2014年10月15日の西条祭り 伊曽乃神社祭礼 宮出しでの北ノ町下組屋台(北之町下組だんじり)です。

     「西条異景」に掲載の 北之町下組だんじり の全写真へのリンク集

----------------------------------------------------------------------------------------
本日 2014年11月30日は、5件の新しい記事をアップしました。
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」を順次クリックするか、
  右側のカラムの「新着の記事」から順次ご覧ください。
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧くださいorder="0" />
----------------------------------------------------------------------------------------

北ノ町下組屋台(北之町下組だんじり) 宮出し

北ノ町下組屋台(北之町下組だんじり) 伊曽乃神社祭礼 宮出し 西条祭り2014 愛媛県西条市 2014年10月15日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


北ノ町下組屋台(北之町下組だんじり) 宮出し

北ノ町下組屋台(北之町下組だんじり)
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


北ノ町下組屋台(北之町下組だんじり) 宮出し

北ノ町下組屋台(北之町下組だんじり) 伊曽乃神社祭礼
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


北ノ町下組屋台(北之町下組だんじり) 宮出し

北ノ町下組屋台(北之町下組だんじり) 伊曽乃神社祭礼 宮出し
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「2014 伊曽乃神社祭礼宮出し」の写真はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市小松町の中山川大橋付近のサギのコロニーのゴイサギ(五位鷺)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
本日 2014年11月30日は、5件の新しい記事をアップしました。
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」を順次クリックするか、
  右側のカラムの「新着の記事」から順次ご覧ください。
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
----------------------------------------------------------------------------------------

ゴイサギ 愛媛県西条市小松町

 ゴイサギ(五位鷺)
ゴイサギ 愛媛県西条市小松町 中山川大橋
NIKON D80 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


ゴイサギ 愛媛県西条市小松町

 ゴイサギ(五位鷺)
ゴイサギ 愛媛県西条市小松町 中山川大橋 鷺のコロニー 2007年7月11日
NIKON D80 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


   ●私が撮った「石鎚山」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●豆知識●

●兵家
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B5%E5%AE%B6

兵家(へいか)は中国古代の思想で、諸子百家の一つ。軍略と政略を説く。

代表的思想

兵家の代表的な書物には「孫子の兵法」がある。孫子の兵法は13の篇からなる書物で今でも各国で研究されている歴史的な書物だ。これからはその「孫子の兵法」を中心に思想を説明していく。
孫子の兵法の各篇には名前が付いている。
それぞれ第1篇から、「始計篇」「作戦篇」「謀攻篇」「軍形篇」「勢篇」「虚実篇」「軍争篇」「九変篇」「行軍篇」「地形篇」「九地変」「火攻篇」「用間篇」だ。

1 「始計篇」
孫子の兵法の第1章のはじめは「孫子曰く、兵は国の大事なり。死生の地、存亡の地、察せざるべからざるなり。」という文から始まる。これは戦争は国にとって大事な問題である、人民の死生や国家の存亡をかけたものであるから我々は研究しなければならない、という意味。その意のままで国家にとって「戦争」が重要な問題であると述べている。そして戦争を勝利に導くためには5つの要素を大切にしなければならない、と説いている。
その5つの要素とは、

道(君主と国民の関係)
天(自然の事象)
地(地形)
将(将帥の力)
法(軍事制度) の5つ

これら5つの事が劣っているか、優っているかによって戦いの勝敗は決まるのである、また、それらの優劣を見ることによって、私はどちらの国が戦いで勝利するのか見極めているのである、と述べる。だから、「道」「天」「地」「将」「法」の5つが戦争の勝敗を初めから決定している、ともいえる。
そして「兵とは、詭道なり。」、つまり、戦争の本質は敵を欺くことにある、と述べている。これは後々出てくる「用間篇」などの篇にも関連してくる。
これらの事が第1篇の主な内容である。
分類

