お祭り写真集は右側のリンクから
      ■現在、撮影した以下のお祭りの様子を精力的にアップしています。

      ■今後、掲載予定の2009年の祭り
      ●(10月17日) 新居浜太鼓祭り角野泉川地区夜太鼓、上部地区太鼓台統一かきくらべ
      ●(10月16日) 伊曽乃神社お旅所・川入り・駅前と西条地区後夜祭
      ●(10月15日) 石岡神社祭礼後夜祭・宮入り、みこし(御輿)のねり比べ、石岡神社渡御行列(お旅所付近)
      ●(10月14日) 土居太鼓祭り統一かき比べ、石岡神社祭礼本殿祭
      ●(10月13日) 土居太鼓祭り北小学校
      ●(10月11日) 禎瑞嘉母神社祭礼統一運行・河川敷
      ●(10月10日) 東予秋祭り統一運行

      ■掲載完了の2009年の祭りなど
      ●「2009 天皇陛下御即位20年奉祝」伊曽乃神社、お旅所、御殿前、マルヨシはここから
      ●「2009 伊勢神宮宇治橋渡始奉納」はここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 宮出し」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御旅所」などはここから
      ●「2009 伊曽乃神社祭礼 御殿前」などはここから
      ●「2009 西条市の祭り関係 石水会、植村会、七泰会、伊曽乃川人会、宮出し、前夜祭、八丁屋台昼・夜運行
        加茂神社例祭(福武祭)、原之前荒神祭、秋季弁天祭り、橘新宮祭、御所神社祭
        八丁屋台新調、愛寿会慰問運行、横黒屋台30周年、吉原稲荷大明神大祭高松
        四国の祭り2009、西条市産業文化フェスティバル子供屋台運行、伊曽乃神社の開運春まつり」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り川西 川東 多喜浜駅前かきくらべ、新田入口、下原バス停、松神子 vs 阿島鉢合わせ
        一宮神社かき比べ(大江vs中須賀、大江vs西町小競り合い)、大江浜かき比べ(大江vs中須賀小競り合い)
        東浜太鼓台新調、江口太鼓台新調、東町太鼓台展示(フジグラン今治)
        伊藤商店飾り幕展示、久保田太鼓台展示、新須賀太鼓台(フジグラン新居浜)
        池田太鼓台(船木夏祭り)、新居浜夏祭り、マイントピア別子の子供太鼓台」などはここから

      ●「2009 新居浜太鼓祭り上部地区 上部地区太鼓台統一かきくらべ、大生院中萩地区夜太鼓」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り関係 子供太鼓台」などはここから
      ●「伊曽乃神社奉納屋台総集編」などはここから
      ●「石岡神社祭礼奉納屋台総集編」などはここから
      ●「飯積神社祭礼奉納太鼓台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り 川西地区太鼓台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り 川東地区太鼓台総集編」などはここから
      ●「新居浜太鼓祭り 上部地区太鼓台総集編」などはここから
      ●「丹原町屋台 総集編」などはここから
      ●「2009 石岡神社例大祭 天皇陛下御即位20年奉祝、橘・氷見地区宵祭り
        山王神社祭り、桜木神社祭礼、高尾神社春祭り」などはここから

      ●「飯積神社祭礼 飯積神社祭礼船屋朝太鼓、八幡まつり、飯岡本郷太鼓台年越し運行」などはここから
      ●「禎瑞嘉母神社祭礼 宮出し、子供太鼓台運行」などはここから
      ●「東予秋祭り 鶴岡八幡神社宮出し、保内八幡神社宮出し、東予宵祭り(前夜祭)」などはここから
      ●「小松町秋祭り」 小松祭り前夜祭などはここから
      ●「丹原町秋祭り 丹原町統一かきくらべ、恵美洲神社春祭り」などはここから
      ●「土居町太鼓祭り」などはここから
      ●「上野太鼓祭り 関川小学校」などはここから
      ●「伊予三島秋祭り」などはここから
      ●「今治市の祭り お供馬の走り込み練習」などはここから
      ●「松山市の祭り」などはここから

 2009年10月14日、石岡神社祭礼・本殿祭での裏組だんじり(屋台・楽車)です。

   ●私が撮った「2009 石岡神社例大祭」の写真はここから順次ご覧ください

(西条祭り 2009) 石岡神社祭礼・本殿祭 裏組だんじり(屋台) 愛媛県西条市氷見 2009年10月14日

 石岡神社祭礼・本殿祭での裏組だんじり(屋台・楽車)
(西条祭り 2009) 石岡神社祭礼・本殿祭 裏組だんじり(屋台) 愛媛県西条市氷見 2009年10月14日
NIKON D80 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ Rankingに参加しています。ぽちっと応援をお願い致します♪


●お祭り・文化・名勝関連の豆知識●

●伊予銀行(いよぎんこう)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E4%BA%88%E9%8A%80%E8%A1%8C

伊予銀行(いよぎんこう)は、愛媛県松山市に本店を置く地方銀行。愛称は「いよぎん」。英語名は「The Iyo Bank,Ltd.」

伊予銀行のデータ
英名 The Iyo Bank,Ltd.
統一金融機関コード 0174
SWIFTコード IYOBJPJT
代表者氏名 森田浩治 (頭取:)
店舗数 155店(2009年8月1日現在)
従業員数 2917人(2009年3月31日現在)
資本金 209億4800万円
総資産 4兆8547億円(連結)
貸出金残高 3兆1085億円(2007年6月)
預金残高 4兆1813億円(2007年6月)
設立日 1878年3月15日
所在地
〒790-8514
松山市南堀端町1番地
外部リンク 伊予銀行

概要

* 地方銀行として伝統的に地元重視の経営であり、大都市圏にも店舗を有しているが、不動産がらみの与信には慎重であり、不良債権も少ない。また、有価証券の含み益の多さでも知られている。
* 頭取は歴代、生え抜き。取締役も全員生え抜きで、財務省・日本銀行からのいわゆる天下り役員もいない。(2007年11月現在) 以前は国際業務の提携関係で東京銀行(当時)から外国部長(後に国際部長)として取締役を招聘していたが、現在では同ポストも生え抜きが就いている。
* 関連会社のリース会社は住友系との関係がある一方、クレジットカードは三菱系のDCブランドであるなど、特定のメガバンクグループに属しているわけではない。
* ホストコンピュータのメインフレームはIBM製を採用。他行とのシステム共同化の予定はない。(2007年9月26日、千葉、第四、北國、中国が7月から進めている「システムに関する共同検討会」への参加を決めた、とプレス発表があった。一部報道機関では「システム共同化への参加」と報じているが、これは誤りである)
* 資金量は四国最大。特に造船・海運関係の与信管理では国内トップクラス。
* 瀬戸内沿岸の主要都市へ広域展開しており、店舗展開地域は地銀トップの13都府県。(愛媛、大分、福岡、香川、高知、徳島、広島、岡山、山口、兵庫、大阪、愛知、東京 …店番順)
* 資金量・店舗網の大きさにより、四国でのリーディングバンクという地位を得ている。
* 東京・大阪証券取引所1部上場(証券コード8385)

業績
概要

* 地銀ではまだ数少ない国際統一基準(BIS規制)による自己資本比率算出を行っており、新国際統一基準「バーゼルII」への取り組みも他行に先駆けている。

主要財務指標・2007年3月期

* 資本金 209億4800万円
* 発行済み株式総数 3億2377万5366株
* 総資産 単体4兆8228億円、連結4兆8547億円
* 純資産 単体3966億円、連結4104億円
* 1株あたり純資産 単体1,228.80円、連結1,233.18円
* 経常収益 単体1025億2100万円、連結1173億1800万円 (単体274億7900万円、前年同期242億5900万円)
* コア業務純益 単体367億2200万円 (9557億円、前年同期9335億円))
* 税引後純利益 単体165億3300万円、連結166億2900万円 (単体4673億円、前年同期5837億円)
* 1株あたり純利益 単体51.20円、連結51.54円
* 1株あたり配当金 7.50円
* 預金残高 4兆1984億円、うち個人預金2兆7581億円 (4兆1813億円、2兆8179億円)
* 預り資産残高 3476億円、うち投資信託1550億円 (3715億円、1758億円)
* 貸出金残高 3兆1078億円、うち個人融資8130億円 (3兆1085億円、8130億円)
* 有価証券含み益 2182億円 (2253億円)
* 不良債権残高 1058億円 (1048億円)
* 不良債権比率 3.29% (3.26%)
* 自己資本比率 単体12.22%、連結12.54% (単体12.27%、連結12.61%)
* 期中平均人員(正行員) 2,392人
* 店舗数 150店舗-うち国内149〔本支店142・出張所7〕・海外1、海外駐在員事務所2
* 連結子会社数 12
* 主要株主 信託銀行、生命保険会社〔日本・明治安田・住友・第一〕、三菱東京UFJ銀行、損保ジャパン、従業員組合、住友林業など

