年表
火の鳥
(2004年) LEGEND
(2004年) 桜色舞うころ
(2005年)

概要

表題曲は、中島初のエレクトロニック楽曲。
楽曲すべてがCMソングとして起用された。また、中島自身がすべてのCMを出演していた。

収録曲

(全作詞:中島美嘉)

LEGEND(Main)
作曲:岡野泰也/編曲:COLDFEET
ソニー「MD Walkman」CMソング
LEGEND(Original)
編曲:冨田恵一
FAKE
作詞:宮崎歩/作曲・編曲:宮崎歩
カネボウ化粧品「KATE」CMソング
Carrot & Whip
作曲:五島良子/編曲:CHOKKAKU
明治製菓「RICH Fran」CMソング
LEGEND(Instrumental)

収録アルバム

MUSIC (#1,3,4)
BEST (#1)

脚注
外部リンク

BARKSによるインタビュー
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 道後温泉まつりでの松山検番・新検番の芸者さんによる野球拳です。

●松山検番・新検番の芸者衆関連の記事
   ■松山検番・新検番の芸者衆
   ■野球拳
   ■野球拳

芸者 愛媛県 松山市 道後湯之町 松山検番・新検番

芸者 愛媛県 松山市 道後湯之町 松山検番・新検番 2010年3月20日
NIKON D300 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


芸者 愛媛県 松山市 道後湯之町 松山検番・新検番

芸者 愛媛県 松山市 道後湯之町 松山検番・新検番 2010年3月20日
NIKON D300 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


芸者 愛媛県 松山市 道後湯之町 松山検番・新検番

芸者 愛媛県 松山市 道後湯之町 松山検番・新検番 2010年3月20日
NIKON D300 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


芸者 愛媛県 松山市 道後湯之町 松山検番・新検番

芸者 愛媛県 松山市 道後湯之町 松山検番・新検番 2010年3月20日
NIKON D300 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


芸者 愛媛県 松山市 道後湯之町 松山検番・新検番

芸者 愛媛県 松山市 道後湯之町 松山検番・新検番 2010年3月20日
NIKON D300 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「ひと」の写真はここをクリックして順次ご覧ください


 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真




 2012年10月15日、石岡神社祭礼宮入りでの古町だんじり(屋台・楽車)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」をクリックして順次ご覧ください。

 ■本日 2013年8月30日にアップした新しい記事は下記のリンクから 
   (1) 石岡神社祭2012 宮入り 宮之下屋台
   (2) かもめ
   (3) 西条祭り2012 石水会 北之町下組屋台
   (4) 芸者さん
   (5) 石岡神社祭2012 宮入り 古町屋台
----------------------------------------------------------------------------------------

古町だんじり(屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社祭礼宮入りでの古町だんじり(屋台・楽車)
古町だんじり(屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


古町だんじり(屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見

 石岡神社祭礼宮入りでの古町だんじり(屋台・楽車)
古町だんじり(屋台・楽車) 石岡神社祭礼宮入り2012 愛媛県西条市氷見 2012年10月15日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「2012 石岡神社例大祭関係」の写真はここから順次ご覧ください

      ------------------------------------------------------------------------
      ■今後、以下の2012年の秋祭りを掲載していく予定です。
       今年は多忙で、市外の祭りにはほとんど行けませんでした(涙)
      ------------------------------------------------------------------------

      ■伊曽乃・石岡神社等の全屋台の胴板などを、ほぼ撮影しましたので順次アップしていく予定です

      ●(10月17日) 渦井川原かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社祭礼お旅所・御殿前・統一運行、玉津 
        後夜祭(駅前・御殿前・まるよし)
      ●(10月15日) 伊曽乃神社祭礼宮出し、まるなか、石水会、七泰会、伊曽乃川人会、植村会
        石岡神社渡御行列・宮入り
      ●(10月14日) 石岡神社本殿祭、ポッポ橋落成、原之前荒神祭
        伊曽乃神社前夜祭西条駅・フジグラン西条
      ●(10月13日) 氷見前夜祭
      ●(10月 8日) 小松常盤祭
      ●(10月 7日) 禎瑞嘉母神社宮だし、弁天祭り、楢本祭
        加茂神社例祭(福武祭)、橘新宮祭、御所神社祭
        岸陰・北之町上組屋台蔵落成
      ●(10月 6日) 東予パルティ・フジ前、東予秋祭り統一運行
      ●(10月 5日) 東予前夜祭
      ●(9月30日) 山王祭