『漢書』「芸文志」は、六つの大分類のうち一つを丸ごと兵家にあて(「兵書略」)、さらに兵家を兵権謀家・兵形勢家・兵陰陽家・兵技巧家の四種に細分している[1][2] 。兵権謀家は他の三種の兵法を用いつつ国家的計略を立ててから実際の戦争行為に至るまでを含む大局的戦略を扱い[3]、兵形勢家は変幻自在の策によって素早く敵を制する局所的戦術を扱い[4]、兵陰陽家は陰陽家の五行思想を取り入れた超自然的な兵法を扱い[5]、兵技巧家はいわゆる武術を扱う[6]。
兵権謀家

権謀は、正を以て国を守り、奇を以て兵を用い、先に計して後に戦し、形勢を兼ね、陰陽を包み、技巧を用ゆる者なり。[3]

孫武(『孫子』、武経七書に数えられる。『漢書』「芸文志」では『呉孫子兵法』八十二篇[1])
孫臏(『孫臏兵法』。『漢書』「芸文志」では『斉孫子兵法』八十九篇[1])
呉起(『呉子』四十八篇[1]、現存は六篇、武経七書に数えられる)
商鞅(『公孫鞅』二十七篇[1])
范蠡(『范蠡』二篇[1])
文種(『大夫種』二篇[1])
龐煖(『龐煖』三篇[1])
李左車(『広武君』一篇[1])
韓信(『韓信』三篇[1])

兵形勢家

形勢は、雷動風挙、後に発して先に至り、離合背郷(兵を散開させるも集めるも趨勢に背くも従うも自在で)・変化無常にして、軽疾を以て敵を制する者なり。[4]

蚩尤(『蚩尤』二篇[1]、神話上の人物への仮託)
尉繚(『尉繚』三十四篇[1](あるいは『尉繚子』)、武経七書に数えられる)
信陵君(『魏公子』二十一篇[1]、ただし書籍は本人の著ではなく食客が献じたものという[7])
李良(『李良』三篇[1]、楚漢戦争時代に趙王武臣を裏切って弑するも陳余に敗れ、秦将章邯に降った人[8])
項羽(『項王』一篇[1])

兵陰陽家

陰陽は、時に順いて発し、刑徳を推(おしはか)り、斗撃(北斗七星・南斗六星の拍)に随い、五勝(五行相剋)に因り、鬼神に仮りて助と為す者なり。[5]

『神農兵法』一篇や『黄帝』十六篇[1]など、ほぼ神話上の人物への仮託。以下の人物も後世からの仮託の可能性が高い。

孟子(『孟子』一篇[1]、儒学者の孟軻と同一人物かは不明)
師曠(『師曠』八篇[1])
萇弘(『萇弘』十五篇[1]、周の霊王~敬王の頃の賢臣)

兵技巧家

技巧は、手足を習い、器械(通常の武具)を便り、機関(仕掛けのある武具)を積み、以て攻守の勝を立つる者なり。[6]

『漢書』「芸文志」に記載される書籍の著者は、伝が不明な人物が多い。以下は伝が知られる人物を載せるが、後世の仮託の可能性がある。

鮑叔 (『鮑子兵法』十篇[1])
伍子胥(『五子胥』十篇[1])
李広 (『李将軍射法』三篇[1])
王賀(『護軍射師王賀射書』五篇[1]、新の皇帝王莽の曽祖父で武帝の繡衣御史を一時期務めていた人物が同姓同名[9])

その他

太公望呂尚(武経七書『六韜』『三略』の著者に仮託される)
司馬穰苴(『司馬法』現存五篇、武経七書に数えられる。『漢書』「芸文志」では、『軍礼司馬法』百五十五篇は、聖王である湯王・武王の精神を遺すものとされ、兵書略ではなく、六芸略の一つ礼家の書籍と分類されている[1][2])
黄石公(呂尚の『六韜』『三略』を撰録し張良に授けたとされる半伝説的人物)