(注)カッコ内は2007年度第1四半期末(6月末)。自己資本比率算出は新国際統一基準(バーゼルII)基礎的手法による。
IR活動

* 開示資料 「いよぎんレポートxxxx(西暦年が入る)」(年1回、6月)、「いよぎんからのお知らせxxxx」(年2回、6月・12月=中間決算後)
* 2001年からは毎年7月に、愛媛県内主要6都市で「決算説明会」を開催している。説明会に引き続いては著名人を招いた講演会もあり、好評である。
* 2002年7月に、四半期業績開示を国内銀行で初めて実施した。

経営
Ambox style.png
この項目は過剰な加筆が行なわれ、読みにくくなっています。
あまり重要ではない事項を細かく解説することは、むしろ閲覧者の理解を妨げ関心を損ないます。これ以上の内容の増大は歓迎されません。内容の削減をノートで検討しています。
企業理念、シンボルマーク

1990年1月4日、現在の企業理念が発表された。

* 存在意義 「潤いと活力ある地域の明日をつくる」
* 経営姿勢 「最適のサービスで信頼に応える」
* 行動規範 「感謝の心でベストをつくす」

また、同年の創立記念日(9月1日)をもって、それまでの「伊豫銀行」(イメージカラーは愛媛県の特産品みかんと同じオレンジ色だった)から「伊予銀行」へ行名を変えると同時にシンボルマーク「エバーグリーンマーク」を採用した。基本色は以下の4色で、総称して"アース(地球)カラー"と呼んでいる。(現在、同じ愛媛を地盤とする愛媛銀行がオレンジをイメージカラーとしている)

* 緑(Grace Green)=大地、潤い
* 黄(Vital Yellow)=太陽、活力
* 桃(Tender Pink)=花、優しさ
* 青(Fresh Blue)=海、新鮮さ

目指す銀行像

親切で頼りがいあるベストパートナーバンク
経営姿勢

* 「地域志向」「お客さま志向」の経営
* 健全性確保と収益力強化による経営体力向上
* 絶え間なき変革への挑戦

戦略カテゴリー

* 収益力の強化
* 経営管理・財務の変革
* 人事・組織の変革
* コスト最適化への変革
* ITの戦略的活用

2009年3月末数値目標

( )内は2007年3月末

* コア業務粗利益 830億円以上 (806億円)
* コア業務純益 390億円以上 (367億円)
* 当期純利益 220億円以上 (165億円)
* ROE 7.5%以上 (6.36%)
* 総資産残高 5兆円以上 (4兆8228億円)
* 新規融資事業所開拓先数 1万先以上 (3,435先)
* OHR 55%以下 (54.4%)
* 不良債権比率 2%以下 (3.29%)
* 連結自己資本比率 13%以上 (12.54%)

組織改正

1990年代以降、ほぼ3年毎に大規模な本部の組織改正を実施している。金融を取り巻く環境が変化する中で、柔軟に対応しているといえば聞こえはいいが、法人向け営業・個人向け営業を一度は統合しながら、2006年になって再び分離させるなど、長期的なスタンスに立った改正をしているわけではない。「何がベストの状態か」を探す、いわば「試行錯誤」の途上にある。
2000年以降の主な組織改正

* 1999年12月 検査部内室に「コンプライアンス統括室」を設置。
* 2000年7月「営業推進部」と「営業企画部」を統合し、「営業統括部」(主に法人向け)、「個人部」(内室に「ネットワーク事業室」「個人ローンセンター」)に再編。市場金融部を解体し運用部門を資金証券部の内室とし「資金為替室」に、監視部門を「市場管理室」(独立)に再編。公務部を「地域振興部」と改称。
* 2003年7月 個人部・ネットワーク事業室を営業統括部に吸収。預り資産・新ビジネス強化のため「金融サービス部」を設置、コンサル部門を「企業コンサルティング部」に分離独立。個人ローンセンターを「個人サポートセンター」に改称。
* 2004年7月 内部監査室を設置。
* 2005年7月 リスク統括室を設置。
* 2006年8月「金融サービス部」を廃止し「営業統括部」に吸収、「法人営業部」「個人営業部」を設置。営業統括部は存続。検査部を「監査部」に改称、内室の「コンプライアンス統括室」を独立化。リスク統括室を「リスク統括部」に昇格。個人サポートセンターを法人も対象にするため「営業サポートセンター」に改称。

個人市場
基本スタンス

愛媛県内においては、高いシェアを有しており、個人金融資産運用商品等も品揃えしているが、無理な拡販はしていない。ペイオフ対策も難なく乗り切った。むしろ他の業態、特に対郵便貯金戦略が個人市場の鍵を握っている。

キャラクター 1998年8月より「ハーイあっこです」でおなじみのみつはしちかこさんによるコミックキャラクターを採用している。
「坊っちゃん」誕生100周年関連

松山にゆかりのある夏目漱石の小説「坊っちゃん」が世に出て100年になるのを記念して、2006年4月3日「坊っちゃん100年記念定期預金」を発売した。1口100万円、期間は1 年で、金利は0.1%(通常0.08%)と特別優遇していたわけではない。本商品が人気を集めたのは、同行で初の懸賞付(道後温泉ペア宿泊券、100口に対して3口の割合)だからであった。県下では「シブい」ことで評判の同行が、懸賞付預金を発売したことのインパクトは相当なもので、道後温泉地元の道後支店では発売初日に通常の3倍以上の来店客があり、支店長以下行員全員が「坊っちゃん」「マドンナ」のコスチュームで応対するほどの力のいれようだった。発売後5日間で、100億円の当初募集枠は完売し、さらに100億円枠を追加したが、それも5月8日に完売した。宿泊券の抽選は6月 12日に実施し、600名が当選した。

2007年10月15日(月)から、創業130周年を記念し抽選で「えひめ愛あるブランド」(えひめ愛フード推進機構)の商品が当たる定期預金(金利上乗せはなし)を発売している。販売予定額1500億円。同行の懸賞付定期預金としては2例目となる。

一方、本四架橋尾道~今治ルート、通称「しまなみ海道」開通(1999年)時のブームが去って、長期低迷が続いていた道後温泉街では、本館の東に「坊っちゃん記念碑」ができたこともあって、久しぶりの活性化に期待を寄せていたが、宿泊客はむしろ減少しており、テコ入れとはなっていない。なお、同行には四国唯一となる職場合唱団があるが、その記念碑の除幕式(4 月29日)にあわせて、同じく夏目漱石が書いた詩「童謡」に初めて曲をつけて披露するなど、同行の「坊っちゃん100年」記念事業にかけた意気込みは相当なもののようだ。(もっとも松山市全体が「坊っちゃん100年」に熱狂していたようだが)
キャンペーン=

2006年11月14日(火)から、創立65周年記念定期預金「いよの夢」(金利年0.65%)を発売した。発売開始日は「いい伊予の日」という語呂合わせ。当初400億円の枠で最大2007年3月30日まで販売する予定だったが、わずか5営業日で満杯となってしまった。11月20日に急遽250億円拡大し650億円としたが、それも11月22日には完売し、同日、販売終了を発表した。最近こそ投資信託など預金以外の預り資産にも資金が回ってはいるが、やはり多少利回りが低くても定期預金を選択するあたりは、愛媛の保守的な県民性が伺える。

