2013年10月12日、愛媛県西条市周布のパルティ・フジ東予店駐車場前で開催された東予秋祭りかきくらべ2013での親善会だんじり(親善会屋台)です。

     「西条異景」に掲載の 親善会だんじり の全写真へのリンク集

----------------------------------------------------------------------------------------
本日 2014年6月9日は、5件の新しい記事をアップしました。
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」を順次クリックするか、
  右側のカラムの「新着の記事」から順次ご覧ください。
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
----------------------------------------------------------------------------------------

パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ 親善会だんじり(屋台) 東予祭り2013 

パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ 親善会だんじり(屋台) 東予祭り2013 愛媛県西条市周布 2013年10月12日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ 親善会だんじり(屋台) 東予祭り2013 

パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ 親善会だんじり(屋台) 東予祭り2013 

パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ 親善会だんじり(屋台) 
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ 親善会だんじり(屋台) 東予祭り2013 

パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ 親善会だんじり(屋台) 東予祭り2013
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ 親善会だんじり(屋台) 東予祭り2013 

パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ 親善会だんじり(屋台) 東予祭り2013 愛媛県西条市周布
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ 親善会だんじり(屋台) 東予祭り2013 

パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ 親善会だんじり(屋台) 東予祭り2013 

パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ 親善会だんじり(屋台)
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ 親善会だんじり(屋台) 東予祭り2013 

パルティ・フジ東予店駐車場かきくらべ 親善会だんじり(屋台) 東予祭り2013
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「東予祭り」の写真はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 
スポンサーサイト



テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市堀の内にあるお堀のカモメ(鴎)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
本日 2014年6月9日は、5件の新しい記事をアップしました。
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」を順次クリックするか、
  右側のカラムの「新着の記事」から順次ご覧ください。
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
----------------------------------------------------------------------------------------

カモメ(鴎) 愛媛県西条市堀の内 お堀

 堀の内のお堀のカモメ(鴎)
カモメ(鴎) 愛媛県西条市堀の内 お堀 2009年1月19日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


      ●私が撮った「カモメ(鴎)」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

● 林きむ子
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E3%81%8D%E3%82%80%E5%AD%90

林 きむ子(はやし きむこ、明治17年(1884年)12月1日 - 昭和42年(1967年)2月2日)は舞踏家、作家、社会運動家、実業家。大正三美人の1人として数えられる場合もある。戸籍名は「きん」。日本女子美術学校卒業。日本舞踊協会監事。明治~大正期に流行した「美顔水」の考案者とされている。
生涯

きむ子は東京の柳橋に生まれ、父は狂言浄瑠璃の祖といわれる初代豊竹和国太夫。母は女義太夫の初代竹本素行。異父弟に曾我廼家弁天、藤間林太郎。俳優の藤田まことは甥に当たる。娘に舞踊家の林一枝、知恵ら。知恵は後に現在千葉県にある三育学院大学の日本人初代学長を務めたセブンスデー・アドベンチスト教会の牧師・山本治一と結婚。治一の娘・和子の夫である左近允公は、同教会の創立者の1人であるエレン・G・ホワイトの著作を初めて日本語に訳した翻訳家として功績を残した。

きむ子は7歳のときに新橋の料亭「浜の家」の女将・内田はな(花)の養女となり、跡を継ぐように望まれる、9歳で藤間流の藤間久満、11歳で西川流の初代西川喜洲、9代目西川扇蔵に師事し西川扇紫を名乗り、三味線、踊り、お茶、お花など、ありとあらゆる芸事を身につけたという。養家「浜の家」は頭山満や杉山茂丸が贔屓にし、当時は名の知れた料亭であった。

1904年に代議士の日向輝武と結婚するが、大浦事件によって輝武は狂死してしまう。

その後、夫が死んで1年以内に6人の子供がいながら、9歳年下の詩人の林柳波と1919年1月に結婚したことは大正スキャンダルとして大きな話題となった。

後に娘の美登里が亡くなる頃に夫の柳波は別の女性との間に子供が生まれて、夫はその女性のところに行き帰ってこなかったが、離婚はしなかった。

1924年に西川流の名を返上し児童舞踊や創作舞踊を中心とした林流を創始し「銀閃会」を主宰。舞踊譜も創作。「冥府の想思鳥」「仁和寺の法師」などを多数発表。

1966年に勲五等瑞宝章受賞。
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




 2013年10月16日、伊曽乃神社祭礼玉津での新田だんじり(新田屋台)です。

     「西条異景」に掲載の 新田だんじり の全写真へのリンク集

----------------------------------------------------------------------------------------
本日 2014年6月9日は、5件の新しい記事をアップしました。
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」を順次クリックするか、
  右側のカラムの「新着の記事」から順次ご覧ください。
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
----------------------------------------------------------------------------------------

福武新田だんじり(新田屋台) 西条祭り 玉津 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 玉津橋

福武新田だんじり(新田屋台) 西条祭り 玉津 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 玉津橋 2013年10月16日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