脚注

^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 中國哲學書電子化計劃『漢書』「藝文志」
^ a b 中國哲學書電子化計劃『漢書』「藝文志」「兵家者,蓋出古司馬之職,王官之武備也。洪範八政,八曰師。孔子曰為國者「足食足兵」,「以不教民戰,是謂棄之」,明兵之重也。《易》曰「古者弦木為弧,剡木為矢,弧矢之利,以威天下」,其用上矣。後世燿金為刃,割革為甲,器械甚備。下及湯武受命,以師克亂而濟百姓,動之以仁義,行之以禮讓,司馬法是其遺事也。自春秋至於戰國,出奇設伏,變詐之兵並作。漢興,張良、韓信序次兵法,凡百八十二家,刪取要用,定著三十五家。諸呂用事而盜取之。武帝時,軍政楊僕捃摭遺逸,紀奏兵錄,猶未能備。至于孝成,命任宏論次兵書為四種。」
^ a b 中國哲學書電子化計劃『漢書』「藝文志」「權謀者,以正守國,以奇用兵,先計而後戰,兼形勢,包陰陽,用技巧者也。」
^ a b 中國哲學書電子化計劃『漢書』「藝文志」「形勢者,雷動風舉,後發而先至,離合背鄉,變化無常,以輕疾制敵者也。」
^ a b 中國哲學書電子化計劃『漢書』「藝文志」「陰陽者,順時而發,推刑德,隨斗擊,因五勝,假鬼神而為助者也。」
^ a b 中國哲學書電子化計劃『漢書』「藝文志」「技巧者,習手足,便器械,積機關,以立攻守之勝者也。」
^ 『史記』「魏公子列伝」
^ 『史記』「張耳・陳余列伝」
^ 『漢書』「元后伝」

関連項目

兵法書
武経七書

外部リンク

兵家著作
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




 愛媛県西条市の禎瑞地区の水田です。

----------------------------------------------------------------------------------------
本日 2014年11月30日は、5件の新しい記事をアップしました。
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」を順次クリックするか、
  右側のカラムの「新着の記事」から順次ご覧ください。
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
----------------------------------------------------------------------------------------

水田 愛媛県西条市禎瑞

水田 愛媛県西条市禎瑞 2010年4月13日
NIKON D300 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


水田 愛媛県西条市禎瑞

水田 愛媛県西条市
NIKON D300 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「田園・農林業」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真




 2014年10月15日の西条祭り 伊曽乃神社祭礼 宮出しでの登道だんじり(登道屋台)です。

     「西条異景」に掲載の 登道だんじり の全写真へのリンク集

----------------------------------------------------------------------------------------
本日 2014年11月29日は、5件の新しい記事をアップしました。
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」を順次クリックするか、
  右側のカラムの「新着の記事」から順次ご覧ください。
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧くださいorder="0" />
----------------------------------------------------------------------------------------

登道だんじり(登道屋台) 宮出し

登道だんじり(登道屋台) 伊曽乃神社祭礼 宮出し 西条祭り2014 愛媛県西条市 2014年10月15日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


登道だんじり(登道屋台) 宮出し

登道だんじり(登道屋台)
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


登道だんじり(登道屋台) 宮出し

登道だんじり(登道屋台) 伊曽乃神社祭礼
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


登道だんじり(登道屋台) 宮出し

登道だんじり(登道屋台) 伊曽乃神社祭礼 宮出し
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


登道だんじり(登道屋台) 宮出し

登道だんじり(登道屋台) 伊曽乃神社祭礼 宮出し 西条祭り2014
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「2014 伊曽乃神社祭礼宮出し」の写真はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市北浜南の西条漁港のカモメ(鴎)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
本日 2014年11月29日は、5件の新しい記事をアップしました。
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」を順次クリックするか、
  右側のカラムの「新着の記事」から順次ご覧ください。
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
----------------------------------------------------------------------------------------

カモメ(鴎) 愛媛県西条市北浜南 西条漁港

 西条漁港のカモメ(鴎)
カモメ(鴎) 愛媛県西条市北浜南 西条漁港 2010年1月3日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


      ●私が撮った「カモメ(鴎)」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●越
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%8A

曖昧さ回避 この項目では、中国の王朝の越(えつ)について説明しています。その他の用法については「越 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

越(えつ、紀元前600年頃 - 紀元前334年)は、春秋時代に中国浙江省の辺りにあった国。首都は会稽(現在の浙江省紹興市)。後に漢民族形成の中核となった黄河流域の都市国家群の周辺民族とは別の、長江流域の百越に属する民族を主体に建設されたと言われる。越は楚、呉など長江文明を築いた流れを汲むと考えられており、稲作や銅の生成で栄えた。