2007年7月12日(木)、今度は創業130周年記念感謝定期預金「いよの思い」を発売。130周年(1878年前身の第二十九、第五十二国立銀行設立)にちなみ、金利(税引き前)は5年物で1.30%と、同行が取扱う邦貨預金では最高水準。なお、今回の130周年以降、同行ではメモリアルカウントとして、これまでの「創立ベース(1941年9月1日)」から「創業ベース」へ全面的に切り替えることとしている。「いよの思い」は当初500億円枠のところ、8月3日までに600億円が売れたため、9月28日までの発売予定を前倒しして終了した。

2007年11月13日(火)、創業130周年記念「幸せパックスペシャル」(定期預金&投資信託のハイブリッド型商品)を発売する。初年度の税引前金利は年1.3%(税引後1.04%)。「いよの夢」発売から1年になるため、満期対策の意味合いもある。
個人向け融資
住宅ローン

法人向け貸出金が伸び悩む中で、個人向け貸出金は好調である。同行の住宅ローンは、「高い(金利)・遅い(審査)・面倒(手続き)」で評判だったが、2003年3月3日の「まるごと住宅ローンワイド」の発売開始後急速に残高を拡大しており、2006年9月末の残高5473億円は前年比10%もの増加となった。2006年5月31日(水)からは「まるごとリフォームローン」も発売した。

2007年3月26日(月)から、給与振込または年金振込、公共料金の引き落とし契約など、一定の条件を満たした申込者への「全期間固定金利型」を追加した。
教育ローン

個人ローンのもう一つの柱は「教育ローン」である。発売当初から国民金融公庫に強い対抗意識をもっており、マイカーローンの金利が9%近くあったバブル崩壊直後でも4%台とかなり低めの金利を設定するなどの施策がユーザに好評である。

教育(育児)支援については、他の個人ローンについても子供2人以上の場合に「子宝ローン」の名称を使い低金利優遇を図っている。一方、預金面では従来の教育積立「愛情」への金利上乗せ(子供3人目から)を2007年1月22日(月)から適用している。
その他

2006年7月13日(木)より、「介護サポートローン」を発売している。

カードローンについては、手軽に借りられる利便性が好まれ、銀行にとっても高金利で収益に貢献することから、同行も窓口販売を中心に積極的に取り組んでいる。現在は、普通預金にセットする随時弁済型の「さっとカードローン」、専用口座で毎月定額弁済とする代わりに金利を低く抑えた「ほっとカードローン」が軸となっている。しかし近年は、カードローン自体が敬遠されていることから、残高は伸び悩んでいる。

2007年3月9日から展開中の「マイカーローンキャンペーン」(12月28日まで)では、「飲酒運転撲滅宣言」に署名をすることで通常金利より1%優遇が受けられる。全国の銀行では初めての試みであり、信金を入れても3行目である。
振込手数料無料化

2006年7月18日(火)より、ATM(キャッシュカード使用)および「いよぎんダイレクト」(インターネットバンキング、モバイルバンキング)による本支店宛の振込手数料が無料化された。2006年6月19日のプレス発表時点では地銀初、大手行を含めても三菱東京UFJ銀行に次いで2番目の試みとされたが、直後に阿波銀行が同年6月26日から個人インターネットバンキングに限り振込手数料を無料にすると発表、実施時期では先を越されてしまった。愛媛県内でも愛媛信用金庫が7月3日から実施しており、愛媛銀行も7月18日からの実施を決めるなど、追随する動きが目立った。
法人市場

地盤とする愛媛県は大企業・中堅企業が少ないことから、中小企業への取組みが中心となる。また、瀬戸内圏主要都市での取引先層の厚みを持たせる取組みも重要な課題。

法人向け貸出金の主力は「ビジネスサポートローン」で、用途に応じて「A」から「F」の愛称がある。

他に、新分野進出応援の「ニュービジネスファンド」、環境クリーン資金、介護ビジネスローン、一次産業向け「アグリフィッシャーローン」、商工会議所メンバーズローンなどを取り扱っている。

* 2005年11月15日(火)に「営業支援システム」、同年12月8日(木)に「融資支援システム」(共にフューチャーシステムコンサルティングが開発ベンダー)を相次いで稼動させており、事務の効率化、決裁の早期化、コンサルティング機能の向上を実現させている。
* 2006年4月21日(金)、独立行政法人「情報処理支援機構」(IPA)との提携商品「IT企業応援ローン」の第1号案件が成約に至った。
* 2006年5月1日(月)より社団法人愛媛県法人会連合会とのコラボレーションローンを取り扱っている。対象は愛媛県法人会会員で、かつ税理士会所属税理士が関与している企業(個人事業主を含む)で、最高5,000万円。担保は不要。
* 2006年11月1日(水)から外為インターネットバンキングサービスを開始。
* 2007年2月15日(木)、三菱東京UFJ銀行と「環境融資等に関する業務協力協定」を締結。

証券・国際業務戦略、新金融サービス

地方銀行として、他の金融機関との競合上、品揃えの意味合いが強い商品も多い。

証券・国際業務は本店のほか東京地区に分室(資金為替室)を置いて行っている。

国際業務

地元の主要産業として造船・海運関係(今治・波止浜地区)があり、与信の関係から国際業務には積極的に取り組んできた。近年は中国進出企業の支援に力を入れており、毎年4月と10月には広州交易会で商談会を開催している。

* 2007年6月7日(木)に、同行を含めた全国地銀11行の共同による合同商談会「ふるさと商談会2007」を上海で開催した。同行は四国の地銀として初の参加。他の参加行はほくほくFG(傘下=北海道、北陸)、七十七、常陽、横浜、大垣共立、京都、中国、ふくおかFG(傘下=福岡、熊本ファミリー)。
* 2007年6月22日(金)には同じ中国の広東省深圳で、香港・華南に拠点を置く同行を含めた地銀17行の共同による「日系企業ビジネス交流会」を開催した。

証券業務

伝統的に堅実なスタンスで臨み、有価証券の含み益は2182億円(2007年3月末)と地方銀行でもトップクラスである。
新金融サービス

投資信託、個人年金保険といった新預かり資産増強への取り組みは四国の他行に比べて遅れ気味であったが、直近2年3ヶ月間で投資信託の残高は281億円から1,758億円(2007年6月末)と6倍超に急増、四国のトップばかりか、一気に地銀上位へ浮上した。(直近1年間では52.3%増)

2005年12月22日(木)より取扱を開始した「一時払終身保険」も相続対策などで好調。個人年金保険全体では2007年6月末で465億円と前年比32億円増加。

天候デリバティブも取り扱っているが、天候に左右されやすい産業が少ないことから、成約事例はまだ報告されていない。

店舗政策
概要

* 店舗一覧

同行の国内店舗数は152ヶ店で、13都府県に展開しており、その数は地銀トップである。他の瀬戸内沿岸地銀も隣県・対岸県と大阪・東京へ出店しており、展開数は多めであるが、同行の本拠地愛媛県は北東~南西に長く、隣接県が特に多い(香川、徳島、高知、広島、山口、大分。準隣接県として岡山、福岡)という特徴がある。

窓口営業時間は、ローンプラザ松山を除く国内全店が平日9時~15時、ローンプラザ松山が平日9時~17時と土日祝10時~16時。あと、愛媛県内基幹店(日吉(今治市)、新居浜、三島(四国中央市)、西条、大洲、宇和島)内にもローンプラザが設けられており、こちらは平日(9時~17時)のみ。

ATMの営業時間は愛媛県内主要店およびスーパー等設置の店外コーナーが平日8時~21時、土曜8時45分~21時、日祝9時~21時。愛媛県外店は平日のみで8時45分~17時(高松支店は18時まで)

2007年7月4日にサービス提供を開始したコンビニATMでは、平日7時~23時、土日祝7時~21時。5月の大型連休期間(3日~5日)のATM稼動は、メガバンクなどに先駆け、2001年から実施している。