福武新田だんじり(新田屋台) 西条祭り 玉津 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 玉津橋

福武新田だんじり(新田屋台)
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


福武新田だんじり(新田屋台) 西条祭り 玉津 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 玉津橋

福武新田だんじり(新田屋台) 西条祭り
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


福武新田だんじり(新田屋台) 西条祭り 玉津 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 玉津橋

福武新田だんじり(新田屋台) 西条祭り 玉津
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


福武新田だんじり(新田屋台) 西条祭り 玉津 伊曽乃神社祭礼 愛媛県西条市 玉津橋

福武新田だんじり(新田屋台) 西条祭り 玉津 伊曽乃神社祭礼
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「2013 伊曽乃神社祭礼玉津」の写真はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市新堀下の西条漁港の夕景色です。

----------------------------------------------------------------------------------------
本日 2014年6月9日は、5件の新しい記事をアップしました。
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」を順次クリックするか、
  右側のカラムの「新着の記事」から順次ご覧ください。
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
----------------------------------------------------------------------------------------

西条漁港 愛媛県西条市新堀下

西条漁港 愛媛県西条市新堀下 2013年11月9日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


西条漁港 愛媛県西条市新堀下

西条漁港 愛媛県西条市
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「海・港・船」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●宮崎滔天
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%BB%94%E5%A4%A9

宮崎 滔天(みやざき とうてん、明治3年12月3日(1871年1月23日) - 大正11年(1922年)12月6日)は、日本で孫文達を支援して、辛亥革命を支えた革命家、および浪曲家である。本名は寅蔵(もしくは虎蔵)。白浪庵滔天と号した。浪曲家としての名前は桃中軒 牛右衛門(とうちゅうけん うしえもん)。

宮崎滔天
生年: 1871年1月23日
生地: 日本の旗 日本・肥後国玉名郡荒尾村
没年: 1922年12月6日
没地: 日本の旗 日本・東京府

略歴

肥後国玉名郡荒尾村(現在の熊本県荒尾市)に郷士宮崎政賢(宮崎長兵衛)の八男で末子として生まれる。兄に社会運動家の宮崎八郎、宮崎民蔵、宮崎彌蔵がいた。父には山東家伝二天一流を兄たちとともに習っている。熊本で徳富蘇峰が主宰していた私塾「大江義塾」でキリスト教や自由主義思想を学び、閉鎖まで義塾で就学した。その後上京し、東京専門学校(後の早稲田大学)に入ったが、大江義塾との学風の違いからすぐに中退した。その後自由民権運動を識り、またキリスト教に帰依、その後アジア革命(アジア主義運動)に関心を深めた。

明治24年(1891年)、初めて上海に渡航した。おりしも東学党の乱があり、日本と清国との交渉はついに切迫し、岩本千綱とともに暹羅植民開拓事業に着手したが、志を得ることなく帰国し、外務省の命によって中国秘密結社の実情観察におもむき、中国革命党員との往復があった。

明治30年(1897年)に孫文(孫逸仙)と知り合い、以後中国大陸における革命運動を援助、池袋で亡命してきた孫文や蒋介石を援助した。明治31年(1898年)、戊戌の政変においては香港に逃れた康有為をともなって帰朝し、朝野の間に斡旋し、同32年(1899年)の米比戦争においては参画するところがあった。

哥老会・三合会・興中会の3派の大同団結がなり、明治33年1900年(明治33年)恵州義軍が革命の反旗をひるがえすと、新嘉坡(現在のシンガポール)にいた康有為を動かして孫文と提携させようと謀った。しかし刺客と疑われて追放命令を受け、香港に向かったもののそこでもまた追放令を受け、船中において孫逸仙と密議をこらしたが、日本国内における計画はことごとく破れ、資金も逼迫し、政治的画策は絵に描いた餅になってしまった。この時期に半生記『三十三年の夢』を著述し、明治35年(1902年)に『狂人譚』と共に、國光書房より出版した。
中国同盟会、前列右端が孫文、後列中央が宮崎滔天(1890年)

一旦はアジア主義運動に挫折し、自分を見つめ直す意図で桃中軒雲右衛門に弟子入りし、桃中軒牛右衛門の名で浪曲師となる。しかし革命の志を捨てたわけではなく、明治38年(1905年)には孫文らと東京で革命運動団体「中国同盟会」を結成した。なお滔天は辛亥革命の孫文のみならず朝鮮開化党の志士・金玉均の亡命も支援しているが、その金玉均が上海で暗殺された後に、遺髪と衣服の一部を持ち込み日本人有志で浅草本願寺で葬儀を営むという義理人情に溢れた人物であった。

明治40年(1907年)頃より『革命評論』を編集発行。明治45年(1912年)1月に、口述筆記『支那革命軍談 附.革命事情』(高瀬魁介編、明治出版社)を出版し、辛亥革命の宣伝につとめた。亡くなる前年まで大陸本土に度々渡航した。

大正11年(1922年)12月6日、腎臓病による尿毒合併症により東京で病没した。享年51。

上海でも孫文ら主催で追悼会が催された。東京文京区の白山神社境内には孫文が亡命中に滔天とともに座った石段が孫文を顕彰する碑とともに保存されている。日本人として、山田良政・山田純三郎兄弟とともに辛亥革命支援者として名を残す。