なお、『三國志』「烏丸鮮卑東夷傳」に記される「夏后少康之子封於會稽 斷髮文身以避蛟龍之害」に沿って述べると、『吳越春秋(中国語版)』「勾踐伐吳外傳」によると、勾吳を滅ぼした越王の勾踐の流れが、會稽に封ぜられた夏后少康の庶子の無余(中国語版)[1]からの流れとされることから、越の国の禹祠(中国語版)[2]主宰者のルーツは紀元前2千年紀前半まで遡るとも言い得る。

呉との抗争

隣国の呉とたびたび抗争し、紀元前515年、楚に遠征した呉王闔閭の留守を狙って越王の允常[3]は呉を攻め、呉領内を荒らしまわった。更に混乱に乗じて実弟の公子夫概が兄に対して謀反を起こすなど、闔閭の立場が大いに揺らぐ事となり闔閭は越を憎んだ。やがて紀元前496年に允常が死去して、太子の勾践が父の後を継いで即位した。その報せを受けた闔閭が越を攻めたが敗死した。

闔閭の後を継いだ次男の夫差が報復の準備を整えつつある事を憂えた勾践は、先手を打って仕掛けたが逆に大敗し、越は滅亡寸前にまでなったが勾践が謝罪したために滅亡は免れる。謝罪後、勾践は呉で使用人として労働を命じられたりしたが、范蠡の助けを借り、越は呉への復讐心から着実に力を蓄えてゆき、呉が伍子胥を殺害し夫差が中原に諸侯を集めて会盟を結びに行っている隙を突いて呉を攻め、呉に大打撃を与え、紀元前473年には呉を滅ぼした。呉を滅ぼした勾践は、越の都を現在の山東省の琅邪に遷し(江蘇省連雲港との説もある)、更に諸侯と会盟して中原の覇者となった。

勾践は讒言によって腹心の文種を粛清した。これを聞いた范蠡は勾践の猜疑心を知り尽くしていたために、既に斉に逃亡しており、陶朱公と称して富豪となっていた。紀元前465年、勾践は死去した。
滅亡

紀元前334年、勾践の6世の孫である無彊の代に楚の威王の遠征によって、王の無彊は逃亡するも、楚の追撃を受けて捕虜にされ直ちに処刑された。その後、楚懐王の代の紀元前306年頃までに、楚の王族卓滑によって滅ぼされた。
文化
越人像
(浙江省博物館蔵)
越国の戦艦模型

越では銅の生成技術に優れており、1965年に銅剣が湖北省江陵県望山1号墓より出土したが、その銅剣は表面に硫化銅の皮膜が覆っておりさびていない状態で出土し現在も保管されている。稲作は越人によるものである。

荘子によると、当時の越の人々は頭は断髪、上半身は裸で入れ墨を施していたという。
歴代君主

無余,無余
無壬,無壬
無瞫,無瞫
夫譚,夫譚
越王允常,允常
越王勾践,勾践(在位紀元前496年 - 紀元前494年)
呉の支配による空位:紀元前494年 - 紀元前491年
越王勾践(在位紀元前491年 - 紀元前464年)
越王鹿郢(適郢)(在位紀元前463年 - 紀元前458年)
越王不寿,不寿(在位紀元前457年 - 紀元前448年)
越王翁(州句),朱勾(在位紀元前447年 - 紀元前411年)
越王翳,翳(在位紀元前410年 - 紀元前375年)
越王錯枝,錯枝(在位紀元前374年 - 紀元前373年)
越王無余,無余(之侯)(在位紀元前372年 - 紀元前361年)
越王無顓,無顓(在位紀元前360年 - 紀元前343年)
越王無彊,無彊(在位紀元前342年 - 紀元前306年)