2001年4月23日(月)に個人向けインターネットバンキングの24時間取扱を開始したのに伴い、オンラインシステムも24時間稼動(土曜深夜~日曜早朝はメンテナンスのため休止)しているが、ATMの24時間営業化対応についてはまだ計画はない。

「1月1日を含める365日フル稼働」についてはこれまで「元日はシステムメンテナンスにあてている」という理由から見送っていたが、7月4日(水)のコンビニATMサービス提供開始や10月に発足したゆうちょ銀行の攻勢などに対抗すべく、2008年より元日もATMを稼動させることとなった。

県内店舗

近年では、店舗の配置見直しが課題となっており、2004年には、松山市内(南支店)や久万高原町(落出出張所)、愛南町(御荘支店)等で店舗統廃合を行っている。2007年1月22日には、波方支店(今治市)を波止浜支店(同)へ統合した。しかし、2008年春松前町にオープンしたエミフルMASAKI内に、同行2例目のインストアブランチが開設され、実に9年半ぶりの新店舗オープンとなった。また、勘定を伴う休日営業店舗としても2例目となる。

個人営業特化型店舗として山越支店がオープンした。
湊町支店での休日営業

2007年10月13日(土)より松山市内の基幹店舗である湊町支店で13名体制による休日営業を開始した。(土日祝10時~17時、ただし12月31日~1月3日(これに連続する土日を含む)と5月3~5日を除く。平日の営業時間延長はない)

行員および子会社社員に対する休日営業店舗の利用禁止命令が出された。
県外店舗(国内)の考え方

瀬戸内沿岸主要都市においては、「準地元」と位置づけ、地元有力企業・中堅中小企業との取引深耕を進めるなど地域密着を図っている。歴史ある店舗には開設時からの地元有力取引先も数多い。

一方、大都市圏店舗は、他の地方銀行同様、1960年代後半の高度成長期に出店を進めた。現在、三大都市圏では東京都内(東京・新宿)、関西圏(大阪・大阪北・堺・神戸・姫路)、名古屋に支店を置いている。なお、堺支店は伊予銀行で唯一、ATMがない店舗である。

九州地区は、大分は準地元扱いであり、福岡地区においては福岡と北九州に各1店舗ある。
県外店舗(四国以外)

他銀行との共同ATMは一切無く、非常に使いにくく評判の悪かった県外の店内ATMも、東京スター銀行の登場により平日午後6時までと土曜日の午後2時までの引き出し手数料が無料になり救済してもらえるようになった。

さらにコンビニATM「イーネット(E-net)」に加入。ファミリーマート サークルKサンクス ミニストップ スリーエフ ポプラ コミュニティ・ストア セーブオン デイリーヤマザキ セイコーマート NEWDAYS シダックスアイ ローソン(一部FC店)

* スーパーマーケット - マックスバリュ、カルフール、マルト、カスミ、フレッセイ、ベイシア、とりせん、ヤオコー、ベルク、サミットストア、オリンピック、エコス、スーパーアルプス、フジ(東京都・神奈川県)、ライフ、関西スーパー、ハローズ、サンエー
* ディスカウントストア - ドン・キホーテ
* 会員制店舗 - コストコホールセール
* ホームセンター - カインズホーム
* ドラッグストア - ウエルシア
* 生活協同組合 - 一部の大学生協
* テーマパーク - ハウステンボス
* 競馬場 - JRA東京競馬場、中山競馬場、京都競馬場
* その他 - 日本アイ・ビー・エム本社、幕張事業所、セコム本社

などで設置されている場合、平日は夜11時まで土日祭日は夜9時まで手数料が必要だが出金が可能になった。
国外店

香港支店(1996年5月に駐在員事務所から格上げ)のみだが、別に駐在員事務所が上海とニューヨーク(1989~98年は支店だった)にある。1999年まではロンドンにも駐在員事務所があった。
ATMについて
ベンダー

富士通が中心だが、日立製も多く存在する。

四国に本店を持つ地方銀行の他3行がメインベンダーに沖電気工業を採用する中、唯一富士通をメインベンダーにしている。

ちなみに、愛媛銀行、東予信用金庫、元四国唯一の住友銀行の支店だった現三井住友銀行新居浜支店のATMも富士通製。このように、愛媛県では富士通ATMのシェアは圧倒的である。
機能

Windowsベース機では、センサーで客を感知し、動画のCM(音声付)が流れる機能が付いている。内容はTVCMと同じ。冬季は教育ローンのCMが多く流れる。他にマイカーローンなど。

振込時には、「その振込、ちょっとまって!」と振り込め詐欺を未然に防止するメッセージが表示される。

硬貨は振込時にのみしか使えず、時間も平日の8時45分~15時に限られている。預け入れ、引き出しは千円単位となる。

預金間振替は振替元のキャッシュカードと振替相手先の通帳が必要である。通帳がない(キャッシュカードしか持っていない等)場合は「振込」を使う。でも2006年7月からは自行内振込手数料が無料になったので実質振替と同じである。

振替元の通帳をもっていても振替時にはATMに入れられず、記帳は後で行わねばならない。

ICキャッシュカード対応型ATMについては、店舗外コーナーも含め6月29日までに導入済。

生体認証対応ICキャッシュカードについては、2008年12月から取り扱い開始。
コンビニATM
Edit-find-replace.svg
この節には「独自研究」に基づいた記述が含まれているおそれがあります。信頼可能な解釈、評価、分析、総合の根拠となる出典を示してください。

コンビニATMについては四国の他の地方銀行同様これまで否定的であったが、顧客からのニーズの高まり、都銀や四国外地銀他行の提携拡大に促されて、四国の地方銀行、第二地方銀行としては初めて、2006年10月10日(火)に大手コンビニATM運営2社(E-net、ローソンATM)との提携合意を発表し、2007年7月4日(水)からサービス提供を開始した。

利用可能時間は平日7時~23時、土日祝7時~21時。引き出し、預け入れ、振込、残高照会が行えるが、通帳は使えない。

利用手数料は引き出し、振込ともに同行直営ATM利用時の一律105円上乗せ(引き出しの場合平日8:45~18:00が105円、それ以外は210円。振込の場合本支店宛が105円)預け入れ、残高照会は全時間帯とも無料。
四国内地銀ATM相互出金無料提携

2008年11月12日に、当行と阿波銀行(徳島県徳島市)・百十四銀行(香川県高松市)・四国銀行(高知県高知市)とのATM相互出金無料提携を開始した(該当各行以外が幹事の共同ATM・コンビニATM、ATM不設置の堺支店では対象外)。これにより、4行の顧客が該当各行のATMを利用する場合、平日日中の時間帯による出金については手数料がかからない。
広島銀行とのATM相互出金無料提携

当行と広島銀行(広島市)とのATM相互出金無料提携を行っている(該当各行以外が幹事の共同ATM・コンビニATM、ATM不設置の堺支店では対象外)。これにより、伊予銀のキャッシュカードをひろぎんのATMで利用の場合、平日日中の時間帯による出金については手数料がかからない。
インターネットバンキング

個人向けインターネットバンキングとモバイルバンキング、テレフォンバンキング(現在は新規契約を中止)を総称して「いよぎんダイレクト」と呼んでいる。

法人向け

2005年8月22日(月)にサービス開始した法人向けインターネットバンキングは、実は2005年末~2006年初めの予定だったが、愛媛銀行が2005年11月からの導入を決めていたことから、前倒しした。振込は事前に書面で届け出た振込先にしかできないという欠点がある。

法人向けインターネットバンキングを「インターネットEB(Electoric Bankingの略)」と呼んでいる。サービス開始以前には専用端末を貸与したり(FB=ファームバンキング)、パソコンに専用ソフトをインストールしたりして同行ホストに接続する方式(これらを総称してEBと呼んでいた)で取り扱っていたが、インターネットEBのリリース後は順次取扱を中止している。

2006年11月1日(水)から、法人向けに外為のインターネットバンキングサービスも開始した。外国送金・輸入信用状開設等の受付機能と外貨預金の照会機能等を備えており、地方銀行では最高水準の機能を提供している。
個人向け