中国の南京中国近代史遺址博物館の中庭に孫文と並んで銅像が建つ。
家族について

妻の槌子は貧乏に耐えて滔天の活動を支え続けた。長男の龍介は、滔天最晩年の1921年(大正10年)に、白蓮事件で世を騒がせた。皮肉なことに滔天が浪曲師として博多講演をしていた時に、ご祝儀をくれたのが、白蓮の元夫の伊藤伝右衛門であった。子供達に対して放任主義であった滔天は事件まで何も知らされておらず、新聞に掲載された絶縁状を見て龍介に「いいのか、お前、こんなことをして……」と言って驚いたという。白蓮に対しては事件前から同情を寄せており、家族として暖かく迎え入れている。

他に子供は次男・震作(1894年 - 1936年)、長女・節(1897年 - 1952年)がある。また33歳の時に長崎で同棲した愛人に女児を産ませている。龍介の長男・香織は、学徒出陣し、1945年(昭和20年)に戦死している。他に娘・蕗苳(華道家)がおり、子孫は健在である。

1929年(昭和4年)、南京で行われた孫文の奉安大典に、槌・龍介・震作の滔天遺族が国賓として招待された。1931年(昭和6年)にも龍介・燁子夫妻が国賓として招待されている。戦後の1956年(昭和31年)の孫文誕生九十年の祝典に龍介夫妻が招待され、毛沢東主席・周恩来首相と共に臨席した。その後も宮崎家と中国の交流は続き、孫文の友人「井戸を掘った人」として5年に一度、国賓として中国に招待されている(宮崎蕗苳(聞き書き)『白蓮~娘が語る母燁子~』より)。
著作(近年刊行)

『宮崎滔天全集 (全5巻)』 宮崎龍介・小野川秀美編、平凡社、1971年-1976年

三十三年之夢・幽囚録ほか
東京より・亡友録・革命問答ほか
独酌放言・狂人譚・明治国姓翁・炬燵の中より・出鱈目日記ほか
桃中軒の近状・巡業雑録・支那留学生に就て・米国の今昔ほか
支那だより・支那革命のぞ記・書簡集ほか

『三十三年の夢』 宮崎龍介・衛藤瀋吉校注、平凡社東洋文庫 初版1967年、ワイド版2006年
『三十三年の夢』 島田虔次・近藤秀樹校注、岩波文庫、初版1993年
『近代浪漫派文庫 9 宮崎滔天』 新学社、2005年

三十三年之夢、侠客と江戸ッ児と浪花節、浪人界の快男児 宮崎滔天君夢物語、朝鮮のぞ記。

『近代日本の狂と夢 滔天文選』 書肆心水、2006年

明治国姓爺、狂人譚

『宮崎滔天 アジア革命奇譚集』 書肆心水  同年 渡辺京二解説

独酌放言、乾坤鎔廬日抄、銷夏漫録ほか4篇

『アジア主義者たちの声.中巻 革命評論社、あるいは中国革命への関与と蹉跌』

(萱野長知、北一輝の著作を併収)、書肆心水、2008年
金玉均先生を懐う、支那革命と列国、革命問答、支那留学生に就いて、孫逸仙は一代の大人物、黄興将軍と刺客高君、南北妥協問題に就いて、シャムにおける支那人。

『日本の名著.45 北一輝、宮崎滔天』 中央公論社、初版1982年、近藤秀樹解説。
『宮崎滔天 三十三年の夢』 <人間の記録62>日本図書センター、1998年 

伝記

渡辺京二 『評伝宮崎滔天 新版』 書肆心水、2006年(初版大和書房、1976年) 
佐藤常雄 『宮崎滔天』 葦書房 1990年
上村希美雄 『龍のごとく 宮崎滔天伝』 葦書房、2001年
上村希美雄 『宮崎兄弟伝 日本篇』(上下) 葦書房、1984年、毎日出版文化賞
上村希美雄 『宮崎兄弟伝 アジア篇』(上中下) 葦書房、1987年 - 1999年
上村希美雄 『宮崎兄弟伝 完結篇』 同刊行会:創流出版(発売)、2004年
田所竹彦 『浪人と革命家 真筆に見る日中の絆 宮崎滔天・孫文たちの日々』 里文出版、2002年 
保阪正康 『孫文の辛亥革命を助けた日本人』 ちくま文庫 2009年(元版朝日ソノラマ 1992年)
榎本泰子 『宮崎滔天 万国共和の極楽をこの世に』 ミネルヴァ書房〈日本評伝選〉、2013年

参考文献

横田順彌 『明治おもしろ博覧会』、西日本新聞社、1998年、155-158頁
鹿野政直 『近代国家を構想した思想家たち』、岩波書店、2005年、112-117頁

関連項目
ウィキメディア・コモンズには、宮崎滔天に関連するカテゴリがあります。

フィリピン独立革命
頭山満
杉山茂丸
梅屋庄吉
風雪 (テレビドラマ)

外部リンク

荒尾市宮崎兄弟資料館
書肆心水での詳細な滔天紹介
孫文の革命は東京から始まった|朝日新聞 歴史は生きている
 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2014 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.