脚注

^ 吳越春秋越王無余外傳第六「少康恐禹祭之絕祀 乃封其庶子於越 號曰無余」
^ 禹祠
^ 『春秋左氏伝』では公子倉と記されている。

関連項目

ベトナム帝王一覧
閩越
百越
甌越(東甌)
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




 2014年10月10日、東予秋祭り前夜祭での北條西だんじり(北条西屋台)です。

     「西条異景」に掲載の 北条西だんじり の全写真へのリンク集

----------------------------------------------------------------------------------------
本日 2014年11月29日は、5件の新しい記事をアップしました。
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」を順次クリックするか、
  右側のカラムの「新着の記事」から順次ご覧ください。
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
----------------------------------------------------------------------------------------

北條西だんじり(北条西屋台) 東予祭り前夜祭

北條西だんじり(北条西屋台) 東予祭り前夜祭 愛媛県西条市 新地通り商店街 2014年10月10日
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


北條西だんじり(北条西屋台) 東予祭り前夜祭

北條西だんじり(北条西屋台)
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


北條西だんじり(北条西屋台) 東予祭り前夜祭

北條西だんじり(北条西屋台) 東予祭り前夜祭
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


北條西だんじり(北条西屋台) 東予祭り前夜祭

北條西だんじり(北条西屋台) 東予祭り前夜祭 愛媛県西条市
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


北條西だんじり(北条西屋台) 東予祭り前夜祭

北條西だんじり(北条西屋台) 東予祭り前夜祭 愛媛県西条市 新地通り商店街
NIKON D7000 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「東予祭り」の写真はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市川南の渦井川堤防の菜の花(ナノハナ)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
本日 2014年11月29日は、5件の新しい記事をアップしました。
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」を順次クリックするか、
  右側のカラムの「新着の記事」から順次ご覧ください。
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
----------------------------------------------------------------------------------------

ナノハナ 愛媛県西条市川南 渦井川

 菜の花(なのはな)
ナノハナ 愛媛県西条市川南 渦井川 2010年3月30日
NIKON D300 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


ナノハナ 愛媛県西条市川南 渦井川

 菜の花(なのはな)
ナノハナ 愛媛県西条市川南
NIKON D300 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


ナノハナ 愛媛県西条市川南 渦井川

 菜の花(なのはな)
ナノハナ 愛媛県西条市川南 渦井川
NIKON D300 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


      ●私が撮った「菜の花」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真




 愛媛県西条市の東予祭りの栄町だんじり(栄町屋台)の祭り太鼓です。

     「西条異景」に掲載の 栄町だんじり の全写真へのリンク集

----------------------------------------------------------------------------------------
本日 2014年11月29日は、5件の新しい記事をアップしました。
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」を順次クリックするか、
  右側のカラムの「新着の記事」から順次ご覧ください。
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
----------------------------------------------------------------------------------------

栄町だんじり(栄町屋台) 祭り太鼓 東予祭り 愛媛県西条市

 東予秋祭り前夜祭
栄町だんじり(栄町屋台) 祭り太鼓 東予祭り 愛媛県西条市 2014年10月10日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「祭り太鼓」の写真はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 2014年10月15日の西条祭り 伊曽乃神社祭礼 宮出しでの下小川だんじり(下小川屋台)です。

     「西条異景」に掲載の 下小川だんじり の全写真へのリンク集

----------------------------------------------------------------------------------------
本日 2014年11月28日は、5件の新しい記事をアップしました。
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」を順次クリックするか、
  右側のカラムの「新着の記事」から順次ご覧ください。
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧くださいorder="0" />
----------------------------------------------------------------------------------------

下小川だんじり(下小川屋台) 宮出し

下小川だんじり(下小川屋台) 伊曽乃神社祭礼 宮出し 西条祭り2014 愛媛県西条市 2014年10月15日
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


下小川だんじり(下小川屋台) 宮出し

下小川だんじり(下小川屋台) 伊曽乃神社祭礼 宮出し 西条祭り2014
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


下小川だんじり(下小川屋台) 宮出し

下小川だんじり(下小川屋台) 伊曽乃神社祭礼 宮出し
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


下小川だんじり(下小川屋台) 宮出し

下小川だんじり(下小川屋台) 伊曽乃神社祭礼
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


下小川だんじり(下小川屋台) 宮出し

下小川だんじり(下小川屋台) 
NIKON D7000 + AF-S Zoom-Nikkor 18-70mm 1:3.5-4.5 G ED(IF)