個人向けインターネットバンキングは2000年12月からサービスを開始しており、2001年4月23日には当時西日本の地銀で初めて24時間サービス(ただし23:55~翌日0:05、土曜21時~日曜8時、月曜3時~7時は休止)を開始した。

1日あたりの振込限度額は事前(申込時の)届出先が500万円、それ以外(都度振込)が100万円。

振込先選択画面には当初は事前届出先しか表示されないが、都度振込先も次回振込からは表示され、選択できる。(削除も可能) しかし、振込限度額100万円は変わりない。限度額500万円の「届出先」の追加や削除は、書面(メールオーダー)となる。

モバイルバンキングは、当初NTTドコモのi-mode向けのみでスタートし、現在はFOMA、auのEZweb、SoftBankのY!Keitaiにも対応している。

利用環境 Windows Vistaへの対応が遅れていたが、2007年6月4日(月)から個人向け・法人向け共に利用可能となった。Internet Explorerは、法人向けについては2007年3月12日(月)から最新版(7.0)に対応済で、個人向けについてはWindows Vistaと同じ6月4日(月)に対応済。
カード戦略等

DCブランドのカード会社「いよぎんディーシーカード」を関連会社に持つほか、全国地方銀行協会(地銀協)のバンクカードも並行して推進している。2000年3月にはJ-Debitに加盟し、デビットカードサービスも取り扱う。

ICキャッシュカードについては、もともとカード偽造被害が少なく、コスト面・手数料体系等他行の動向を見極めてからとの姿勢が強かったが、2006年2月に四国中央市で比較的大規模な偽造・不正利用被害が発生したことを背景に、2007年2月1日(木)より発行を開始した。四国では百十四(2006年8月から発行中)に次いで2行目。カード発行(切替)・更新手数料は無料。有効期限は発行後5年。クレジットなど他のアプリケーションの併載は未検討。

バンクカードは長年JCBブランドとVISAブランドを取り扱ってきたが、2007年3月からの新規会員受付はVISAに一本化した。バンクカードのICカード対応は未定。2007年4月13日(金)、バンクカード加盟店の新規受付を中止した(加盟店業務そのものは2008年9月30日(火)まで取り扱う)。これは、バンクカードセンター(東京)のシステム更改(2009年2月予定)を機に、三井住友カードとの全面提携を図るためであり、2009年以後の売上は全て提携先経由となる(JCBブランドをやめるのもそのためである)。
TQC

同行は1984年、桝田頭取の時期に国内企業でいち早く「全社(行)的品質管理(TQC=Total Quality Control)制度」を導入した。

各本部・営業店毎に、若手・中堅行員が中心で係毎の「QCサークル」、支店長代理以上が中心の「方針管理」(以前はQCグループと称していた)が存在し、半年を1サイクルとして、毎回様々な職場内、業務上の問題点を洗い出し、対策を検討・実施し、改善度合い(効果)の確認を行っている。

特にQCサークルについては、毎回活動の成果を中間期末や年度末に発表し、優秀な活動をしたと認められたサークルは、毎年10月(たまに4月)の休日に愛媛県民文化会館の大ホールで開催している全行発表大会に出場、2,000人を超える行員の前で発表を披露し頭取から直接表彰状とトロフィーを受け取る。

TQC全行発表大会の翌日に、行内大運動会を開催することもあったが、1996年を最後に開催されていない。一方、愛媛銀行は2006年に運動会を復活させた。

2007年6月21日付プレスリリースで、創業130周年を記念して2008年10月に12年ぶりに「スポーツフェスティバル」として運動会を復活させることが発表された。

銀行業務に無関係の関連会社社員にもTQC全行発表大会への強制参加が義務付けられている。
地域社会貢献
地方公共団体との関係

愛媛県指定金融機関であるほか、愛媛県内主要都市の指定金融機関となっている。愛媛県庁および松山市役所の庁内に支店、今治市、新居浜市の市役所庁内に出張所があるほか、四国中央市(三島・川之江)、大洲市、宇和島市など県内の市役所、町役場の多くに出納係を派遣している。
スポーツ・文化活動

スポーツ・文化活動も盛んで、男子テニス部、女子ソフトボール部が社会人リーグで活躍している。以前には男子野球部も存在した。
男子テニス部

男子テニス部は2006年、1989年の日本リーグ加盟以来初めて予選リーグを勝ち抜き決勝トーナメントへ進出(1回戦で敗退)また、ジュニア向けのテニス教室を年数回開催するなど、裾野拡大にも貢献している。

2007年リーグは3勝4敗と負け越し、2年連続の決勝トーナメント進出はならなかった。

2007年9~10月に秋田県で開催された「わか杉国体」に愛媛県代表として出場、7位入賞。
ソフトボール部

ソフトボール部は日本リーグ2部に所属しており、2006年は12勝4敗の好成績だったが、順位は4位で1部復帰はならなかった。

2006年9~10月に兵庫県で開催された「のじぎく国体」に愛媛県代表として出場、過去最高タイの準優勝を収めた。

2007年の2部リーグ成績は8勝9敗の9位。
コーラス部

コーラス部は四国唯一の職場合唱団として全日本コンクールに出場(2~3年に1度)するなど40年の歴史がある(ちなみに、全日本合唱コンクールの職場部門には毎年10団体前後の出場があるが、うち銀行が半数近くを占めている)。また、年に数回老人ホームを訪問したり、地域のイベントへ出演し日本の唱歌を歌うなど、地元との交流も活発である。

毎年8月11~13日に開催される松山まつりの「野球拳踊り」に、「いよぎん連」として参加している。企業の部で2006年まで5連覇。2007年には翌年3月で創業130周年を迎えるのを記念して、130名という過去最多の大所帯で6連覇に挑んだが、準優勝に終わった。

物品の贈呈・イベント協賛など

* 毎年、愛媛県内各自治体の社会福祉協議会に車椅子を寄贈している。
* 1992年から毎年点字カレンダーを贈呈している。
* 2006年度、愛媛県内の全20市町へ「防災倉庫」を計100台贈呈した。
* 2007年6月5日(火)、愛媛県教育委員会を通じ県内356の小学校全てに「青色回転灯」を贈呈した。教職員等の乗用車に取り付け、子どもの安全を守るためのパトロールなどに活用する。なお、県内全小学校に青色回転灯を配布したのは全国で初めてである。
* 「小さな親切」運動愛媛県本部の事務局になっており、受章者に対する賞状贈呈と、年1回の総会(6月)で「尾山賞」の授賞と作文コンクールの表彰などを実施している。
* 1992年度上期から導入された「地域文化活動助成制度」は2007年度下期で32回を数え、合計702先に1億3434万円の助成金を贈呈している。
* 2004年7月には「公益信託池田育英会トラスト」が愛媛県教育委員会から特定公益信託の認定を受け、毎年春に15名程度の学生を対象に奨学金(返還不要)を支給している。
* 愛媛大学、松山大学で地域経済に関するオープン講義を毎年4月~7月にかけて開催。IRC(いよぎん地域経済研究センター)の研究員らを講師として派遣している。
* 2006年からサッカーJ2・愛媛FCのホームゲームの1戦を「伊予銀行サンクスデー」として、試合前アトラクション、行員やその家族による大サポーター団結成など、試合運営に協力している。
* 2005年から8月に「全日本女子硬式野球選手権大会」が開催されているが、2006年(第2回)と2007年(第3回)は松山市の「マドンナスタジアム」で"伊予銀行杯"として開催した。この大会の開会式または地元球団「マドンナ松山」の初戦前に「野球拳踊り」の再現、コーラス部による応援歌(大正時代の今治高等女学校校歌に曲をつけて復刻)披露、森田頭取の始球式を行っている。
* 2007年4月16日(月)、警視庁の防犯標語「いかのおすし」(いか=(知らない人にはついて)行かない、の=(知らない人の車や口に)乗らない、お=大声で叫ぶ、す=すぐ逃げる、し=(親や先生などに)知らせる)をもとに編み出された同行総務部行員が扮するオリジナルの変身ヒーロー「子ども防犯戦士 イカノオスシダー」が発表された。[1]

