西条市飯岡八幡原の原八幡神社の「八幡まつり」で披露された田宮流居合術です。
 田宮流居合術は、戦国時代に抜刀の始祖といわれる林崎甚助に師事した田宮平兵衛業正を流祖として伝わった紀州藩の武芸で、寛文十二年に松平頼純が藩主として紀州から伊予西条に入部し、紀州田宮流も西条藩に伝わり、田宮神剣流として大成されて、現在まで継承されているそうです。

●田宮流居合術関連の記事
   ■田宮流居合術
   ■田宮流居合術

田宮流居合術 原八幡神社八幡まつり

田宮流居合術 原八幡神社八幡まつり 愛媛県西条市飯岡八幡原 2009年9月13日
NIKON D300 + NIKON AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)


田宮流居合術 原八幡神社八幡まつり

田宮流居合術


田宮流居合術 原八幡神社八幡まつり

田宮流居合術 原八幡神社八幡まつり


田宮流居合術 原八幡神社八幡まつり

田宮流居合術 原八幡神社八幡まつり 愛媛県西条市飯岡八幡原


      ●私が撮った「イベント - 近隣の催し等」の写真はここをクリックして順次ご覧ください


 
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.