      ●私が撮った「2014 伊曽乃神社祭礼宮出し」の写真はここから順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪

 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




 愛媛県西条市北浜南の西条漁港のカモメ(鴎)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
本日 2014年11月28日は、5件の新しい記事をアップしました。
最近は一日に4~8ページぐらい、お祭りと他の写真を交互にアップしていますので、その日の新着ページは、
  西条異景トップページから、各ページの一番下にある「NEXT >>」を順次クリックするか、
  右側のカラムの「新着の記事」から順次ご覧ください。
屋台別の全祭り写真へのリンク集だんじり・太鼓台などの祭り屋台別の全ての掲載写真へのリンク集です。
行事別のお祭り写真集は右側のリンクからご覧ください
----------------------------------------------------------------------------------------

カモメ(鴎) 愛媛県西条市北浜南 西条漁港

 西条漁港のカモメ(鴎)
カモメ(鴎) 愛媛県西条市北浜南 西条漁港 2010年1月3日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


      ●私が撮った「カモメ(鴎)」の写真はここをクリックして順次ご覧ください

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●ベイジル・リデル=ハート
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%A4%E3%82%B8
%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%87%E3%83%AB%EF%BC%9D%E3
%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88

サー・バジル・ヘンリー・リデル=ハート(Sir Basil Henry Liddell-Hart, 1895年10月31日 - 1970年1月29日)は、イギリスの軍事評論家、軍事史研究者、戦略思想家。日本ではファーストネームを誤って「ベイジル」と発音されることが多いが、実際の発音は「バジル」が正しい。

軍事戦略、陸上作戦、核戦略の研究領域において奇襲、機動戦、間接アプローチ、大戦略などの研究業績を残した。20世紀という時代を象徴する戦略思想家[1]と称される。リデル=ハートに影響を与えた人物には孫子やカール・フォン・クラウゼヴィッツ、ジョン・フレデリック・チャールズ・フラーなどがおり、彼が影響を与えた人物にはハインツ・グデーリアンやバーナード・ブローディなどがいる。

生涯
生い立ちと軍歴

1895年にパリのイギリス人牧師の家庭に生まれた。幼少から戦争シミュレーションに強い関心を抱いており、チェス愛好家でもあった。歴史や鉄道、旅行についての本を数多く読んでおり、小学校では国語と歴史、地理が得意であった。病弱であったがクリケットとサッカーも好んでいた。13歳のときに志望した海軍学校の入学試験では身体検査の結果が悪かったために入学はできなかった。セント・ポールに進学するとラグビーを好むようになり、航空について強い関心を示すようになり、航空雑誌に意見を投稿している。

ケンブリッジ大学に入学し、歴史学を専攻するが、成績は芳しくなかった。後年ケンブリッジ大学で学んだものを問われた際に、最高級の料理とワインの味と答えている。軍事史に興味を示すようになるのはこの頃からである。1914年に第一次世界大戦が勃発し、イギリス陸軍を志望し、大学将校養成センターで訓練教育を受け、英陸軍の臨時士官になる。そして1914年11月から西部戦線に送られ、12月7日にキングス・オウン・ヨークシャー軽歩兵連隊の少尉として任官された。当時、リデル=ハートは19歳であった。

まずフランスのモーランコー、次にイープルで勤務したが、戦場での熱病、負傷により2度本国に送還されており、ごく短期間の勤務になった。3度目の勤務では1916年7月にソンムの戦いにヨークシャー歩兵連隊の大隊指揮官として攻勢作戦に参加したが、激しい戦闘で大隊は壊滅し、自身も負傷でまた本国に送還された。この戦闘経験は自身の回顧録によれば、「目的達成のために要する人的物的損害を最小化する」ことへの問題意識を持たせることとなり、間接アプローチ戦略の原点となったと述べている。

その後、イギリスで歩兵戦術についてのパンフレットを作りフランス駐留英陸軍部隊に配布された。その後陸軍の要請を受けて『歩兵操典』を作成した。1922年から1924年の間は持病の心臓発作などの理由でイギリス陸軍教育隊に教官として配属されることとなったが、強烈な個性のために将校として不適格と判断され、1927年には大尉で退役した。
著述活動