その他

* 2006年度上期、6月21日の本店営業部と事務センターを皮切りに、愛媛県内の主要店舗に自動体外式除細動器(AED)を設置した。あわせて、行員に順次救命講習を実施した。2007年4月3日(火)には、松山市へ2台寄贈した。
* 2006年から、男性行員の「クールビズ」(半そでシャツ、ノー上着、ノーネクタイ)実施を始めた。営業関係の行員はネクタイ着用。「ウォームビズ」の実施については未定。
* 2006年9月22日(金)から、CO₂排出抑制のため、毎月1回「ノーバイク通勤デー」を実施(現在、毎月第2水曜日)している。
* 2007年8月1日付で、裁判員制度導入に対応するため、休務(=年次有給休暇と別枠の有給の休み)を取得できるよう改正を行っている。
* 2007年4月1日付で、行員の育児支援制度およびパート行員等のキャリアアップ(正行員への登用)を充実させる等の人事制度改革を行った。
* 2007年4月2日(月)より、強盗事件のリアルタイム映像を愛媛県警に送信する新システムの導入を開始した。全営業店への展開は西日本の地銀で初めてで、2007年度中に導入を目指す。6月14日には問屋町支店でこのシステムを使った初の防犯訓練が実施された。

歩み
主要沿革
創業~創立前

* 1878年(明治11) 前身の第二十九国立銀行(3月15日)、第五十二国立銀行(9月25日)設立
* 1896年(明治29) 9月20日前身の今治商業銀行設立
* 1909年(明治42) 大分県へ進出(臼杵支店、初の愛媛県外店舗)
* 1919年(大正 8) 広島県へ進出(仁方支店、現在の呉支店)
* 1921年(大正11) 大分県別府市に、当行元頭取の寄付により国内初のアーケード商店街「竹瓦小路アーケード」が完成。
* 1934年(昭和 9) 8月20日第二十九、八幡浜商業、大洲銀行が合併し「豫州銀行」設立
* 1937年(昭和12) 12月10日第五十二、仲田銀行が合併し「松山五十二銀行」設立

創立~1960年代

* 1941年(昭和16) 9月1日今治商業銀行、松山五十二銀行、豫州銀行の3行が合併し「伊豫合同銀行」創立
* 1944年(昭和19) 伊豫相互貯蓄銀行を合併(貯蓄銀行を兼営)
* 1947年(昭和22) 香川県と高知県へ進出(高松支店、高知支店)
* 1948年(昭和23) 創業70周年
* 1951年(昭和26) 創立10周年。「伊豫銀行」と改称
* 1952年(昭和27) 大阪府へ進出(大阪支店)
* 1953年(昭和28) 創業75周年
* 1954年(昭和29) 東京都へ進出(東京支店)
* 1958年(昭和33) 創業80周年。徳島県へ進出(徳島支店)
* 1960年(昭和35) 外国為替承認銀行となる
* 1961年(昭和36) 創立20周年
* 1963年(昭和38) 創業85周年。預金高1000億円達成。松山市指定金融機関となる。福岡県へ進出(北九州支店)
* 1964年(昭和39) 愛媛県指定金融機関となる。岡山県へ進出(岡山支店)
* 1965年(昭和40) 愛知県へ進出(名古屋支店)
* 1966年(昭和41) 創立25周年。兵庫県へ進出(神戸支店)
* 1968年(昭和43) 創業90周年。四国で初めて電子計算機を導入。体育センター竣工。本店別館新築
* 1969年(昭和44) 大阪証券取引所第2部上場

1970年代~1980年代

* 1970年(昭和45) 大阪証券取引所第1部に指定替え。従業員持株会発足
* 1971年(昭和46) 創立30周年。東京証券取引所第1部上場。資本金50億円に増資
* 1972年(昭和47) 第1次オンライン稼働開始
* 1973年(昭和48) 創業95周年。四国初のCDを本店営業部に設置。預金高5000億円達成。海外コルレス業務開始。資本金75億円に増資
* 1974年(昭和49) 関連会社伊豫銀総合リース(現在のいよぎんリース)設立。アメリカ銀行とコルレス開始
* 1975年(昭和50) 関連会社伊豫コンピュータサービス設立(後にアイ・シー・エス、2007年4月より「いよぎんコンピュータサービス」となる。略称ICS)
* 1976年(昭和51) 創立35周年。財団法人伊豫銀行社会福祉基金設立
* 1977年(昭和52) 資本金100億円に増資。10月1日預金・融資・内国為替の全店オンライン化完了
* 1978年(昭和53) 創業100周年。預金高1兆円を達成。10月28日松山市高砂町に事務センター完成。2月1日教育ローン、11月6日カードローンを相次いで発売
* 1979年(昭和54) 山口県へ進出(徳山支店)。12月24日いよぎんビジネスサービス設立(略称IBS)
* 1980年(昭和55) 10月13日全国カードサービス「ACS」(地銀間のCD提携)に加入
* 1981年(昭和56) 創立40周年。3月9日SWIFT(外国為替取引電文通信ネットワーク)に加入。9月7日ATM第1号機本店営業部で稼動
* 1982年(昭和57) 金売買業務開始。シンジケートローン(対外協調融資)に初参加。第3次オンライン計画スタート
* 1983年(昭和58) 創業105周年。桝田頭取就任。国債窓口販売開始。地銀共同のクレジットカード「バンクカード」の発行開始。新情報サービス「IBNS」によるファームバンキング開始。銀行法改正に伴い8月から第2土曜窓口休業化
* 1984年(昭和59) 全行的品質管理(TQC)制度を導入、行内QCサークル活動が開始。ふるさと共同サービス開始
* 1985年(昭和60) ロンドン駐在員事務所を開設。公共債ディーリング業務開始。関連会社いよぎんキャピタル設立
* 1986年(昭和61) 創立45周年。7月28日株式分割(1→1.105)。ニューヨーク駐在員事務所開設。銀行法改正に伴い8月から第3土曜も窓口休業。資本金を158億円に増資。関連会社伊豫銀投資顧問設立
* 1987年(昭和62) 担保附社債受託業務の営業免許取得。「いよぎん金融情報サービス」取扱開始。預金高2兆円を達成。株価1,000円を突破
* 1988年(昭和63) 創業110周年。NIC 50 Plan(1988年度長期経営計画)。第1回無担保転換社債(150億円)発行。関連会社いよぎん地域経済研究センター(IRC)、いよぎんモーゲージサービス(IMS)、いよぎんディーシーカード設立。9月27日株式分割(1→1.03)。10月5日CI導入宣言
* 1989年(平成 1) 銀行法改正に伴い2月より全土曜日窓口休業化。ニューヨーク駐在員事務所を支店へ昇格、香港駐在員事務所開設。関連会社いよぎんスタッフサービス(略称ISS)設立。IRC「ニューリーダーセミナー」スタート

1990年代

* 1990年(平成 2)

1月4日 新企業理念発表
2月5日 都銀と地銀のATMオンライン提携システム「MICS」スタートと同時に加盟
3月9日 株価上場来高値1,520円
4月1日 本部組織改正(総合企画部・個人融資室・公務部・市場金融部新設)
4月4日 岡山南支店開店(岡山市)
8月1日 地域開発部新設(現在の地域振興部)
8月13日 第3次オンライン稼動
9月1日 「伊予銀行」と改称(「豫」の字を新字体に改める)、シンボルマーク「エバーグリーンマーク」を採用
11月4日 サンデーバンキング(ATMの日曜稼動)開始
12月12日 岡田支店開店(松前町)

* 1991年(平成 3)