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●レジェンド (マジック:ザ・ギャザリング)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%89_
%28%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF:%E3%82%B6%E3%83%B
B%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%82%B6%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%29

レジェンド(Legends)は、1994年6月に発売されたトレーディングカードゲームマジック:ザ・ギャザリングの3番目の拡張カードセットである。

このセットは、拡張セットとしては初めて15枚入りのパックで販売された(前2つは8枚入りで販売された)。

1995年に、イタリア語版が発売されている。これは、初の英語以外で発売された拡張セットである。

新しいルール

レジェンドでは、従来のルールに新しいルールが付加された。拡張セットの各パックには、新しいルールの解説が書かれたカードが1枚入っていた。

伝説の~
「レジェンドの召喚」「伝説の土地」など「伝説の」カードは、同じ名前の物が同時に2枚場に存在することができない。2枚目が場に出たときには、即時に墓地に送られる。
このセットではクリーチャーと土地しか存在していないが、ストロングホールドで「伝説のアーティファクト」、神河物語で「伝説のエンチャント」が登場している。
現在では「レジェンドの召喚」は「伝説のクリーチャー」に変更されている。また、2枚目の同名のカードが出たときには、2枚とも墓地に送られるようにルールが変更されている。
エンチャント(ワールド)
場に1枚しか存在できないカード。「伝説の~」とは違い、別名であっても同時に存在することはできない。また2枚目が出された場合、既にあったものが墓地に送られる。ウェザーライト以降のセットには収録されていない。
多色
唱えるのに複数の色のマナが必要な呪文。カードの周りは金色で塗られている。
ランページ
複数のクリーチャーにブロックされるとクリーチャーが強化される能力。
毒カウンター
ライフ残量に関係なく毒カウンターが一定数蓄積すると敗北となる。基本的にクリーチャーがプレイヤーに戦闘ダメージを与えることでカウンターが蓄積していく。

販売時の不具合

レジェンドの発売開始時のパックには、致命的な問題が存在していた。アンコモンのカードは2つのグループに分けられていたが、1つの箱(メーカーから小売店に送られるもの)には片方のグループのカードしか入っていなかった(つまり、箱買いしても最大で半分しか揃わない)。この苦情を受けウィザーズ・オブ・ザ・コーストは、100枚以内の同一グループのカードをもう一方のグループのカードに交換する「レジェンド交換運動」を行った[1]。
有名なカード
強力なカード

Mirror Universe
対戦相手とライフを交換するカード。発売当時のルールでは、「自分のライフを0にした後交換して相手のライフを0にする」という行為ができた(第6版発表時のルール変更で不可能になった)。発売2ヵ月後の1994年8月には公式戦での使用が制限された(1999年に解除)。
Mana Drain
相手の呪文を打消した上、その呪文に使用されたコストと同量のマナを得ることができる呪文。2004年よりレガシーで使用が禁止されている。
Moat
攻撃の大半を抑制するカード。当時の「非クリーチャー化」を招いた原因の1つとされている。これも公式戦で使用が制限されていたことがある。

弱いカード

レジェンドには強力なカードが多かったが、非常に弱いカードも少なくなかった。2004年に発表された"18,000 Words: The 100 Worst Magic Cards of All Time"では、このセットのカードが10枚以上含まれている[2]。

Wood Elemental
ランキング11位(クリーチャー1位)。場に出たときの生贄の量で大きさが決まるが、そのコストが高すぎてコストパフォーマンスが悪い。
Cathedral of Serra 他
ランキング2位(土地1位)。一部のクリーチャーに追加能力を持たせる土地だが、その能力自体が弱い。また、他の多くの土地と違い、これら単独では何もすることができない。
North Star
ランキング6位(アーティファクト1位)。呪文の色をなくす効果がある。色がなくなるだけでコスト総量は変わらず、効果を得るためのコストも大きい。
Great Wall
ランキング31位(エンチャント9位)。「平地渡り」と呼ばれる能力を無効化する効果があるが、この能力を持っているカードがほとんどない(発売時点で1枚のみ)。同種のカードが他に4枚(いずれも「○渡り」という能力を無効化する)あるが、これらは Great Wall に比べて対象となるカードが多い。31位という順位は5枚全体の評価である。

脚注

^ 新紀元社「Magic:the Gathering 公式カードガイド」 ISBN 4-88317-280-5 13ページ
^ 18,000 Words: The 100 Worst Magic Cards of All Time (20-1)(英語)および非公式日本語訳
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2013 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.