退役後は作家・ジャーナリストとしての執筆活動を開始し、1929年に『歴史上の決定的戦争』を発表している。この著作では後の『戦略論』の雛形でもあり、間接アプローチ戦略の概念が論じられている。『モーニング・ポスト』『デイリー・テレグラフ』『タイムス』の軍事担当記者として勤めた。さらに1935年から2年間に渡り当時の陸相ホーア・ベリシアの非公式の助言者として働いた。しかし公職には就かず、軍事史研究者・軍事評論家として研究執筆活動を行い、オペレーションズリサーチ研究者や軍人との交流を活発に行った。

第二次世界大戦が勃発した際のリデル=ハートの立場は攻勢に批判的であり、ドイツの軍事行動を予防し、また戦争の拡大を防止するために外交交渉によるドイツとの妥協の必要性を訴えた。しかしこれはドイツ軍が必ず敗北することを前提としており、電撃戦で連合軍が大きな損害を出すと批判されることにもなる。特に戦時中であったこともあり総力戦の批判は敗北主義と受け取られ、リデル=ハートの名声を貶めることとなった。大戦の後期にはドイツを完全に敗北させる総力戦は事実上不可能であり、またイギリスの財政を圧迫するだけだと論じた。1943年にチャーチルが枢軸国の無条件降伏を決定した際には反対の覚書を政府に送付している。

第二次世界大戦が終結してからはオックスフォード大学への就職に努力するが、失敗した。この結果として多くのドイツ軍の将校たちと交流する機会を得て、ハインツ・グデーリアンとも対談している。冷戦期においてリデル=ハートの間接アプローチ戦略の思想は対ソ政策に向けられており、ジョージ・ケナンの封じ込め政策との類似性が認められる。1954年に『戦略論』を執筆し、これは英語圏で好調な売れ行きを見せた。晩年にはステート・ハウスでサロンを開き、数多くの知識人に門戸を開いていた。その結果、世界中の多くの歴史家や軍人がリデル=ハートを師として仰ぐようになる。1966年にはナイト称号が授与され、その4年後に死去した。
理論
間接アプローチ戦略

詳細は「間接アプローチ戦略」を参照
[icon] この節の加筆が望まれています。
日本関係の論評

日露戦争において、旅順要塞を攻略せずに放置することにより、ロシア軍を誘致して決戦する方策が有利だったのではないかという点と、ロシアが長大な補給線をシベリア鉄道に頼っていたことから、補給線の破壊が有利な戦略だったのではないかという点を指摘している[2]。

太平洋戦争開戦のきっかけとなった連合国側の在外日本資産凍結と石油禁輸措置について、日本を自国崩壊や国策の廃棄を回避する唯一の手段としての戦争に追い込むことは必定であり、また、4ヶ月以上も石油解禁の交渉に努めていたことは特筆に値することだと述べている。また、原爆投下について、日本の降伏は既に時間の問題となっていたので、このような兵器を用いる必要性は無かったと批判している。さらに、連合国側の無条件降伏要求が、戦争を長引かせる一因となったことを指摘し、何百万人もの犠牲を余分に出す結果になったとも論評している[3]

1927年に刊行された Great Captains Unveiled の、チンギス・ハーンとスブタイに関する評論の文中で「日本は、勇気に富み、規律ある戦闘集団が、東方から来ることが可能であることを、我々に思い出させた」と記述している[4]。
影響

晩年、リデル=ハートは自宅に若手の軍人・政治家や戦略研究家を招き、一種のサロンを開いた。彼らは後に欧米諸国の要職に就いている。
[icon] この節の加筆が望まれています。
著作