4月1日 土居裕子イメージキャラクター起用のテレビCM放映開始
4月8日 第3次オンラインの新営業店システムスタート。「イメージOCR」による伝票読み取り方式は当時国内行初
5月15日 観音寺支店開店(香川県観音寺市)
5月27日 船木支店開店(新居浜市)
6月27日 水木頭取就任
7月24日 相互銀行の中で普通銀行に転換できずに最後まで残った東邦相互銀行の吸収合併覚書に調印
8月1日 広報文化室、審査第3部新設
8月26日 喜多川支店開店(西条市)
9月1日 創立50周年、記念ミュージカル「シャボン玉とんだ宇宙(そら)までとんだ」公演(愛媛県民文化会館、土居裕子主演)
9月21日 讃歌「エバーグリーンの風」発表
9月25日 株式分割(1→1.03)

* 1992年(平成 4)

1月 伊予財務(香港)有限公司開設(2003年3月10日廃止)。地域文化活動助成制度導入
4月1日 東邦相互銀行を吸収合併
5月 大三島(越智郡上浦町、現在は今治市)に新保養所オープン
11月 男子テニス部が日本リーグ昇格。旧東邦店舗の統廃合相次ぐ
12月 点字カレンダー贈呈開始
12月18日 三津東支店開店(松山市三津浜地区)

* 1993年(平成 5)

1月25日 旧東邦相互銀行とのシステム統合を完了
2月26日 ニューヨーク支店(当時)があった世界貿易センタービルが爆弾テロ被害
3月15日 創業115周年
4月1日 三番町ビル落成(現在の営業サポートセンターが入居)
7月14日 桑原支店開店(松山市桑原地区)
8月1日 国際部本体を本店へ移管、貿易投資相談所設置(東京事務所にも「東京国際室」(当時)を存続)
8月11日 大分東支店開店(大分市)
9月 日本橋ビル落成(東京事務所、市場金融部(現在の資金為替室)、東京国際室(当時)が入居)
12月31日 銀行法改正で休業日化

* 1994年(平成 6)

1月4日 信託業務開始
4月1日 1994~96年度中期経営計画「リストラ・プラン'94」スタート。本部組織改正(地域開発部・融資管理部・事務集中室・システム部新設)
5月23日 大長支店(旧東邦相互店舗)を広島銀行へ譲渡(他行譲渡はこれが最後)
9月17日 TQC10周年記念全行発表大会開催
10月13日 上海駐在員事務所開設
12月9日 倉敷支店開店(岡山県倉敷市)

* 1995年(平成 7)

1月17日 阪神淡路大震災で神戸支店被災
4月 松山空港に外貨両替所設置。本店西別館落成
5月8日 あさひ銀行(現りそな銀行)松山支店を譲受
10月2日 融資の短期プライムレート(最優遇金利)を年2.25%から1.875%へ引き下げ(以後11年にわたって据え置かれることとなる)

* 1996年(平成 8)

1月15日 ATMの祝日稼動開始(この時点で非稼動日は正月3ヶ日と5月3~5日(土日と重なった日は稼動)に減少)
5月8日 香港駐在員事務所を支店に昇格
8月 松山市山西町に新研修所完成(第1回松山市都市景観大賞受賞)
9月1日 創立55周年
9月24日 高知駅前支店(旧東邦相互店舗)を高知支店へ統合
10月6日 最後の行内運動会開催(2008年秋に復活予定)
11月 ホームページ開設

* 1997年(平成 9)

1月 為替集中システム稼動開始
4月1日 1997~99年度中期経営計画「Challenge Plan to 21」スタート。松山市役所出張所を支店へ昇格
5月10日 ATMでの休日入金取扱開始
5月26日 持田支店を道後支店へ統合
7月1日 本部組織改正(市場管理室・資産監査室・ネットワーク事業室新設、海外審査室・EB推進室廃止)

* 1998年(平成10)

3月15日 創業120周年
4月 体育センター・テニスコート竣工
6月26日 水木頭取会長へ退き、麻生頭取就任
8月10日 ローンプラザ松山開店(正月以外の休日も営業)。ダイレクトマーケティングセンター(現在の営業サポートセンター)新設。みつはしちかこのコミックキャラクター採用
9月18日 ニューヨーク支店を駐在員事務所に再降格
10月22日 今治ワールドプラザ出張所開店(インストアブランチ形式。休日も営業)
11月24日 行内LAN「I-NET」本部で稼動開始
12月1日 証券投資信託販売業務開始

* 1999年(平成11)

1月4日 郵便局とのATM提携を開始
3月 体育センター、グランド竣工(女子ソフトボール部の練習場)
3月8日 唐子台出張所を桜井支店へ統合(今治市)
6月30日 ロンドン駐在員事務所廃止
9月20日 呉支店(旧東邦相互店舗)を仁方支店へ統合、改めて「呉」へ支店名変更
10月1日 富士貯蓄信用組合を吸収合併(今治支店、丹原支店)
11月1日 グループ営業導入(三島支店&中之庄支店、八幡浜支店&矢野町支店)
12月1日 コンプライアンス統括室を設置(経営法務室廃止)

2000年以降

* 2000年(平成12)

3月6日 J-Debitに加盟、デビットカードサービスを開始
4月1日 2000~02年度中期経営計画「~21世紀・さらなる飛躍への挑戦~」スタート
7月1日 本部組織改正(営業統括部・個人部・地域振興部・資金為替室・個人ローンセンター新設)
8月21日 ダイレクトマーケティングセンターによるテレフォンバンキング開始
10月10日 北九州支店を空中店舗化
11月1日 コンビニ収納サービス取扱開始
12月1日 投資信託全店で販売開始
12月14日 ATMでの暗証番号変更開始
12月20日 個人向けインターネットバンキング「いよぎんダイレクト」稼動

* 2001年(平成13)

1月2日 ATMの正月稼働開始。GWも稼動させることとなり、稼動日は元日以外の364日となった
1月4日 行内LAN「I-NET」全店で稼動開始
2月5日 土橋支店(旧東邦相互店舗)を小栗支店へ統合
4月2日 住宅ローン長期火災保険販売開始
4月23日 「いよぎんダイレクト」の24時間稼動(当時西日本初)。同日大分銀行松山支店の営業譲受
8月27日 今治ワールドプラザ出張所を店舗外ATMコーナーへ格下げ(インストアブランチ廃止)
9月1日 創立60周年

* 2002年(平成14)

1月21日 海外旅行傷害保険のネット販売開始
7月23日 国内行で初めて四半期(3ヶ月毎)の業績発表
7月29日 株価バブル崩壊後の最安値525円
9月17日 福岡支店を空中店舗化
10月1日 個人年金保険販売開始
10月7日 新営業店システム導入開始
12月2日 新国際業務オンライン稼動

* 2003年(平成15)

2月3日 CMS(キャッシュ・マネジメントサービス)取扱開始
3月3日 自動審査システム稼動、「まるごと住宅ローンワイド」販売開始
3月15日 創業125周年
4月1日 2003~05年度中期経営計画「Challenge345」スタート(2004年11月25日「Challenge357」へ改称)
7月1日 本部組織改正(金融サービス部・企業コンサルティング部・個人サポートセンター新設)
10月1日 外貨建定額年金保険販売開始

* 2004年(平成16)

1月19日 電子納税サービス「ペイジー」取扱開始
2月9日 3ヶ店の統廃合(市駅前出張所→湊町支店、今治市場出張所→中浜支店、御荘支店→城辺支店)
2月25日 麻生前頭取(現会長)が金融ジャーナル社(ニッキングループ)の第1号「ベストバンカー賞」を受賞
5月22日 TQC20周年記念全行発表大会開催
7月1日 内部監査室設置
7月27日 池田育英会トラストの特定公益信託認定
8月9日 2ヶ店の統廃合(南支店→湊町支店、落出出張所→久万支店)
10月25日 初の中国広州交易会商談ミッション開催(以後春秋の年2回開催)

* 2005年(平成17)

1月11日 ペイオフ対策で「決済用預金」(無利息普通預金)の取扱開始
3月1日 証券仲介業務参入
6月29日 麻生頭取会長へ退き、森田頭取就任。水木会長は相談役へ
7月1日 リスク統括室設置
8月22日 法人向けインターネットバンキング稼動
9月21日 株価14年ぶり1,000円突破
9月30日 総預金4兆円達成
10月25日 格付投資情報センター(R&I)から格付「AA-」取得
11月15日 営業支援システム稼動
12月8日 融資支援システム稼動
12月19日 株価バブル崩壊後最高の1,368円(ザラ場、終値ベースでは12月21日の1,349円)
12月22日 一時払終身保険の窓口販売開始