Scipio Africanus: Greater Than Napoleon (W Blackwood and Sons, London, 1926; Biblio and Tannen, New York, 1976)
Great Captains Unveiled (W. Blackwood and Sons, London, 1927; Greenhill, London, 1989)
『覆面を剥いだ名将たち――統率の原理と実際』 原書房、1972年=改題『世界史の名将たち』原書房、1980年。新版2010年
The Remaking of Modern Armies(1927)
『近代軍の再建』 岩波書店、1944年
Reputations 10 Years After (Little, Brown, Boston, 1928)
The decisive wars of history (1929) (のち Strategy: the indirect approachに所収)
The Real War (1914–1918) (1930), のち A History of the World War (1914–1918).
『第一次世界大戦』 フジ出版社、1976年/中央公論新社 上下 、2000年
Foch, the man of Orleans (1931), Penguin Books, Harmondsworth.
Sherman: Soldier, Realist, American (Dodd, Mead and Co, New York, 1929; Frederick A. Praeger, New York, 1960)
The Ghost of Napoleon (Yale University, New Haven, 1934)
『ナポレオンの亡霊 - 戦略の誤用が歴史に与えた影響』 原書房、1980年。新版2010年
The Defence of Britain (Faber and Faber, London, 1939; Greenwood, Westport, 1980)
『英帝国崩潰の真因 - 英国の防衛』実業之日本社、1940年
The Current of War, London: Hutchinson, 1941
The strategy of indirect approach (1941, reprinted in 1942 under the title: The way to win wars,[5]
『戦略論 間接的アプローチ』原書房,1971年上下/新装版1986年,新訳、2010年
The Revolution in Warfare, London: Faber and Faber, 1946
The Rommel Papers, 1953
編著『ロンメル戦記 - ドキュメント』 読売新聞社、1971年
The Tanks - A History of the Royal Tank Regiment and its Predecessors: Volumes I and II (Praeger, New York, 1959)
The Memoirs of Captain Liddell Hart: Volumes I and II (Cassell, London, 1965)
『リデル・ハート回顧録 』全四巻 防衛研修所、1970-71年
Why don't we learn from history? (Hawthorn Books, New York, 1971)
History of the Second World War (Putnum, New York, 1971)
『第二次世界大戦』フジ出版社、1978年/中央公論新社、1999年
"Foreword" to Samuel B. Griffith's Sun Tzu: the Art of War (Oxford University Press, 1963)
The Other Side of the Hill. Germany's Generals. Their Rise and Fall, with their own Account of Military Events 1939-1945,(London: Cassel, 1948; enlarged and revised edition, Delhi: Army Publishers, 1965)
『ナチス・ドイツ軍の内幕』 原書房、1973年=改題『ヒットラーと国防軍』原書房、1976年、新装版、1980年、2010年

その他の邦訳

『軍拡下のヨーロッパ』 清和書店、1938年
『抑制か防衛か - 西側軍事体制の新構想』 防衛研修所研究部、1961年。
『解放の戦略 - 毛沢東とゲバラ』 番町書房、1965年。
『第一次大戦 - その戦略』 原書房、1980年。新版2010年(原著The War in Outline)

脚注
[ヘルプ]

^ 石津 (2008) p.2
^ ベイジル・リデル=ハート『戦略論 間接的アプローチ』市川良一訳、原書房(上・下)、2010年 
^ 『第二次世界大戦』中央公論新社,1999年。
^ Great Captains Unveiled, Da Capo Press, 1996.
^ Strategy: the indirect approach,

参考文献

石津朋之編著『戦略論大系4 リデルハート』芙蓉書房出版、2002年、ISBN 482950305X
石津朋之『リデルハートとリベラルな戦争観』中央公論新社、2008年
ピーター・パレット編、防衛大学校「戦争・戦略の変遷」研究会訳『現代戦略思想の系譜』、ダイヤモンド社、1989年、 ISBN 4478370427
伊藤憲一『国家と戦略』中央公論社、1985年
E.M.アール編著、山田積昭他訳『新戦略の創始者』原書房、1975年
Brian Bond, Liddell Hart: A Study of His Military Thought (London and New Brunswick, N.J., 1977)
ブライアン・ボンド「リデルハートとリベラルな戦争観」立川京一訳、防衛研究所、平成11年10月。
Michael Howard, The Causes of Wars (London, 1983;2d ed. Cambridge, Mass., 1984)

関連項目

大戦略
 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2014 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.