* 2006年(平成18)

1月13日 中小企業基盤整備機構と業務連携・協力に関する覚書締結、地域ブランド支援で協力(全国初)
3月27日 定期預金金利を5年7ヶ月ぶり引き上げ
3月31日 総貸出金3兆円達成。株価年度末としては過去最高の1,266円
4月1日 2006~08年度中期経営計画「~企業価値向上への挑戦~」スタート
5月31日 「まるごとリフォームローン」発売
6月21日 本店と事務センターにAED設置
6月29日 初の社外監査役招致
7月13日 「介護サポートローン」発売
7月18日 本支店宛振込手数料一部無料化
7月24日 普通預金金利引き上げ(6年ぶり)
8月1日 本部組織改正(法人営業部・個人営業部新設、検査部→監査部、個人サポートセンター→営業サポートセンター)
9月1日 創立65周年
9月29日 融資の短期プライムレートを11年ぶり改定(年1.875%→2.125%)。引き上げは1990年以来
11月1日 法人向け外為インターネットバンキングサービス開始
11月14日 創立65周年記念定期積金および定期預金「いよの夢」発売(期間・販売枠限定、金利年0.65%)
12月18日 ホームページを10年ぶり全面改定

* 2007年(平成19)

1月22日 波方支店を波止浜支店へ統合(店舗外ATMを150m程度離れた場所へ設置)
2月1日 ICキャッシュカード発行開始(四国では百十四に次ぎ2番目)
2月15日 三菱東京UFJ銀行と「環境融資等に関する業務協力協定」締結
3月9日 全国の銀行で初めて「飲酒運転撲滅運動」を兼ねたマイカーローンキャンペーンを開始(12月28日まで)
3月26日 「まるごと住宅ローン」の「全期間固定金利型」を発売(一定の取引条件が必要)
3月27日 退職金専用定期預金「ハッピーステージ」発売(1ヶ月物で税引後金利年2.4%)
3月30日 融資の短期プライムレートを引き上げ(年2.125%→2.375%)
4月1日 関連会社(株)アイ・シー・エスの商号を「(株)いよぎんコンピュータサービス」へ変更(略称は同じICS)
4月26日 第1回「ビジネス商談会」をアイテムえひめで開催
5月14日 本店営業部のロビーおよび接客スペースを16年ぶりに全面改装
5月18日 2007年3月期決算発表。コア業務純益は5年連続増、2007年度配当予定は1株あたり8円(前年度比+0.5円)
6月5日 愛媛県内全356の小学校に「青色回転灯」を贈呈
6月7日 地銀11行共同の「全国地銀合同商談会 in 上海」開催(四国からは初の参加)
6月7日 松山市高砂町の事務センター南側に別館新築
6月22日 地銀17行共同の「日系企業ビジネス交流会」を中国広東省深圳で開催(四国からは唯一の参加)
7月4日 コンビニATMサービス提供開始(四国初)
7月12日 創業130周年記念感謝預金「いよの思い」発売(金利1.30%、8月3日終了)
8月17日 みずほコーポレート銀行と「地域社会貢献融資に関する業務協力覚書」締結(愛媛銀と同時)
9月26日 千葉、第四、北國、中国が進めている「システム共同検討会」への参加を発表(「共同化への参加」ではない)
10月1日 四国地銀4行共同企画「もう一つの88ヵ所巡り・ミュージアム88カードラリー」スタート(2009年9月30日まで)
10月13日 湊町支店(松山市)で休日の窓口営業開始(除く年末年始・GW)。口座開設他店舗名でも可能になる。

* 2008年(平成20)

1月1日 ATMの元日稼動開始(これで非稼動日はなくなる)
3月15日 創業130周年
4月26日 エミフルMASAKI(伊予郡松前町)フジ(松山市)内に支店開設。
7月22日 森松支店(松山市)移転新築オープン。
9月3日 堺支店(大阪府堺市)新設オープン。
11月12日 同行と、阿波銀行・百十四銀行・四国銀行とのATM相互出金無料提携を開始

* 2009年(平成21年)

3月1日 吉海支店、宮窪支店(今治市)統合。大島支店開設。宮窪支店は大島支店宮窪出張所(有人)と改称。店舗数151(主張所含)。

歴代頭取

* 平山徳雄 1941年9月1日~ (逝去)
* 末光千代太郎 1948年9月29日~ (1974年11月5日逝去)
* 渡部七郎 1969年10月28日~ (1990年12月5日逝去)
* 桝田三郎 1983年6月29日~
* 水木儀三 1991年6月27日~ (現相談役)
* 麻生俊介 1998年6月26日~ (現会長 兼 松山商工会議所会頭)
* 森田浩治 2005年6月29日~ (現職)

社史・記念誌

* 伊予銀行史(伊予銀行綜合企画部 編纂) 1971年発行、792ページ。
* 伊予銀行五十年史(伊予銀行五十年史編纂委員会 編纂) 1992年6月発行、1303ページ。

本店営業部以外の「本店」

* 新居浜市で「伊予銀行の本店」と言うと、一般的には松山市の本店ではなく新居浜支店のことを指す。新居浜支店では、年末年始など、ご祝儀需要で新札需要が高まる時期に、新札出金専用のATMや両替機を用意している。
* 宇和島市でも同様に「本店」といえば宇和島支店をさす。(宇和島市内には他に追手支店、城南支店、和霊町支店があり、これらは宇和島支店を中核店とするグループを構成する)

「14(イヨ)」の語呂合わせ

1998年の郵便番号7桁化に伴い、各地区のメイン店舗は下2桁が「14」となる郵便番号を取得した。

* 本店営業部=790-8514
* 今治支店=794-8614
* 新居浜支店=792-8614
* 宇和島支店=798-8614
* 高松支店=760-8614

郡中支店は799-3114だが、これは所在地(伊予市灘町)の番号がたまたま「14」になっているだけ。

電話番号も「14」で終わるか、途中に1と4が使われている(本店=089-941-1141)店舗がある。ただ、隣の百十四が下3桁を「114」にしている店舗が多いのに比べると、そこまではこだわっていない。

毎月14日を「イヨ(伊予)の日」としてお客様感謝デーを行う店舗がある。

行員間の親睦会(ゴルフコンペ、ボウリング大会等)では、14位を「イヨ賞」として飛び賞にすることが多い。
訴訟

100%出資子会社から派遣されていた職員が上司のハラスメントに対し謝罪を要求したことから、13年に渉る勤続であり主要業務を担っていたが契約終了とした事に対し、派遣職員から労働契約上の地位確認と謝罪、慰謝料を求める訴訟を起こされ、係争中である。最高裁の判断が待たれているところである。

関連会社

* いよぎん保証(株)
* いよぎんビジネスサービス(株)(IBS)
* いよぎんキャピタル(株)
* (株)いよぎん地域経済研究センター(IRC)
* いよぎんモーゲージサービス(株)(IMS)
* (株)いよぎんディーシーカード
* いよぎんスタッフサービス(株)(ISS)
* いよぎん資産管理(株)
* いよぎんリース(株)
* (株)いよぎんコンピュータサービス(ICS) ※2007年3月31日までは(株)アイ・シー・エス
* いよベンチャーファンド1号投資事業有限責任組合(2003年7月1日設立)
* いよベンチャーファンド2号投資事業有限責任組合(2005年12月1日設立)

脚注

1. ^ こどもぼうはんせんし イカノオスシダー

外部リンク

* 伊予銀行
* いよぎん地域経済研究センター(IRC)
* いよぎんコンピュータサービス(ICS)
* いよぎんリース
* いよぎんディーシーカード
* NIKKEI NET 市場情報
 
スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 西条異景 西条祭り・愛媛県西条市, All rights reserved.